投資

カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

早くも800号突破!確定拠出年金、つみたてNISAにも投資信託の【正しい知識】は必須です。ファンドの選び方は?コスト体系は? 投資信託のスペシャリストを自認する独立FPが、ファンドの【基礎】から【実践的な活用法】まで懇切ていねいにレクチャーします!


全て表示する >

投資信託 テッテイ 攻略法(投資信託のトータルコストを知るなら、運用報告書で!)

2019/01/17

● シンプル投資、叶えます。●━ 810号 ━━


              


【カン・チュンドの 投資信託テッテイ攻略法】

             2019/01/17





         読者の皆さま 6,325名


━Let’s learn how to handle mutual funds! ━

インデックス・ファンドで
やさしい投資を実現するお手伝い♪

【しんようFPオフィス】
http://www.sinyo-fp.com/

----------------------------------------------

【オフィスを移転いたしました。】

 100-0006
 東京都千代田区有楽町1-6-3
 ビジョンワークス有楽町1104(イートーシ)
  地下鉄日比谷駅 A4出口すぐ
 JR有楽町駅 中央西口徒歩4分
 
  TEL 090-3616-1400
<土・日・祝営業。平日21時まで。定休日 火>

─────────────────────────
【1】 今日のメインコンテンツ!
─────────────────────────

★ 投資信託のトータルコストを知るなら、運用報告書で!


─────────────────────────
【2】 今週のイチ押しブログ
─────────────────────────

★ 当オフィスのブログ記事より。

『カンさん、どのファンドから換金していくのですか?』

 んー、ちょっと発想を変えてみませんか。

─────────────────────────
 1月26日 第98回 スタンダードコース
 2月24日 第43回 ファンド特化コース
─────────────────────────
 
〇 スタンダードコースって?

「お金の整え方」「感情リスク」
「資産形成の土台作り」を学びます。

〇 ファンド特化コースって?

「投資信託の用語」「ファンドの数字の見方」
「レポート」「運用報告書」の読み方を学びます。
 
─────────────────────────
【4】 編集コーキ!
─────────────────────────

よく道を聞かれるのです・・(JR有楽町駅にて) 

──────────────────────

● こんにちは、カン・チュンド です。

いつも思うのですが、

投資信託って
保険商品と比べて、

5倍くらい【情報開示】をしてくれています。

特に『数字』の部分について、
きちんと 明示 してくれているのです。

----------------------------------------------

たとえば・・、

あなたがプルデンシャル生命の
ドル建て個人年金保険を買ったとします。

ストライプスーツを着た
ライフプランナーに、

いったいどれくらいの
【手数料】を払うことになるか、
あなたには分かりますか・・?

----------------------------------------------

「いいえ、わかりません。」

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 投資信託のトータルコストを知るなら、運用報告書で!
━━━━━━━━━━━━━━

● 一方、

明日のお昼休みに、
みずほ銀行に行って、

(決して↑ おススメしているわけではありませんが!)

『メディカル・サイエンス・ファンド』(愛称:医療の未来)
を行員の人から勧められて買ったら、

(買っては ↑ ダメですよ。)

みずほ銀行さんに、

いったいどれくらいの
【手数料】を払うことになるのか、

あなたには分かりますか・・?

----------------------------------------------

【はい、分かります!】

----------------------------------------------

● ちなみに、

メディカル・サイエンス・ファンドの
購入時手数料は3.24%。

運用管理費用は、
年1.944% です。

ほら、
ちゃんと『明示』してくれています。

(ただし、↑ 買ってはダメですが・・)

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 投資信託のトータルコストを知るなら、運用報告書で!
━━━━━━━━━━━━━━

● ここからが「本題」!

投資信託の【コスト体系】は
インターネット上で、

誰でも無料で見られます。

『メディカル・サイエンス・ファンド』
http://www.am-one.co.jp/fund/summary/313556/

これって素晴らしいこと!

(逆の言い方をすると、

保険商品の情報開示の姿勢が、
「いかに遅れているか」という証左です。

まるで19世紀的!!

----------------------------------------------

● あっ、ごめんなさい・・

わたくし先ほどの説明で、
ちょっと手抜きをしていました(-_-;)

実は、
投資信託を買って、

継続的にかかってくるコストは、
【運用管理費用】だけではありません。

実は、他にもいろいろと
「けいぞくコスト」はかかってくるのです。

えっ!?

----------------------------------------------

⇒ あなたがその投資信託を
持ち続けて、

1年間でどれくらいの
【けいぞく手数料】を
払っているかを知るためには、

★【年間のトータルコスト】を
%(パーセント)で知る必要があります!

----------------------------------------------

実は、

【運用管理費用】+【プラスアルファの諸費用】
 =【年間トータルコスト】なのです!

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 投資信託のトータルコストを知るなら、運用報告書で!
━━━━━━━━━━━━━━

● 「カンさん、その
年間トータルコストって、どこで見るの?」

はい【運用報告書】です。

----------------------------------------------

「うんよう・ほうこくしょ」とは、
決算ごとに出される、

投資信託の
『全行動記録のレポート』のこと。

実は運用報告書って
ふたつに分かれるのです。

○【交付運用報告書】と
○【運用報告書(全体版)】です。

ふつうの人は、
【交付運用報告書】を見るだけで十分でしょう。

----------------------------------------------

● 私たちが知っておかないといけない
【年間トータルコスト】も、

【交付運用報告書】にちゃんと載っており、

なんと
『パーセント』で確認できます!

(保険商品とは大違い。)

----------------------------------------------

★ 「えー、カンさん。
その交付運用報告書って、どこで見るの?」

はい、そのファンドを作っている
『運用会社さんのサイト』です。

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 投資信託のトータルコストを知るなら、運用報告書で!
━━━━━━━━━━━━━━

● 【具体例】を挙げてみましょう。

【フィデリティ・欧州中小型株・オープン】
Aコース(為替ヘッジ付き)/Bコース(為替ヘッジなし)の、

【交付運用報告書】はコチラ!
(注:PDFファイルです)

http://www.fidelity.co.jp/static/fund-document/212001_212002/report/annual/EUS_AB_K_0615.pdf

上記2ページを見ていただくと、
『1万口当たりの費用明細』と載っていますね。

ここでは、
「Aコース(為替ヘッジ付き)」のほうを
例に挙げましょう。

----------------------------------------------

★ たとえば、
(a)信託報酬  149円  0.748%

というふうに、

ちゃんと
【金額ベース】と【比率・パーセント】の、

両方が載っています!
(これは分かりやすい。)

----------------------------------------------

「えっ、でも、カンさん。
信託報酬(運用管理費用)0.748%って、

安くないですか?

これって、アクティブファンドでしょ。」

----------------------------------------------

● あっ、失礼!
ココ、皆さん、注意してくださいね。

当該ファンドは、
【6ヶ月に1回、決算を行っている】ファンドなのです。

----------------------------------------------

★ ちゃんと、

─第38期
2014年12月2日〜2015年6月1日 項目の概要─

って書いてありますね。

すなわち、
この0.748%って、

「6ヶ月間の数字」なのです。

----------------------------------------------

⇒ なので、年率で
【運用管理費用】をイメージするためには、

 0.748% × 2 = 1.496%
 としてあげないといけません!

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 投資信託のトータルコストを知るなら、運用報告書で!
━━━━━━━━━━━━━━

● 実際は、

決算日の
【1万口当たりの値段】(=基準価格)で

信託報酬(運用管理費用)を
出しているわけではなく、

期中(この場合は6か月間)の、
【平均の】基準価格に基づいて
出しているのですよ・・。

----------------------------------------------

● 【フィデリティ・欧州中小型株・オープン】
Aコース(為替ヘッジ付き)/Bコース(為替ヘッジなし)の

【交付運用報告書】
http://www.fidelity.co.jp/static/fund-document/212001_212002/report/annual/EUS_AB_K_0615.pdf

もうひとつ、
注目して欲しいのは、

信託報酬(運用管理費用)の
【取り分】です!

とりぶん??

----------------------------------------------

● 信託報酬(運用管理費用)って、

○ 運用会社と
○ 販売会社と、
○ 受託会社(信託銀行)の「3社」で、

分け合っています。

その【取り分】も、
ちゃんと運用報告書で
開示してくれているのです!

(投信会社) (71) (0.356)

(販売会社) (68) (0.343)

(受託会社) (10) (0.049)

----------------------------------------------

● いいですか・・、

左側の数字が『金額ベース』、
右が『比率・パーセント』を示しています。

こうやって見てみると、

販売会社って、
けっこう【取り分】が多いと思いませんか?

(※ 投信会社とは運用会社のことです)

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 投資信託のトータルコストを知るなら、運用報告書で!
━━━━━━━━━━━━━━

● さあ、
さらに続けてご覧ください。

(b)売買委託手数料 25  0.127

(株式)      (21)(0.103)
(投資信託受益証券)(4)(0.020)
(投資証券)    (1)(0.004)

ん?

<これは、↑いったい何でしょう?>

そうです、

投資信託が
株式などを売り買いするとき、

【売買手数料】を支払っていますが、

あれって全部、
私たちファンド保有者が負担しているのですよ!

----------------------------------------------

● これも、

左側が『金額ベース』、
右側が『比率・パーセント』です。

さらにさらに・・、

(c)有価証券取引税 58  0.289
(d)その他費用   11  0.054

これらも、
【けいぞくコスト】としてかかっています。

当該ファンドは、
ヨーロッパの株式を組み入れているので、

『有価証券取引税』という
税金がかかる国もあるのです。

----------------------------------------------

(d)のその他費用 には、

有価証券の保管や、
資金の移転などのための「保管費用」

監査法人に支払う「監査費用」、
法定書類の作成、提出等にかかる費用などが
含まれています。

(けっこういろいろかかるんですね!)

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 投資信託のトータルコストを知るなら、運用報告書で!
━━━━━━━━━━━━━━

● とにもかくにも、

【交付運用報告書】
http://www.fidelity.co.jp/static/fund-document/212001_212002/report/annual/EUS_AB_K_0615.pdf

2ページで確認すべきは、

Aコース(為替ヘッジ付き)

合計 243  1.217
のところです。

そう、
この合計こそが
【トータルコスト】という意味。

243円 1.217% ですね。

----------------------------------------------

1.217% × 2 = 2.434%
ですから、

なんと、
当該ファンドAコース(為替ヘッジ付き)の
所有者は、

年間で 2.434%の
【トータルコスト】を
負担しているイメージなのです。

----------------------------------------------

「えっ、だれが負担しているの?」

私たちファンド保有者ですよ!



今日はこれでおしまい!

本日も当メールマガジンをお読みいただき、
ありがとうございました!!  

    深謝。

----------------------------------------------

★ 当メルマガ【バックナンバー】はこちらからどうぞ!
  https://archives.mag2.com/0000051074/

----------------------------------------------

■□ 今週のイチ押し☆記事!! ■□

 当オフィスのブログ記事より。

【カンさん、どのファンドから換金していくのですか?】

 答え)すべてのファンドを
   少しずつ「つまみ食い」していくのです。

http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-2926.html

----------------------------------------------

 ■□ マネ缶スクール(1日コース) □■

 1月26日(土)第98回【スタンダードコース】
 
 〇 スタンダードコースって?

「お金の整え方」「感情リスク」
「資産形成の土台作り」を学びますよ。

http://www.sinyo-fp.com/seminar/course_s.html

 2月24日(日)第43回【ファンド特化コース】

 〇 ファンド特化コースって?

「投資信託の用語」「ファンドの数字の見方」
「レポート」「運用報告書」の読み方を学びますよ。

http://www.sinyo-fp.com/seminar/course_f.html

----------------------------------------------

■□ 1回の相談で、10年の安心を。 □■

 18年間の実績!
 1,000名を超えるお客様と細―く長―いお付き合い。

 【コンサルティング専科】の詳細はコチラ!

http://www.sinyo-fp.com/consulting/index.html

 (スカイプ、お電話でのご相談も受付中)

○○○○○○○○○○○○○○

【編集コーキ】

JR有楽町駅を出ると、
(曜日にもよりますが)

多くの外国人観光客に出くわします。

中には「周辺図」を見て、
あるいは自分のスマホを眺めながら、
途方に暮れている人もいます。

道を聞かれるパターンで
いちばん多いのは

「地下鉄の日比谷駅ってどこ?」

たしかに
JR有楽町駅からは
分かりにくいですよね。

そんなときは「フォローミー、プリーズ」と言って、
一緒に歩いて地下鉄の入口まで行きます(^^;

もっと標識や
見やすい「周辺図」を
整備する必要がありそうですね。

(何しろ来年はオリンピックなのですから・・)

○○○○○○○○○○○○○○

■  当メールマガジンの【解除】を希望される方は
  下記ページの「購読解除」から、

最初に登録された
「メールアドレス」をご入力くださいませ。

【まぐまぐ】http://www.mag2.com/m/0000051074.html
【メルマ】 http://melma.com/backnumber_38160/

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

しんようFPオフィス
シンプル投資、叶えます。
http://www.sinyo-fp.com/

☆ ブログもがんばって更新中!
http://tohshi.blog61.fc2.com/

【事務所移転いたしました。】

 100-0006
 東京都千代田区有楽町1-6-3
 ビジョンワークス有楽町1104(イートーシ)
 TEL 090-3616-1400
(土・日・祝営業。平日21時まで。定休日 火)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

【カン・チュンドのプロフィール】はコチラです。
http://www.sinyo-fp.com/sinyo_fp/profile.html

【代表カンの5冊の著書】はコチラ!
http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_8a.html

【無料動画】⇒ 投資信託・ハテナ?
http://www.youtube.com/user/12345kang

【当オフィスの投資ポリシー1〜16】はコチラです。
http://www.sinyo-fp.com/sinyo_fp/policy.html

--------------------------------------------------

しんようFPオフィスは
金融商品の販売・斡旋に一切関与していない
 完全独立のファイナンシャルプランナー事務所です。

----------------------------------------------------

【発行部数】まぐまぐ  6050部  メルマ 275部 

  /\☆ カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法 810号
 / \    
 / \    【バックナンバー】はこちらからどうぞ!
~~‖~~      https://archives.mag2.com/0000051074/
 ‖ 

  賢いとは、多くのことを
  知っている人ではなく、

  大事なことを
  知っている人をいうのだ

    アイスキュロス

------------------------------------------------

■ 発行者 【しんようFPオフィス】代表
  カン・チュンド(姜 忠道)
  http://www.sinyo-fp.com/

■ 当オフィスのミッション

日本のビジネスパーソンに、
【やさしい投資】【続けやすい投資】を
お伝えすること!


【ご注意】

当メールマガジンは、情報の提供を目的としたもので、特定の株式・投資信
託の購入、また特定のポートフォリオを推奨するものではありません。 
提供する情報については主観の要素を含んでおり、その完全性を保証するも
のではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、
当事務所、また私個人がその責任を負うものではありません。 投資のご判
断は、皆さんご自身の責任でなさるようお願いします。

Copyright(C)SINYO FP OFFICE All rights reserved


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。