映画

Movie@nifty通信

「Movie@nifty」が発行するフリ-メ-ルマガジンです。映画に関する最新ニュ-スや各種ランキング、インタビューなどの特集、プレゼント情報など、読みごたえのあるメ-ルマガジンを提供いたします。

全て表示する >

Theater@nifty通信 VOL.29(02/01/03号)

2002/01/03


========================= Theater@nifty通信 ========================

         --- 2002年1月3日号(毎週木曜配信)---

       ●Theater@nifty → http://theater.nifty.com

======================================================================

   ☆★☆★☆★☆★一足早い来週のシネマ占い☆★☆★☆★☆★☆

          ラッキー星座    山羊座
             オススメ映画「バンディッツ」

          アンラッキー星座  乙女座
              オススメ映画「青い夢の女」

         その他の星座はサイトをチェック
     http://theater.nifty.com/cinema/uranai/index.htm
   ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

┌─────────────────────────────────┐
  ★Theater@nifty最新情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ●「スパイ・ゲーム」スペシャル・ミッション・ラリー実施中!!

 現在公開中の映画「スパイ・ゲーム」を記念して、スペシャル・ミッショ
 ン・ラリーをおこなっているよ。このゲームはサイト内に隠された、エー
 ジェントの証となる“指紋”(5種類)を集めるとスペシャルエージェント
 として認定され、「スパイ・ゲーム」壁紙やオリジナルスクリーンセーバ
 ーがダウンロードできるほか、レアなグッズプレゼントなどにも応募可能。
 このキャンペーン期間は1月11日となっているので、早めにアクセスして
 みてね!

 今すぐ行ってみよう!☆
 http://theater.nifty.com/cinema/data/011122/02/hint.html


 ●「年末年始大特集」第3弾クイズも到着!!

 本格的な映画ブームに火がついた2001年。2002年はさらに映画が盛り上が
 ることを期待して、Theater@niftyでは『年末年始大特集』がスタートして
 います!ここでは映画に関するクイズ全101問に答えると正解者に豪華&レ
 アなプレゼントが当たる「シネマQUIZ 100+1」や人気コンテンツの「勝手に
 映画評スペシャル」、注目のお正月映画大特集にミニシアター特集などな
 ど、内容は超盛りだくさん。テレビのスペシャル番組に飽きたらぜひここ
 で遊んでいってね!

 今すぐ行ってみよう!☆
 http://theater.nifty.com/nenmatsu/index.htm


 ●ランキングに参加しよう!

 Theater@niftyの人気コーナー"ユーザー参加型ランキング"ではみなさま
 からの投票を常時大募集しています!アナタのオススメ作品や好きな俳優
 ・監督、心に残る名作など、カテゴリ別に8つ用意しております。ぜひ参
 加してみてね!!

 今すぐ応募はこちら!!☆
 http://theater.nifty.com/cinema/ranking/index.htm


■THIS WEEK CONTENTS ==================================================

 ★Theater@nifty最新情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★Theater@nifty TOPICS
 ◆最新シアターニュース
  ・『ベン・ハー』公開記念イベント、多数開催中!
  ・『メメント』2002年ロングラン上映・全国拡大公開決定!
 ◆特集
  新橋演舞場1月公演『嵐が丘』 細川直美インタビュー
  /映画『クライム&パニッシュメント』
    島田雅彦&佐伯一麦トークイベント(1月4日更新)
 ◆勝手に映画評
  「シュレック」
 ◆今月のオススメSTAGE
  Studio Life公演「月の子 MOON CHILD」
 ◆Theater@nifty プレゼント情報

 ┌─────────────────────────────────┐
  ★最新CINEMA&STAGEニュース >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 <1> 『ベン・ハー』公開記念イベント、多数開催中!
 __________________________________

 ●日本では1960年に公開され、映画界に金字塔を打ち立てた往年の名作『
 ベン・ハー』が、1月19日から2月23日まで、ル テアトル銀座にて公開され
 る。この公開を記念して様々なイベントが行われている。

 まずは、ル テアトル銀座のエントランスに同作の名シーン、戦車競争のコ
 ロシアムにそびえた巨人像(写真)が登場! かなり迫力があります!

 次に、イベントコスチュームの店アルファ ビータが『ベン・ハー』の衣装
 を製作、チャールトン・ヘストンが演じたベン・ハーとその妹ティルザの
 衣装を劇場に展示する予定。

 さらに、『ベン・ハー』にちなんだランチorディナー、「ベン・ハー」ス
 ペシャルパスタが劇場の入ったビルにある、イタリアンレストラン
 「ATTORE」(アトーレ)にて食べられる。このメニューは期間限定で、さら
 にお得なことに「ベン・ハー」チケット半券で10%割引もあり! 映画を観た
 後に食べれば気分はもうベン・ハー!? メニューは以下の通り。

 【メニュー】
 ファロ(古代小麦)入りタリアテッレ、アーティチョークのフリットと鴨肉
 のソース、コーヒー
 料金:\1400(税サ別)


 <2> 『メメント』2002年ロングラン上映・全国拡大公開決定!
 __________________________________

 ●2001年11月3日に渋谷シネクイントにて公開され、記録的大ヒット公開
 中のクリストファー・ノーラン監督『メメント』。わずか公開50日目で、
 シネクイント歴代2位の興行収入記録である「チューブ・テイルズ」を抜
 き、未だに土・日は連日立ち見の大盛況が続いているという。

 この状況を受け、2002年ロングラン上映および全国拡大公開が決定した。
 関東では新年の1月12日よりAMCイクスピアリ、シネプレックスつくば、19
 日よりマイカル松竹シネマズ本牧、下旬よりMOVIX清水にて公開される。
 渋谷シネクイントでは、レイトショー追加上映も決定した。

 さらに、全米・英国では、各映画賞を次々に受賞している。各賞受賞、ノ
 ミネートは以下の通り。

 ■ゴールデン・グローブ賞、脚本賞ノミネート
 ■ゴールデン・サテライト賞、作品・監督・脚本・主演男優、
                         4部門にノミネート
 ■第一回全米映画協会賞(American Film Institute Awards)
                      作品賞・脚本賞ノミネート
 ■トロント批評家協会賞、作品賞・脚本賞、同時受賞
 ■サンディエゴ批評家協会賞、主演男優賞(ガイ・ピアース)受賞
 ■ナショナル・ボード・オブ・レヴィー賞(別名D.W.グリフィス賞)、
                           優秀作品賞受賞
 ■ロサンゼルス批評家協会賞、
             脚本賞(クリストファー・ノーラン監督)受賞
 ■ボストン批評家協会賞、脚本賞(クリストファー・ノーラン)受賞
 ■英国インディペンデント映画賞、外国作品【英語作品】受賞
 ■Broadcast Critics' Choice、作品部門および脚本家部門ノミネート
 ■ローリング・ストーン誌(Rolling Stone)が選ぶ本年度ベストムービー、
                    インディーズ部門堂々第一位!

 まだまだ人気のおとろえない『メメント』を見逃すな!!

 より詳しいシアターニュースを知りたい方は・・・
 http://theater.nifty.com/news/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★CINEMA&STAGE 特集 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ★今週の特集はコレ!★★★
  ・新橋演舞場1月公演『嵐が丘』 細川直美インタビュー
                           from「STAGE」
  ・映画『クライム&パニッシュメント』
   島田雅彦&佐伯一麦トークイベント from「CINEMA」(1月4日更新)

【ピックアップインタビュー】〜インタビューの一部をご紹介します〜

>>>>>>> 「嵐が丘」 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■舞台、映画、テレビなど、幅広く活動される細川直美さん。新橋演舞場
 1月公演では、『嵐が丘』のイザベルを演じる。脚本・演出は岩松了、共
 演者に松たか子(キャサリン)、岡本健一(ヒースクリフ)、鈴木一真(エド
 ガー)とその話題性も高い。
 今回のインタビューでは、細川さん演じる主人公ヒースクリフに翻弄され
 る令嬢イザベラという女性を通して、その舞台の面白さを語っていただけ
 た。

 <イザベラと細川さんの共通点は?>
 --細川さん自身、イザベラという女性を、どう演じようと思っていらっし
 ゃいますか?
 細川:今はですね…すごく脳天気で天真爛漫な女性で、周りでいろんなこ
 とが起きていながらも、お嬢様ならではのいい素直さを持っていて。たと
 えば台本の中にキャサリンのお家に行って出てきたお茶を飲んで“これ、
 マズイ”というふうに言ってしまえる素直さ?
 --何の意地悪な気持ちもなく?
 細川:悪気はまったくなく“これ、マズイんだけど何?”と聞いてしまう、
 お嬢様ならではの素直さ、それが嫌みにならなくてかわいいなって思える
 …すごく難しいんですけど、そういう女の人だと思っていて。その人がど
 んどん違う環境にもまれて強くなっていく、その成長過程をだせたらなと
 思っているんですけれど。でも最終的に、この人はやっぱり女なんだなと
 いう部分が出せたらいいなーと思っているんですけれど。やっぱり女は強
 いぞ!っていう(笑)。
 --1800年代の話ですけれど、女の人の持つ強さは今に通じますよね。
 細川:そうですね。男の人は最初強がっていたけれど、最終的には弱くな
 って、女の人はその逆で最終的に強くという部分を出せたらなと思うんで
 すけど。
 --そういうイザベラと細川さんの共通点は?
 細川:う〜ん。どうでしょうねー。あまりないですね。私、逆境があると
 燃えるタイプなんですよ(笑)。“うっ、くそ〜!”とか思って頑張るタイ
 プで、その部分ではイザベラも逆境に立たされてそこから“よし、頑張る
 ぞ!”というふうに思っている部分では近いところはあるかな?とは思いま
 すけれど…。
 --お嬢様なところは似ているのかな?と思っていたんですけれど。
 細川:あーもう全然ですね! お嬢様と思われがちなんですけれど、自分
 の中では全然そんなことないですね(笑)! よく知っている周りの人から
 も“あ、違う違う”って言われますね!...more

  ※この特集はぜひサイトのストリーム映像と共にご覧ください。

 ★Theater@nifty「STAGE」特集より
  http://theater.nifty.com/stage/special/index.htm


>>>>>>> 「クライム&パニッシュメント」 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■ロシア文学の傑作「罪と罰」をモチーフとして現代的アレンジで映画化
 した『クライム&パニッシュメント』。
 ストーリーは学園きっての人気者で順風満帆の高校生活をおくるロザンヌ
 が、ある事件をきっかけに一気に人生のどん底を見る。そこに彼女に憧れ
 る同級生ヴィンセントが現れ…。
 この『クライム&パニッシュメント』の劇場公開の幕間に行われたトーク
 イベントに人気作家の島田雅彦と佐伯一麦がゲストとして登場。映画につ
 いて、「罪と罰」について、そして二人も東京郊外に住んでいることから、
 この映画の舞台であるサバービア(郊外型)について熱く語ってくれた。

 <ロシア文学「罪と罰」をモチーフにした
              現代映画『クライム&パニッシュメント』>
 島田雅彦:これから映画をご覧になる方もいらっしゃるでしょうから、そ
 の興味を削ぐようなことは慎むとします。この『クライム&パニッシュメ
 ント』ですけど、ドストエフスキーの「罪と罰」をあんまりイメージしな
 い方が良いように思いました。あれは確信犯として殺人を犯すラスコーリ
 ニコフと救いをもたらすソーニャという女性との関係が一本の軸になり、
 もう一本は完全犯罪を目論んだラスコーリニコフのアリバイを崩していく
 ポルフィーリィという予審判事の息詰まるやりとりがある。一種ミステリ
 ー的な調子でストーリーはグイグイ進んで行くわけです。この(『クライ
 ム&パニッシュメント』の)ヴィンセントという男の子、妙な笑い方を映
 画全編に通じてしてるんです。人は普通に可笑しいときに笑うんですけど、
 どうやらこの人は何も可笑しくないらしい。むしろつまらないらしい。と
 ころが何かニヤニヤ笑ってるんですね。ニヤニヤとした笑いはロシア文学
 のドストエフスキーの「罪と罰」のラスコーリニコフにはおそらくないも
 のです。役柄としては、この男の子の方がソーニャのサイドに立っている
 ちょっとした性転換が行われているわけですけど(笑)。女の子の方は事
 故として殺人を犯してしまいますけど、映画の初めに少女の映像が出てき
 たときに、ふと、この間死んだ(スタンリー・)キューブリックの『ロリ
 ータ』の女を思い出したりして。やや太めですけど(笑)。要約して言え
 ばヴィンセント役の男の子の笑いというのが終始不気味であったというと
 ころですかね。
 佐伯一麦:とても面白く観ました。「罪と罰」が下敷きになっているとい
 うことは、監督もインタビューで言ってるみたいですけど。島田が笑いと
 言いましたけど、「罪と罰」は最後には救いがあるかどうかというのが描
 かれているわけだけど、これも男の主人公によって義理のお父さんを殺し
 た彼女が救われるかどうかというのが最後の観客に残す謎として残ると思
 います。簡単な解説を付けてないというか、それを観客の方に委ねてると
 いうのが僕は良いんじゃないかと思いました。ニヤニヤ笑ってる彼という
 のはなかなかハンサムで、ちょうど島田雅彦が大学生でデビューしたばっ
 かりのイメージに近いものがあるかなと思いました。
 僕は今、仙台に住んでるんですけど東京近辺で過ごしていた頃は多摩川を
 渡った郊外の土地で、たまたまその街に島田雅彦もいまして良く酒を飲ん
 でたんですけども。そのとき『ブルーベルベット』という映画を観て「結
 構面白かったね」という話をしたことを思い出しました。『ブルーベルベ
 ット』は、いわゆるB級映画ですけど、この映画もそのような面白さを僕
 は感じましたけどね。....more 

  ※この特集はぜひサイトのストリーム映像と共にご覧ください。

 ★Theater@nifty「CINEMA」特集より
  インタビュー全文はこちらまで
  http://theater.nifty.com/cinema/special/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★勝手に映画評 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 「Theater@nifty」編集部が独自に映画評論し、ランキングをつけちゃい
 ましょうというのがこの「勝手に映画評」。スタッフもいずれも個性的な
 メンバーで毎週4作品をピックアップします。今週は特別にスペシャル版
 からのお届けです!

 □シュレック(アメリカ アンドリュー・アダムソン監督)□

 [VOICE CAST(字幕)]
 シュレック:マイク・マイヤーズ
 プリンセス・フィオナ:キャメロン・ディアス
 ドンキー:エディ・マーフィ
 ファークアード卿:ジョン・リスゴー

 [VOICE CAST(吹き替え)]
 シュレック:浜田雅功
 プリンセス・フィオナ:藤原紀香
 ドンキー:山寺宏一
 ファークアード卿:伊武雅刀


 [映画ライター 評]
 テンポの良さは天下一品。テーマも良し!CG作品であったことを全く忘れ
 てしまったほどの自然さ。日本語吹き替え版もホントにオススメ!
                         (評価点数 22点)

 [女優 評]
 ロバのドンキーを吹き替えた山寺宏一さんがいい!苦手だったCGのアニメ
 ーションもゼンゼン問題なし。でもオープニングのばっちいシーンは…。
                         (評価点数 20点)

 [たまごー 評]
 シュレックの不潔さ加減が最高!ロバのドンキーも丸っこい体で動き回っ
 て楽しいです。でも、一番面白かったのはいろんなおとぎ話のパロディー
 ですね。
                         (評価点数 20点)

 [編集長 評]
 童話の中のキャラクターたちに思わず爆笑。特にジンジャーブレッドマン
 はおなかを抱えて笑っちゃいます。大人も子供も楽しめる作品に仕上がっ
 てます。
                         (評価点数 19点)

  ★Theater@nifty「CINEMA」勝手に映画評スペシャルより
   そのほかの作品についてはこちらまで
   http://theater.nifty.com/nenmatsu/katteni/


┌─────────────────────────────────┐
 ★今月のオススメSTAGE >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 □Studio Life公演「月の子 MOON CHILD」

 [CAST(ダブルキャスト)]
 ティルト:山崎康一/山本芳樹
 セツ:舟見和利/林勇輔
 ジミー:及川健/深山洋貴
 ショナ:曽世海児/高根研一

 [STORY]
 1985年、地球。宇宙へと巣立っていった人魚族の子孫が産卵のために集う
 場所。
 しかし、数百年を経て故郷に帰ってきた彼らが目にしたのは、激変した環
 境、そして美しい人魚伝鋭の裏に隠された惨劇の兆しであった……。かつ
 て同族の裏切りが招いた悲劇"人魚狩り"の危機が、再び訪れようとしてい
 るのか!?

 ダンサーとしてニューヨークに暮らすアート。ある日、交通事故で記憶喪
 失になった少年・ジミーを引き取ることになる。以来、周囲で不可思議な
 出来事が絶えない。実はジミーは、地球に産卵の為、パートナーを見つけ
 に戻ってきた人魚族の1人であった。記憶を失ったジミーは、自分が人魚
 であること、しかも、かつて人間を愛し人魚族を絶滅の危機に招いた伝説
 の人魚姫・セイラの子の1人"ベンジャミン"であることも忘れている。
 ペンジャミン・ティルト・セツ。3ツ子の運命は、無情にも自然の摂理に
 定められていた。人魚族では、女性化し卵子を持つのは集団の中で1人だ
 け、卵子を持ったその人魚が死なない限り、残りの者は子孫を残せない。
 ティルトとセツは、女性体となりつつあるベンジャミン(ジミー)を守り
 ながら、未成魚として一生を終わらねばならない運命にもがいていた。
 愛憎の中で、いつしかティルトはセツの女性化を夢見、そのためにジミー
 を抹殺しようと思うようになる。しかしセツは次第に地球の毒気に侵され
 瀕死の状態となってゆく。

 ティルトは、セツを生き返らせる約束を魔女と交わし、それとひきかえに
 地球を死の惑星にする指命を裸せられた。世界的な富豪の跡取り・ギルと
 なり、人間の男性アートに惹かれてゆくジミーを危険に陥れ、着々と地球
 滅亡計画を具現化してゆこうとする。
 一方、最愛の人に愛されたい気持ちと、産卵期をむかえたことも関係し、
 子供の姿から美しい女性・ペンジャミンに変化する時間を増してゆくジミ
 ー。そしてジミーはついに記憶をとり戻す。ギルの正体とその陰謀、ジミ
 ーとアートを伝説の再来"人魚族の裏切り者"として抹殺し、セツを女性化
 する計画を知り、アートを守る決意をかためた。

 宇宙船離陸事故や原子力発電爆発事故など、1980年代に現実に起こった事
 件とリアルにリンクしながらダイナミック且つスリリングに展開されるス
 トーリー。何百年の時間と時空を描いたネオ・ファンタジーであり、地域
 の運命を握る人魚と人間の愛の物語である。

 [INTRODUCTION]
 舞台化へのアプローチ
 『月の子』は単行本で13冊、文庫版では8刊の長編の物語だ。これを一度
 の公演で全編を上演することは無理と思う。ゆえに、まず個人的に一番の
 シンパシーを感じてしまったティルトを中心に置いた展開を試したいと思
 っている。
 悪魔に全てを投げ出し破壊への道を突き進んでゆくティルト。だが、その
 発端はセツへの溢れるほどの愛なのだ。悪の極みと愛の極みはティルトの
 中で融合し、ギルの言動となって姿を現す。このティルトの清濁合わせ持
 ったキャラクターは人間の真実に歩み寄るドラマティックな魅力に満ちて
 いる。
 今回上演舞台とさせて頂いた天王洲アイルのアートスフィアは、馬蹄形の
 観客席を持ったプロセニアムのない空間であり、尚且つ充分な高さを有し
 ている。解放感があるのに観客と密な交流が可能な劇空間だ。そして気品
 と落ち着きのある建築なので『月の子』の物語世界にもっとも相応しい劇
 場と思っている。...more


 [公演情報]
 2月1日(金)〜2月10日(日)/天王洲アートスフィア
 3月5日(火)〜3月6日(水)/大阪シアター・ドラマシティ

  ★Theater@nifty「STAGE」今月のオススメより
   そのほかの公演についてはこちらまで
   http://theater.nifty.com/stage/data/


┌─────────────────────────────────┐
 ★Theater@nifty プレゼント情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

【年末年始大特集】シネマQUIZ100+1
 ★SONY 「バイオQR」 PCG-QR3/BP 1名様
 ★SONY Glasstron Lite PLM-A35 1名様
 ★ソニー MDR-DS8000デジタルサラウンドヘッドホン 1名様
 ★旅行券3万円分 1名様
 ★映画グッズ8点 合計58名様

 今すぐチャレンジ!
 http://theater.nifty.com/nenmatsu/index.htm


【プレゼント大作戦】
 ★SONY/Net MDウォークマン 2名様※締切迫る!
 ★音楽ギフトカード3000円分 9名様※締切迫る!

【試写会プレゼント】
 ★ジェヴォーダンの獣」試写会ご招待 25組50名様

【PREMIUM GOODS】
 ★「トラフィック」ビデオ&DVDリリース記念・オリジナルウォッチ 3名様
  ※締切迫る!

 <詳しくは>
 http://theater.nifty.com/present/index.htm


----------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、『melma!』のシステムを利用して発行しています。
 (http://www.melma.com/ ID:m00040919)

 ※登録解除は、ご登録いただいた上記サイトにてお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご意見・ご要望・お問合わせ先 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<

    ★theater@mbi.nifty.com(Theater@nifty編集部)まで

======================================================================
発行:Theater@nifty通信編集部
Copyright(C), 2002 NIFTY Corporation.
「Theater@nifty通信」に掲載された記事・内容を許可なく転載する
ことを禁じます
「Theater@nifty」
http://theater.nifty.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特集「冬はヌクヌク@nifty」12/3〜2002/1/11 http://www.nifty.com/sp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-21  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。