映画

Movie@nifty通信

「Movie@nifty」が発行するフリ-メ-ルマガジンです。映画に関する最新ニュ-スや各種ランキング、インタビューなどの特集、プレゼント情報など、読みごたえのあるメ-ルマガジンを提供いたします。

全て表示する >

Theater@nifty通信

2002/04/04


========================= Theater@nifty通信 ========================

         --- 2002年4月4日号(毎週木曜配信)---

       ●Theater@nifty → http://theater.nifty.com

======================================================================

   ☆★☆★☆★☆★一足早い来週のシネマ占い☆★☆★☆★☆★☆

             ラッキー星座 牡牛座
            オススメ映画「友へ チング」

            アンラッキー星座 乙女座
          オススメ映画「トゥーランドット」

          その他の星座はサイトをチェック
     http://theater.nifty.com/cinema/uranai/index.htm
   ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

┌─────────────────────────────────┐
  ★Theater@nifty最新情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ●「白い犬とワルツを」公式サイトで仲代達矢氏インタビュー掲載中!

 演技派と言われる彼が自然体の演技で挑んだ『白い犬とワルツを』。この
 映画に賭ける並々ならぬ決意や、仕事をしている気がしなかったという撮
 影現場での1コマなどを語っていただきました。 また俳優生活50年を迎え
 た心境、そして自らが主宰する無名塾に託された亡き愛妻、宮崎恭子の今
 も生き続ける思いも振り返る貴重なインタビューです。

 「白い犬とワルツを」公式サイト
 http://theater.nifty.com/shiroi_inu/index.htm


 ●ランキングに参加しよう!

 Theater@niftyの人気コーナー"ユーザー参加型ランキング"ではみなさま
 からの投票を常時大募集しています!アナタのオススメ作品や好きな俳優
 ・監督、心に残る名作など、カテゴリ別に8つ用意しております。ぜひ参
 加してみてね!!

 投票はこちら!!☆
 http://theater.nifty.com/cinema/ranking/index.htm


■THIS WEEK CONTENTS ==================================================

 ★Theater@nifty最新情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★Theater@nifty TOPICS
 ◆最新シアターニュース
  ・「ロード・オブ・ザ・リング」の続編、先行プラチナチケット発売中!
  ・「ハリー・ポッター」第2作目にケネス・ブラナー出演決定
 ◆ランキング情報
 ◆特集
  映画「荒ぶる魂たち」三池崇史・加藤雅也トークイベント
  /映画「シャドウ・フューリー」船木誠勝 舞台挨拶(4月5日更新)
 ◆勝手に映画評
  「ビューティフル・マインド」
 ◆今月のオススメSTAGE
  「ジンジャーブレッド・レディ」
 ◆Theater@nifty プレゼント情報

 ┌─────────────────────────────────┐
  ★最新CINEMA&STAGEニュース >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 <1>「ロード・オブ・ザ・リング」の続編、先行プラチナチケット発売中!
 __________________________________

 ●アカデミー賞4部門も受賞し、現在大ヒット上映中の「ロード・オブ・
 ザ・リング」。同作は壮大なスケールの3部作となっているが、その第2作
 目「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」の先行プラチナチケットが早
 くも発売されている。これは一部の劇場で「ロード・オブ・ザ・リング」
 公開期間中のみ限定で発売されるもので、一般券1300円(税込)。詳細は同
 作の公式サイト・[上映劇場]にて。

 「ロード・オブ・ザ・リング」公式サイト
   http://www.lord-of-the-ring.com/


 <2>「ハリー・ポッター」第2作目にケネス・ブラナー出演決定
 __________________________________

 ●11月23日より超拡大ロードショーされる『ハリー・ポッター』シリーズ
 第2作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』にイギリス人名優ケネス・ブ
 ラナーらが正式参加することが決定した。ブラナーは、ホグワーツ魔法魔
 術学校に新しく迎えられた闇の魔法の防衛術の教授ギルデロイ・ロック
 ハートを演じる。同時に発表された2作目から登場するキャスティングは
 以下の通り。

 ■ジェイソン・アイザックス…
     ドラコ・マルフォイの陰険な父親役(ブラック・ホーク・ダウン)
 ■薬草学のスプロウト先生…
                     ミリアム・マーゴリス(エイジ・オブ・イノセンス)
 ■ロンの父親ミスター・ウィーズリー…
                     マーク・ウィリアムズ(恋におちたシェイクスピア)
 ■嘆きのマートル…
             シャーリー・ヘンダーソン(ブリジッド・ジョーンズの日記)
 ■校医のマダム・ポンフリー…ジェマ・ジョーンズ(いつか晴れた日に)
 ■図書館司書マダム・ピンズ…サリー・モーテモア(映画初出演)

 より詳しいシアターニュースを知りたい方は・・・
 http://theater.nifty.com/news/index.htm


 ┌─────────────────────────────────┐
  ★ランキング情報 >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 ランキング情報では、毎週映画に関する各種ランキングデータを掲載して
 います。ここでは、各ランキングの1位を紹介致します。

 ◇◇今週の各ジャンル別1位◇◇

  ●国内興業ランキング
   1位:モンスターズ・インク

  ●レンタルビデオランキング
   1位:トゥームレイダー(字幕)

  ●DVD販売ランキング
   1位:ジュラシック・パーク(3) コレクターズ・エディション

  ●ユーザー参加型ランキング(4月3日現在)
   近日公開作品期待度    :陽だまりのグラウンド
   現在公開中のイチオシは? :エネミー・ライン
   デートにオススメの映画は?:アメリカン・スウィートハート
   好きな男優は?      :キアヌ・リーブス
   好きな女優は?      :オドレイ・トトゥ
   好きな監督は?      :ラッセ・ハルストレム
      好きなキャッチフレーズは?:サンキュー、ボーイズ
          「よいことも、悪いことも、みんな私の幸せの素。」
   気になるあの映画の続編  :ロード・オブ・ザ・リング

  ※ユーザー参加型ランキングでは24時間365日いつでもアナタの投票を
   お待ちしています!

  ●勝手に映画評
   1位:陽だまりのグラウンド
   
  ※「勝手に映画評」詳細は下記にあるので、そちらも見てね。

 各ランキング詳しいデータは、「ランキング」でチェックしてください。
 http://theater.nifty.com/cinema/ranking/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★CINEMA&STAGE 特集 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ★今週の特集はコレ!★★★
  ・映画「荒ぶる魂たち」三池崇史・加藤雅也トークイベント
  ・映画「シャドウ・フューリー」船木誠勝 舞台挨拶(4月5日更新)

【ピックアップインタビュー】〜インタビューの一部をご紹介します〜

>>>>>>>「荒ぶる魂たち」<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■今年だけで『DEAD OR ALIVE FINAL』『カタクリ家の幸福』などの話
 題作を送り続けている三池崇史監督が、最新作『荒ぶる魂たち』を届けて
 くれました。ヤクザ社会を生きる主人公を、一人の人間としてリアルに描
 いたこの作品は、ロッテルダム国際映画祭やゆうばりファンタスティック
 映画祭などで大絶賛を受けました。
 公開前に行われたトークイベントでは、色んな意味で“荒ぶる”トークを
 披露。撮影時の裏話を真剣に語っていると思ったら、あんな人こんな人へ
 の“愛”のこもった毒舌で会場を盛り上げたり。“三池節”が炸裂してい
 るイベントの模様をお楽しみ下さい。ちなみにライバルは『シベリア超特
 急3』だそうです(笑)。

 <ヤクザのアウトローな部分に、どの国の人々も共感する>
 --ゆうばり映画祭のほうに加藤さんは行かれたそうですが、どうでした
 か反応は?
 加藤:すごい良かったんですけど、同時上映に『シベリア超特急3』の新
 作がありましてね(笑)。かなりそっちのほうに客が流れて、ちょっと喰
 われましたね。今度は劇場公開の時にはね、喰い返そうかなと思ってるん
 ですけども。
 --(笑)。リベンジ?
 加藤:ええ、リベンジ。“リメンバーゆうばり!”ということで。
 --三池監督はおなじみのロッテルダム映画祭へということですが
 三池:素敵な街なんで、街角で売ってるぞみたいな(笑)。オランダの人
 もね、観終わるとやっぱり肩で風きって歩く。
 --あ、やっぱり?
 三池:同じです。※昭和館の前と同じような現象がオランダで起こってま
 した(笑)。
 --ヤクザ映画の伝統がなくても伝わるもんなんですね。
 三池:うん、でもヤクザというかアウトローな人たちっていうのはどこの
 国行ってもね、映画の主人公として存在するんで。アジア的で面白かった
 んじゃないですかね。
 --海外での公開も決まるなどして熱い注目を集めている三池作品ですけ
 れども、海外と日本の観客の反応の違いっていうのを映画祭の上でも感じ
 たりしますか?
 三池:映画祭っていうのはイベントっていう特殊な状態ですからね。みん
 なそれを楽しみに来てて、そこの映画祭の中のブームというか流れってい
 うのがあって、たまたまそこで多少上映されたりしてるっていうだけなん
 で。意外に自分としては冷静に一緒になってただ楽しんでるっていうだけ
 で。ただ映画祭で観る自分の映画っていうのが、観てて楽しいしライヴな
 んだなって、映画はどこで誰とどういう状況で観るかっていうのがすごく
 大切なものなんだなっていう感じです。

 ※この特集はぜひサイトのストリーム映像と共にご覧ください。

 ★Theater@nifty「CINEMA」特集より
  インタビュー全文はこちらまで
  http://theater.nifty.com/cinema/special/index.htm


>>>>>>>「シャドウ・フューリー」<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■元パンクラスのプロレスラー・船木誠勝が殺人クローン“タケル”とし
 て主演した映画『シャドウ・フューリー』。
 3月16日(土)に劇場初日公開を迎えて、舞台挨拶が行われました。ハリ
 ウッド映画に出演するまでの経緯や体脂肪率が測定不可能!になるまで
 行ったトレーニングなど、格闘技ファンならずとも必見の内容となってい
 ます。
 この日は、ゲストとしてタレントの桜庭あつこが登場!船木からお約束
 (?)のスリーパーホールドを決められた彼女はもう嬉しい悲鳴を上げ、
 その姿に会場のお客さんたちは大爆笑。でも本気で苦しそうな顔をしてい
 たような気が…。

 <船木の本気スリーパーで桜庭あつ子が落ちた!?>
 --桜庭さん、せっかく来ていただいたのでアクションの先人に1つ指導、
 技をかけてもらったらどうでしょうか?
 桜庭:ぜひぜひ、よろしくお願いします!
 --船木さん、どんな技をかけますか?
 船木:じゃあ、自分が最後にかけられた“スリーパー”を。
 --では、ゆっくりでお願いしますね。
 桜庭:おとさないでくださいね。…あっ、あっ、入ってます!…うおっ
 …。
 --おっとっと。はい!早い!早いです。アッという間です。
 桜庭:あのですね…、本当にこことここの間にしっかり入りました。で
 も、かけていただいたのはとても光栄です。どうもありがとうございます
 (笑)。
 --船木さん、女性にかけるっていうのは?
 船木:あんまりやりたくないんですけども、最近は女の人も格闘技始めま
 したんで、これからはそういうシーンもでてくるんじゃないかなあと思い
 ます。
 --なるほどね。ここで、最後に船木さんよりメッセージをお願いしたいと
 思います。
 船木:本日は朝早くから劇場に来て下さいましてありがとうございます。
 アクション映画っていうのは自分は思うんですけども、ものすごい単純で
 小さい頃から観てて必ず最後に正義が勝つっていう風に出来上がってまし
 て、子供の時に観ても悪いことをしてれば必ず最後はバチが当たるんだな
 あっていう基本になってますんで、こういった映画をどんどん、裸で動く
 単純明快なアクションをどんどんやっていきたいと思います。出来るだけ
 多くの人にみなさんも広めてください。そうすればまたやることができま
 すんで、自分もやりたいですのでよろしく御願いします。本日は本当にあ
 りがとうございます。  

  ※この特集はぜひサイトのストリーム映像と共にご覧ください。

 ★Theater@nifty「CINEMA」特集より
  インタビュー全文はこちらまで
  http://theater.nifty.com/cinema/special/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★勝手に映画評 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 「Theater@nifty」編集部が独自に映画評論し、ランキングをつけちゃい
 ましょうというのがこの「勝手に映画評」。スタッフもいずれも個性的な
 メンバーで毎週4作品をピックアップします。

 □ビューティフル・マインド(アメリカ ロン・ハワード監督)□

 精神分裂症と闘いながら人生の真理を追い求めた、実在のノーベル賞学者
 ジョン・ナッシュの半生を描く。愛妻アリシアとともに歩んだ魂の奇跡を
 ラッセル・クロウとジェニファー・コネリーが演じる。

  [CAST]
 ジョン・ナッシュ:ラッセル・クロウ


 [映画ライター 評]
 ラッセル・クロウの秀才演技に妙な違和感を覚えのめり込めぬまま。
 ヒューマンとミステリーが混在した、新しいタイプの映画。
                         (評価点数 19点)

 [女優 評]
 天才と狂気は紙一重、なんて言葉で片付けたくないが、やはり凄いのは彼
 を支えた妻。J・コネリーがこういう役を演る年になったとは…。
                         (評価点数 22点)

 [たまごー 評]
 数奇な人生を歩んだ一天才の伝記ではなくて、誰もが感じる人生の苦悩を
 癒してくれるストーリーです。でも賞狙いの色は濃いなぁ。
                         (評価点数 19点)

 [編集長 評]
 ナッシュの人生に添いながら、人生で一番大切なものを教えた奥さんアリ
 シアが魅力的。劇場へはタオル持参でどうぞ。
                         (評価点数 23点)

  ★Theater@nifty「CINEMA」勝手に映画評より
   そのほかの作品についてはこちらまで
   http://theater.nifty.com/cinema/ranking/katteni.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★今月のオススメSTAGE >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 □「ジンジャーブレッド・レディ」

 [CAST]
 池畑慎之介
 芳本美代子
 松井 工
 田中宗一
 高汐 巴
 加納 竜

 [INTRODUCTION]
 『ジンジャーブレッド・レディ』はニール・サイモンの1970年の作品だ。
 作家としてデビューした1960年からの10年間、数々のヒット(『裸足で散
 歩』『おかしな二人』など)でコメディ作家としての確固たる地位を獲得
 したサイモン。彼が新しい進化をとげる70年代最初の作品になる。
 ブロードウェイで1970年に初演され、主演のアル中で男関係にだらしのな
 い元歌手の母親役を演じたモーリン・ステープルトンは、その年のトニー
 賞主演女優賞を受賞している。
 一方、今までに『花粉熱』『グッバイ・チャーリー』と西洋女形を演じて
 きた池畑慎之介。『花粉熱』は上質なコメディとして高く評価され、
 『グッバイ・チャーリー』もはじめて男性が演じて成功したと絶賛を受け
 た。現在までに120ステージを達成し、池畑の代表作となりつつある。
 そんな池畑が長年温めてきたこの『ジンジャーブレッド・レディ』も好評
 を博し一昨年、昨年と公演を重ねた。『西洋女形シリーズ』の三作目とし
 て前二作同様に、大切に育っている。
 この殺伐とした空気が蔓延している時代に、人間の弱さをさらけ出しなが
 らも支えあう不器用な友情、そして家族愛のドラマを送る。

 [STORY]
 エヴィー(池畑慎之介)は43歳になる元歌手。アル中で男狂いの彼女は今
 日、アルコール依存症治療の病院をめでたく退院してきたのだ。出迎える
 のはホモで売れない役者のジミー(加納 竜)とエステ美人のトービー
 (高汐 巴)。彼女は暇さえあればコンパクトを取り出して化粧直しをし
 ている。
 エヴィーには離婚した夫との間に17歳になる娘ポリー(芳本美代子)がい
 る。ポリーは若いが精神的に自立したたくましさがあり、エヴィーにとっ
 て自慢の娘である。
 そのポリーが母親と一緒に暮らしたいと荷物を持ってやってくる。戸惑う
 エヴィー。
 3週間後卜ービーの誕生パーティーの夜、トービーは夫から突然離婚を申
 し渡され、泣き崩れている。ジミーはブロードウェイに出演のチャンスを
 得たが、初日の3日前に役をおろされ怒り狂う。
 こんな状況に当然エヴィーの精神バランスは崩れ、禁断のアルコールに手
 を出してしまう。それぞれの挫折の奥に傷ついた繊細な心が見える。
 17歳のポリーは、9歳の時に母親がくれたお菓子のジンジャーブレッド・
 レディを大切に持っている。ボロボロのクッキーのくずになってしまった
 お人形を見せて、ポリーは母の愛は残っていると、ポロポロになっても強
 く生きようという姿勢を示す…。

 [公演情報]
 2002年5月22日(水)〜5月26日(日)
             /東京・博品館劇場

  ★Theater@nifty「STAGE」今月のオススメより
   そのほかの公演についてはこちらまで
   http://theater.nifty.com/stage/data/


┌─────────────────────────────────┐
 ★Theater@nifty プレゼント情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 【試写会プレゼント】
  ★「ニューヨークの恋人」特別試写会ご招待 10組20名様
  ★デビッド・フィンチャー スペシャル・オールナイトご招待
                                                     5組10名様
  ★「スパイダー」試写会ご招待 5組10名様 ※締切迫る!
  ★「KT」特別試写会ご招待 25組50名様 ※締切迫る!
  ★「少林サッカー」試写会ご招待 15組30名様 ※締切迫る!
                         
 【PREMIUM GOODS】 
  ★「少年と砂漠のカフェ」プレスシート 5名様
  ★「陽だまりのグラウンド」カレンダー&プレスシートセット 5名様
  ★「GO」オリジナルお香セット 3名様
  ★「ブラックホーク・ダウン」プレスシート 5名様 ※締切迫る!
  ★「フレンズ」特製ロングネックストラップ 10名様 ※締切迫る!

 <詳しくは>
 http://theater.nifty.com/present/index.htm


----------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、『melma!』のシステムを利用して発行しています。
 (http://www.melma.com/ ID:m00040919)

 ※登録解除は、ご登録いただいた上記サイトにてお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご意見・ご要望・お問合わせ先 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<

    ★theater@mbi.nifty.com(Theater@nifty編集部)まで

======================================================================
発行:Theater@nifty通信編集部
Copyright(C), 2002 NIFTY Corporation.
「Theater@nifty通信」に掲載された記事・内容を許可なく転載する
ことを禁じます
「Theater@nifty」
http://theater.nifty.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特集「Discover@nifty〜春、お出かけ編」4/1〜5/31 http://www.nifty.com/sp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-21  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。