国際情勢

Weekly Swiss News Headlines

スイスの最新報道で世界が分かる!
日本関連情報も掲載!

全て表示する >

WSNH No. 786 『在スイスのティベット人に対する中国の影』他

2018/03/17

 スイス発最新時事ニュースを日英独語併記で配信!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

┃ Multilingual Internet Mail Magazine
┃ Weekly Swiss News Headlines
┃ ウイークリー・スイス・ニュース・ヘッドラインズ
┃ 【 No. 786 - March 16, 2018 (Heisei 30-nen)】
┃ http://www.swissjapanwatcher.ch

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 ▼ スイスの報道で世界が分かる
 Swiss Media reporting World's Reality
 Schweizer Medien berichten ueber Welt-Realitaet ▼


 【目次 / INDEX / INHALTSVERZEICHNIS 】日本語 - English - Deutsch

 1) 在スイスのティベット人に対する中国の影
 2) 何でも請負うスイスの郵便配達員
 3) 研究分野の内部告発者
 4) 今週のニュース・フラッシュ

 ★ Travel, Events, Others / 旅行・催し物・その他
 ★ Noteworthy Information / 注目情報
 ★ Proverbs of the Week / 今週の諺
 ★ Recommended Book / 推薦図書
 ★ from Editor's Room / 編集後記

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

1) 在スイスのティベット人に対する中国の影
China's shadow over Tibetans in Switzerland.
China's Schatten ueber Tibeter in der Schweiz.  (Fri. 09.03.2018)

中国では文化大革命で夥しい人々が殺害された。ティヴェットの様な少数民族
も迫害された。スイスは1960年代欧州諸国で初めてティベット難民を受け入れ
た。多くのティベット人にとってスイスは新しい故郷になった。最近ティベッ
ト人が、スイスでも中国政府の圧力が次第に強まっているのを感じると苦情を
述べている。ティベット人はここスイスでも監視されているのを感じるようだ。
ここに住んでいるティベット人は最近注意深くなり、デモに参加したり、公に
政治的発言をするのを慎重に考えるようになった。こう述べたのは、政治学者
としてツューリッヒ大学で働き、「欧州ティベット青年」協会共同代表として
活動するパルモ・ブルンナー。若いティベット人の抑制には次の様な理由があ
る。「彼等はもうティベットや中国に旅行出来無くなるかもしれない不安があ
るので、スイスで活発に活動したがらない。」しかし若い世代の多くのティベ
ット人にとって故国の訪問は夢だ。多くの「スイスのティベット人」はデモン
ストレーションでティベットの旗やダライラマの写真を掲げているのを見られ
たがらない。彼等は、中国の秘密警察に見られるのを恐れているのだ。確かな
恐怖だという例がある。ツューリッヒとベルンのティベット支持デモンストレ
ーションで、中国領事館のバルコニーから撮影されている事に気付いたのだ。
2017年3月10日亡命ティベット人は、ティベット全国蜂起58周年の記念行事を
催した。習近平のスイス公式訪問の際も、許可されたデモンストレーションの
参加者をどの様に中国人が撮影していたかが観察された。スイスのティベット
人は、ティベットに暮らし中国の監視下に在る家族の事も案じている。ダライ
ラマの公式歓迎を中国は最早決して容認することはない。中国政府は関連する
外交的、経済的圧力をスイスにもかけている。
(出展:2018年3月9日付 srf.ch)

In China (PRC), hundreds of thousands of people died because of the
Cultural Revolution. Minorities, like the Tibetans, were also
persecuted. Switzerland was the first European country to accept
Tibetan refugees in the 1960s. For many of the Tibetans, Switzerland
became a new home. Recently, Tibetans complain that the pressure of
the Chinese Government is increasingly felt in Switzerland too.
Tibetans feel controlled in Switzerland. Tibetans living here have
become more cautious lately, considering twice whether to participate
in a demonstration or publicly speak out on politics. This says Ms.
Palmo Brunner, who works as a political scientist at the University of
Zurich and is active as a Co-President of the association "Tibetan
Youth in Europe". The reticence of young Tibetans is justified as
follows: "They do not want to actively engage in Switzerland because
they are afraid that they would then no longer be able to travel to
Tibet or China". However, this is a dream for many Tibetans of the
younger generation. Many "Swiss Tibetans" do not want to be seen with
Tibetan flags or images of the Dalai Lama at demonstrations. They are
afraid that they will be watched by Chinese secret service agents.
There are samples that these are well-founded fears. During pro-Tibet
demonstrations in Zurich and Berne, it was noticed that from the
balcony of the (China) consulate was photographed. On March 10, 2017,
exile-Tibetans commemorated the 58th anniversary of the Tibetan
National Uprising. Also during the state visit of Xi Jinping in
Switzerland was observed, how Chinese citizens photographed
participants of the authorized demonstration. Tibetans in Switzerland
are also concerned about family members living in Chinese-controlled
Tibet. Official receptions of the Dalai Lama would no longer be
tolerated by China. China's Government is exerting diplomatic and
economic pressure on Switzerland too.

In China (PRC) starben Hunderttausende von Menschen wegen der Kultur-
Revolution. Minderheiten, wie die Tibeter wurden ebenfalls verfolgt.
Die Schweiz war das erste europaeische Land, welches in den 1960er-
Jahren tibetische Fluechtlinge aufnahm. Fuer viele der Tibeter wurde
die Schweiz eine neue Heimat. Kuerzlich beklagen sich Tibeter, dass
der Druck der chinesischen Regierung auch in der Schweiz zunehmend
staerker zu spueren sei. Tibeter fuehlen sich hier in der Schweiz
ueberwacht. Hier lebende Tibeter seien in letzter Zeit vorsichtiger
geworden und ueberlegten es sich gruendlich, ob sie an einer
Demonstration teilnehmen oder sich oeffentlich zur Politik aeussern
sollen. Dies sagt Palmo Brunner, welche als Politik-Wissenschaftlerin
an der Universitaet Zuerich arbeitet und aktiv als Co-Praesidentin des
Vereins "Tibeter Jugend in Europa" ist. Die Zurueckhaltung junger
Tibeter wird wie folgt begruendet: "Sie wollten sich in der Schweiz
nicht aktiv betaetigen, da sie Angst haetten, dass sie dann nicht mehr
nach Tibet oder China reisen koennten". Dies sei jedoch ein Traum fuer
viele Tibeter der jungen Generation. Viele "Schweiz-Tibeter" wollen
nicht mit tibetischen Flaggen oder Bildern des Dalai Lama auf
Demonstrationen gesehen werden. Sie haben Angst, dass sie dabei von
Mitarbeitern des chinesischen Geheimdienstes beobachtet werden. Es
gibt Beispiele, dass es wohlbegruendete Aengste sind. Bei Pro-Tibet
Demonstrationen in Zuerich und Bern wurde bemerkt, dass vom Balkon des
(China) Konsulats fotografiert wurde. Am 10. Maerz 2017 gedachten
Exil-Tibeter an den 58. Jahrestag des tibetischen National-Aufstands.
Auch beim Staatsbesuch von Xi Jinping in der Schweiz wurde beobacht,
wie chinesische Buerger, Teilnehmer der bewilligten Demonstration
fotografierten. Tibeter in der Schweiz machen sich auch Sorgen um
Familien-Angehoerige, welche im chinesisch kontrollierten Tibet
wohnen. Offizielle Empfaenge des Dalai Lama wuerden von China in
keiner Weise mehr geduldet. China's Regierung uebt dazu entsprechend
diplomatischen und wirtschaftlichen Druck auch auf die Schweiz aus.
(Quelle: srf.ch vom 09.03.2018)
http://www.tibetanyouth.org/en/
https://www.srf.ch/news/schweiz/tibeter-in-der-schweiz-chinas-schatten-ueber-der-diaspora
https://www.thelocal.ch/20180313/why-the-swiss-chinese-free-trade-deal-is-not-working-for-tibetans
http://www.tibetswiss.ch/History.html

2) 何でも請負うスイスの郵便配達員
All-round Swiss Postmen.
Vielseitige Schweizer Brieftraeger. (Wed. 07.03.2018)

スイス・ポストは郵便配達員の為の新しい職務を探している。理由は減り続け
る配達用郵便物。宛名が指定された郵便物の長期的な平均減少率は年間1%から
2%。昨年の減少率は4%以上にもなった。過去10年の郵便数はおよそ25%減少し
た。現在スイスの郵便配達員は未だ約12,000人を数えるが、10年前は16,400人
いた。ポストは残っている郵便配達員を更に有効活用する方法を探している。
フィンランドやフランスでは郵便配達員は既に追加の作業を請け負っている。
有料で芝を刈ったり、高齢者を訪問して一緒にコーヒーを飲んだり、親族に無
事の情報を伝えたりしている。スイスでも郵便配達員の新しい職務計画がある。
「ラスト・マイル」のスローガンの下、郵便配達員は野菜を配達し、使用済み
のネスプレッソ・カプセルを引き取り、古着袋を収集し、村の商店「フォルク」
のオンライン・ショッピングの買い物を配達する。カントン・グラウビュンデ
ンでは、所によって、週に1度古紙と厚紙を回収しているが、その他のプロジェ
クトでは、古着、靴、本、CDやDVD等も回収する。郵便配達員の反応は大きく異
なるようだと、社員紙には書かれている。
(出展:2018年3月12日&13日付 srf.ch & ターゲス・アンツァイガー紙)
郵便局の見守りサーヴィス:
http://www.post.japanpost.jp/life/mimamori/

The Swiss Post is looking for new assignments for its postmen; the
reason is that fewer and fewer letters are sent. In the long-term
average, the number of addressed letters decreased by 1% to 2% each
year. Last year, the decline was even more than 4%. Over the past 10
years, the number of letters has fallen by about 25%. Today, the Swiss
Post still employs some 12,000 postmen; 10 years ago it was 16,400.
The Post is looking for ways to better utilize the remaining postmen.
In Finland or France, the postmen have already taken on additional
tasks. Against payment, they also cut the lawn or visit older people,
drink coffee with them and inform the relatives that everything is
alright. In Switzerland there are also projects with new duties for
postmen. Under the term "last mile", postmen deliver vegetables, pick
up used Nespresso capsules, collect bags with old clothes or deliver
online shopping for local "Volg-Shops". In the Canton of Graubuenden,
the postmen collects old paper and cardboard on a weekly basis,
depending on the location. Other projects are the collection of used
clothes, shoes, books, CDs or DVDs, etc. The reactions of the postmen
are very different, reports the staff magazine.

Die Schweizer Post sucht neue Aufgaben fuer ihre Brieftraeger; der
Grund dafuer ist, dass immer weniger Briefe verschickt werden. Im
langjaehrigen Durchschnitt sank die Zahl der adressierten Briefe um
jaehrlich 1% bis 2%. Letztes Jahr war der Rueckgang sogar mehr als 4%.
Ueber die letzten 10 Jahre ging die Zahl der Briefe um zirka 25%
zurueck. Heute beschaeftigt die Schweizer Post noch zirka 12'000
Brieftraeger; vor 10 Jahren waren es 16'400. Die Post sucht nach
Moeglichkeiten die restlichen Postboten besser auszulasten. In
Finnland oder Frankreich haben die Brieftraeger bereits weitere
Aufgabern uebernommen. Gegen Bezahlung maehen sie auch den Rasen
oder sie besuchen aeltere Menschen, trinken mit ihnen Kaffee und
informieren die Angehoerigen, dass alles in Ordnung ist. In der
Schweiz gibt es auch Projekte mit neuen Aufgaben fuer Brieftraeger.
Unter dem Slogan "letzte Meile", liefern Brieftraeger Gemuese aus,
holen gebrauchte Nespresso-Kapseln ab, sammeln Saecke mit Alt-Kleidern
ein oder liefern Online-Einkaeufe fuer die "Volg"-Dorflaeden aus. Im
Kt. Graubuenden sammelt der Brieftraeger je nach Ort woechentlich Alt-
Papier und Karton ein. Weitere Projekte sind das Einsammeln von
gebrauchten Kleider, Schuhen, Buecher, CDs oder DVDs usw. Die
Reaktionen der Brieftraeger seien sehr unterschiedlich, schreibt die
Personal-Zeitung.
(Quelle: srf.ch & Tages-Anzeiger print vom 12./13.03.2018)
https://www.srf.ch/news/schweiz/beruf-im-wandel-wenn-der-poestler-das-gemuese-bringt
https://www.srf.ch/news/regional/aargau-solothurn/tischlein-deck-dich-wenn-der-poestler-die-alten-joghurts-holt
http://my-sweetvalentinelife.blogspot.ch/2018/01/nespresso-optimizes-its-recycling-at.html
https://www.post.ch/en/about-us/news/posted/do-a-good-deed-with-nespresso-s-recycling-at-home

3) 研究分野の内部告発者
Whistle-Blower in the Field of Research.
Whistle-Blower in der Welt der Forschung. (Wed. 07.03.2018)

スイスラジオSRFの科学番組で、国際的に注目を集めた研究の不正行為の事例
を報じた。3人の内部告発者が経緯を語った。これらの人々は真実の為に健康
とキャリアを危険に晒した。科学界では内部告発者は殆どが「巣の汚れ」と
看做される。スウェーデンでは、イタリア人外科医パオロ・マッキァリーニ
が、人工気管移植で内部告発される対象となった。メディアは同外科医を「救
命者」と持て囃したが、マッキァリーニはこの治療法を一度もテストしていな
かった。彼の成功手法は、更に科学誌でも「粉飾」された。患者は苦痛を伴う
手術に苦しんだ。ストックホルムの「カロリンスカ研究所」の外科医カール=
ヘンリック・グリネモは3人の同僚と共に最新の研究不祥事の一つを明らかに
した。4名の内部告発者はこの事によって、同僚と上司から「嫌がらせ」を受
けた。外部の査察者も「マッキァリーニ」の研究データは偽装されていると
指摘したにも拘らず、彼は地位に留まる事を許された。
(出展:2018年3月7日付 srf.ch)
パオロ・マッキァリーニ:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%AA%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B

The science magazine of the Swiss Radio SRF reported on
internationally spectacular fraud cases in the field of research.
Three whistle-blowers told their story; for the truth, these people
risk their health and career. Nonetheless, whistle-blowers are often
considered "nest polluters" in science. In Sweden, the Italian surgeon
Paolo Macchiarini was the subject of whistle-blowing; it was about the
disputed transplantation of artificial air tubes. The media celebrated
the surgeon as a "life saver"; Macchiarini had never tested his
treatment method. Besides, he sugar-coated the success of his method
in scientific publications. The patients suffered under these
agonizing operations; Surgeon Karl-Henrik Grinnemo of the "Karolinska
Institute" in Stockholm, together with three colleagues, uncovered
this research scandal, one of the biggest in recent times. The four
whistle-blowers were then "bullied" by colleagues and bosses. Even an
external expert proved that "Macchiarini's" research data was faked,
but he was allowed to continue at that time.

Das Wissenschafts-Magazin des Schweizer Radio SRF berichtete ueber
international aufsehen-erreigende Betrugsfaelle in der Forschung. Drei
Whistle-Blower erzaehlen ihre Geschichte; diese Leute riskieren fuer
die Wahrheit, Gesundheit und Karriere. In der Wissenschaft gelten
Whistle-Blower trotzdem oft als "Nest-Beschmutzer". In Schweden wurde
der italienische Chirurg Paolo Macchiarini zum Thema; es ging um die
Transplantation von kuenstlichen Luftroehren. Die Medien feierten den
Chirurg als "Lebens-Retter"; Macchiarini hatte diese Behandlungs-
Methode nie getestet. Den Erfolg seiner Methode hatte er zudem in
wissenschaftlichen Veroeffentlichungen "geschoent". Die Patienten
litten unter diesen qualvollen Operationen; Chirurg Karl-Henrik
Grinnemo vom "Karolinska Institut" in Stockholm hat zusammen mit drei
Kollegen einen der groessten Forschungs-Skandale der juengsten Zeit
aufgedeckt. Die vier Whistle-Blower wurden darauf hin von Kollegen und
Chefs "gemobbt" (schikaniert). Sogar ein externer Gutachter wies nach,
dass "Macchiarini's" Forschungs-Daten gefaelscht waren, doch er durfte
noch weitermachen. (Quelle: srf.ch vom 07.03.2018)
https://www.srf.ch/kultur/wissen/whistleblower-in-der-forschung-ploetzlich-wurden-wir-selber-wegen-pfusch-angezeigt
http://www.deutschlandfunk.de/vom-star-chirurg-zum-scharlatan-der-tiefe-fall-des.676.de.html?dram:article_id=399965
https://www.theguardian.com/science/2017/sep/01/paolo-macchiarini-scientist-surgeon-rise-and-fall
http://globalbioethics.org/2017/09/06/paolo-macchiarini-fraud-oversight-case-falsified-stem-cell-research/

4) 今週のニュース・フラッシュ

★ 英ソールズベリーの毒ガス攻撃事件は、メイ首相の国内政治が動機
UK-Poison attack in Salisbury: Theresa May's domestic political motives.

英国議会でメイ首相は、ロシア人セルゲイ・スクリパリ元二重スパイとその娘
に対する毒ガス攻撃の背景に、ロシアの関与が強く疑われると断言した。然し
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、神経ガスのサンプルを要求して、英国に
よる最後通告を拒否した。ロシアは無実であり、英国は化学兵器禁止条約の規
則を順守していないと、ロシアの外相は述べた。スイス公共放送SRFラジオの
駐英特派員によると、対ロシアの対立は、メイ首相の国内政治の動機もある。
メイ首相は弱体化しており、ブレキジットの準備に全力を挙げているものの、
これまで殆ど上手くいっていない。テレーザ・メイに依る、ロシア国家への直
接的な非難とプーティンに対する個人攻撃は、疑いの余地が無い!この神経ガ
スが、犯罪者又はロシアのシークレット・サーヴィスの反体制派メンバーの手
に渡った事を排除する事は出来ない。このような可能性は、現在英国政府によ
って排除されている。労働党のジェレミー・コービン党首のスポークスマンは
ロシアが本当にこれらの攻撃の背後にいるのか疑問を呈している。[WSNH: 読
者コメントに、ソールズベリー市の近くには、化学兵器と生物兵器に関する研
究が行われているイギリス軍のポートンダウン化学兵器研究所キャンパスがあ
ると記されている。] ポートンダウン化学兵器研究所:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3

In parliament, Prime Minister May said that it was highly likely that
Russia was behind the poison gas attack against the ex-double agent,
the Russian Sergei Skripal and his daughter. But, Russia's Foreign
Minister Sergey Lavrov rejected the UK-Ultimatum demanding access to
the nerve poison samples. Russia is innocent and UK does not abide by
the rules of the chemical weapons convention, he said. According to
the Swiss SRF-radio Correspondent in the UK, there are also domestic
political motives for May's confrontation with Russia. Premier May is
weakened, preparations for the Brexit are taking up all of their
strength, and so far the matter has been handled little skillful.
Direct accusations at the Russian State and the personal accusation
against Putin by Theresa May are not beyond all doubt! It cannot be
excluded that this nerve poison has come into the hands of criminals
or dissident members of the Russian secret service. Such possibilities
have now been ruled out by the UK-Government. The spokesman of Labour
Leader Jeremy Corbyn questioned whether Russia was really behind the
attack at all. [WSNH: A Reader's comment indicates that near the City
of Salisbury is the UK-army Porton Down research campus located where
research is made about Chemical and Biological arms.]
(Quelle: srf.ch vom 14.03.2018)
http://www.bbc.com/news/magazine-36606510
https://www.srf.ch/news/international/giftanschlag-in-salisbury-may-geht-auf-konfrontationskurs
http://www.20min.ch/ausland/news/story/Russland-fordert-Zugang-zu-Giftproben-13098713
https://www.nytimes.com/2018/03/14/world/europe/uk-russia-spy-punitive-measures.html
https://www.politico.eu/article/uk-expels-russian-diplomats-over-spy-poisoning/
https://www.rt.com/news/421200-uk-novichok-agent-allegations/
https://www.rt.com/uk/421102-may-russia-blame-attack-skripal/

★ スロヴァキアのジャーナリスト殺害と汚職で、首相と内相が辞任
Journalist Murder and Corruption in Slovakia: Prime Minister and
Interior Minister resigned.

27歳のジャーナリスト、ヤン・クツィアクと彼の許婚が殺害された後、スロヴ
ァキア全国で、10万人に上る人々が抗議デモに参加している。多くのデモ参加
者が全閣僚の辞任を要求している。殺害された調査報道の記者は、スロヴァキ
ア国内の汚職事件に関するいくつかの記事を発表していた。直近で同記者は、
与党とイタリア・マフィアとの関係についての疑惑を調査していた。大規模デ
モによって、ロベルト・カリャック内務大臣は辞任を余儀なくされ、今又ロベ
ルト・フィコ首相も辞任に追い込まれた。「政府の根本的再編」で早期選挙を
回避できるか否かは不明だ。 [WSNH: 汚職に関して日本と類似している可能性
がある。安倍晋三の日本政府は、公式文書の改竄で現在強い圧力下に在る。日
本政府内の縁故主義による汚職で、現在世界中のメディアがこの問題を報じて
いる!]

After the murder of 27-years-old journalist Jan Kuciak and his bride-
to-be in Slovakia, up to 100,000 people demonstrated throughout the
country; many protesters demanded the resignation of the entire
Government. The investigative journalist had published several
articles about corrupt schemes in the State of Slovakia. Most
recently, the journalist researched alleged links between the
Government party and the Italian mafia. Due to the big demonstrations,
the Interior Minister Robert Kalinak had resigned then. Now, Slovak
Prime Minister Robert Fico has also resigned. It is in the air whether
early elections can be avoided with a "radical re-organization of the
Government". [WSNH: Regarding to corruption, there can be similarities
to Japan. Japan's Government of Abe Shinzo is now under strong
pressure for faked official documents. It is a scandal about cronyism
in the Japanese Government; now, media worldwide report on the
matter!] (Quelle: tagesanzeiger.ch vom 12./14.03.2018)
http://www.bbc.com/news/world-europe-43265708
https://www.tagesanzeiger.ch/news/standard/slowakischer-innenminister-tritt-nach-journalistenmord-zurueck/story/12334250
https://www.theguardian.com/world/2018/mar/09/death-of-investigative-journalist-sparks-mass-protests-in-slovakia
https://www.nzz.ch/international/japans-regierung-wegen-gefaelschter-dokumente-unter-druck-ld.1365203
https://www.nytimes.com/2018/03/12/world/asia/shinzo-abe-japan-scandal.html?smid=tw-nytimes&smtyp=cur

★ 昔ラスベガスでは核実験が観光アトラクションだった
Las Vegas: Atom Bomb Tests were a Tourist Attraction in the past.

米国の都市ラスヴェガスは、かつてマフィアの存在で危険な所だった。しか
し、それだけでなく、1951年から1962年の間に大気中の核実験が100回以上行
われた。ネヴァダの核実験場はラスヴェガスからわずか100kmしか離れていな
かった。核実験は当時ハイライトで、健康リスクを心配する人は殆ど居なか
った。ラスヴェガスでは、「アトミック・カクテルやアトミック・バーガー」
がレストランで提供された。特別「原子爆弾バーゲンセール」もプログラム
にあった。同市は「アトミック・シティー」というあだ名で呼ばれた。1963
年ジョン・F・ケネディー大統領が、モスクワで核実験禁止条約に署名して終
わった。次の828回の実験は同じ場所だったが、地下で行われた。核爆弾の実
験によるクレーターは今でも見る事が出来る。沢山の人々が白血病に罹った。
米国政府は後に被害を受けた兵士に75,000ドル、市民には50,000ドルを支払
った。ジョン・ウェインの映画「征服者」の撮影隊も放射能の被害に遭った。
220人のクルーの91人が癌に罹り、1981年までに、ジョン・ウェインを含む46
人が既に癌で死亡していた。
広瀬隆著「ジョン・ウェインはなぜ死んだか」:
http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/786.html

The US-City of Las Vegas was once a dangerous place because of the
mafia. But not only, because more than a hundred above ground-based
nuclear bomb tests were conducted in the immediate vicinity between
1951 and 1962. The Nevada Test Site was only just 100 kilometers away
from Las Vegas. The nuclear bomb tests were a highlight at that time.
Hardly anyone worried about the health risks. In Las Vegas, there were
"Atomic Cocktails or -Burgers" offered in restaurants; special "atomic
bomb bargain sale" were also on the program. The City was nicknamed
"Atomic City". In 1963, when US- President John F. Kennedy signed the
Moscow nuclear test-stop agreement it was over. The next 828 tests
took place at the same site, but underground. The craters of the
nuclear bomb tests are still visible today. Many people became ill
with leukemia. The US-Government later paid USD 75,000 to affected
soldiers and USD 50,000 to civilians. The team of the John Wayne movie
"The Conqueror" became a victim of radioactivity too. 91 members of
the 220-persons crew got cancer. By 1981, 46 people had already died
of cancer, including John Wayne. (Quelle: 20min.ch vom 13.03.2018)
https://www.youtube.com/watch?v=FghT80tVFKo
http://www.20min.ch/wissen/news/story/Atombombentests-waren-einst-beliebter-als-Casinos-31447537
http://www.spiegel.de/reise/staedte/las-vegas-zum-fototermin-mit-atompilz-a-346836.html
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3783336/A-Bomb-sunrise-Stunning-photos-atomic-bomb-tests-Nevada-desert-seen-Los-Angeles-1950s.html
https://chronicles.roadtrippers.com/las-vegas-atomic-tourism/

★ 英ヴァージン諸島を英国はEUのブラックリストから保護
British Virgin Islands: Great Britain protects its tax haven from EU-Blacklist.

40万個以上の郵便受け(ペーパーカンパニー)が英領ヴァージン諸島に存在し
ているにも拘らず、英国はその領土をEUの「ブラックリスト」に載るのを防
いでいる。租税回避地のブラックリストの信頼性に関する争いで、英国はド
イツとフランスに勝った。EUの財相は、2018年3月13日に新しく改訂された
租税回避地のリストを採用しようとした。バハマ、セントクリストファーと
ネーヴィス、同じく米領ヴァージン諸島が租税回避地として再分類された。
カリブ海の暴風雨被害に鑑みて、これらの地域はこれまで救済されていた。
書簡は英領ヴァージン諸島の関与は「十分」にあると判断している。しかし
意思決定に必要なこの書簡は会議の直前に届いた!ドイツの国会議員ファビ
オ・デ・マージは、「英国はヴァージン諸島のスーパー・タックス・ヘイヴ
ンを保護している」と言う。米国政府は米ヴァージン諸島がEUのブラックリ
ストに掲載されることに反対して既にEUに警告している。米国はこれを「不
要な脅し」と称している。

Although, there are more than 400,000 letterbox companies on the
British Virgin Islands, Britain has prevented its territory from being
placed on the "Blacklist" of the EU. Based on the dispute over the
reliability of the blacklist of tax havens, Britain has prevailed
against Germany and France. Finance Ministers of the EU wanted to
adopt a new revised blacklist of tax havens on March 13, 2018. The
Bahamas, St. Kitts and Nevis as well as the American Virgin Islands
were re-classified as tax havens; with regard to the storm damage in
the Caribbean, these areas had been spared so far. The commitment of
the British Virgin Islands in a letter was judged to be "sufficient".
However, the letter required for the decision making arrived just
shortly before the meeting! German Parliament Member Fabio De Masi
said: "The British are protecting the Super Tax Haven of the Virgin
Islands". US-Government has already warned the EU against listing the
American Virgin Islands on the EU-Blacklist. The USA has called this
an "unnecessary threat". (Quelle: tagesanzeiger.ch vom 12.03.2018)
https://www.tagesanzeiger.ch/wirtschaft/standardso-schuetzt-grossbritannien-seine-steueroasen/story/11094957
https://www.nytimes.com/reuters/2018/03/13/business/13reuters-eu-tax-blacklist.html
https://www.theguardian.com/world/2018/mar/13/accountants-and-lawyers-must-report-aggressive-tax-avoidance-schemes


━スイスの主要報道機関━ [Swiss mainstream media]
TA = Tages-Anzeiger (スイス独語最有力紙)
NZZ = Neue Zuercher Zeitung(スイス独語経済紙)
cash =(オンライン・ビジネス紙)http://www.cash.ch/
20min = 20min Pendler Zeitung(20分:通勤者向け無料新聞)
bluewin.ch (スイス・テレコム・オンラインサイト)
SRF1 = スイス公共放送TV:http://www.tagesschau.sf.tv/

──────────────────────────────────
【 Travel, Events, Others / 旅行・催し物・その他】

★ New Location of Japanese Restaurant Sala of Tokyo in Zurich. (Info)
ツューリッヒ:レストラン「沙羅東京」の新所在地。
16 Gault-Millau Sala of Tokyo moves to the City, Schuetzengasse 5,
Zurich. The owner Lorenz Muster & Partner Tanaka Makiko take over
present Restaurant "Sein" of Mr. Martin Surbeck & Japanese Chef
Nakano Ken.
https://sala-of-tokyo.ch/en/#
https://www.nzz.ch/zuerich/die-sala-of-tokyo-loest-das-sein-ab-ld.1364583
https://sala-of-tokyo.ch/wp-content/uploads/2018/02/Menu-Mai-Sayonara.pdf
http://www.zuerichsein.ch/

★ Japanese Movie: "ZEN" Buddhist teacher Dogen Zenji's (Info)
日本映画上映:「禅 (道元禅師) 」高橋伴明監督作品
at Film-Podium Zurich, April 15, 2018 at: 11:00h and Stadt-Kino Basle
on April 22, 2081 at: 10:30h by Banmei Takahashi.
https://www.youtube.com/watch?v=PcoNpB4zG3o
https://en.wikipedia.org/wiki/Banmei_Takahashi

★ IKEBANA Exhibition at Binningen BL. (Info)
ビンニンゲン:「未生流」生け花展
April 13/15, 2018. by Ikebana International Chaper Basle and
Misho Chapter Sissach. In Presence of HIHARA Keiho, 10th Head Master
of Misho School Kobe. Welcome Speech by Embassy of Japan in Berne.
http://misho-ryu.com/
http://ikebana-misho.ch/
http://www.ikebana-basel.ch/iibasel/index.php?id=26
http://www.kunstvereinbinningen.ch/index.php/aktuelle-veranstaltungen.html

★ Japan Matsuri 2018 in Ticino (Bellinzona). (Info)
ベリンツォーナ:2018年日本祭
On April 14/15, 2018. http://www.japanmatsuri.org/2018/en/
- Wakara Original Japanese Fried Chicken (Karaage) at Japan Matsuri.
http://www.wakara.ch/
- Shizuku Sake Store Zurich at Japan Matsuri.
https://www.shizuku.ch/de/news/2018
- After Work at Ginger Sake Bar Zurich with Certified Sake Professional
Marc Nydegger from Shizuku Sake Store.
http://ginger-restaurant.ch/sake-bar
https://www.facebook.com/Ginger-Restaurant-Sake-Bar-174704012985017
https://www.instagram.com/ginger_zuerich/

★ Japanese Events at the Johann Jacobs Museum Zurich. (Info)
ツューリッヒ:「日本展」於ヨハン・ヤコブス博物館
http://johannjacobs.com/en/

──────────────────────────────────
【 Noteworthy Information / 注目情報 】

★ IWJ:岩上安身による書籍編集者・前高文研代表 梅田正己氏インタビュー
日本以外は「偽帝国」!? 日本の天皇は「地球上の総天皇」!? 安倍政権が礼
賛する「神国ナショナリズム」の歴史に迫る!2018.3.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414913

★ 朝日新聞DEGITAL:3分でわかる【解説動画】森友学園の決裁文書改ざん
問題。経緯と焦点。
https://www.asahi.com/articles/ASL3F7SG4L3FUEHF00Y.html?iref=com_rnavi_r1

★ <菅野完氏>今日の朝日一面トップは、ほんとに凄い記事 理財局「外部
の目に触れるのはまずい」首相・佐川氏答弁後 改ざん指示。
http://www.asyura2.com/18/senkyo241/msg/416.html

★ 自由党:小沢一郎代表・山本太郎代表共同定例記者会見 2018年3月13日
https://www.youtube.com/watch?v=eukBPEOO22k&feature=youtu.be&a=

★ 山本太郎:自由党会見後のネットの皆さんとの質問コーナー 2018.3.13
https://vimeo.com/259835424?ref=tw-share

★ 朝日新聞:小沢一郎氏「腐りきった感じ。政界も官界も劣化」森友「国税
庁長官が辞めて済む話ではない。誰がさせたのかをはっきり!」
http://www.asyura2.com/18/senkyo241/msg/218.html

★ 半歩前へ:内閣総辞職に直結する大スキャンダル!
森友学園の交渉記録の元の原本に記載してあった籠池泰典を「日本会議大阪に
関与」と紹介、関連の日本会議国会議員名と「副会長に安倍晋三総理らが就
任」と説明した部分が削除されていた。
http://www.asyura2.com/18/senkyo241/msg/343.html

★ 半歩前へ:急変した森友報道!「アベさまのNHK」が画面いっぱいの大見出
しで「全文書掲載 森友文書書き換え 財務省調査結果」と銘打って問題の改
ざん文書を取り上げた。
http://www.asyura2.com/18/senkyo241/msg/349.html

★ 安倍友スキャンダル:スイスの報道「日本政府功文書改竄」
- NZZ: https://www.nzz.ch/international/japans-regierung-wegen-gefaelschter-dokumente-unter-druck-ld.1365203
- Blick: https://www.blick.ch/news/ausland/japan-japans-regierung-wegen-gefaelschter-dokumente-zunehmend-unter-druck-id8101409.html

★ gataro:ニューヨーク・タイムズ紙が「関わっていたら辞める」発言を冒頭
に置き、改竄部分も詳しく報じている。全体としては首相夫妻が極右に便宜を
図り、官僚が文書の改竄まで犯した、という論調。
"Shinzo Abe of Japan Back in Spotlight Over Tampered Documents"
http://www.asyura2.com/18/senkyo241/msg/366.html

★ IWJ:【特集】集団的自衛権〜自衛隊が米軍の「下請け」になる日。日本
を守るのは日本自身である。同盟国ではない。日本を守る根拠は個別的自衛
権である。集団的自衛権ではない。現行憲法の9条解釈では個別的自衛権で日
本の防衛は認められている。日本は自力で守りうる。米国の戦争に巻き込ま
れて利用され、蕩尽されてゆくための仕掛け、集団的自衛権は必要ない。
https://iwj.co.jp/wj/open/%E9%9B%86%E5%9B%A3%E7%9A%84%E8%87%AA%E8%A1%9B%E6%A8%A9

★ 日刊ゲンダイ:ついに錯乱、断末魔の安倍政権…悶絶・総辞職への末路<下>
森友だけではない、加計をはじめ今後噴出する安倍政権の悪事
http://www.asyura2.com/18/senkyo241/msg/315.html

★ <菅野完氏>この改竄のなにがすごいかって、安倍昭恵の名前を消して利
得を得るのって、安倍晋三と安倍昭恵だけなのよね。
http://www.asyura2.com/18/senkyo241/msg/294.html

★ のんきに介護:自殺したとされる近畿財務局の職員、赤木俊夫さんの妻が
行方不明。口封じのためではないか。殺害された可能性もある。
http://www.asyura2.com/18/senkyo241/msg/392.html

★ <百鬼夜行>「朝日は誤報だー」と騒いでいた人たちが、一夜にして安倍
氏から離れていく様子をどうぞ。
http://www.asyura2.com/18/senkyo241/msg/268.html

★ リテラ:この期に及んで他人事の安倍首相と官僚に責任押し付けの麻生財相に
国民の怒りが爆発! 官邸前の抗議デモがすごいことに
http://www.asyura2.com/18/senkyo241/msg/313.html

★ REUTERS:麻生財務相、G20欠席の公算。国会の了承不透明で(政府・与党筋)
https://jp.reuters.com/article/aso-g20-idJPKCN1GP0FH

★ 長周新聞:立つ鳥 跡を濁しまくる。「哀れ」と安倍晋三に小馬鹿にさ
れていた『朝日』の逆襲と、『毎日』の援護射撃を見ていて、潮目は変わり、
今度は安倍晋三そのものがトカゲの尻尾として切り捨てられる番がきた。
https://www.chosyu-journal.jp/column/7327

★ <菅野完氏>あーあ。こんなん見つけてしもうたわ。なーんや。麻生ち
ゃん籠池のオッサンと、なかよかったやん。多分、初公開やね。
http://www.asyura2.com/18/senkyo241/msg/338.html

★ 週刊文春オンライン版:西部邁自殺、警視庁が事件性の疑いで再捜査。
http://bunshun.jp/articles/-/6558

★ 内田誠:前代未聞「森友文書改ざん」問題、新聞各紙がどう報じたか
徹底比較
http://www.mag2.com/p/news/352819

★ gataro:<スクープ記事>電通「東京五輪買収」の物証!仏検察が押収し
た電通と国際陸連前会長の極秘契約書。そこに不可解な1500万ドル。
http://www.asyura2.com/18/senkyo241/msg/193.html

──────────────────────────────────
【 Proverbs of the Week / 今週の諺 】

【D】Sag die Wahrheit, oder jemand wird es fuer dich erzaehlen.
【E】Tell the truth, or someone will tell it for you.
 (Stephanie Klein, US-TV writer blogger, film critic etc., 1975/)
 [How about Japan's Abe Shinzo?]
事実を言え、さもなければ誰かが代わって言うだろう。

【D】Wenn Sie die Wahrheit sagen, muessen Sie sich an nichts erinnern.
【E】If you tell the truth, you don't have to remember anything.
(Mark Twain, US-American writer, humorist, 1835/1910)
事実を言えば、何も覚えている必要はない。

【D】Lieber als Liebe, als Geld, als Ruhm, gib mir Wahrheit.
【E】Rather than love, than money, than fame, give me Truth.
(Henry David Thoreau, US-American author, 1817/1862)
愛より、金より、名声よりも真実を。

★ Highlights of the Week/今週の映像ハイライト:

- The Top 3 Swiss Meteo pictures by eyewitness.
スイス・メテオの写真:
https://www.srf.ch/meteo/meteo-news/bilder-von-srf-augenzeugen-die-top-3

- Special coloured picture of a Swiss sunrise at Grenchen by 20min reader.
グレンヒェン異色の夕日
http://www.20min.ch/schweiz/bern/story/-lbild-Atmosphaere-in-Grenchen-18727472

──────────────────────────────────
【 Recommended Book / 推薦図書 】

★ 「次の震災について 本当のことを話してみよう」福和伸夫著
https://honto.jp/netstore/pd-book_28784910.html

「国民の半数が被災者になる可能性がある南海トラフ大地震。それは、必ず
来る。都会の地盤やビルの危険性、次の大震災の光景を示し、防災対策も紹
介。『敵=大震災』をしっかり捉えて、今できることをすぐに始めるための
指南書。」

【独語感】
改めて日本が絶え間無く震災に見舞われてきた国である事を知らされた。
日本で起こり得る災害について、著者は研究者として誠実に率直に少しでも
被害を少なくする為にこの書を著した意思がよく伝わってきた。古来からの
日本の災害史や地質、歴史文化等様々な角度から資料を掘り起こして提示し
ている。本文の活字は大きく、平易・簡潔で語りかけるような読み易い文章
だ。惜しむらくは、優れた内容の注釈が余りに小さく印刷されている事。日
本に住んでいる人々は、今知らずに何時知ればいいというのか?という現実
的な内容だ。知らずにいると、或る日突然用意も無いまま災害に巻き込まれ
て被害を受けるのだ。当然の事ながら、必読の書。

──────────────────────────────────
【 from Editor's Room / 編集後記 】

日本は、安倍首相夫妻のスキャンダル報道一色になったようだ。国会が、国
民主権が、風前の灯火の異常事態だ。欧州でも様々な問題が噴出しているが
、人々が声を挙げ、マスコミも万全ではないものの相応に報道している。全
てを知っているのに伝えない日本のマスコミが、突如雪崩を打ったように政
権スキャンダルを報じ出したが、首謀者の安倍首相夫妻よりも、財務省を前
面に出して報じる怪しさは感じる。最前線のジャーナリスト達にとっても、
事実を伝える方が使命感と達成感を感じられる筈だが、マスコミ各社上層部
の委縮した思惑が、日本の民主主義を歪める要因の一つになっていると見え
る。日本がまともな社会に向かって方向転換出来るか否か、今が正念場だ。
経済大国日本の在り方が、世界平和に大きな影響力を与える。この事を日本
人は自覚して、時代の責任を負う義務があると思っている。

1) 最近、スイスに暮らすティベット人が、ティベットのパスポートではな
く、中国のパスポートを持つよう義務付けられたという報道があった。亡命
ティベット人にとって、正に恐怖の事態になったであろう事は察して余りあ
る。スイス政府に対する中国政府の圧力が否応なく増して来るのに非常に懸
念を覚える。「文化大革命の犠牲者」とネットで検索したら、犠牲者の数は
4千万人とも1億人とも言われているらしい。文革に関する恐ろしい記述が沢
山ヒットした!習近平の独裁を承認した中国の今後は、一層不気味な存在に
思える。
2) 日本でも過疎地でこうした取り組みが始まっているようだ。官民が知恵
を出して共同体を運営していく新たな時代が来たようだ。こうした取り組み
にAIの出番はなさそうだ。スティーヴン・ホーキンス博士が亡くなる少し前
に、「AIは人類を滅亡に導く」と警告し、イーロン・マスクも「AIは原子爆
弾より恐ろしい」と述べたと報道された。
3) 近年不祥事が多発しているスウェーデン。権威は腐敗し、糊塗する為に腐
敗は更に堅持される一例。 (A.H.)

Japanese translation: Akiko Huerlimann
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【Distribution system/発行システム】Number of readers: 1,313
┃ Subscribe & Unsubscribe / 登録・解除・アドレス変更
★ Melma: http://www.melma.com/backnumber_40438/
★ Mailux: http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=MM49D0B8FB9C4B4
★ Mag2: http://www.mag2.com/m/0000025024.htm & etc.
★ alphapolis: https://www.alphapolis.co.jp/mailmaga/detail/1000129
(メールのプロバイダーが<Bluewin>の場合は、Mag2からの配信が止められ
 ています。gmailとYahoo!メールは配信される事を確認しています。)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★ Issuer/発行元: Thomas Huerlimann & Editors' Group
swiss_news_headlines@bluewin.ch
Copyright (C) 1998-2018 Thomas Huerlimann /
Weekly Swiss News Headlines (WSNH)

★ Only the information source is chosen from Swiss media by Thomas
Huerlimann; the text is written with his own words in German and
English. Editor's group makes Japanese translation.

スイスのメディアから情報のみを厳選し、トーマス・ヒューリマンが自身の
言葉で独語・英語に要約したものに、編集グループが和訳を付けてお届けし
ています。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【 jp-Swiss-journal 】 Sister Mail Magazine
┃ 同じく多言語の投稿エッセー・評論を発行。 Number of readers: 297
★ Melma: http://www.melma.com/backnumber_41022/
★ Mailux: http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=MM49D642ECE442D
★ Mag2: http://www.mag2.com/m/0000044048.htm & etc.
★ alphapolis: https://www.alphapolis.co.jp/mailmaga/detail/1000130
(プロバイダーが<Bluewin>の場合は、Mag2からの配信が止められています。
  gmailとYahoo!メールは配信される事を確認しています。)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-16  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。