投資

カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

早くも800号突破!確定拠出年金、つみたてNISAにも投資信託の【正しい知識】は必須です。ファンドの選び方は?コスト体系は? 投資信託のスペシャリストを自認する独立FPが、ファンドの【基礎】から【実践的な活用法】まで懇切ていねいにレクチャーします!


全て表示する >

投資信託 テッテイ 攻略法(先週、コンサルティングの現場でいただいた3つの質問!)

2019/01/24

● シンプル投資、叶えます。●━ 811号 ━━


              


【カン・チュンドの 投資信託テッテイ攻略法】

             2019/01/24





         読者の皆さま 6,325名


━Let’s learn how to handle mutual funds! ━

インデックス・ファンドで
やさしい投資を実現するお手伝い♪

【しんようFPオフィス】
http://www.sinyo-fp.com/

----------------------------------------------

【オフィスを移転いたしました。】

 100-0006
 東京都千代田区有楽町1-6-3
 ビジョンワークス有楽町1104(イートーシ)
  地下鉄日比谷駅 A4出口すぐ
 JR有楽町駅 中央西口徒歩4分
 
  TEL 090-3616-1400
<土・日・祝営業。平日21時まで。定休日 火>

─────────────────────────
【1】 今日のメインコンテンツ!
─────────────────────────

★ 先週、コンサルティングの現場でいただいた3つの質問!


─────────────────────────
【2】 今週のイチ押しブログ記事
─────────────────────────

★『わたしが加入している生命保険』

 貯蓄&運用資産を増やすことも立派な保険?

─────────────────────────
【3】 セミナー情報
─────────────────────────

2月24日(日)『ファンド特化コース』  in 東京
3月17日(日)『投資の三重奏セミナー』 in 長野 
 
─────────────────────────
【4】 編集コーキ!
─────────────────────────

〜昭和歌謡曲・奇譚〜

長い夜(松山千春)VS.夢の中へ(井上陽水) 

──────────────────────

● こんにちは、カン・チュンド です。

 〜寒中お見舞い申し上げます。〜

くれぐれもお風邪には気をつけてくださいね。

さて、本日1月24日は
ちょっと長いのですが、

『郵便制度施行記念日』なのだそう。

(郵便規則が制定された日!)

最初は
「郵便」の意味がよく分からず、
電線に手紙をくくり付ける人もいたのだとかw

そういえばわたしは
どうやってこの「メール」が
あなたのもとに届くのか、

いまだに
そのメカニズムが分かっていません(-_-;)

----------------------------------------------

【お知らせ】

生まれて初めて
『長野』で単独セミナーを開催します!

  3月17日(日)in 長野     

『iDeCo、つみたてNISAはこう使おう!』
特定口座と合わせた 投資の【三重奏】を学ぶセミナー♪

http://www.sinyo-fp.com/seminar/nisa_seminar.html

(場所は長野市生涯学習センターです。
 道路をはさんだ真向かいに駐車場も完備!)

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 先週、コンサルティングの現場でいただいた3つの質問!
━━━━━━━━━━━━━━

● 個別コンサルティングは
わたしにとって『発見の宝庫』です。

たまたま先週は
面談が相次いだため、

その中から
「3つの質問」をご紹介したいと思います。

その1)「カンさん!

投資信託の純資産額は増えているのに、
基準価格が下がるのはなぜですか?教えてください。

----------------------------------------------

【アンサー!】

えー、ファンドの純資産額と
ファンドの価格の推移は
「まったく別物」です。

ファンドの【純資産額】は
単にファンドの『大きさ』を示します。

たとえば、1月度、
たくさん人がそのファンドを買付け
100億円の資金流入があり、

ファンドの【純資産額】が膨れ上がったとしても、

運用会社さんが
【上手に運用できていなければ】、

『基準価格』が上がることはありません・・。

----------------------------------------------

● 逆に、資金流入より
資金の流出が多くなっても、

(結果、純資産額が減っても、)

ファンドの【運用】がうまくいっていれば、
『基準価格』は上がります・・。

つまり、
純資産額と、基準価格は、
必ずしも【リンク】するものではないのです。

----------------------------------------------

(ただし、、
純資産額がある程度大きいほうが、

効率的な運用がしやすくなる、
ということはありますよ・・(^^;)

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 先週、コンサルティングの現場でいただいた3つの質問!
━━━━━━━━━━━━━━

その2)「カンさん!
『大和住銀 短期豪ドル債オープン』を
ずっと持っています。

最初に1000万円ほど買ってしまって、
基準価格はどんどん下がるので
何度も売ろうかと思ったのですが、

モーニングスターで
優秀ファンド賞も受賞しているし、

信託報酬は年1%未満で
そんなに高くないし、

でも分配金はもう、
ずっーと特別配当(元本払戻金)なんです。

今売ると損が確定するし、

でもこのまま持っていても
さらに下がるのでは?と心配です。

どうぞ適切な方法を教え下さい。」

----------------------------------------------

【アンサー!】

「大和住銀 短期豪ドル債オープン」
さっき見ましたら、

基準価格が
3525円まで下がっていますね(1月23日)

もう、どんどん自分の元本から
「分配金」をもらっている状況ですから、

毎月分配型ファンドの
「末期症状」に近いと思います。

(分配金を月15円、
ないし10円に減配する日も
そう遠くはないでしょう・・)

ただ、

このファンドを売れば
「問題解決!」ということではなくて、

----------------------------------------------

そもそも貴方が
これから先『どんな運用がしたいのか?』

ココがもっとも重要です。

----------------------------------------------

● さきほど、

─ 今売ると損が確定するし、─

という言葉がありましたが、

この先、

どんな資産運用をしたいかが
(もし)明確なら、

別に損が
確定してしまうわけではないのです。

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 先週、コンサルティングの現場でいただいた3つの質問!
━━━━━━━━━━━━━━

● なぜなら、

1.『大和住銀短期豪ドル債オープン』から、
2.『あるべき運用・あるべき投資信託』への

【引っ越し】を
すぐさま行うことになるためです。

これは、
このメルマガ読者の
「ほとんどの人」に当てはまると思いますが、

〇 これまでの資産運用の【期間】より、
〇 これから先の【運用期間】のほうが
ずっと長いはず!

----------------------------------------------

● もし、今の運用のカタチ、
保有している投資信託が
自分にふさわしくないと感じているなら、

できるだけ早く、

『あるべき運用・あるべき投資信託』への
【引っ越し】を行うべきではないでしょうか?

ここはちょっと哲学的に言いましょう。

〇 あなたは
過去の自分の行動に縛られますか?

〇 それとも
これから先の、
未来の行く道を重視しますか?

ココ、重要な【選択の分かれ目】ですよ。

----------------------------------------------

● ちなみに
『大和住銀短期豪ドル債オープン』の分配金は、

2015年の初頭から見ると、

70円、50円、30円、20円というふうに
下がってきています。

(くり返しになりますが、
毎月分配型ファンドの「末期症状」に近いのです)

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 先週、コンサルティングの現場でいただいた3つの質問!
━━━━━━━━━━━━━━

その3)「カンさん!
ソニー生命で変額保険を勧められています。
保険料は月1万8千円ほどです。

なんでも
世界株式型の運用成績がスゴいらしくて、
投資信託の積立てよりもよいのではないかなあ、と。

どうなんでしょうか?」

----------------------------------------------

【アンサー!】

はい、ソニー生命「変額保険」の相談は
たびたび受けています。

でも、ここは冷めた視点で
よーく考えてみませんか?

----------------------------------------------

● 貴方はとある休日、

「ラーメンを食べたい」と思い、
「ラーメン屋」に行きます。

でもそこでは
「ラーメン」だけ単品では売っておらず、

いつも「ガトーショコラ」とセットで
注文しないとダメなんです。

えっ!?

----------------------------------------------

「ラーメン」プラス「ガトーショコラ」でしか、
売っていないわけです。

----------------------------------------------

「あのー、
ワタシが食べたいのは、ラーメンだけなの!」

----------------------------------------------

と叫んでも、

そもそも『変額保険』という商品は、

ラーメン(資産運用)と
ガトーショコラ(死亡保障)を
組み合わせた商品です。

----------------------------------------------

● たしかにラーメン自体は
美味しいかもしれませんが、

貴方はいつも、

「ラーメン」プラス「ガトーショコラ」の
【料金】を支払わないといけません・・。

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 先週、コンサルティングの現場でいただいた3つの質問!
━━━━━━━━━━━━━━

● 変額保険という商品は、

【死亡保障】というニーズ
【資産運用】というニーズ

ほんらい
まったく違う方向のニーズを

無理やり「ひとつの箱」に入れているため、
『費用』が割高になってしまいます。

しかも、

生命保険会社が作っている
保険商品であるため、

あなたがいったい年間に
どれだけ『トータル費用』を払っているかが
見えてきません・・(-_-;)

⇒ でも、ソニー生命さんにとっては?

ふたつのニーズを
ひとつの箱の中に入れているため、

多くの『保険料』をもらえますよね?

----------------------------------------------

● ラーメンが食べたければ、
ラーメン屋に行く。

ですよね?

【資産運用】でお金を増やしたいなら、
そのニーズに特化した

【投資信託】というツールを買う。

これがベストです。


今日はこれでおしまい!

本日も当メールマガジンをお読みいただき、
ありがとうございました!!  

    深謝。

----------------------------------------------

★ 当メルマガ【バックナンバー】はこちらからどうぞ!
  https://archives.mag2.com/0000051074/

----------------------------------------------

■□ 今週のイチ押し☆記事!! ■□

 〜当オフィスのブログ記事より。〜

★ 【わたしが加入している生命保険】

 貯蓄&運用資産を増やすことも立派な保険ですよ。

http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-2931.html

----------------------------------------------

 _/\/\/\/\/\_
 \         /
 < 2月24日(日)は マネ缶スクール【ファンド特化コース】
 /          \
  ̄|/\/\/\/\/ ̄

〇 ファンド特化コースって?

iDeCo、つみたてNISAにも
投資信託の【正しい知識】は必須!

当コースでは1日かけて
「投資信託の用語」「ファンドの数字の見方」
「レポート」「運用報告書」の読み方を学びます。
 
http://www.sinyo-fp.com/seminar/course_f.html

(東京・大井町「きゅりあん」第4講習室です!)

----------------------------------------------

 ■□ マネ缶スクール(3時間コース) □■

  3月17日(日)in 長野 13:30 〜 16:30   

『iDeCo、つみたてNISAはこう使おう!』
特定口座と合わせた 投資の【三重奏】を学ぶセミナー♪

http://www.sinyo-fp.com/seminar/nisa_seminar.html

 iDeCo、つみたてNISAの特徴を理解し、
 通常の口座(特定口座)と合わせた
 「3つの入口」の賢い活用法を伝授いたします。

----------------------------------------------

■□ 1回の相談で、10年の安心を。 □■

 18年間の実績!
 1,000名を超えるお客様と細─く長─いお付き合い。

 【コンサルティング専科】の詳細はコチラ!

http://www.sinyo-fp.com/consulting/index.html

 (スカイプ、お電話でのご相談も受付中)

○○○○○○○○○○○○○○

【編集コーキ】

松山千春の歌も、
初期の井上陽水の歌も、

どちらかというと「短調」で
もの悲しい雰囲気が漂います。

が、
その中で(めずらしく)
明るい曲調の歌が

長い夜(松山千春)と
夢の中へ(井上陽水)なのです。

どちらもエレキギターが
「陽」の空気を醸し出してくれています。

(なんでも「夢の中へ」は、
井上陽水のお父様が亡くなられた直後に
作られた曲なのだそう・・。

吹っ切れた「明るさ」なのですね)

○○○○○○○○○○○○○○

■  当メールマガジンの【解除】を希望される方は
  下記ページの「購読解除」から、

最初に登録された
「メールアドレス」をご入力くださいませ。

【まぐまぐ】http://www.mag2.com/m/0000051074.html
【メルマ】 http://melma.com/backnumber_38160/

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

しんようFPオフィス
シンプル投資、叶えます。
http://www.sinyo-fp.com/

☆ ブログもがんばって更新中!
http://tohshi.blog61.fc2.com/

【事務所移転いたしました。】

 100-0006
 東京都千代田区有楽町1-6-3
 ビジョンワークス有楽町1104(イートーシ)
 TEL 090-3616-1400
(土・日・祝営業。平日21時まで。定休日 火)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

【カン・チュンドのプロフィール】はコチラです。
http://www.sinyo-fp.com/sinyo_fp/profile.html

【代表カンの5冊の著書】はコチラ!
http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_8a.html

【無料動画】⇒ 投資信託・ハテナ?
http://www.youtube.com/user/12345kang

【当オフィスの投資ポリシー1〜16】はコチラです。
http://www.sinyo-fp.com/sinyo_fp/policy.html

--------------------------------------------------

しんようFPオフィスは
金融商品の販売・斡旋に一切関与していない
 完全独立のファイナンシャルプランナー事務所です。

----------------------------------------------------

【発行部数】まぐまぐ  6050部  メルマ 275部 

  /\☆ カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法 811号
 / \    
 / \    【バックナンバー】はこちらからどうぞ!
~~‖~~      https://archives.mag2.com/0000051074/
 ‖ 

  賢いとは、多くのことを
  知っている人ではなく、

  大事なことを
  知っている人をいうのだ

    アイスキュロス

------------------------------------------------

■ 発行者 【しんようFPオフィス】代表
  カン・チュンド(姜 忠道)
  http://www.sinyo-fp.com/

■ 当オフィスのミッション

日本のビジネスパーソンに、
【やさしい投資】【続けやすい投資】を
お伝えすること!


【ご注意】

当メールマガジンは、情報の提供を目的としたもので、特定の株式・投資信
託の購入、また特定のポートフォリオを推奨するものではありません。 
提供する情報については主観の要素を含んでおり、その完全性を保証するも
のではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、
当事務所、また私個人がその責任を負うものではありません。 投資のご判
断は、皆さんご自身の責任でなさるようお願いします。

Copyright(C)SINYO FP OFFICE All rights reserved

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。