映画

Movie@nifty通信

「Movie@nifty」が発行するフリ-メ-ルマガジンです。映画に関する最新ニュ-スや各種ランキング、インタビューなどの特集、プレゼント情報など、読みごたえのあるメ-ルマガジンを提供いたします。

全て表示する >

Theater@nifty通信 VOL.28(01/12/27号)

2001/12/27


========================= Theater@nifty通信 ========================

         --- 2001年12月27日号(毎週木曜配信)---

       ●Theater@nifty → http://theater.nifty.com

======================================================================


   ☆★☆★☆★☆★一足早い来週のシネマ占い☆★☆★☆★☆★☆

          ラッキー星座     蟹座
            オススメ映画「スパイ・ゲーム」

          アンラッキー星座  双子座
         オススメ映画「冷静と情熱のあいだ」

         その他の星座はサイトをチェック
     http://theater.nifty.com/cinema/uranai/index.htm
   ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

┌─────────────────────────────────┐
  ★Theater@nifty最新情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ●「スパイ・ゲーム」スペシャル・ミッション・ラリー実施中!!

 現在公開中の映画「スパイ・ゲーム」を記念して、スペシャル・ミッショ
 ン・ラリーをおこなっているよ。このゲームはサイト内に隠された、エー
 ジェントの証となる“指紋”(5種類)を集めるとスペシャルエージェン
 トとして認定され、「スパイ・ゲーム」壁紙やオリジナルスクリーンセー
 バーがダウンロードできるほか、レアなグッズプレゼントなどにも応募可
 能。このキャンペーン期間は1月11日となっているので、早めにアクセス
 してみてね!

 今すぐ行ってみよう!☆
 http://theater.nifty.com/cinema/data/011122/02/hint.html


 ●「年末年始大特集」第2弾クイズも到着!!

 本格的な映画ブームに火がついた2001年。2002年はさらに映画が盛り上が
 ることを期待して、Theater@niftyでは『年末年始大特集』をスタートさ
 せました!ここでは映画に関するクイズ全101問に答えると正解者に豪華
 &レアなプレゼントが当たる「シネマQUIZ 100+1」や人気コンテンツの「
 勝手に映画評スペシャル」、注目のお正月映画大特集にミニシアター特集
 などなど、内容は超盛りだくさん。テレビのスペシャル番組に飽きたらぜ
 ひここで遊んでいってね!

 今すぐ行ってみよう!☆
 http://theater.nifty.com/nenmatsu/index.htm


 ●ランキングに参加しよう!

 Theater@niftyの人気コーナー"ユーザー参加型ランキング"ではみなさま
 からの投票を常時大募集しています!アナタのオススメ作品や好きな俳優
 ・監督、心に残る名作など、カテゴリ別に8つ用意しております。ぜひ参
 加してみてね!!

 今すぐ応募はこちら!!☆
 http://theater.nifty.com/cinema/ranking/index.htm


■THIS WEEK CONTENTS ==================================================

 ★Theater@nifty最新情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★Theater@nifty TOPICS
 ◆最新シアターニュース
  ・三池崇史×浅野忠信×山本英夫『殺し屋1』 初日舞台挨拶
  ・「ロード・オブ・ザ・リング」驚異の大ヒット! 
 ◆ランキング情報
 ◆特集
  ミュージカル『くるみ割り人形』演出・宮本亜門インタビュー
  /『息子の部屋』監督・主演ナンニ・モレッティ来日記者会見
                          (12月28日更新)
 ◆勝手に映画評
  「ぼくの神さま」
 ◆今月のオススメSTAGE
  「ゴドーを待ちながら」
 ◆Theater@nifty プレゼント情報

 ┌─────────────────────────────────┐
  ★最新CINEMA&STAGEニュース >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 <1> 三池崇史×浅野忠信×山本英夫『殺し屋1』 初日舞台挨拶
 __________________________________

 ●12月22日に公開初日を迎えた『殺し屋1』の舞台挨拶が、シネ・リーブ
 ル池袋で行われた。
 舞台に登場したのは、三池崇史監督、浅野忠信、大森南朋、塚本晋也、
 SABU、そして原作者の漫画家山本英夫。舞台挨拶も本作に劣らず魅力的な
 キャスティングに多くのファンが駆けつけた。
 原作は「週間ヤングサンデー」に連載された作品で、コミック全10巻で
 500万部を売り上げた人気マンガで、映画化にあたってマゾヒストの暴力
 団員・垣原役を浅野忠信が演じるとあって話題の作品となっている。
 この『殺し屋1』は、渋谷シアター・イメージフォーラム、新宿ジョイシ
 ネマ3、シネ・リーブル池袋、お台場シネマメディアージュにて公開中。


 <2> 「ロード・オブ・ザ・リング」驚異の大ヒット! 
                  全米興収ランキング第1位に輝く!
 __________________________________

 ●12月19日、公開前から話題沸騰の超大作「ロード・オブ・ザ・リング」
 が全米をはじめ全世界23ケ国で遂に公開された。全米では公開前日の18日
 からファンが劇場に殺到するという熱狂ぶりを見せつけ、興行収入も、約
 270館で200万ドルという歴代ナンバーワンを記録し、早くも王者の貫禄を
 ただよわせた。また、オープニング・ウィークエンドの全米歴代興収では
 7316万8000ドル/3359館と、2時間58分の長尺にも関わらず、歴代第2位と
 いう記録を作り、週末の興収は、全米、全世界を合わせると1億3330万ド
 ルという驚異的な成績となった。

 同作は、J・R・R・トールキン原作の長編ファンタジーを映画化したもの
 で、日本では2002年春、丸の内ピカデリーほか全国松竹・東急系にてロー
 ドショーの予定。同作品の詳細は、「ロード・オブ・ザ・リング」公式サ
 イトにて。
 
 より詳しいシアターニュースを知りたい方は・・・
 http://theater.nifty.com/news/index.htm


 ┌─────────────────────────────────┐
  ★ランキング情報 >>>>>>>>>>
 └─────────────────────────────────┘

 ランキング情報では、毎週映画に関する各種ランキングデータを掲載して
 います。ここでは、各ランキングの1位を紹介致します。

 ◇◇今週の各ジャンル別1位◇◇

  ●国内興業ランキング
   1位:ハリー・ポッターと賢者の石

  ●レンタルビデオランキング
   1位:PLANET OF THE APES(字幕)

  ●DVD販売ランキング
   1位:ハムナプトラ2 黄金のピラミッド

  ●ユーザー参加型ランキング(12月26日現在)
   近日公開作品期待度    :息子の部屋
   現在公開中のイチオシは? :シュレック
   デートにオススメの映画は?:シュレック
   好きな男優は?      :ブラッド・ピット
   好きな女優は?      :ニコール・キッドマン
   好きな監督は?      :宮崎駿
   好きなキャッチフレーズは?:ハリー・ポッターと賢者の石
    「史上最強の物語がスクリーンに魔法をかける!」
   気になるあの映画の続編  :ターミネーター

  ※ユーザー参加型ランキングでは24時間365日いつでもアナタの投票を
   お待ちしています!

  ●勝手に映画評(勝手に映画評スペシャルより)
   1位:バンディッツ

  ※「勝手に映画評」詳細は下記にあるので、そちらも見てね。

 各ランキング詳しいデータは、「ランキング」でチェックしてください。
 http://theater.nifty.com/cinema/ranking/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★CINEMA&STAGE 特集 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 ★今週の特集はコレ!★★★
  ・ミュージカル『くるみ割り人形』演出・宮本亜門インタビュー
                           from「STAGE」
  ・映画『息子の部屋』監督・主演ナンニ・モレッティ来日記者会見
                   from「CINEMA」(12月28日更新)

【ピックアップインタビュー】〜インタビューの一部をご紹介します〜

>>>>>>> 「くるみ割り人形」 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■宮本亜門さんの演出により、世界初のミュージカル化で演劇ファンの話
 題となっている『くるみ割り人形』が12月25日から赤坂ACTシアターで公
 演となります。
 今回の特集は、その稽古場でお仕事中の宮本亜門さんをインタビューしま
 した。
 この作品の魅力であるブロードウェイにおいて若手作曲家No.1とされるマ
 イケル・ジョン・ラキューザさんとのコラボレーション、中山エミリさん
 をキャスティングした理由などの話題はもちろん、亜門さんの魅力溢れる
 人柄を存分に楽しんでいただけるインタビューです。

 <こんな巨大なゲームを抱えてしまっていますので(笑)>
 --亜門さんが、今回の現代風にアレンジされた『くるみ割り人形』に感じ
 ていらっしゃる魅力とはなんですか?
 宮本:メルヘンチックな『くるみ割り人形』があるんですが、そこに現代
 の15歳、17歳の少年たちが入ったら本当に面白いんだろうか?という疑問
 から出てきたんです。ある意味で過去の話だけれど、実際に入って一緒に
 ネズミと戦ってみたり、バーチャルじゃないですけれどもゲームになれて
 いる子どもたちが、そこに入って体験したときに何を感じるんだろう?と
 いうのが、今回の新しい提案ですね。だから、今ゲームをして楽しんでい
 る子どもたちにも大人にも。今の時代って何が足りないの?というところ
 に面白おかしく入ってますので、感動しながら歌、踊りいっぱいのエンタ
 ーティンメントになっていますので、楽しんでいただけると思います。
 --ちなみに亜門さんはゲームをされるんですか?
 宮本:亜門さんはね、ゲームが好きなんです。でもゲームをやると1日終
 わっちゃうんですよね(笑)。目が充血するまでいくんで、手が痛いんです
 よ。とにかく集中がすごいので、余程時間が空いたときじゃないと出さな
 いようにしています。
 --もう仕舞ってあるんですね。
 宮本:そう。途中でやめることができなくて、始まっちゃうともう何日間
 もそれで終わるので。
 --今、この演出をやっていらっしゃる時期は無理ですね。
 宮本:絶対に今ゲームなんかやったら大変なことになっちゃう。こんな巨
 大なゲームを抱えてしまっていますので(笑)、これを解くだけでも大変な
 状態なので。今は残念ながら部屋にあるゲームはタンスの奥に仕舞ってい
 ます。...more

  ※この特集はぜひサイトのストリーム映像と共にご覧ください。

 ★Theater@nifty「STAGE」特集より
  http://theater.nifty.com/stage/special/index.htm


>>>>>>>  「息子の部屋」  <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 ■2001年度カンヌ国際映画祭でイタリア映画としては24年ぶりの快挙とな
 るパルムドールを獲得した『息子の部屋』。ごく普通の家族が息子の死を
 きっかけにバラバラになりかけながらも、少しづつ希望の光を見出すの姿
 が目の肥えた審査員、観客から大絶賛を受けた。その話題作がいよいよ
 2002年の新春第2弾として丸の内ピカデリー2系にて公開される。
 それに先駆け、監督・主演のナンニ・モレッティが来日。彼の代名詞であ
 る政治的なシーンやメッセージが一切出てこない『息子の部屋』に対して
 質問が殺到、モレッティ監督自身が困惑する場面も。 また、彼が思い描
 く家族像や次回作の構想、更にハリウッドについても語ってくれた。

 <ナンニ・モレッティの家族観>
 --今回の作品は今までの作品と違って"家族"や"愛"といったテーマがある
 と思いますが、監督は"家族"や"愛"についてどのように思ってますか。
 モレッティ:すごく重い質問ですね(笑)。『息子の部屋』は、ある家庭
 の物語を描いたわけですけど、今現在の家族の姿は非常に多様化している
 んです。一緒に住むという住み方も多様化しているし、色んなタイプの家
 族が存在しているのが実状です。今回取り上げたのは父と母、両親と子供
 という非常にクラシックなファミリーを描きました。このファミリーは仲
 が良くて一緒に過ごす時間が多いんです。この様なタイプのファミリーが
 今現在何パーセントぐらいいるのか? こんな理想的に見えるファミリー
 でさえも家族の心に踏み込めない部分があるということ。それが明らかに
 なってくるのは父と息子で、どうしても分かりあえない部分がある。それ
 が、ファミリーの姿なんだということを私の家族観で描いたつもりです。
 --作風が変わったことでイタリア国内でのメディアの反応はどんな感じで
 すか。
 モレッティ:マスコミの中でも色々な意見があって、『非常に変わった、
 転換期だ』という人もいますし『今までの作品と一貫性がある』と言う人
 もいます。実は自分自身があまりにもこの作品に入れ込んで長い間浸って
 いたので、客観的には判断できないです。....more 

  ※この特集はぜひサイトのストリーム映像と共にご覧ください。

 ★Theater@nifty「CINEMA」特集より
  インタビュー全文はこちらまで
  http://theater.nifty.com/cinema/special/index.htm


┌─────────────────────────────────┐
 ★勝手に映画評 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 「Theater@nifty」編集部が独自に映画評論し、ランキングをつけちゃい
 ましょうというのがこの「勝手に映画評」。スタッフもいずれも個性的な
 メンバーで毎週4作品をピックアップします。今週は特別にスペシャル版
 からのお届けです!

 □ぼくの神さま(アメリカ ユレク・ボガエヴィッチ監督)□

 [CAST]
 ロメック:ハーレイ・ジョエル・オスメント
 神父:ウィレム・デフォー
 トロ:リアム・ヘス
 ヴラデック:リチャード・バーネル


 [映画ライター 評]
 ユダヤ迫害の不条理さが、子どもの目線から描かれる心に痛い映画。分か
 りやすくていねいな演出なので観やすいかも。
                         (評価点数 22点)

 [女優 評]
 子供の頃の“ごっこ遊び”を思い出した。子供なりになりきれたのは純粋
 な心があったから。だから弟役トロ君の演技が光るワケです。
                         (評価点数 22点)

 [たまごー 評]
 子供の無垢な心に戦争の刃が容赦なく襲いかかる、恐怖と嫌悪感。人間の
 むき出しの心の純真さと醜さ。本当の主役はリアム・ヘス演じるトロ。
                         (評価点数 18点)

 [編集長 評]
 ハーレイ君の憂い顔と、リアムちゃんの真っ白なホッペがカワユイ!子供
 たちの純真な心が、せつなくって涙なしには観られません。
                         (評価点数 22点)

  ★Theater@nifty「CINEMA」勝手に映画評スペシャルより
   そのほかの作品についてはこちらまで
   http://theater.nifty.com/nenmatsu/katteni/


┌─────────────────────────────────┐
 ★今月のオススメSTAGE >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

 □「ゴドーを待ちながら」

 [CAST]
 エストラゴン:緒方 券
 ヴラジミール:串田和美
 ポッツォ:朝比奈尚行
 ラッキー:小松和重
 子供:ハッピー

 [STORY]
 <第一幕>
 田舎道。一本の木。夕暮れ。
 ヴラジーミルとエストラゴンの二人がゴドーを待っている。ゴドーが何者
 かはわからない。ひたすら待ち続けている間、暇つぶしに意味のない会話
 や行為を繰り返している。
 そこへ暴君ポッツォとロープにつながれた奴隷のラッキーが通りかかる。
 ポッツォとすれ違いの会話をしたり、ラッキーのダンスや考えたりしてい
 るのを見物する。ポッツォとラッキーは去る。ゴドーの使いの子供がやっ
 て来る。『ゴドーさんが今晩は来られないけれど明日は必ず来るからって
 言うようにって』。月が出、夜になる。二人は動かない。

 <第二幕>
 同じようにヴラジーミルとエストラゴンは今日もゴドーを待っている。
 木には葉が生えている。
 二人は昨日同じように会話や行為を繰り返す。
 また、ポッツォとラッキーが通りかかる。ポッツォは目が見えなくなって
 おり、ラッキーは口が利けなくなっている。彼らが去り、二人は途方に暮
 れる。
 子供が再び現れ昨日と同じようにゴドーが来られなくなることを伝える。
 夜二人は首吊り自殺を図るが綱が切れて自殺もできない。「じゃあ行くか
 」「ああ行こう」二人は動かない。

 [INTRODUCTION]
 あの緒方・串田、絶妙コンビが東京に帰ってきた!!
 2000年1月の初演以来、日本全国で好評を博し再演を重ねてきた緒形拳、
 串田和美の名コンビ『ゴドーを待ちながら』を2年振りに東京で上演いた
 します。この作品はサミュエル・ベケットが1948年〜49年にかけてフラン
 ス語で書かれたもので、その後自身の手で英語に翻訳されました。舞台は
 ヴラジーミルとエストラゴンという二人の登場人物がひたすら「ゴドー」
 を待ち続けているという、起承転結のストーリーや事件性を一切排除した
 物です。しかしながら、そのかみ合わない会話や言葉遊び、罵詈雑言を繰
 り広げて、見る者の笑いを誘い、また、俳優のアイデンティティを改めて
 問い直している作品でもあります。
 今回は、劇場空間にこだわりを持つ串田らしく、シアターコクーン舞台上
 に特設の小劇場を出現させます!『繭(COCOON)の中のさなぎ(PUPA)』
 と、Thatore PUPAと呼ばれる計画も? 共演者に時々自動の朝比奈尚行、
 サモアリナンズの小松和重と両座長を迎えさらにパワーアップしてお送り
 する『ゴドーを待ちながら』決定版!!ご期待下さい。...more


 [公演情報]
 1月15日(火)〜1月27日(日)/シアターコクーン内特設小劇場
                            theatre PUPA

  ★Theater@nifty「STAGE」今月のオススメより
   そのほかの公演についてはこちらまで
   http://theater.nifty.com/stage/data/


┌─────────────────────────────────┐
 ★Theater@nifty プレゼント情報 >>>>>>>>>>
└─────────────────────────────────┘

【年末年始大特集】シネマQUIZ100+1
 ★SONY 「バイオQR」 PCG-QR3/BP 1名様
 ★SONY Glasstron Lite PLM-A35 1名様
 ★ソニー MDR-DS8000デジタルサラウンドヘッドホン 1名様
 ★旅行券3万円分 1名様
 ★映画グッズ8点 合計58名様

 今すぐチャレンジ!
 http://theater.nifty.com/nenmatsu/index.htm


【プレゼント大作戦】
 ★SONY/Net MDウォークマン 2名様
 ★音楽ギフトカード3000円分 9名様

【試写会プレゼント】
 ★ジェヴォーダンの獣」試写会ご招待 25組50名様

【PREMIUM GOODS】
 ★「キプールの記憶」ポスター 10名様
 ★「トラフィック」ビデオ&DVDリリース記念・オリジナルウォッチ 3名様
 ★「ハリー・ポッターと賢者の石」プレス&ポスター 10名様※締切迫る!

 <詳しくは>
 http://theater.nifty.com/present/index.htm


----------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、『melma!』のシステムを利用して発行しています。
 (http://www.melma.com/ ID:m00040919)

 ※登録解除は、ご登録いただいた上記サイトにてお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< ご意見・ご要望・お問合わせ先 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<

    ★theater@mbi.nifty.com(Theater@nifty編集部)まで

======================================================================
発行:Theater@nifty通信編集部
Copyright(C), 2001 NIFTY Corporation.
「Theater@nifty通信」に掲載された記事・内容を許可なく転載する
ことを禁じます
「Theater@nifty」
http://theater.nifty.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特集「冬はヌクヌク@nifty」12/3〜2002/1/11 http://www.nifty.com/sp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-21  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。