映画

Movie@nifty通信

「Movie@nifty」が発行するフリ-メ-ルマガジンです。映画に関する最新ニュ-スや各種ランキング、インタビューなどの特集、プレゼント情報など、読みごたえのあるメ-ルマガジンを提供いたします。

全て表示する >

Theater@nifty通信

2002/04/18


========================= Theater@nifty通信 ========================

         --- 2002年4月18日号(毎週木曜配信)---

       ●Theater@nifty → http://theater.nifty.com

======================================================================

   ☆★☆★☆★☆★一足早い来週のシネマ占い☆★☆★☆★☆★☆

             ラッキー星座 水瓶座
           オススメ映画『友へ チング』

            アンラッキー星座 射手座
              オススメ映画『愛の世紀』

          その他の星座はサイトをチェック
     http://theater.nifty.com/cinema/uranai/index.htm
   ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

┌─────────────────────────────────┐
  ★Theater@nifty最新情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ●コンパクトスピーカーシステム「BA635」を2名様にプレゼント!

 Music@nifty「AVレビュー」でご紹介したBoston/コンパクトスピーカー
 システム「BA635」を2名様にプレゼント!今すぐ応募してみてね! 

 応募はこちらでどうぞ!!☆
 http://theater.nifty.com/present/index.htm


 ●ランキングに参加しよう!

 Theater@niftyの人気コーナー"ユーザー参加型ランキング"ではみなさま
 からの投票を常時大募集しています!アナタのオススメ作品や好きな俳優
 ・監督、心に残る名作など、カテゴリ別に8つ用意しております。ぜひ参
 加してみてね!!

 投票はこちら!!☆
 http://theater.nifty.com/cinema/ranking/index.htm


■THIS WEEK CONTENTS ==================================================

 ★Theater@nifty最新情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★Theater@nifty TOPICS
 ◆最新シアターニュース
  ・『ロード・オブ・ザ・リング』続編映像が公開
  ・金城武から最新作制作報告!
 ◆ランキング情報
 ◆特集
  映画「ビューティフル・マインド」ラッセル・クロウ来日記者会見
  /映画「少林サッカー」チャウ・シンチー来日記者会見
                         (4月19日更新)
 ◆勝手に映画評
  「快盗ブラック・タイガー」
 ◆今月のオススメSTAGE
  「オイディプス王」
 ◆Theater@nifty プレゼント情報

 ┌─────────────────────────────────┐
  ★最新CINEMA&STAGEニュース >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 <1>『ロード・オブ・ザ・リング』続編映像が公開
 __________________________________

 ●日本公開以来、いまだ高い人気の続く『ロード・オブ・ザ・リング』。
 その続編となる『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 (The Two 
 Towers)』の一部映像がいよいよ全国約350スクリーンで4月20日(土)よ
 り公開される。(字幕版に限り、本編終了後にエンドクレジット前に付
 く)
 フロドとサムの運命、アラゴルン達の闘い、さらに力を増すサルマンの軍
 勢…。気になるエンディングだっただけに、この機会にもう一回劇場に足
 を運んでみては?

 『ロード・オブ・ザ・リング』作品情報
  http://theater.nifty.com/cinema/data/020124/01/main.htm


 <2>金城武から最新作制作報告!
 __________________________________

 ●金城武主演の娯楽SFアクション映画『リターナー』の製作報告会見が、
 4月16日(火)都内ホテルで行われた。会見には、キャストの金城武、岸
 谷五朗、鈴木杏、そして山崎貴監督、堀部プロデューサーが登場。また主
 題歌を担当したレニー・クラヴィッツからビデオメッセージも届けられた。
 この『リターナー』は2002年の夏休み公開作品として最も注目すべき日本
 映画。CG、ワイヤーアクション、ストーリーも日本の娯楽作品をボトム
 アップする強力な内容になりそうだ。
 この作品の劇場公開日は8月31日(土)。注目の映像をチェックできる予
 告編も『リターナー』公式サイトで公開中だ。
 この会見の模様は後日シネマ特集で掲載する予定。お楽しみに!

 『リターナー』公式サイト
  http://www.returner.net/

 より詳しいシアターニュースを知りたい方は・・・
 http://theater.nifty.com/news/index.htm


 ┌─────────────────────────────────┐
  ★ランキング情報 >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 ランキング情報では、毎週映画に関する各種ランキングデータを掲載して
 います。ここでは、各ランキングの1位を紹介致します。

 ◇◇今週の各ジャンル別1位◇◇

  ●国内興業ランキング
   1位:モンスターズ・インク

  ●レンタルビデオランキング
   1位:ブリジット・ジョーンズの日記

  ●DVD販売ランキング
   1位:A.I.特別版

  ●ユーザー参加型ランキング(4月17日現在)
   近日公開作品期待度    :スパイダーマン
   現在公開中のイチオシは? :光の旅人
   デートにオススメの映画は?:アメリカン・スウィートハート
   好きな男優は?      :イライジャ・ウッド
   好きな女優は?      :オドレイ・トトゥ
   好きな監督は?      :ピーター・ジャクソン
      好きなキャッチフレーズは?:バーバー
           「髪型を変えるように少しだけ人生を変えたい。」
   気になるあの映画の続編  :ロード・オブ・ザ・リング

  ※ユーザー参加型ランキングでは24時間365日いつでもアナタの投票を
   お待ちしています!

  ●勝手に映画評
   1位:アリ

  ※「勝手に映画評」詳細は下記にあるので、そちらも見てね。

 各ランキング詳しいデータは、「ランキング」でチェックしてください。
 http://theater.nifty.com/cinema/ranking/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★CINEMA&STAGE 特集 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ★今週の特集はコレ!★★★
  ・映画「ビューティフル・マインド」ラッセル・クロウ来日記者会見                           from「CINEMA」
  ・映画「少林サッカー」チャウ・シンチー来日記者会見
                                     from「CINEMA」(4月19日更新)

【ピックアップインタビュー】〜インタビューの一部をご紹介します〜

>>>>>>>「ビューティフル・マインド」<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■アカデミー賞受賞式を間近に控える超多忙なスケジュールの中、
 『ビューティフル・マインド』のプロモーションのためラッセル・クロウ
 が来日!残念ながら2年連続で主演男優賞獲得はなりませんでしたが、
 『グラディエーター』とは180度違った、内向的で精神障害に悩む主人公
 を見事に演じきっています。
 いつもより多い女性記者たちの熱い視線を浴び『女性を口説き落とすのに
 苦労したことがない』との大胆発言まで飛び出し、会場内はますますヒー
 トアップ!ユーモアとインテリジェンス溢れるフランクな語り口で、女性
 ファンはもちろん男性も必見の内容となっています!

 <出演の決め手は鳥肌!>
 ラッセル:みんな、おはよう!調子はどう?東京は3度目だけど、本当に
 美しい街で気に入っているよ。
 --アカデミー賞発表直前のお忙しい中、日本にお越しいただきありがとう
 ございます。今作品もそうですが、作品ごとに全く違った役柄を演じる理
 由を教えてください。
 ラッセル:自分の中でシナリオの選び方を“鳥肌現象”と名付けているん
 だ。たくさんの中からどれを選ぶかは、自分に肉体的な反応が出るかどう
 か。いいシナリオを読んでいると本当に鳥肌が立つんだよ。エモーション
 に訴えてくる映画に出るようにしているので、自分のほうから“こういう
 役がやりたい”とチョイスすることは一切ないな。いつも受け身で、そう
 いうの(いいシナリオ)に出逢うのを待っている。そうすると毎回、
 “あっ、こんな役になった!”とサプライズになるんだ。僕の仕事という
 のは、選んだ役に完全にとけ込んで演技をすることだからね。スターだと
 か騒がれるのは全くの副産物であって、役に全身全霊を打ち込んで世の中
 のボーイズ&ガールズを泣かせること、これが僕の仕事だと思っている
 よ。
 --ジョン・ナッシュさんには会われたのですか?
 ラッセル:ジョン・ナッシュさんは招待もしてないのに撮影3日目に突然
 現れたんだよ。実は撮影前のリハーサルの段階で会いたかったんだけど、
 スケジュールが詰まっていて会えずにいたんだ。そうしたら、プリンスト
 ンでの撮影セットに突然来て。彼とはとても面白い話をしたな。それは映
 画の中にも取り入れられて、例えば、最後にお茶を飲むシーンがあるんだ
 けど、あれは彼とのやりとりをそのまま取り入れているんだ。ジョン・
 ナッシュさんに“コーヒーですか?紅茶ですか?”と尋ねたら、なんと分
 析され決断されるまでに15分間もかかってね(笑)。僕は待ちきれずに紅
 茶を飲んじゃったけど(笑)。そういう人だったよ。...more

 ★Theater@nifty「CINEMA」特集より
  インタビュー全文はこちらまで
  http://theater.nifty.com/cinema/special/index.htm


>>>>>>>「少林サッカー」<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■2002年。ワールドカップの開催を控えた日本に、超ド級サッカーエンタ
 ーテインメント映画『少林サッカー』が上陸する。中国拳法とサッカーが
 ダイナミックに融合し、超人的なスピードで展開されるプレイの数々。
 サッカーはもはやフィールドだけの戦いではない!この超話題作の主演・
 監督・脚本をてがけた香港No.1スター、チャウ・シンチーが緊急来日しま
 した。香港では社会現象となるほどの爆発的ヒットを記録し、全米公開も
 決定!ここ日本では日韓ワールドカップ開催直前の5月から公開されま
 す。当日、会場には香港&サッカーの大ファンという梨花さんが花束贈呈
 に駆けつけてくれました。

 <郷に入っては郷に従え>
 --舞台を香港ではなく中国本土にした理由を教えてください。また、コメ
 ディー映画を撮るうえで心がけていることは何でしょうか?
 チャウ:中国人ですので、中国を舞台にしたストーリーを撮るというのは
 非常に必然的なことではないかと思います。コメディーを撮るうえで心が
 けていることは、面白くなければコメディーじゃない、いい脚本でいい作
 品にしなければいけないということです。
 --ミラマックス社によって手を加えられた全米公開バージョンをご覧に
 なった感想をお聞かせください。
 チャウ:アメリカで上映されるバージョンが短くなったことは理解できま
 す。アメリカの観客は、私やスタッフ、出演者のことをよく知らないと思
 いますし。最も印象的だったのは、映画の中で自分の鍛えた裸を見せるた
 めに洋服を脱ぐという私の好きなシーンがあるんですけど、向こう(アメ
 リカ)に持っていったら真っ先にカットされたんです(笑)。納得いかず
 に“どうしてカットしたんですか?”と聞いたら“痩せすぎてカッコ悪
 い”と言われました(笑)。そこで私はわかったんですが、アメリカとア
 ジアでは好みが違います。アメリカの場合だと筋肉隆々じゃないとカッコ
 悪い。アジアの場合だと締まった体の方がカッコいいと。ですから、その
 国の事情にあわせて編集していくのは理解できます。

  ※この特集はぜひサイトのストリーム映像と共にご覧ください。

 ★Theater@nifty「CINEMA」特集より
  インタビュー全文はこちらまで
  http://theater.nifty.com/cinema/special/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★勝手に映画評 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 「Theater@nifty」編集部が独自に映画評論し、ランキングをつけちゃい
 ましょうというのがこの「勝手に映画評」。スタッフもいずれも個性的な
 メンバーで毎週4作品をピックアップします。

 □快盗ブラック・タイガー
            (タイ ウィシット・サーサナティヤン監督)□

 CF業界で活躍し、『ナンナーク』の脚本を担当したサーサナティヤンの初
 監督作品。強烈な色彩 、ノスタルジックなセット、タイの古典映画や伝
 統演劇を取り入れた独特の映像が各国の映画祭で話題に。

  [CAST]
 ダム:チャッチャイ・ガムーサン
 ラムプイ:ステラ・マールギー


 [映画ライター 評]
 このケバい色彩 はナンダ?これがタイ風か?と最初は度肝を抜かれたも
 のの、見ていくうちに仕掛けられた映像のトリック、バカスレスレの本
 気っぷり(?)にだんだんハマっていった。ストーリーはどこかなつかし
 い匂いもするほどシンプルで明快。とにかくこの映像世界に何も考えずに
 酔うのが一番の鑑賞法!
                         (評価点数 18点)

 [女優 評]
 劇画チックな感じと、アジア映画っぽい(っつーか、インド映画に近
 い?)濃ーい色合いが、ガンマンものにピッタリマッチしてて愉快。しか
 も、主役の方のお顔のインパクトの、まあ強いこと!が、先日TVでこの映
 画についてコメントしてる素の彼を見たら、とてもハンサム…。監督の
 キャラに対する遊び心が垣間見えます。
                         (評価点数 17点)

 [たまごー 評]
 これは驚きました…、完全にノックアウトって感じです。“大中”の店内
 を“花やしき”のローラーコースターで走り抜けるような映像感覚!?そ
 れでいて顎が外れそうなほどの美しいカット。様々な価値観は切り刻まれ
 て監督の思い通 りに再構築されてしまいます。うまれて初めて映画を観
 たような感覚に狂気乱舞してしまいました!
                         (評価点数 24点)

 [編集長 評]
 なんて不思議な映画なんでしょう!懐かしいような、新しいような…。昔
 の日活アクション映画のような、新進気鋭のコマーシャルフィルムを観て
 いるような、舞台作品を観ているような…。一言では言い表せませんが、
 あえて言うなら“タイ式『ムーラン・ルージュ』”でしょうか。サウンド
 トラックも哀愁があって○でした。 
                         (評価点数 18点)

  ★Theater@nifty「CINEMA」勝手に映画評より
   そのほかの作品についてはこちらまで
   http://theater.nifty.com/cinema/ranking/katteni.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★今月のオススメSTAGE >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 □「オイディプス王」

 [CAST]
 オイディプス(テーバイの王):野村萬斎
 イオカステ(テーバイの王妃):麻実れい
 クレオン(イオカステの弟):吉田鋼太郎
 テイレシアス(盲目の予言者):山本耕史
 コリントスの使者:川辺久造
 羊飼い:山谷初男
 報告者:菅生隆之
 神官:妹尾正文
 嘆願者たち・長老たち:沢 竜二 他

 [INTRODUCTION]
 読売演劇大賞の大賞及び最優秀作品賞を受賞した「グリークス」に続き、
 蜷川幸雄が挑むギリシャ劇は、ソフォクレスの傑作『オイディプス王』。
 知らずして、父親を殺し母親と姦通し、ついには自ら両眼をえぐってしま
 うテーバイの王オイディプスの悲惨な運命の物語は、パゾリーニ監督に
 よって映画化(『アポロンの地獄』)されるなど、多くのギリシャ劇の中
 で最も有名な作品の一つである。
 蜷川幸雄は、1976年(主演:市川染五郎<現・松本幸四郎>)於:日生劇
 場)、86年(主演:平幹二朗 於:築地本願寺)と2度演出しており、
 2002年の公演は3度目の挑戦となる。
 今回、オイディプス王を演じるのは、狂言のみならず演劇、映画等にも大
 活躍の野村萬斎。そして、その母親イオカステを、益々円熟味を増し、常
 に安定した演技力で観客を魅了する麻実れいが演じる。

 [STORY]
 古代ギリシャ・コリントスの王子として育ったオイディプス(野村萬斎)
 は、父を殺し、母を娶るであろうという忌まわしい予言を授かった。それ
 を避けるため放浪の旅に出た彼は隣国テーバイに到り、怪物スフィンクス
 を追い払い、請われてテーバイ領主となる。非業の死をとげたライオス前
 王の妃イオカステ(麻実れい)を妻に迎え、幸福な日々が訪れた。
 だが、やがて疫病厄災が人々を襲い、それを救うための神託がもたらされ
 る。悲しく恐ろしい真実が露見し、運命は一挙に破滅に突き進む…。

 [公演情報]
 2002年6月7日(金)〜6月30日(日)
          /東京・シアタートラム
 2002年7月11日(木)〜7月13日(土)
          /新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場
 2002年7月19日(金)〜7月24日(水)
          /大阪・シアター・ドラマシティ

  ★Theater@nifty「STAGE」今月のオススメより
   そのほかの公演についてはこちらまで
   http://theater.nifty.com/stage/data/


┌─────────────────────────────────┐
 ★Theater@nifty プレゼント情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 【試写会プレゼント】
  ★「アトランティスのこころ」試写会ご招待 50組100名様
                            ※締切迫る!
  ★「華の愛 -遊園驚夢-」試写会ご招待 5組10名様 ※締切迫る!

 【PREMIUM GOODS】 
  ★ファントマ「黒いチューリップ」東京・大阪公演ご招待 6組12名様
  ★「ぼくの神さま」原作文庫本 1名様
  ★「アザーズ」プレスシート 8名様
  ★「UNloved」劇場招待券 5組10名様
  ★「RED SHADOW 赤影」 5名様
  ★「ザ・ワン」ポストカード 10名様
  ★「ムーラン・ルージュ」特製シングルCD 6名様
  ★コンパクトスピーカーシステム 「BA635」・2名様
  ★「少年と砂漠のカフェ」プレスシート 5名様 ※締切迫る!
  ★「陽だまりのグラウンド」カレンダー&プレスシートセット
                         5名様 ※締切迫る!
  ★「GO」オリジナルお香セット 3名様 ※締切迫る!

 <詳しくは>
 http://theater.nifty.com/present/index.htm


----------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、『melma!』のシステムを利用して発行しています。
 (http://www.melma.com/ ID:m00040919)

 ※登録解除は、ご登録いただいた上記サイトにてお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご意見・ご要望・お問合わせ先 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<

    ★theater@mbi.nifty.com(Theater@nifty編集部)まで

======================================================================
発行:Theater@nifty通信編集部
Copyright(C), 2002 NIFTY Corporation.
「Theater@nifty通信」に掲載された記事・内容を許可なく転載する
ことを禁じます
「Theater@nifty」
http://theater.nifty.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特集「Discover@nifty〜春、お出かけ編」4/1〜5/31 http://www.nifty.com/sp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-21  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。