アウトドア

山の話・軟弱登山のすすめ

登山やアウトドア、渓流釣り専門の古本屋「軟弱古書店」店長の山日記。山の行けない休日や雨の日は水割りでも舐めながら山の古書にひたりませんか?新着古書情報もぜひご覧ください。

全て表示する >

軟弱登山番外編 ビーコン以前の雪崩対策

2007/12/17

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[軟弱登山番外編  2007/12/17]

--目次------------------------------------------------------------------

         ◆     1 ビーコン以前の雪崩対策
         ◆     2 山の古本屋軟弱古書店 新着古書
     ◆     3 編集後記
            
------------------------------------------------------------------------

◆ ビーコン以前の雪崩対策

-----------------------------http://blog.livedoor.jp/nanjyakutozan/-----

いよいよ冬山シーズンに入りましたがいきなり北海道での雪崩遭難が起きました。
いろいろ原因はあったようですが、その中で「ビーコン」という機械が救助の
ポイントであったようです。

この機械、割と高価なものでバックカントリーや雪山登山を頻繁にするならまだしも
シーズンに1、2回程度の雪山山行ならあえて購入しない代物でしょう、スノーシュー
なら買ってしまうのにね(笑)。でも、雪上訓練中の事故とのこと、スキー場
でも雪崩事故はよく耳にするので他人事ではありません。「ビーコン」なしで
雪崩対策はないものか、昔の雪崩対策はどういったものだったのでしょう?

手元に「雪崩の世界から」(新田隆三著)という本があります。すぐできそうな
雪崩対策を拾ってみると、「雪崩ひも」です。雪崩で足がすくわれそうになる瞬間
にひもを投げ、救出の際にひもを手繰って救出の機会を広げようというものです。
赤や青の細引きの片方はベルトに、もう片方はカラビナを結わえ思い切り投げるのかな?
次は、流されるときに顔を手で覆うというものです。埋まった時に顔のまわりに
空間を確保し窒息するのを防ぐというものです。ネックにホイッスルでもあれば
それを吹けば音で場所を認識してもらえるのでしょうか?

しかしいずれの方法も流されたときの方法で、予防処置ではないのがこの雪崩の
むずかしさ、怖さでしょうか?

「雪崩の世界から」では、雪崩は人為的なもの、スキーやトラバースなどで発生
することが多いとのことです。予防としては、スキーでもトラバースでも20m
くらいの間隔で移動すること、のようです。雪面に大きな刺激を与えないこと、
間隔を空けて流される人をできるだけ少なくするようです。

どちらにせよ、軟弱登山家としてはこのような悲しい事故があったということを
強く認識すべくだと思いました。

軟弱登山のすすめ
http://blog.livedoor.jp/nanjyakutozan/

------------------------------------------------------------------------

◆山の古本屋軟弱古書店通信 (主な新着古書情報)

---------------------------------------------http://www.yamanohon.jp/--- 

アフリカはきょうも晴れ ピーター・オルワ ヒューマンライク出版局
 http://www.yamanohon.jp/book459.html
評伝今西錦司 本田靖春 山と渓谷社
 http://www.yamanohon.jp/book466.html
はるかなるエヴェレスト W・H・マーリ/山崎安冶訳 二玄社
 http://www.yamanohon.jp/book461.html
自然と山と 今西錦司 筑摩書房
 http://www.yamanohon.jp/book465.html
落ちこぼれてエベレスト 野口健 集英社インターナショナル
 http://www.yamanohon.jp/book463.html
エヴェレスト W・ノイス/浦松佐美太郎訳 文藝春秋新社
 http://www.yamanohon.jp/book462.html
エヴェレスト登頂 ジョン・ハント 朝日新聞社
 http://www.yamanohon.jp/book460.html
エヴェレストへの長い道 エリック・シプトン/深田久弥訳 東京創元社
 http://www.yamanohon.jp/book464.html
山の饗宴 黒田初子 明玄書房
 http://www.yamanohon.jp/book449.html
ヒマラヤ 徳岡孝夫 毎日新聞社
 http://www.yamanohon.jp/book362.html
雪崩の世界から 新田隆三 古今書院
 http://www.yamanohon.jp/book467.html

全目録はこちらからどうぞ。
  http://www.yamanohon.jp/

------------------------------------------------------------------------

◆編集後記

------------------------------------------------------------------------

ここまで読んでいただきありがとうございます。
昔、雪上訓練を何度か受けましたが、そいいえば雪崩の訓練はなかったように
思います。滑落停止と確保、対風姿勢、アイゼンワークなどは記憶にありますが。
もし雪山に出向くなら弱層テストという方法もあるようですが、まずはそのエリア
の雪崩情報をよく分析することをしてみたいものです。

------------------------------------------------------------------------
お問い合わせ ご感想 amenohiwa@yamanohon.jp
------------------------------------------------------------------------
軟弱登山番外編バックナンバーはこちらから
 http://www.melma.com/mag/86/m00039186/
------------------------------------------------------------------------
発行人
 http://www.kyoto-np.co.jp/kp/rensai/net-hito/m/028m.html
------------------------------------------------------------------------
解除はこちらから http://www.melma.com/mag/86/m00039186/
------------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-31  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。