映画

Movie@nifty通信

「Movie@nifty」が発行するフリ-メ-ルマガジンです。映画に関する最新ニュ-スや各種ランキング、インタビューなどの特集、プレゼント情報など、読みごたえのあるメ-ルマガジンを提供いたします。

全て表示する >

Theater@nifty通信

2002/06/13


========================= Theater@nifty通信 ========================

         --- 2002年6月13日号(毎週木曜配信)---

       ●Theater@nifty → http://theater.nifty.com

======================================================================

   ☆★☆★☆★☆★一足早い来週のシネマ占い☆★☆★☆★☆★☆

     恋愛運や相性の良い星座、金運、仕事運などが追加され
         シネマ占いが生まれ変わりました!

            ラッキー星座 獅子座
               オススメ映画『スパイダーマン』

           アンラッキー星座 蠍座
             オススメ映画『エンジェル・スノー』

          その他の星座はサイトをチェック
       http://theater.nifty.com/uranai/index.htm
   ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

┌─────────────────────────────────┐
  ★Theater@nifty最新情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ●プレミアムグッズをオークションで手に入れよう!

 映画や演劇で実際に使われた衣裳や小道具、サイン入り台本やポスターな
 ど、欲しくてたまらないものから、アリガタ迷惑なものまで、何でも揃
 う、究極のオークションサイト「エンタビッズ!」が始動しています。現
 在は、まもなくスタートする『多摩川少女戦争』からのプレミアムグッズ
 オークション開始を前に、及川中監督へのインタビューを公開中。そして
 いよいよ第1弾出品商品も決定したのでチェックしてみてね!

 今すぐチェック★
 http://theater.nifty.com/entbids/index.htm


 ●ランキングに参加しよう!

 Theater@niftyの人気コーナー"みんなで決めるランキング"では、『公開
 中のおすすめ作品』と『近日公開作品の期待度』を投票してもらいます。
 ここをチェックして、映画を見る前の参考にしてみたらいかが?
 投票は常時大募集しています!ぜひ参加してみてね!!

 ☆投票はこちら!!
 http://theater.nifty.com/ranking/index.htm


■THIS WEEK CONTENTS ==================================================

 ★Theater@nifty最新情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★Theater@nifty TOPICS
 ◆最新シアターニュース
  ・嵐の二宮、21年ぶりの蜷川映画で初主演
  ・『オースティン・パワーズ』3作目は、豪華カメオ出演
 ◆ランキング情報
 ◆最新記者会見
  DVD『バトル・ロワイアル 特別篇』発売記念
                深作欣二監督・山本太郎トークイベント
  /『ワンス&フォーエバー』 監督&原作者合同インタビュー
                           (6月14日更新)
 ◆勝手に映画評
  『ハイ・クライムズ』
 ◆Theater@nifty プレゼント情報

 ┌─────────────────────────────────┐
  ★最新CINEMA&STAGEニュース >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 <1>嵐の二宮、21年ぶりの蜷川映画で初主演
 __________________________________

 ●人気グループ嵐のメンバー二宮和也(18)の初主演映画「青の炎」(蜷川幸
 雄監督、来春公開)の製作発表が12日、都内で行われた。二宮は、愛する妹
 と母を守るため殺人に手を染めてしまう高校生を演じる。21年ぶりに映画
 演出を手がける蜷川氏(66)はけいこ場での厳格な態度が有名だが「二宮く
 んが好きなようにやればいい。それを僕が撮ればいいんです」と、今回は
 放任主義宣言。ところが二宮は「厳しい言葉を言われながら、主人公の人
 間性を表現したい」と、蜷川氏に厳しさを求めるなど、意気込んでいる。

                      日刊スポーツ新聞社 提供


 <2>『オースティン・パワーズ』3作目は、豪華カメオ出演
 __________________________________

 ●トム・クルーズやスティーヴン・スピルバーグ監督、グウィネス・パル
 トロウなどのスターたちが、人気シリーズ3作目『オースティン・パワーズ
 ・イン・ゴールドメンバー』(原題)へカメオ出演することが明らかになっ
 た。ストーリーは、主演のマイク・マイヤーズ扮するオースティンがドク
 ター・イーブルとミニー・ミーと共に新たな敵ゴールドメンバーと戦うと
 いう内容で、オースティンの新しいパートナーには人気R&Bグループ、デス
 ティニーズ・チャイルドのビヨンセ・ノウルズが扮する。この他カメオ出
 演が明らかになっているスターは、ケヴィン・スペイシーとダニー・
 デヴィート、歌手のブリトニー・スピアーズとクインシー・ジョーンズ、
 オジー・オズボーンがいる。

          Copyright (C) 2000-2002 FLIX LTD. / Welva Corp.

 より詳しいシアターニュースを知りたい方は・・・
 http://theater.nifty.com/news/index.htm


 ┌─────────────────────────────────┐
  ★ランキング情報 >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 ランキング情報では、毎週映画に関する各種ランキングデータを掲載して
 います。ここでは、各ランキングの1位を紹介致します。

 ◇◇今週の各ジャンル別1位◇◇

  ●国内興業ランキング
   1位:スパイダーマン

  ●レンタルビデオランキング
   1位:ハリー ポッターと賢者の石(吹替)

  ●DVD販売ランキング
   1位:ハリー ポッターと賢者の石

  ●みんなが決めるランキング(6月12日現在)
   近日公開作品の期待度   :ブレイド2
   公開中のおすすめ作品   :模倣犯

  ※みんなが決めるランキングランキングでは24時間365日いつでも
   アナタの投票をお待ちしています!

  ●勝手に映画評
   1位:マジェスティック

  ※「勝手に映画評」詳細は下記にあるので、そちらも見てね。

 各ランキング詳しいデータは、「ランキング」でチェックしてください。
 http://theater.nifty.com/ranking/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★最新記者会見 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ★今週の最新記者会見はコレ!★★★
  ・DVD『バトル・ロワイアル 特別篇』発売記念
             深作欣二監督・山本太郎トークイベント
  ・『ワンス&フォーエバー』 監督&原作者合同インタビュー
                                        (6月14日更新)

【ピックアップインタビュー】〜インタビューの一部をご紹介します〜

>>>>>>>「バトル・ロワイアル 特別篇」<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■2000年に公開され、中学生が殺し合うショッキングな内容で社会現象に
 発展した『バトル・ロワイアル』。同作の未公開映像なども収録したDVD
 が『バトル・ロワイアル 特別篇』として5月21日に発売された。
 発売を記念してHMV渋谷イベントスペースにて深作欣二監督、山本太郎の
 トークイベントが開催された。内容は『バトル・ロワイアル』の話しだけ
 ではなく、2人の映画観やお互いの批評など普段聞けないようなトークイ
 ベントとなっている。

 <深作組と書いて“深夜作業組”と読む>
 司会:映画化の話を受けた時、監督はどう思いましたか?
 深作:中学生が殺し合いだ云々と言うけれど、太平洋戦争ってありました
 よね。工場へ働きに駆り出されて毎日毎日空襲があったり、死体の片付け
 とかさせられたり。つまり戦争というのはバタバタ人が死ぬものですから
 ね。“人が生きるって大変なことなんだ”と思ったのは15歳の時です。戦
 後何年も経つと忘れてくるんだけど、本屋で本の帯に“中学生42人皆殺
 し”なんか書いてあると、つい血が騒いだりしちゃうんですよ。それが
 (作品との)縁の始まりでしたね。
 司会:山本さんは川田章吾という役をどういう形で受けられたんですか?
 山本:最初役が決まってたわけじゃなくて。深作欣二が映画を撮る、それ
 でオーディションをやると。“絶対参加させてくれ!”と言ったら“スケ
 ジュールが分かりません”ということで、僕はそのまま(世界)ウルルン
 (滞在記)に行っちゃったんですね(笑)。帰ってきたら“スケジュール
 に調整がついた。監督にお会いできる”ということで。もし一緒に映画が
 やれたら良いけど、お会いできただけでも嬉しいじゃないですか? 伝説
 の人ですから。東映の撮影所で監督に初めてお会いしたんですけど、なん
 か良い感じなんですよね(笑)。オーディションって緊張するんですけ
 ど、そういう緊張感を漂わせないというか、監督のお人柄なんですけど。
 それでセリフを色々読んでいくんですよ。僕は原作は読んでいなくて中学
 生が主人公というのを聞いてたから、多分“体育教師”だろうと(笑)。
 あとは“給食のおじさん”だとか。そうしたら読むセリフは青春している
 のが多くて、監督に“お前さん、いくつだ?”と言われた時に、これは実
 年齢の25歳を言ったらヤバイと思ったんで“16です!”って答えたら“違
 う! 身長だ!”って(笑)。その日の夕方に結果が出るって言われて結
 果が出なかったんですよ。マネージャーに“どうなってんの?”って聞い
 たら“明日出るから”って言われて2週間ぐらい待たされて“まぁええ
 わ。楽しい話しも出来たし良いグルーヴだった。思い出だけで充分です”
 と思ってたら、監督さんがお偉い方と闘ってくれてると。要は中学生の映
 画に25歳のオッサンを出すってどういうことやねん? 監督大丈夫です
 か? 飲んでませんか? と(笑)。そこまで言ったか知りませんがそうい
 う状態だったらしくて。
 司会:どうしてそんなに山本太郎さんに映画に出て欲しいと思われたんで
 しょうか?
 深作:結局キャスティングというのはバランスですからね。みんな同じよ
 うなキャラクターが揃ったら面白くもクソもないわけですよ。もちろん15
 歳が基調になってますけど、その中にこういうの(山本太郎)が混じって
 いても良いだろうと(笑)。例えば前田亜季くんだとか小谷幸弘くん、三
 村恭代だとかは本物の15歳。太郎くんの恋人になる少女(美波)が14歳。
 そういうのを要所に散りばめているから“お前が心配することはない。お
 前さんのキャラクターをドラマの中で活かしてくれればそれで良い”それ
 でお客さんが喜んでくれればね、喜んでくれたかは知りませんよ(笑)。
 山本:(笑)。大喜びですよ、ねっ、ほ…
 (またもや客席の薄いリアクション)
 山本:気ぃ使って、こういう時は。バアッと拍手するとか。
 (会場から拍手が起こる)
 山本:ありがとうございます。無理矢理ですね(笑)。良い人ばっかりや
 (笑)。
 深作:あとは安藤政信くんのように太郎君と同世代の人が入ってきてます
 けど、それぞれが面白い味を出してくれた。柴咲コウくんも17か18には
 なってたのかな? 彼女は17、8には見えないんですよ、大人っぽいから。
 そうしたらメイクのオバサンが来てね“あの娘はいくつですか?”と聞く
 んで“17か18だよ”って言ったら“口では何でも言えますよ! 30です
 よ”って(笑)。30のわけがないだろ(笑)。そういう風に冒険したキャ
 スティングは必ず成功するものでね。山本太郎、安藤政信、柴咲コウと、
 実際にはお客さんも15歳だなんだの忘れて観てますからね。それを思い出
 させたら監督の責任なんで。そういうものを思い出させずにあれよあれよ
 とラストまで駆け抜けるような映画でないといけないんでね。どうもお疲
 れさまです。
 山本:深作組は“深夜作業組”って呼ばれるぐらい、朝から始まって次の
 日の朝までやってるんですよ。それが毎日続くから、スタッフもヘロヘロ
 になって、僕たちも撮影しながらコックリいきそうな勢いなんですけど、
 監督は1番元気ですからね。“何食べてるんですか、監督?”という世界
 でしたね。

 ※この特集はぜひサイトのストリーム映像と共にご覧ください。

 ★Theater@nifty「最新記者会見」より
  インタビュー全文はこちらまで
  http://theater.nifty.com/presss/index.htm


>>>>>>>「ワンス&フォーエバー」<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■全米17週連続ベストセラーの小説を元に映画化した『ワンス&フォーエ
 バー』。ベトナム戦争を題材に、アメリカ・ベトナム両軍の兵士たちの視
 線から描いた本作は全米No.1を獲得。辛口批評で有名なニューヨーク・タ
 イムズ紙からも最大級の評価を得るなど各紙で絶賛を受けた。
 公開前の5月21日には監督のウォレス・ウォレスと原作者の1人、ジョー・
 ギャロウェイが来日し、都内で合同インタビューを行った。原作との出会
 いや映画化までのプロセスをインテリジェンス溢れる語り口でコメント。
 2人から出ているオーラには威厳があり、場内が独特の緊張感に包まれた
 インタビューとなった。

 <スタッフ&キャストの素晴らしい情熱>
 --ギャロウェイさんに質問です。戦地で大変なご体験をされてきたわけで
 すが、実際完成した映画を観られてどのように感じましたか?
 ギャロウェイ:非常に満足していますし、ハッピーという表現を使ってよ
 いのならハッピーだと感じています。ウォレス監督が私たちに約束してく
 れた“可能な限り真実に忠実に描いてフィルムを完成させる”という約束
 を最後まで貫いて下さいました。出来上がったものは真実に非常に忠実で
 パワフルな力を持った映画となっております。確かに本を出し、ベストセ
 ラーを出したとしても数十万人程度に限られてしまいます。しかし映画化
 されるとなると1つの国を出て世界へと流通していき、数百万人もの目に
 触れるわけです。つまり対象が格段に広がっていくわけです。私たちは8
 年間、ウォレス監督に協力をしまして素晴らしい映画となったことを心か
 ら嬉しく思っています。この映画に関わった方々、主役のメル・ギブソン
 さんや、戦場となるセットの草を切ってくれた方々まで1人1人が情熱を
 持って映画の製作に取り組んでくれました。これ以上のことは著者として
 望めないくらいの仕事をして下さったと感じています。

 ※この特集はぜひサイトのストリーム映像と共にご覧ください。

 ★Theater@nifty「最新記者会見」より
  インタビュー全文はこちらまで
  http://theater.nifty.com/presss/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★勝手に映画評 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 「Theater@nifty」編集部が独自に映画評論し、ランキングをつけちゃい
 ましょうというのがこの「勝手に映画評」。スタッフもいずれも個性的な
 メンバーで毎週4作品をピックアップします。

 □ハイ・クライムズ(アメリカ カール・フランクリン監督)□

 夫が着せられた恐ろしい犯罪の容疑をはらすため、弁護士の妻は巨大な組
 織に立ち向かう。監督は『青いドレスの女』の俊英カール・フランクリ
 ン。 

  [CAST]
 クレア・キュービック:アシュレー・ジャド


 [映画ライター 評]
 確かな演技力を持つ俳優、一筋縄にはいかないストーリー、スピーディー
 な演出、すべてにおいてベリーグッドな一級品サスペンス。「ア・
 フュー・グッドメン」あたりが好きな人は満足必至。一番身近な人のこと
 の、全てを知っているとは限らない。そんなメッセージも込められてい
 る。
                         (評価点数 22点)

 [女優 評]
 誰を信じたらいいか分からないことほど、辛いことはないでしょう。そん
 な状況の中、一般の裁判とは違う部分がある軍事裁判で主人公の女性弁護
 士はどう闘うのか? そのプロセスが見物です。M.フリーマンはどちらかと
 いうと脇役に回り、主役の女性を支える役どころ。何だかもったいない気
 もしますが。
                         (評価点数 18点)

 [ドラゴン 評]
 通常の法廷とは全く違う、軍事法廷での駆け引きの場面と、何とかして無
 実を証明しようと、証拠集めをする場面がリズムよく、交互にやってきて
 一気に最後まで見ちゃいました。この脚本の素晴らしさもさることなが
 ら、ジム・カヴィーゼルの演技が最高。「こいつ、まだ何か隠してるん
 じゃないか?」と思わせる、良い表情と演技をしてます。
                         (評価点数 22点)

 [編集長 評]
 自分の一番身近な人が、自分の全く知らない過去を持っていると聞いて
 ショックを受けながらも、持ち前のガッツで夫の無実を証明しようとする
 アシュレー・ジャドがカッコイイです。一方、モーガン・フリーマンが、
 どこか頼りない、ちょっとおとぼけな役をやってるのが『コレクター』
 『スパイダー』と違って親しみを持てましたね。
                         (評価点数 20点)

  ★Theater@nifty「勝手に映画評」より
   そのほかの作品についてはこちらまで
   http://theater.nifty.com/katteni/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★Theater@nifty プレゼント情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 【試写会プレゼント】
  ★『アイス・エイジ』試写会ご招待 25組50名様

 【PREMIUM GOODS】
  ★『記憶の音楽Gb』 劇場招待券プレゼント 5組10名様
  ★『マンホール』 劇場鑑賞券プレゼント 3組6名様 ※締切迫る
  ★渋谷ミニシタアー 6劇場共通回数券 3名様 ※締切迫る

 【映画の感想を投稿して1万円の商品券を当てよう!】
 「コレお薦め!私の映画評」では映画の感想を投稿していただいた方から
 抽選で毎月5名様に1万円の「JTBナイスショップ」をプレゼント!募集方
 法は簡単、鑑賞した映画作品情報ページの一番下に「この作品の感想を書
 く」ボタンがあるのでこれをクリック。その後投稿フォームが出てきます
 ので感想を書き入れて送信するだけ。Theater@niftyに作品情報があるも
 のについてすべて応募できるので、試写会での感想もOK!皆様の厳しく
 も?暖かい愛のある感想をお待ちしております!
 
 <詳しくは>
 http://theater.nifty.com/present/index.htm


----------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、『melma!』のシステムを利用して発行しています。
 (http://www.melma.com/ ID:m00040919)

 ※登録解除は、ご登録いただいた上記サイトにてお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご意見・ご要望・お問合わせ先 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<

    ★theater@mbi.nifty.com(Theater@nifty編集部)まで

======================================================================
発行:Theater@nifty通信編集部
Copyright(C), 2002 NIFTY Corporation.
「Theater@nifty通信」に掲載された記事・内容を許可なく転載する
ことを禁じます
「Theater@nifty」
http://theater.nifty.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
************************************************************************
ADSLが3ヶ月間1,000円割引!@nifty『ADSL得々キャンペーン』
  さらにインターネット電話とメールウイルス駆除機能も3ヶ月間無料!
     >>>  http://www.nifty.com/bb/adsl/campaign_a.htm  <<<
************************************************************************

「DISCOVER@nifty〜ホタル特集」6/7〜6/23 http://www.nifty.com/sp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-21  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。