レシピ

『Bon Vivant』−フランス語とフランス料理−

フランス料理のレシピ・日常会話などをフランス語と日本語訳でご紹介。実生活レベルで、フランスに根付いた「人生を楽しむ」考え方・精神に触れていきます。

全て表示する >

『Bon Vivant』−フランス語とフランス料理−<numero 48>

2004/06/28

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

   『 Bon Vivant 』−フランス語とフランス料理− <numero 48>

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲


ご購読、誠にありがとうございます。

当マガジンでは、フランス料理のレシピを中心に、日常会話や目に止まったエ
ピソードなどをフランス語と日本語訳で紹介していきます。
改まった語学講座や文化比較論という形ではなく、実生活レベルで自然に関心
を持てるようなフランスの在り方に触れていくことがテーマです。

また、マガジンの内容をホームページでも公開しています。
メールマガジンではフランス語特有のアクサン記号が表示されない為、届いた
マガジンの内容によって、単に料理レシピとしてご活用頂いても結構ですし、
原文をきちんと読んで頂く際はホームページをご覧頂ければと思います。
内容に対する興味から、言葉を理解したいという気持ちが生まれることがポイ
ントで、そしてその興味ある内容を正しい言葉でより多く読むことが、言葉の
習得にはとても大切なことですので。
ホームページのアドレスは http://www.donc-t-s.net/bonvivant/ です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Recettes de Cuisine  −レシピ−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本語訳については、あまりに分かりにくいところ以外は、原文と照らし合わ
せてご覧頂けるようになるべく直訳しています。
☆HP対応ページ:
  http://www.donc-t-s.net/bonvivant/recettes/index.htm
         
―――――――――――  Plat du Jour(本日の一皿)――――――――――

       Moules Mariniere / ムール貝のマリニエール
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
バケツ一杯のムール貝を次から次へと平らげる幸せ。これも間違いなく
「幸せ」のひとつの形でしょう。素朴で文句なく美味しいフランスの昔ながら
の"船乗りの料理"「ムール・マリニエール」のご紹介です。

Pour 4 personnes

≪Ingredients≫

2kg de moules
4 echalotes
1 gousse d'ail
1 bouquet garni (laurier, thym, persil)
500 ml de vin blanc sec
2 c. a soupe de persil cisele
50 g de beurre
poivre


≪Recette≫

1. Nettoyer les moules en les grattant. 
   Les laver sous l'eau froide sans les laisser tremper.

2. Peler les echalotes et la gousse d'ail, les hacher finement.

3. Fondre le beurre dans un grand marmite, mettre les echalotes
   et l'ail, verser le vin blanc, et ajouter le bouquet garni. 
   Poivrer genereusement. Laisser bouillir 1 min.

4. Ajouter les moules et les remuer avec une ecumoire. 
   Couvrir et laisser cuire a feu doux jusqu'a ce que les moules
   s'ouvrent. Les retirer alors avec une ecumoire et les reserver
   dans un saladier.

5. Faire reduire de moitie le liquide de cuisson sur feu vif, 
   puis y replonger les moules et le persil cisele. 
   Melanger le temps que les moules se rechauffent, 
   retirer le bouquet garni.

6. Servir aussitot les moules dans la marmite, 
   accompagnees de frites.


=== 和訳 ===

4人分

ムール貝 2kg
エシャロット 4個
にんにく 1かけ
ブーケガルニ 1束
辛口の白ワイン 500ml
刻んだパセリ 大さじ2杯
バター 50g
こしょう

≪作り方≫

1. ムール貝の足ひもを取り、表面を金だわしなどで削るようにして
   細かいゴミを取り、さらに流水できれいに洗う。

2. エシャロットとにんにくの皮を剥き、みじん切りにする。

3. 大きな鍋にバターを敷き、エシャロット・にんにく・白ワイン・
   ブーケガルニを入れ、たっぷりとこしょうをする。
   約1分間煮立たせる。

4. ムール貝を加え、お玉で軽くかき混ぜる。
   蓋をして、弱火でムール貝の殻がが開くまで火を通す。
   殻が開いたら穴の開いたお玉でムールと具だけをボウルにあける。

5. 残った煮汁を強火に掛け、、半分の量になるまで煮詰め、
   ムール貝を戻し、パセリを加える。
   ムール貝が再び温まったらブーケガルニを取り出す。

6. 鍋のまますぐに、フライドポテトを添えてサーブする。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご購読、本当にありがとうございます。

前回の発行から、またまた随分と月日が経ってしまいました。
今、このマガジンをお読みいただいている皆様、本当に
ありがとうございます。

今回は、かなり季節外れではありますが、最近自分が食べたくて
仕方がない料理「ムール貝のマリニエール」をご紹介致しました。
こんなに久しぶりに発行するマガジンで、なんてワガママな。。。
と自分でも思うのですが、こまめに発行できていないからこそ
「自分が本当にお伝えしたい料理を」
「思いついた時に」
ご紹介しなければ!と、なんとも都合の良い焦燥感に駆られ、
今回ご紹介の運びとなりました。

"Moules marinieres"は、直訳すれば「ムール貝の船乗り風」
となりますが、昔から船乗りたちが船の上でチョチョッと
作って食べていた料理と言われています。
本当に「チョチョッと」作れる超簡単料理でありながら
間違いなく美味しい。そして定期的に食べたくなる、そんな
懐かしさを感じさせる素朴な料理です。

ブルターニュ地方からノルマンディー地方の、大西洋に面した
魚介類が豊富な土地の名物料理ですが、フランス中のカフェや
ビストロで食べることが出来ます。
そして注目すべきはその量!バケツと言った方が正しいくらいの
巨大なボウルに一杯のムール・マリニエール、これが1人前。
これを次から次に平らげていく様は圧巻。
こんな豪快で素朴な料理にも「食べ方」というものがあり、
最初のムール貝を食べたら、あとはその殻をトング代わりにして
2つ目以降のムールの身をつまんで口に放り込んでいく。
そして食べ終わった殻はきれいに重ねてかさばらないように。。。
と、まあ、マナーというよりは単に早く効率よく食べる為の
知恵みたいなものでしょうか。

そして、このムール・マリニエールに添えられるのが
"frites(フリット)"と呼ばれる、簡単に言えばフライドポテト。
フリットは元々ベルギーが発祥だと言われていますが、
フランスでもムール・マリニエールにはフリットというのが
定番です。

フライドポテトといえば。。。
フライドポテトの発祥の地であるベルギー人いわく
「フライドポテトにケチャップなんて考えられない!」
フライドポテトにケチャップの組み合わせが好きではない私は、
話の合う相手と味の好みが似ていることを発見した時の
あのなんともいえない喜びに深くうなずき叫びました。
「あなたは正しい!」
続けて、
「フライドポテトにはやっぱり、(塩だよね!)」
と言いかけた時に彼女が言った一言は
「マヨネーズよね!」
「えーーーーっ!」
ベルギーの人がフライドポテトにマヨネーズをつけて食べるのは
かなり有名な話らしいのですが、その時私は知らなかったので
かなりショックだったのです。
そんなのジャガイモに失礼だよ。。。と思いつつ、単に否定して
いたのでは楽しみをひとつ減らすことになるかもと思って
試しにマヨネーズ、つけてみました。やっぱり合わない。。。
でもどこか心に引っかかるものがあって、もしやと思って
マヨネーズを作る時にビネガーをいつもより多めに入れて
みました。そしたら。。。ほーっ!というかんじ。
なかなか悪くない。なんとなくマヨネーズにこだわる気持ちが
分かったような気がして満足。でもそれだけ。何の未練もなく
「塩派」に戻りました。
塩、だろう、普通。
ジャガイモに訊いたら絶対「塩」って言うよね。。。しつこい。

余談が長すぎましたが、そういうわけでムール・マリニエールには
ぜひフライドポテトを添えて欲しいところです。が、容易に想像
できるとおり、この料理にはバゲットも最高に合います。
両方を添えてくれるお店もたくさんあります。
ムール・マリニエールを作った際にはぜひ両方を用意して、
その相性の良さを比べてみてくださいね。

普通、食材は、まるで体が覚えているかのように「旬」の時に
もしくは旬が近づくと決まって食べたくなるものですが、
このムール・マリニエールはなぜか暑いときにふと食べたく
なる時があります。私だけかもしれませんが。

今の時期でも手に入らないことはありませんが、やはり
旬の時期の美味しさにはかなわないと思いますので
ムール貝が出回る季節になったらぜひお試し下さい。
(先が長すぎ?ごめんなさい。)


>> マガジン発行について 
 不定期とはこのこと!といった感じで
 なんとか続けている状態ですが、どんな形であれ発行は
 続けていきます。こんな状態でありながら、いつかまた
 コンスタントに発行できる日が必ず来ると自分ではっきり
 確信しています。
 お付き合いいただいている皆様に心から感謝しながら。。。


今回は以上です。


購読登録内容変更・解除は、
http://www.donc-t-s.net/bonvivant/revue/index.htm よりお願い致します。

※レシピについてのご要望、ご希望の題材などございましたらどんどんお寄せ
 下さい。メールアドレスは bonvivant@donc-t-s.net です。

※当マガジンは等幅フォントにて最適化しています。

※毎回のマガジン発行の前に、ホームページの内容は更新しています。
 http://www.donc-t-s.net/bonvivant/
 もし前回までの内容しか表示されないようでしたら、ブラウザの
 リロード(更新)ボタンを押して下さい。


******************************************
『Bon Vivant』−フランス語とフランス料理− 
 編集・発行 / Donc
 http://www.donc-t-s.net/bonvivant/
 bonvivant@donc-t-s.net
******************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-28  
最終発行日:  
発行周期:隔週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。