映画

Movie@nifty通信

「Movie@nifty」が発行するフリ-メ-ルマガジンです。映画に関する最新ニュ-スや各種ランキング、インタビューなどの特集、プレゼント情報など、読みごたえのあるメ-ルマガジンを提供いたします。

全て表示する >

Theater@nifty通信

2002/08/29


========================= Theater@nifty通信 ========================

         --- 2002年8月29日号(毎週木曜配信)---

       ●Theater@nifty → http://theater.nifty.com

======================================================================

   ☆★☆★☆★☆★一足早い来週のシネマ占い☆★☆★☆★☆★☆

     恋愛運や相性の良い星座、金運、仕事運などが分かるよ!

     ラッキー星座 牡羊座
     オススメ映画『天国の口、終りの楽園。』

     アンラッキー星座 獅子座
    オススメ映画『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』

          その他の星座はサイトをチェック
       http://theater.nifty.com/uranai/index.htm
   ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

┌─────────────────────────────────┐
  ★Theater@nifty最新情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ●夏映画スペシャル公開中!

 『スクービー・ドゥー』『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの
 攻撃』などの大特集を公開してきた夏映画スペシャルもいよいよ佳境に!
 『バイオハザード』の特集もスタートしているのでお見逃しなく!

 今すぐチェック!
 http://theater.nifty.com/natsu/index.htm


 ●話題の映画「命」の公式サイトがオープン中!

 江角マキコ、豊川悦司主演の話題の映画「命」の公式サイトがオープン
 中。篠原哲雄監督、原作者の柳 美里さんのインタビューに続き、いよい
 よ主演の江角マキコさんインタビューも公開に!ストリーム映像でぜひお
 楽しみください。

 「命」公式サイトはこちら!
 http://theater.nifty.com/inochi/


 ●ランキングに参加しよう!

 Theater@niftyの人気コーナー"みんなで決めるランキング"では、『公開
 中のおすすめ作品』と『近日公開作品の期待度』を投票してもらいます。
 ここをチェックして、映画を見る前の参考にしてみたらいかが?
 投票は常時大募集しています!ぜひ参加してみてね!!

 ☆投票はこちら!!
 http://theater.nifty.com/ranking/index.htm


■THIS WEEK CONTENTS ==================================================

 ★Theater@nifty最新情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★Theater@nifty TOPICS
 ◆最新シアターニュース
  ・木梨憲武主演『竜馬の妻とその夫と愛人』の舞台挨拶!
  ・窪塚洋介、熱望の映画「凶器の桜」完成
 ◆ランキング情報
 ◆最新記者会見
  『blue』 受賞報告会見
  /『リターナー』 完成披露記者会見(8月30日更新)
 ◆勝手に映画評
  『ウインドトーカーズ』
 ◆Theater@nifty プレゼント情報

 ┌─────────────────────────────────┐
  ★最新CINEMA&STAGEニュース >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 <1>木梨憲武主演『竜馬の妻とその夫と愛人』の舞台挨拶!
 __________________________________

 ●9月14日(土)に公開となる『竜馬の妻とその夫と愛人』の完成披露試写会
 が8月27日(火)に行われ、監督の市川 準、脚本の三谷幸喜、主演の木梨憲
 武、中井貴一、鈴木京香、江口洋介が舞台挨拶に姿を見せた。
  市川監督は「優秀なスタッフ、そして豪華なキャストと仕事が出来て幸
 せ」と語り、木梨は「面白くなくても市川 準さんが作ったものだから
 (笑)」と会場を笑わせた。この舞台挨拶にはゲストとして坂本竜馬の故郷
 ・高知県の橋本大二郎知事も姿を見せ、劇中にも登場する酒肴品“酒盗”
 をプレゼント。すかさず木梨は「えっ? 一つしかないの?」とツッコミを入
 れ、再度会場を沸かせていた。
  この舞台挨拶の模様は後日Theater@niftyにて掲載予定。お楽しみに。


 <2>窪塚洋介、熱望の映画「凶器の桜」完成
 __________________________________

 ●俳優窪塚洋介(23)が映画化を熱望した「凶気の桜」(10月19日公開、薗田
 賢次監督)の完成披露試写会が28日都内で行われ、主演した窪塚らが舞台あ
 いさつに立った。渋谷で不良狩りを実行するが、やがてヤクザの生存競争
 に巻き込まれていく若者たちの姿を描いた。全編渋谷ロケを行った。原作
 小説に共感して映画化の企画を東映に持ち込んだ窪塚は「オレらの世代だ
 からできることがあると思う。気合入れて見てください」と熱っぽく話し
 た。窪塚と初共演した江口洋介(34)は「同じ名前なのでテレビなどで一視
 聴者として意識してました。共演できてよかった」と話した。

                       日刊スポーツ新聞社 提供

 より詳しいシアターニュースを知りたい方は・・・
 http://theater.nifty.com/news/index.htm


 ┌─────────────────────────────────┐
  ★ランキング情報 >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 ランキング情報では、毎週映画に関する各種ランキングデータを掲載して
 います。ここでは、各ランキングの1位を紹介致します。

 ◇◇今週の各ジャンル別1位◇◇

  ●国内興業ランキング
   1位:オースティン・パワーズ ゴールドメンバー

  ●レンタルビデオランキング
   1位:千と千尋の神隠し

  ●DVD販売ランキング
   1位:ハリー ポッターと賢者の石

  ●みんなが決めるランキング(8月28日現在)
   近日公開作品の期待度   :バイオハザード
   公開中のおすすめ作品   :ウインドトーカーズ

  ※みんなが決めるランキングランキングでは24時間365日いつでも
   アナタの投票をお待ちしています!

  ●勝手に映画評
   1位:ジョンQ ―最後の決断―

  ※「勝手に映画評」詳細は下記にあるので、そちらも見てね。

 各ランキング詳しいデータは、「ランキング」でチェックしてください。
 http://theater.nifty.com/ranking/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★最新記者会見 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ★今週の最新記者会見はコレ!★★★
  ・『blue』 受賞報告会見
  ・『リターナー』 完成披露記者会見(8月30日更新)

【ピックアップインタビュー】〜インタビューの一部をご紹介します〜

>>>>>>>「blue」<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■第24回モスクワ国際映画祭最優秀女優賞を受賞した市川実日子主演の
 『blue』。モスクワでも大絶賛を受けた同作の受賞報告会が都内で行わ
 れ、市川実日子、安藤 尋監督が喜びの会見を行った。
 日本と海外との“笑い”の違いや、映画祭の印象などをそれぞれ語った内
 容で、不思議な魅力を放つ市川の一挙手一投足にも注目して欲しい。

 <歴史ある映画祭で賞をもらう意義>
 --今回第24回モスクワ国際映画祭に参加された感想は?
 安藤:もちろん歴史ある映画祭で選ばれたということが何より嬉しかっ
 た。その中で最優秀女優賞という形で市川(実日子)さんが受賞したという
 ことが、驚きと共に嬉しいなと思いました。
 市川:今、モスクワは日が長くて、1日18時間くらい日が照っていて…す
 ごく楽しかったです(笑)。
 --暑かったですか?
 市川:私のモスクワのイメージはグレーで寒くてっていう感じだったんで
 すけれども、日が長くて…ずっと笑ってましたね(笑)。
 --映画祭はどうでしたか?
 市川:会場が2300人も入れるくらい大きなところで…綺麗でした(笑)。
 --お客さんの反応とかは?
 市川:なんか意味の解らないところで笑ってたりとか、やっぱり通訳の仕
 方で違うんでしょうかね?
 安藤:笑わせる映画ではないんですけど、結構思わぬところで爆笑ってい
 うのがあってちょっと戸惑ったり…
 --監督的には?
 安藤:“笑うんじゃねぇよ!!”って思いましたけど(笑)。でもそれだけ観
 てくれてるっていうことなので嬉しかったですね。

 ※この特集はぜひサイトのストリーム映像と共にご覧ください。

 ★Theater@nifty「最新記者会見」より
  インタビュー全文はこちらまで
  http://theater.nifty.com/presss/index.htm


>>>>>>>「リターナー」<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■8月31日(土)にいよいよロードショーされる話題作『リターナー』。同
 作の公開前には都内で完成披露記者会見が行われ、監督の山崎 貴、プロ
 デューサーの堀部 徹、主演の金城 武、鈴木 杏が参加した。
 全米・ヨーロッパを含んだ全世界配給が決まった心境や、VFXなどの特殊
 技術、アクションシーンの裏話など内容充実の会見となっている。

 <ミリを役として考えなくなった>
 --CGがない中で演じなければいけないわけですが、やはり出来上がったも
 のを観た時には圧倒されましたか?
 金城:そうですね。“宇宙船が変形するからね”と言われても“どう変形
 するんだ?”って思ってましたから(笑)。こんなデカイのが目の前にあっ
 たんだとビックリしました。
 --鈴木杏さんに質問です。すでに『ヒマラヤ杉に降る雪』でハリウッド映
 画に出演していますが、今回『リターナー』の世界配給が決まったことへ
 の感想を教えて下さい。
 鈴木:本当にすごいなって思いました。私は監督から“すごいよ!”と直
 接電話が掛かってきて(笑)。私は本当にミリ(鈴木が演じた役)が好きなの
 で、ミリを海外の人に観てもらえると思って嬉しいです。
 --作品を観た時に“大きく成長したな”と思う点はありましたか?
 鈴木:ミリをやっている最後の方では、ミリを役として考えなくなってい
 ました。鈴木杏の相棒として考えていましたね。だから完成試写で観てい
 た時に“ミリ、カッコイイなぁ”と思っている自分がいたりして。現場で
 一人の女の子を作っていったのは初めてだったので楽しかった。終わった
 後は、とてつもなく寂しくて…でもなかなかミリから抜け出せなくて(笑)。
 具体的に“ここが変わった”というのは解らないんですけど、これから色
 んなことをやって、それを活かせたら良いなと思っています。

 ※この特集はぜひサイトのストリーム映像と共にご覧ください。

 ★Theater@nifty「最新記者会見」より
  インタビュー全文はこちらまで
  http://theater.nifty.com/presss/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★勝手に映画評 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 「Theater@nifty」編集部が独自に映画評論し、ランキングをつけちゃい
 ましょうというのがこの「勝手に映画評」。スタッフもいずれも個性的な
 メンバーで毎週4作品をピックアップします。

 □ジョンQ ―最後の決断―(アメリカ ニック・カサヴェテス監督)□

 アカデミー賞主演男優賞を受賞したデンゼル・ワシントン主演最新作。息
 子の命を救うため、病院に立て籠もった男の戦いを描く。監督はジョン・
 カサヴェテスを父に持つ、ニック・カサヴェテス。 

  [CAST]
 ジョン・Q:デンゼル・ワシントン


 [映画ライター 評]
 もう、泣いた泣いた! 最初の数十分で家族どうしのつながりとか、絆みた
 いなのが短いながらもちゃんと上手に描かれていたので、後半の子どもの
 ために父親が罪まで犯してしまうというくだりが、かなり説得力を持って
 届いた。デンゼルワシントン、やっぱあなたは最高だわ。今年もアカデ
 ミー賞あげたい!
                         (評価点数 22点)

 [女優 評]
 納得いかない医療制度、おまけに言えば相次ぐ医者の不祥事等、とにかく
 医療というものに不満を抱いてしまう今。このテーマを取り上げてくれた
 時点でブラボー! それに加えてD・ワシントンの息子を想う父の演技! ど
 こにでもいそう、という難しい空気を見事に出し、身近に思える役柄に仕
 上げてます。さすがオスカー俳優!
                         (評価点数 23点)

 [ドラゴン 評]
 とにかく色んなことを考えさせられました。歪んだ社会制度、ジョンQの
 取った行動について、そして自分の親もこんな気持ちで自分を育てたの
 か、と。大切なのはこの作品を観たときに感じた怒りや、思いやり、愛情
 を一時のものとして忘れ去らないことだと思います。誰しも“ジョンQ”
 になる可能性があるのだから…。
                         (評価点数 25点)

 [編集長 評]
 アクションとサスペンスの映画かと思っていたら大間違いでした。ジョン
 Q役のデンゼル・ワシントンの子供を思う切ない表情や、ジョンQを取り巻
 く人々のキャラクターなど見ているものを物語に引き込むとても良い作品
 です。エンターテインメントとしても楽しませてくれるシーンもあるので
 女性にも男性にも受け入れられる作品だと思います。前評判と実際映画を
 見た後では「ジョンQ」に対しての思いが変わります。
                         (評価点数 22点)

  ★Theater@nifty「勝手に映画評」より
   そのほかの作品についてはこちらまで
   http://theater.nifty.com/katteni/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★Theater@nifty プレゼント情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 【試写会プレゼント】
  ★『赤毛のアン アンの結婚』試写会ご招待 15組30名様
  ★『宣戦布告』特別試写会ご招待 15組30名様

 【劇場招待券プレゼント】
  ★『ウインドトーカーズ』劇場招待券 15組30名様 ※締切迫る!
  ★『明日、陽はふたたび』劇場招待券 5名様

 【映画の感想を投稿して1万円の商品券を当てよう!】
 「コレお薦め!私の映画評」では映画の感想を投稿していただいた方から
 抽選で毎月5名様に1万円の「JTBナイスショップ」をプレゼント!応募方
 法は簡単、鑑賞した映画作品情報ページの一番下に「この作品の感想を書
 く」ボタンがあるのでこれをクリック。その後投稿フォームが出てきます
 ので感想を書き入れて送信するだけ。Theater@niftyに作品情報があるも
 のについてすべて応募できるので、試写会での感想もOK!皆様の厳しく
 も?暖かい愛のある感想をお待ちしております!
 
 <詳しくは>
 http://theater.nifty.com/present/index.htm


----------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、『melma!』のシステムを利用して発行しています。
 (http://www.melma.com/ ID:m00040919)

 ※登録解除は、ご登録いただいた上記サイトにてお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご意見・ご要望・お問合わせ先 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<

    ★theater@mbi.nifty.com(Theater@nifty編集部)まで

======================================================================
発行:Theater@nifty通信編集部
Copyright(C), 2002 NIFTY Corporation.
「Theater@nifty通信」に掲載された記事・内容を許可なく転載する
ことを禁じます
「Theater@nifty」
http://theater.nifty.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ”PlayStation 2”&”PlayStation BB Unit”が当たる!
 アット・ニフティADSLキャンペーン いまなら【10M】500円/月
    >> http://www.nifty.com/bb/adsl/campaign_a.htm?ei9 <<

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-21  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。