アウトドア

軟弱登山番外編

登山やアウトドア、渓流釣り専門の古本屋「軟弱古書店」店長の山日記。山の行けない休日や雨の日は水割りでも舐めながら山の古書にひたりませんか?新着古書情報もぜひご覧ください。

全て表示する >

軟弱登山番外編Vol.9 〜犬に出くわす恐怖〜

2002/01/24

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
新春いかがおすごしですか?今年も大いに「軟弱登山」しましょう!
軟弱登山番外編もよろしく
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     軟弱登山番外編Vol.9 〜犬に出くわす恐怖〜

 山で動物を見かけることはたまにあります。さる、かもしか、など。
そういえば去年、平湯から乗鞍スカイラインへ車を走らせていたら、
谷から道路へ子熊がのたのたと這い出てきました。スピードを落とし
子熊のあとをゆっくり100mぐらいはなれてついてゆくと、なにも気づ
かずのたのたと歩いていましたが、私の車の気配を感じたのか急に
這い出てきたところから谷へ戻って行きました。まったくユーモラス
で、確かに首のあたりが白くあれは月の輪熊だと思ったりして楽しん
でましたが、車に乗っていればこそ、ユーモラスで済んだ話です。

 火打山へ登った時のこと、天候もよく頂上からの眺望も抜群で、
ご満悦で下山していたのですが、100m先あたりの笹の葉が大きく揺れ
ているのに気づきました。立ち止まり野生人?のように耳を澄まし、
風が吹いたのかと高木の枝を見上げました。が特に異常はなく、笹の
葉も何事もなかったかの如くしんとしてしまいました。注意しながら
歩きはじめて30m位まで近づいた時、今度は明らかに何か大きな動物が
いるように笹の葉が上下に揺れ動きはじめました。熊に違いない、と
覚悟を決めましたが、そこに現れたのは「人間のおっさん」でした。
腹がたつやらほっとするやら、山菜か松茸か知りませんが困ったもの
です。

 昨年八子ケ峰(蓼科山麓)に出かけた折、女神茶屋の駐車場にたど
り着く直前で大型犬に出くわしました。登山者の声と犬がほえるのが
聞こえていましたが、道が90度ほど曲がるところで出会い頭に犬と向
合いました。その場で立ち止まり犬の動きをじっと見るしかなかった
のですが、犬はこちらを一瞥しもと来た道を振り返り、多分飼い主が
来るのをみて、こちらに向かって走り出し、横をすり抜けて行きました。
すぐそのあと、飼い主と思われる60歳前後の男性と女性グループが
「こんにちは!?」とあくまで明るくほがらかにお喋りしながら登って
いきました。

まったく腹がたつやらほっとするやら、困ったものです。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
軟弱登山のすすめ
http://www5b.biglobe.ne.jp/~hh69/
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-31  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。