投資

カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

早くも800号突破!確定拠出年金、つみたてNISAにも投資信託の【正しい知識】は必須です。ファンドの選び方は?コスト体系は? 投資信託のスペシャリストを自認する独立FPが、ファンドの【基礎】から【実践的な活用法】まで懇切ていねいにレクチャーします!


全て表示する >

投資信託 テッテイ 攻略法(インデックス投資のアイデアは、大学教授が持ってきたの?)

2019/10/10


● シンプル投資、叶えます。●━ 839号 ━━





【カン・チュンドの 投資信託テッテイ攻略法】

             2019/10/10




           読者の皆さま 6,325名


━Let’s learn how to handle mutual funds! ━


夜ぐっすり眠れる資産運用を♪
【しんようFPオフィス】
http://www.sinyo-fp.com/

----------------------------------------------

 100-0006
 東京都千代田区有楽町1-6-3
 ビジョンワークス有楽町1104(イートーシ)
  地下鉄日比谷駅 A4出口すぐ
 JR有楽町駅 日比谷口徒歩3分
 
  TEL 090-3616-1400
<土・日・祝営業。平日21時まで。定休日 火>

─────────────────────────
【1】 今日のメインコンテンツ!
─────────────────────────

インデックス投資のアイデアは、大学教授が持ってきたの?

─────────────────────────
【2】 今週のイチ押しブログ!
─────────────────────────

一般NISAに疲れたら、つみたてNISAに移行しましょう!

─────────────────────────
【3】 今年最後の3ヵ所縦断です!
─────────────────────────
 
「iDeCo」「つみたてNISA」はこう使おう!
 投資の【三重奏】を学ぶセミナー♪

  10月19日(土)in 東京
  11月16日(土)in 東京

  11月23日(祝)in 大阪 ← 今年ラスト
  11月24日(日)in 名古屋 ← 今年ラスト

─────────────────────────
【4】 編集コーキ
─────────────────────────

You Tube で小説を聴く・・

──────────────────────

● こんにちは、カン・チュンドです。

本日も当メールマガジンをお読みいただき、
誠にありがとうございます!

突然ですが、
「メルマ(melma)」を通じて

このメールマガジンをご登録いただいている
そこのあなた。

残念ながら
「メルマ(melma)」は間もなく
サービスを終了いたします。
http://melma.com/contents/service.html

早急に『まぐまぐ』に
登録し直してください!

【コチラ】です。
https://www.mag2.com/m/0000051074.html

● 本メルマガは10月末をもって、
メルマ(melma)への配信を停止いたします。

● ご登録の変更はご本人にしか出来ませんので、
悪しからずご了解くださいませ・・。

━━━━━━━━━━━━━━
□■ インデックス投資のアイデアは、大学教授が持ってきたの?
━━━━━━━━━━━━━━

● 画期的なサービス・商品には、
それが生み出された『遠因』というものがあります。

個人向けインデックスファンドの「誕生」は、
1975年の12月31日ですが、

─バンガード社が
「First Index Investment Trust」と呼ばれる
インデックス・ファンドを設定。─

実はそれ以前に、

インデックス投資の歴史の【1ページ目】を
切り拓いた人たちがいるのです。

----------------------------------------------

● 「学者って?」

学者とは常に現状を疑い、
別の真実がないかを探り当てたい人のこと。 

この『知的好奇心』を発揮したのが、

1970年当時、シカゴ大学教授だった
ユージーン・ファーマさんです。

ファーマさんはこの年、
【効率的市場仮説】として知られる論文を発表しました。

こうりつてきしじょう?
えーっと、それってどんな論文なの?

----------------------------------------------

「株価は
すべての情報をすでに織り込んでいるから、

市場の中であなたが
他者を出し抜こうとしても、
うまく儲けることなんてほとんど出来ないよ。」

ということを謳った論文です。

ホォー。

----------------------------------------------

● あなたは何気に
上記を読まれているかもしれませんが、

1970年当時この文章は、
「センセーショナル」以外の
何ものでもありませんでした。

━━━━━━━━━━━━━━
□■ インデックス投資のアイデアは、大学教授が持ってきたの?
━━━━━━━━━━━━━━

● なぜなら当時は
すべての投資は「アクティブ」であり、

証券会社の予想や
営業マンの意見や、
さまざまな情報をいろいろと仕入れて、

【お宝の銘柄】をうまく見つけて、
市場を出し抜くこと
(=うまく儲けること)は出来るよ!

と宣伝されていたためです。

ファーマさんの論文はひと言でいうと、

他者を『出し抜く投資』に
真っ向から疑問符を投げかけたものでした。

━━━━━━━━━━━━━━
□■ インデックス投資のアイデアは、大学教授が持ってきたの?
━━━━━━━━━━━━━━

● 市場の中で勝つことが
「投資」と思ってきたのに、

もしかすると「市場の平均」も
なかなか手ごわいかもしれない・・。

進取の気性に富んだ人の中には、

1.市場を出し抜くタイプの投資と
2.市場そのものを保有するタイプの投資、

もしかすると「ふたつ」が
存在するかもしれないと思い始めました。

そう、インデックス投資のアイデアは、
アカデミックの分野からやって来たのです。

----------------------------------------------

 閑話休題・・。

----------------------------------------------

● わたしは、
インデックスファンド誕生の根底には、

投資に対する
【多様性の擁護】があると考えます。

(資産運用には
いろいろなスタイルがあってしかるべきだよ
という考え方ですね。)

・・インデックス投資は、
何百年ものあいだ人が株式市場と向き合い、

マーケットを深く知る中で見出された、
投資の「ふたつ目の選択肢」なのです・・。

━━━━━━━━━━━━━━
□■ インデックス投資のアイデアは、大学教授が持ってきたの?
━━━━━━━━━━━━━━

● ところで「理論」が登場すると、
それを実践してみたいと思うのが人の常。

1970年、ウェルズ・ファーゴ銀行の
ジョーン・マックーンは、

世界で初めて市場平均との連動を目指す
商品の開発に乗り出しました。

ジョーン・マックーンは、
シカゴ大学のビジネスマン向けセミナーで、

ファーマさんが提唱した
【効率的市場仮説】について学んでいたとされます。

----------------------------------------------

このときマックーンは、
シカゴ大学内で

同大学のビジネススクールの生徒だった
チャールズ・シュウェイダーと「接点」を持ちます。

(シュウェイダー自身も
効率的市場の理論に関心を持つ学生でした。)

----------------------------------------------

● マックーンから
市場平均との連動を目指す商品
(インデックスファンド)の話を聞いたシュウェイダーは、

大いに興味を持って、
父親に以下のような提言をしたと思われます。

「お父さんの会社の年金運用を、
インデックスでやってみたら?」

実はシュウェイダーという学生は、

旅行カバンで有名な
「サムソナイト」を経営するシュウェイダーさんの
息子さんだったのです!

━━━━━━━━━━━━━━
□■ インデックス投資のアイデアは、大学教授が持ってきたの?
━━━━━━━━━━━━━━

● ファーマさんの論文をきっかけに、

ウェルズ・ファーゴ銀行
→ サムソナイトという「線」が生まれ、

1971年7月、同銀行は
世界初のインデックスファンドを組成しました。

当時の運用元本はおよそ600万USドル。

その目的は、
「サムソナイト」の企業年金の運用でした。

----------------------------------------------

● マックーンのチームは、

ニューヨーク証券取引所に上場する
すべての株式(1,500社)を同じ割合で保有し、
バランスを保とうとしました。

ところが運用の実態は、
まったく【お粗末な】ものだったのです。

全銘柄の組み入れ割合を保つために、
運用チームは頻繁にリ・バランスを繰り返します。

しかし1971年当時、

株式の「売買手数料」はまだ自由化されておらず、
取引コストが想定以上にかかってしまいました。

(結局1973年、
ウェルズ・ファーゴ銀行の運用チームは、

株価指数S&P500との連動を目指す運用に
切り換えることになります。)

━━━━━━━━━━━━━━
□■ インデックス投資のアイデアは、大学教授が持ってきたの?
━━━━━━━━━━━━━━

● 同じく1973 年に、
バートン・マルキールが著書
「ウォール街のランダム・ウォーカー」を出版し、

同書の中で
インデックス投資信託の創設を提唱します。

また75 年には、
チャールス・ エリスが

「フィナンシャル・アナリスト・ジャーナル誌」に掲載した
有名な論文“THE LOSER S GAME”(敗者のゲーム)の中で、

・・「もし運用者が市場に勝てないのであれば、
市場に加わることを考えるべき。
インデックスファンドはその一つの方法だ」・・

と唱えました。

----------------------------------------------

● このような流れの中、

個人投資家向けの
インデックスファンド立ち上げを決意したのが、

バンガード社の創設者、
ジョン・C・ボーグルだったのです。

人に歴史あり。
モノに歴史あり。

どうでしょう、
なかなかにドラマティックでしょ?

あなたが今保有している
インデックスファンドも、

バンガード社のインデックスファンド
「First Index Investment Trust」が謳った、

〇 購入時手数料をゼロとし
〇 運用管理費用も低く抑える。

という『精神』を立派に受け継いでいるわけです。



今日はこれでおしまい。

本日も当メルマガをお読みいただき、
ありがとうございました!!  

  深謝 

----------------------------------------------
■□ 今週のイチ押し ブログ記事 ■□
----------------------------------------------

【一般NISAに疲れたら、つみたてNISAに移行しましょう】

http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-3172.html

開始の時期にかかわらず、
つみたてNISAに資金を投入できる期間を
「20年」確保できるよう改正が為されるかもしれません。

【つみたてNISA延長へ 投資期間20年を確保】(朝日新聞デジタル)
https://www.asahi.com/articles/ASMB652S5MB6ULFA002.html

----------------------------------------------
■□ 投資の三重奏セミナー♪ ■□
----------------------------------------------

「iDeCo」「つみたてNISA」はこう使おう!
  特定口座と合わせた
 投資の【三重奏】を学ぶセミナー♪

 10月19日(土)in 東京
 11月16日(土)in 東京

 11月23日(祝)in 大阪 ← 今年ラスト
 11月24日(日)in 名古屋 ← 今年ラスト

http://www.sinyo-fp.com/seminar/nisa_seminar.html

(個別、具体的な質問を
 ぜひぜひご用意くださいませ!)

○○○○○○○○○○○○○○

【編集コーキ】

あなたは
You Tube をどんなふうに活用されていますか?

わたしは最近、『朗読』に凝っています。

えっ?
You Tubeで
芥川龍之介の短編小説を聴くのです。

なかでもお気に入りは、
芥川龍之介の「杜子春」

https://www.youtube.com/watch?v=Hh2CKdxInqo

この方のナレーションが
なんとも味わい深いのです・・。

○○○○○○○○○○○○○○

◆ 当オフィスのミッション(使命)◆

老後に不安を抱える
30〜50代のビジネスパーソンに向け、

LDL(長期・分散・低コスト)を旨とした
資産運用の方法論をお伝えし、
その実践を長きにわたって支援していくこと。

○○○○○○○○○○○○○○

◆ 当メールマガジンの【解除】を希望される方は
下記ページの「購読解除」から、

最初に登録された
「メールアドレス」をご入力くださいませ。

【まぐまぐ】http://www.mag2.com/m/0000051074.html
【メルマ】 http://melma.com/backnumber_38160/

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

しんようFPオフィス
シンプル投資、叶えます。
http://www.sinyo-fp.com/

☆ ブログを毎日更新中!
http://tohshi.blog61.fc2.com/

☆ ツイッターも毎日更新中!
https://twitter.com/4649kang

 100-0006
 東京都千代田区有楽町1-6-3
 ビジョンワークス有楽町1104(イートーシ)
 TEL 090-3616-1400
(土・日・祝営業。平日21時まで。定休日 火)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

【カン・チュンドのプロフィール】はコチラです。
http://www.sinyo-fp.com/sinyo_fp/profile.html

【代表カンの5冊の著書】はコチラ!
http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_8a.html

【無料動画】⇒ 投資信託・ハテナ?
http://www.youtube.com/user/12345kang

【当オフィスの投資ポリシー1〜16】はコチラです。
http://www.sinyo-fp.com/sinyo_fp/policy.html

--------------------------------------------------

しんようFPオフィスは
金融商品の販売・斡旋に一切関与していない
 完全独立のファイナンシャルプランナー事務所です。

----------------------------------------------------

【発行部数】まぐまぐ  6050部  メルマ 275部 

  /\☆ カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法 839号

 / \    
 / \    
~~‖~~      
 ‖ 

  賢いとは、多くのことを
  知っている人ではなく、

  大事なことを
  知っている人をいうのだ

    アイスキュロス

------------------------------------------------

■ 発行者 【しんようFPオフィス】代表
  カン・チュンド(姜 忠道)
  http://www.sinyo-fp.com/


【ご注意】

当メールマガジンは、情報の提供を目的としたもので、特定の株式・投資信
託の購入、また特定のポートフォリオを推奨するものではありません。 
提供する情報については主観の要素を含んでおり、その完全性を保証するも
のではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、
当事務所、また私個人がその責任を負うものではありません。 投資のご判
断は、皆さんご自身の責任でなさるようお願いします。

Copyright(C)SINYO FP OFFICE All rights reserved

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。