語学

基礎から中級へ追いつく英文法

英語の基礎レベルからなかなか抜け出せない方は必読!英語の核になる英文法を少量ずつていねいに学習していきます。ぜひ覚えてほしいポイントは「暗記カード」としてまとめます。目標は大学受験のセンター・中堅私大レベルです。

全て表示する >

『基礎から中級へ追いつく英文法』2015. 12. 15 vol. 84

2015/12/15

◇◇◇◇ もくじ ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
★お知らせ 2016年度の予定★
★準動詞演習(12)★
1 問題  =^_^=  
2 解説
3 ねこちゃんBBS 姉妹メルマガとHPの紹介
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 =^_^=  おはようございます、『基礎から中級へ追いつく英文法』発行人のねこち
ゃんです。7〜12月は「準動詞」のランダムな演習になります。

今日が2015年に続けてきた準動詞演習の最後です。2年間かけて準動詞の学習をし
てきたので、準動詞に関する標準的な文法問題であれば、解ける実力はついたかと思
います。

★お知らせ 2016年度の予定★
2016年は5文型と前置詞の2つがテーマです。
5文型はすでに学習してきた準動詞が文の要素(S, O, C)になることが多いので、理
解しやすいと思います。
前置詞は基本的なイメージを中心に説明していきます。
毎回5文型2問と前置詞1問で、全体で3問という構成は今までと変わりません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 問題  =^_^=
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.  I had my house [paint, painted, to paint] yesterday.

適切な語句を選びなさい。

2.  I want to spend the summer vacation [swim, swimming, to swim].

適切な語句を選びなさい。

3.  It is said that he was a professional baseball player.

HeをSにして書き換えなさい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 解説  =^_^=
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【   】 → 名詞の働き(名詞句・節) 
《   》 → 形容詞の働き(形容詞句・節) 
(   )   → 副詞の働き(副詞、副詞句・節)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.  I had my house painted yesterday.

昨日わが家のペンキを塗ってもらった。

使役動詞haveの問題で、Cには「原形、現在分詞、過去分詞」が考えられます。

my houseという物がOなので、「家がペンキで塗られる」と考えて、過去分詞painted
を選びます。

my house(S) painted(V) (家がペンキで塗られる) OとCは「受動のSV関係」

下に使役動詞haveの構文をまとめておきます。

★haveの構文 Cが原形の場合
have O C(原形)  OにCさせる[してもらう]
= get O C(to do)
OとCは「能動のSV関係」(SがVする)になる。

★haveの構文 Cが現在分詞の場合
have O C(〜ing) OをCさせる
OとCは「能動のSV関係」(SがVしている)になる。

★haveの構文 Cが過去分詞の場合
have[get] O C(過去分詞) OをCしてもらう[させる]  「使役」 有意志
have[get] O C(過去分詞) OをCされる 「受身・被害」 無意志 
OとCは「受動のSV関係」(SがVされる)になる。

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

2.  I want to spend the summer vacation swimming.

泳いで夏休みを過ごしたい。

swimの前に前置詞inが省略されているので、swimmingになります。

★spend O (in) 〜ing 
〜するのにO(時間)を費やす

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

3.  It is said that he was a professional baseball player.

He is said to have been a professional baseball player.

彼はプロ野球選手だったと言われている。

It is said that S’V’ 〜はthat節のS’を文のSにしてS be said to do(〜すると言わ
れている)で書き換えられます。

しかし元の文は文のVとthat節V’の時制がis saidとwasで異なります。この場合
to-不定詞を完了形にするS be said to have 過去分詞(〜したと言われている)で書
き換えます。

★to-不定詞の完了形
It is said that S’V’ 〜
= S be said to do 〜すると言われている
= S be said to have 過去分詞 〜したと言われている
= They[People] say that S’V’ 〜

能動態にするにはThey[People] say that S’V’ 〜で書き換えます。

= They[People] say that he was a professional baseball player. 

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

今日のまとめ
───────────────────────────────────
「準動詞」
★haveの構文 Cが原形の場合
have O C(原形)  OにCさせる[してもらう]
= get O C(to do)
OとCは「能動のSV関係」(SがVする)になる。
★haveの構文 Cが現在分詞の場合
have O C(〜ing) OをCさせる
OとCは「能動のSV関係」(SがVしている)になる。
★haveの構文 Cが過去分詞の場合
have[get] O C(過去分詞) OをCしてもらう[させる]  「使役」 有意志
have[get] O C(過去分詞) OをCされる 「受身・被害」 無意志 
OとCは「受動のSV関係」(SがVされる)になる。
★spend O (in) 〜ing 
〜するのにO(時間)を費やす
★to-不定詞の完了形
It is said that S’V’ 〜
= S be said to do 〜すると言われている
= S be said to have 過去分詞 〜したと言われている
= They[People] say that S’V’ 〜
───────────────────────────────────

=^_^= お疲れ様でした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 ねこちゃんBBS  姉妹メルマガとHPの紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次回は新年1月1日発行予定です。ではよいお年を
またねー。 =^_^=

このメルマガについて質問・感想・意見があれば、メールでどうぞ。お待ちしていま
す。↓
eng@butandthen.com


■『基礎から中級へ追いつく英単語・イディオム』 
英語の基礎レベルからなかなか抜け出せない方は必読!基礎から中級レベルで必須の
英単語・イディオムを記憶に残る方法で定着させます。発行は月2回(1・15日)。
ぜひ覚えてほしいポイントは「暗記カード」としてまとめます。目標は大学受験のセ
ンター・中堅私大レベルです。
無料。 
http://www.mag2.com/m/0001608200.html
http://mobile.mag2.com/mm/0001608200.html(携帯用)


■ねこちゃんの英語HP
http://butandthen.com/
英語イディオムを様々な方法で整理しています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-06-15  
最終発行日:  
発行周期:隔週(1日・15日)  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。