語学

基礎から中級へ追いつく英文法

英語の基礎レベルからなかなか抜け出せない方は必読!英語の核になる英文法を少量ずつていねいに学習していきます。ぜひ覚えてほしいポイントは「暗記カード」としてまとめます。目標は大学受験のセンター・中堅私大レベルです。

全て表示する >

『基礎から中級へ追いつく英文法』2018. 3. 1 vol. 135

2018/03/01

◇◇◇◇ もくじ ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
★5文型&前置詞★
1 問題  =^_^=  
2 解説
3 ねこちゃんBBS 姉妹メルマガとHPの紹介
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

=^_^=  おはようございます、『基礎から中級へ追いつく英文法』発行人のねこちゃ
んです。

2018年は毎回5文型2問と前置詞1問という構成です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 問題  =^_^=
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.  There (       ) to be a mansion around here.  ★中級レベル★

昔はこのあたりに大邸宅があった。

空欄に適語を入れなさい。

2.  I may be able to help you with your business, in which case I’ll contact you.
★中級レベル★

和訳しなさい。

3.  He is the right person for the job (       ) that he has a lot of practical experience.  
★基礎レベル★

彼は実地経験が豊富という点でその仕事に適任だ。

空欄に適切な前置詞を入れなさい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 解説  =^_^=
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【   】 → 名詞の働き(名詞句・節) 
《   》 → 形容詞の働き(形容詞句・節) 
(   )   → 副詞の働き(副詞、副詞句・節)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.  There used to be a mansion around here.  ★中級レベル★

昔はこのあたりに大邸宅があった。

「存在」を表すThereで始まっているので、後ろはVSの「倒置」を考えます。a mansion
(大邸宅)がSとすると、日本語の「あった」にあたる部分がVになります。現在と
比べて「昔は〜だった」と「過去の状態」を表すにはused to doを使います。空欄の
後ろのto beがヒントになります。「よく〜したものだ」と「過去の習慣」を表す場合
と違って、動詞はbe動詞か状態動詞に限定されます。

(There) used to be(V) a mansion(S) (around here). 

「存在」のThere is[are]構文(〜がある)と「過去の状態」のused to do(昔は〜だ
った)が合体したThere used to be 〜(昔[以前]〜があった)はフレーズとして記憶
しましょう。Vがseem[appear] (to be)になる構文もあります。

■There used to be 〜
昔[以前]〜があった
There seem(s)[appear(s)] (to be) 〜
〜があるようだ
= It seems[appears] that there is [are] 〜

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

2.  I may be able to help you with your business, in which case I’ll contact you.
★中級レベル★

あなたの仕事を手伝えるかもしれない。その場合は連絡します。

カンマの前までは「あなたの仕事を手伝えるかもしれない。」で問題ないと思います。
また〜, in whichと続くので、whichは関係代名詞の継続用法だと予測はつきます。I’ll
contact youというSVOの前にあるcase(場合)という名詞がポイントになります。
caseは可算名詞で冠詞が必要なはずなのに、ないからです。

whichは前の節全体をOにできます。ここはI may be able to help you with your 
business(あなたの仕事を手伝えるかもしれない。)全体が先行詞ですが、「その場合」
と先行詞の意味をはっきりさせるためにwhichの後に名詞case(場合)を置く構文に
なっています。

I may be able to help you with your business, in which I’ll contact you.

I may be able to help you with your business, in which case I’ll contact you.

in which caseはand in that case(そしてその場合には)と書き換えられます。この
whichは後に名詞が続くので、「関係形容詞」と言われます。

■「関係形容詞」のwhich
継続用法のみ
前の節が先行詞
前置詞+which+名詞
そして[しかし]その〜

    I(S) may be able to help(V) you(O) (with your business), 《in which case 

I’ll contact you.》.


副詞句のイディオムin that case(その場合には)を使えば、次のように2文で表現で
きます。

= I may be able to help you with your business.  In that case I’ll contact you.

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

3.  He is the right person for the job in that he has a lot of practical experience.  
★基礎レベル★

彼は実地経験が豊富という点でその仕事に適任だ。

【that he has a lot of practical experience】(彼は実地経験が豊富ということ)という
that節をOにする前置詞を考えます。日本語の「〜という点で」の「点」は無視しま
しょう。ここは「〜において←〜の中で」から「範囲」を表すinを選択します。

■「範囲」を表す前置詞in
〜において、〜に関して、〜の点で
in that SV 〜
〜という点で、〜なので
= because SV 〜
that節が前置詞のOになる他の例
except that SV 〜
〜を除けば

that節は基本的に前置詞のOになりませんが、少数の前置詞とは結びつきます。in 
that(〜という点で→〜なので)でbecauseという接続詞の働きをしています。

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

今日のまとめ
───────────────────────────────────
5文型&前置詞
■There used to be 〜
昔[以前]〜があった
There seem(s)[appear(s)] (to be) 〜
〜があるようだ
= It seems[appears] that there is [are] 〜
■「関係形容詞」のwhich
継続用法のみ
前の節が先行詞
前置詞+which+名詞
そして[しかし]その〜
■「範囲」を表す前置詞in
〜において、〜に関して、〜の点で
in that SV 〜
〜という点で、〜なので
= because SV 〜
that節が前置詞のOになる他の例
except that SV 〜
〜を除けば
───────────────────────────────────

=^_^= お疲れ様でした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 ねこちゃんBBS  姉妹メルマガとHPの紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次回は4月1日発行予定です。
またねー。 =^_^=

このメルマガについて質問・感想・意見があれば、メールでどうぞ。お待ちしていま
す。↓
eng@butandthen.com


■『基礎から中級へ追いつく英単語・イディオム』 
英語の基礎レベルからなかなか抜け出せない方は必読!基礎から中級レベルで必須の
英単語・イディオムを記憶に残る方法で定着させます。月刊(1日発行)。ぜひ覚えて
ほしいポイントは「暗記カード」としてまとめます。目標は大学受験のセンター・中
堅私大レベルです。
無料。 
http://www.mag2.com/m/0001608200.html
http://mobile.mag2.com/mm/0001608200.html(携帯用)


■ねこちゃんの英語HP
http://butandthen.com/
英語イディオムを様々な方法で整理しています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-15  
最終発行日:  
発行周期:隔週(1日・15日)  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。