トップ > ニュース&情報 > 社会・社会学 > アッと驚く探偵手帳

アッと驚く探偵手帳

RSS

ベテラン探偵が過去に担当した驚愕・感動・悲哀の人間模様をほぼノンフィクションで綴ります。単なる野次馬的所見ではなく、一つの物語として紹介致します。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2011-09-03
発行部数:
105
総発行部数:
33986
創刊日:
2001-06-17
発行周期:
ほぼ週刊
Score!:
-点

アッと驚く探偵手帳・通算第246号(リニューアル201号) H.23.9.3

発行日: 09/03

  ■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■
 アッと驚く探偵手帳・通算第246号(リニューアル201号) H.23.9.3 
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Web - http://perorin.sakura.ne.jp/ 

 - 目 次 -

 1. 新連載物語 清田調査員を偲んで

 2. 編集後記  

 ■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■

  拙著の「探偵手帳」「探偵手帳2」「街金狂騒曲」は、大手書店・有名書店
 にてお買い求めくださいませ。アマゾンや楽天ブックス、bk1などでも手に入
 ります。

 「探偵手帳」シリーズは携帯でも読めます! ダウンロード300円です。↓

 http://www.alphapolis.co.jp/book_denshi_list.php


 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 (PR1)

 サイバーリサーチ&コンサルタントはなくなりました。しかし、調査会社時
 代の仲間が、しっかりした調査業を営んでいます。

 シーカーサービス⇒ http://seeker-service.com/    

 あまり用があっても困ると思いますが、万一の時は御相談ください。
 迅速データ調査(電話番号からの住所割り出し)超格安です!

 別れさせ屋や復縁屋のような、公序良俗に反するおかしな調査や差別調査な
 どは一切受けない、健全な調査会社です。


 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


 1. 新連載物語 清田調査員を偲んで


                                 六


 本人(依頼人の夫)と相手女性との関係に、依頼人が確証を持っているわけ
 ではない本件、初日の調査は相手女性の店には立ち寄ったが、退店後は接触
 がなかった。

 男の五十歳といえば、それまで不埒で自由奔放な人生(これは僕のことだが)
 を送っていなければ、それなりに資産も築き、子供たちも独立して家庭も落
 ち着いているはずである。

 職場でもセクハラや不倫や仕事上の大きなミスなど、余程ヘマをしない限り
 管理職に就いて仕事も熟知し切っていて働き盛りだ。

 一度目の調査で感じたことは、外見上はそんなに風采の上がらない人物に見
 えたが、星亭で少し言葉を交わした時の印象では、穏やかな物腰で人柄が良
 さそうに窺えた。

 本件の依頼内容は「夫が通っているバーのホステスとの密会現場を押さえる
 ことと、離婚裁判での浮気の証拠として提出したい目的がある」と、当初の
 調査指示書には書かれていた。

 だからといって相手女性が確実に存在するのかというと、これは話が別であ
 る。依頼人は相手女性の名前も何も知らないという。

 夫がよく通っている店が「女王蜂」、明らかに怪しげな名称の店であること
 と、週に一度か二度、帰宅が深夜になるということから、夫が浮気をしてい
 ると思い込んだ可能性もあるのだ。

 いずれにしても二度目の調査は翌週のウイークデーに依頼人から連絡が入っ
 た。しかも依頼が入ったのは当日「今日、夫が遅くなると言って仕事に出た
 ので、尾行をして欲しい」と連絡があったというのだ。

 「この前の京都の件、調査決行や。前に顔を見ている清田と藤井君で頼むわ」
 と部長が当然のように言った。

 「えっ、またあの件ですか。寒いんですわ京都は。それに本人、バーから出
 たらまた次の店に行きますよ、外で立ちん坊は死にますよ。凍死したら部長
 も困るでしょ。店に入ってもいいですか?」

 清田調査員が例のごとく目を思いっきり細くして、まるで泣き笑いのような
 顔で部長に言った。

 「何やて?店にか・・・まあ、しゃあないわ。状況に応じてやってくれ。ど
 んな店に入るか分からんが、必ず領収書をもらえよ。それと清田、お前が車
 を運転するんやから、絶対に酒飲んだらアカンぞ」

 厳寒の京都では長時間の立ちん坊は辛いばかりでなく、周辺から不審に思わ
 れて通報されるおそれもあるので、それなら調査が発覚しない範囲で本人が
 入った店に入ることを許される。

 「分かってますよ、部長。飲みたくても僕は飲めませんから」

 前回と同様、夕方から京都へ向かった。運転は勿論清田調査員である。実は
 清田はこのところ、結婚して五年が経過している奥さんとうまくいっていな
 かった。

 数ヶ月前のある日、清田との尾行調査の仕事が早く終わったので「ちょっと
 うちに寄って帰りませんか?」と誘われ、厚かましくも立ち寄ったことがあ
 った。

 突然の夜の訪問者にも彼の妻は嫌な顔一つせず歓迎してくれた。料理が得意
 らしく。酒の肴が何品か直ぐに膳に出され、彼女も一緒に飲んだ。清田は下
 戸なのでお茶を飲んでいた。

 「藤井さん、この人浮気してるでしょ?」

 いきなり彼女が聞いてきたので、僕は飲みかけのビールグラスを危うく落と
 しそうになった。

 「おまえ、いきなり何言うねん。浮気なんかできるほどの金もらってないや
 ろ」

 清田は慌てた感じで言った。清田の妻は綺麗なタイプであった。美人とはい
 えないかも知れないが、色香漂う大人の女性で、顔かたちが整っていた。た
 だ、清田の話だと性格はとてもきついのだとか。

 このころは携帯電話がドンドン普及し、メールや携帯での出会い系サイトが
 男女の簡易恋愛やセックスに利用され始めた時期であった。

 清田も張り込み中に携帯サイトへ「探偵です。張り込み中です」などと載せ
 たことがあるのを僕は知っていた。

 携帯サイトに飛びつく男女が多い中にあって、探偵が張り込み中とあっては、
 当時直ぐに反応があったようだ。若い調査員の中には、退屈な張り込み中に
 携帯サイトで遊んでいるフトドキな奴もいた。

 清田調査員の妻はブティックに勤めていて、清田は不規則な探偵ということ
 もあって、かなりすれ違いの生活であったようだ。

 それだけの理由ではないのだが、その後二人はついに離婚してしまい、夫婦
 が住んだマンションを退去、妻はどうなったかは分からないが、清田は社宅
 に入ることになった。

 さて、当時はまだ夫婦関係を維持していた清田との京都尾行案件、前回同様
 に木屋町の公共駐車場へ車を入れておいて、「女王蜂」のある紙屋第二ビル
 入口が窺える位置に着いたのは夜七時を過ぎていた。

 再度、客を装って僕が店内を覗いた。だが、先日見た相手女性と思われる人
 物は確かにこの夜もいたが、本人はいなかった。どこか別の店にいる可能性
 もあるが、ともかくここで張り込みを開始した。

 しばらくするとまた大粒の雪が降り始めた。


 つづく・・・


 ※ ご感想お待ちしています

  E-mail: pero@carrot.ocn.ne.jp 

 ※ twitterやfacebookには本名・藤井弘司で登録しています。よければリクエ
   ストをくださいね。


 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


 2. 編集後記

 妻の三度目の抗癌治療入院や、取材を兼ねて京都・大阪へ数日行っていたこと
 などもあって、また配信が開いてしまいました。

 バックナンバーはまぐまぐでは閲覧不可能となっていますが、これもできるだ
 け早く解除して、お読みいただけるようにしようと考えています。

 この清田調査員との話は、ちょっとつまらないかも知れませんが、趣旨は尾行調
 査の内容ではなく、また実際に入った知人の店・星亭のことでもありません。
 自殺をしてしまった清田調査員の私生活や人柄をこの先記述して、彼を偲びたい
 という目的です。

 しばらく我慢ねがいます。この物語の次は興味深い話を予定しています。
 

 拙著・街金狂騒曲の原作であるメールマガジン「バルブはバルブにはな
 らなかった」が復刊しています。

 新しい長編連載「梅田スペース1(ワン)マンション」を配信中ですので、まだ
 登録されていなければ、ぜひどうぞ。

 まぐまぐのバックナンバーは最新号のみですが、メインのWeb、Pero's Ki
 ngdom http://perorin.sakura.ne.jp/ で少しずつカバーしていきます。

 登録は⇒ http://www.mag2.com/m/0000064970.html



 ※ 年末年始のラオス縦断から中国雲南への旅行がメールマガジンとして
   配信しております。

   興味がお有りの読者様は下記から登録してくださいね! ↓

   http://www.mag2.com/m/0001096903.html


 ※ 海外でもゲストハウスに泊まっている僕は、日本でも目下のところゲス
    トハウス暮らしです。

 何故かゲストハウス暮らし → http://ameblo.jp/perorin/ 


 
 ・メールマガジンや拙著・探偵手帳、街金狂騒曲のご感想をお待ちしてお
  ります!

  E-mail: pero@carrot.ocn.ne.jp 



 それでは次号までごきげんよう!
  Pero


 Copyright 2001〜2011 Hiroshi Fujii All Rights Reserved 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆このメルマガは、以下のメルマガスタンドより、配信しています。
 まぐまぐ ID:70585 http://www.mag2.com/  
 melma ID:40545 http://www.melma.com/
 めろんぱん  ID:001148  http://www.melonpan.net/ 
 ★…………………………………………………………………………………………★
 解除は各メルマガスタンドからご自分でお願いいたします



ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 金融業の裏話(バブルはバルブにはならなかった)

    最終発行日:
    2011/09/10
    読者数:
    130人

    二度と訪れないバブル景気。 その真っ只中で企業融資に関わった主人公のほぼノンフィクション裏表話。

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2016/11/17
    読者数:
    17073人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2016/12/09
    読者数:
    23736人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. マスコミが伝えない事実

    最終発行日:
    2016/12/06
    読者数:
    139人

    答えの出せないゴマカシだらけの学者やマスコミに代わって、現実を直視して生きる普通の人々が、事実を追究するサイト。毎週500〜700投稿の中から、テーマに応じたオススメ投稿を紹介!!

  5. ピンチをチャンスに!あの手この手の勝者の心理戦

    最終発行日:
    2014/01/15
    読者数:
    109人

    ピンチというのは期せずして突然訪れます。裏切り・陰謀・罠・中傷誹謗などなど。しかしその時に「ブルータス、おまえもか!」と叫んでも所詮が負け犬の遠吠え。ピンチを切り抜けた奴だけが知っている勝利の方程式!

発行者プロフィール

Pero

Pero

http://www.cybo.jp/~pero/index.htm

金融業界に勤務〜街金業〜探偵調査会社勤務を経て目下は与太者