投資

カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

早くも800号突破!確定拠出年金、つみたてNISAにも投資信託の【正しい知識】は必須です。ファンドの選び方は?コスト体系は? 投資信託のスペシャリストを自認する独立FPが、ファンドの【基礎】から【実践的な活用法】まで懇切ていねいにレクチャーします!


全て表示する >

投資信託 テッテイ 攻略法(祝!おかげさまで800号です!! 32歳 → 50歳に(^^;)

2018/10/18

● シンプル投資、叶えます。●━ 800号 ━━




【カン・チュンドの 投資信託テッテイ攻略法】

             2018/10/18


   祝! おかげさまで800号(^^)



           読者の皆さま 6,325名


━Let’s learn how to handle mutual funds! ━

インデックス・ファンドで
やさしい投資を実現するお手伝い♪

【しんようFPオフィス】
http://www.sinyo-fp.com/

----------------------------------------------

【オフィスを移転いたしました。】

 100-0006
 東京都千代田区有楽町1-6-3
 ビジョンワークス有楽町1104(イートーシ)
  地下鉄日比谷駅 A4出口すぐ
 JR有楽町駅 中央西口徒歩4分
 
  TEL 090-3616-1400
<土・日・祝営業。平日21時まで。定休日 火>

─────────────────────────
【1】 今日のメインコンテンツ!
─────────────────────────

★ 倒産リスクを分離させたのが投信のスゴイところ!


─────────────────────────
【2】 今週のイチ押しブログ
─────────────────────────

★ 今話題になっている、
ダイヤモンドオンライン

「「思考停止」のインデックス型ファンドが危険な理由」
という記事に対する、

 夢見る父さんさんの感想記事です。
 【思考停止よりだめなこと。】

─────────────────────────
【3】  マネ缶スクール2018!

「iDeCo」「つみたてNISA」はこう使おう! 
特定口座と合わせた 投資の【三重奏】を学ぶセミナー♪

http://www.sinyo-fp.com/seminar/nisa_seminar.html

  11月25日(日)in 福岡
  11月24日(土)in 大阪
  11月23日(祝)in 名古屋
  11月18日(日)in 東京

─────────────────────────
【4】 編集コーキ!
─────────────────────────

「18年間で計800本のメルマガを書きました(^^;)

──────────────────────

● こんにちは、カン・チュンドです。

ようやく

念願叶って、

行ってきましたよ(^^;)

そう、
「フェルメール展」です。

何しろフェルメールの絵は
世界中で35点しか現存していないそうで、

(そのうち)8つも観ることができましたよ!

【光、まなざし、素朴な空間・・】

まるで短編小説の中に入り込んでいくような、
不思議な世界観がありました。

※ 一度は歴史の中に埋もれながらも、
200年近く経って再評価され、
その「オリジナリティ」を誰もが認める画家。

 「フェルメール展」
 https://www.vermeer.jp/

8/35 の意味が、これであなたにも分かるはず(^^;)

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 倒産リスクを分離させたのが投信のスゴイところ!
━━━━━━━━━━━━━━

● 縁起の悪い話で恐縮ですが、

もし、
あなたが「窓口」としている
ABCネット証券が潰れたりしたら、

あなたはどうしますか?

そう、
あなたはすべての投資信託を
【ABCネット証券】を通じて買っているのです。

「倒産リスク」?

心配ご無用です・・(^^)

----------------------------------------------

● 仮に
ABCネット証券が倒産しても、

あなたの【ファンド資産】には
なんの影響もありません・・。

なぜなら、
ABCネット証券は

【ファンドの資産】を
一銭も、
預かっていないためです。

----------------------------------------------
⇒ ABCネット証券は、
投資信託を売っている「小売店」に過ぎません・・。

----------------------------------------------

(仮に、ABCネット証券が倒産すれば、)

競合である、たとえばDEF証券が、
ABCネット証券の『営業権』を取得し、

同じ商品ラインナップを引き継ぐ可能性が高いでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 倒産リスクを分離させたのが投信のスゴイところ!
━━━━━━━━━━━━━━

● 長年ファイナンシャルプランナーの
仕事をしていますが、

投資信託に関する『リスク』で
もっとも誤解されているのは、

★【販売会社、運用会社などが潰れたら、
わたしのお金が大きく減っちゃうかも!】

というもの・・。

----------------------------------------------

大丈夫です。
あなたのお金が削られることはありません。

★ 投資信託という『道具』は、

【倒産リスク】を
きれいに「分離」させる仕組みを
有しているためです。

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 倒産リスクを分離させたのが投信のスゴイところ!
━━━━━━━━━━━━━━

● 一方、
個別株の世界はそうはいきません。

最近でいえば、

JAL、武富士、
エルピーダメモリ、インデックスなどの
『個別株式』を保有していた人は、

株主責任として
企業の【倒産リスク】をもろに被りました。

(株式の価値が文字通り、
「ゼロ」に帰してしまったわけです!)

あるいは、

会社が発行する債券(社債)に
投資を行っていた人も・・。

----------------------------------------------

● 実は2001年頃、

【マイカルの社債】を保有していた
当オフィスのお客様がおられたのですが、

─マイカルは
2001年に民事再生法を申請、─

その後、
個人の債権者
(= 社債の保有者)に対しては

額面の30%を上限に
弁済が行われることとなりました。

(つまりは? ⇒ 7割の損失です・・(-_-;)

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 倒産リスクを分離させたのが投信のスゴイところ!
━━━━━━━━━━━━━━

● では、保険商品はどうでしょうか?

たとえば、個人年金保険です。

─「カンさま。
カンさまが60歳になるまでの31年間、

毎月2万円の保険料をお支払いいただければ、

谷上さまが60歳から80歳になるまで、
毎年50万円の年金を支給いたします」─

なんて言われたら、

「えっ、ちょっと良さそうかな!」
と思ってしまいます。

<でも、ご注意、ご注意・・>

----------------------------------------------

● 個人年金保険など
貯蓄性の高い保険商品は、

生命保険会社の【倒産】によって、

支払われるはずの年金額が
削減される可能性が「大」なのです。

実際、
1990年代末から2001 年にかけて、

東邦生命、第百生命、大正生命、
千代田生命、協栄生命など、

多くの生命保険会社が【破たん】しました。

たとえば協栄生命で
個人年金保険に入っていた
当オフィスのお客様は、

年金額の『4割以上』が
削られることになったのです!・・(-_-;)

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 倒産リスクを分離させたのが投信のスゴイところ!
━━━━━━━━━━━━━━

● お金を長期的に増やしていく上で、

これら【倒産リスク】は、
決して小さい問題ではありません。

いつもこの種の【リスク】を気にしていると、
枕を高くして眠れません・・。

(実は)投資信託は、

上記の例と比べますと、
ちょっと変わった『金融商品』なのです。

??

----------------------------------------------

● 投資信託は、

販売会社、運用会社、受託会社(信託銀行)とも、
ファンド資産を
【直接は・保有しない!】

----------------------------------------------

なんだかヘンですよね?

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 倒産リスクを分離させたのが投信のスゴイところ!
━━━━━━━━━━━━━━

● あなたはどうして、

『投資・信託』という名称が付いているか、
ご存じですか?

それはこの商品が
【倒産リスク】をなくすため、

【信託】という「しくみ」を
採用しているためです。

具体的には、

----------------------------------------------

(委託会社)委託 
→【ファンド資産】→ 受託(信託銀行)

----------------------------------------------

という【しくみ】です。

??

----------------------------------------------

● なぜ、運用会社のことを
「委託会社」と呼ぶかというと、

(運用会社)委託 →
 【ファンド資産】 → 受託(信託銀行)

というように、

運用会社が、
【ファンド資産】を
信託銀行に「委託」しているためです。

かんたん!

信託銀行って、
ファンド資産を「受託」しているので、

【受託会社】と云うのですよ。かんたん!

----------------------------------------------

そう、もうお気づきですね。

上記の【仕組みそのものを】
 信託 と呼ぶのです!

★ なので、
『投資信託』という呼び名になっているのです。

----------------------------------------------

● 運用会社(委託会社)は、

ファンド資産をすべて「信託」しており、
自分では【一銭】も資産を預かっていません。

なので、
運用会社が潰れても大丈夫!

あなたの【ファンド資産】は
守られるのです。

----------------------------------------------

● 一方、
受託会社である「信託銀行」も、

信託法34条によって、
自行の資産と、
顧客から預かっている資産を、

厳格に分別管理することが
法律で義務付けられているため、

信託銀行(受託会社)が潰れても大丈夫!

あなたの【ファンド資産】は
守られるのです。

━━━━━━━━━━━━━━
□■ 倒産リスクを分離させたのが投信のスゴイところ!
━━━━━━━━━━━━━━

● 信託という機能を備えていない、

俗称として【ファンド】と
呼ばれる金融商品は、

実にたくさんあります。

こういう怪しげな「ファンド商品」を
見つけたら、

★ 必ず「受託会社」(信託銀行)が
存在するか否か、

つまり【資産】が分別管理されているか
どうかをチェックするようにしましょう!


今日はこれでおしまいです!

本日も当メールマガジンをお読みいただき、
ありがとうございました!!  

    深謝。

----------------------------------------------

当メルマガ【バックナンバー】はこちらからどうぞ!
 https://archives.mag2.com/0000051074/

----------------------------------------------

■□ 今週のイチ押し☆記事!! ■□

今話題になっている、
ダイヤモンドオンライン

「「思考停止」のインデックス型ファンドが危険な理由」
という記事に対する

 夢見る父さんさんの感想記事です。
 【思考停止よりだめなこと。】

http://yumemirutosan.blog.fc2.com/blog-entry-1915.html

(いちいち頷きながら読みました(^^)

----------------------------------------------

■□【2018 マネ缶スクール】□■

★ 全国『4ヵ所』を縦断します!!

「iDeCo」「つみたてNISA」はこう使おう! 
特定口座と合わせた 投資の【三重奏】を学ぶセミナー♪
  
  11月25日(日)in 福岡
  11月24日(土)in 大阪
  11月23日(祝)in 名古屋
  11月18日(日)in 東京
    
http://www.sinyo-fp.com/seminar/nisa_seminar.html

 福岡の皆さん、九州にお住まいの皆さん!
 現在のところもっともお申し込み数が少ないのが
 11月25日(日)ですよ。

 あなたの【参加表明】をお待ちしております!!

----------------------------------------------

■□ 1回の相談で、10年の安心を。 □■

 18年間の実績!
 1,000名を超えるお客様と細―く長―いお付き合い。

【コンサルティング専科】の詳細はコチラ!

http://www.sinyo-fp.com/consulting/index.html

○○○○○○○○○○○○○○

【編集コーキ】

18年で計800本!

おかげさまで本日、
当メルマガは800号となりました!

思えば18年前の11月21日、
最初(第1号)のメルマガを書いたのは、

神戸のワンルームマンションの事務所であり、
わたしはまだ30代になったばかりの頃でした。

それが今では・・
立派な50代です(笑)

いつもメルマガを楽しみにしてくださっている
あなたを思い浮かべながら、
今日まで毎週ことばを紡いでまいりました。

800号まで来ましたので、
次の目標は 1000号です!

これまで、
何度もメルマガを止めようと思いましたが、

踏み止まってきたのは、
これが『長期投資の実践』であるためです。

??

考えて見てください。

長期投資を説く
ファイナンシャルプランナーのメルマガが、
長期で続いていなくてはお話になりません・・(^^;)

引き続き、ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 カン・チュンド拝

○○○○○○○○○○○○○○

■  当メールマガジンの【解除】を希望される方は
  下記ページの「購読解除」から、

最初に登録された
「メールアドレス」をご入力くださいませ。

【まぐまぐ】http://www.mag2.com/m/0000051074.html
【メルマ】 http://melma.com/backnumber_38160/

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

しんようFPオフィス
シンプル投資、叶えます。
http://www.sinyo-fp.com/

☆ ブログもがんばって更新中!
http://tohshi.blog61.fc2.com/

【事務所移転いたしました。】

 100-0006
 東京都千代田区有楽町1-6-3
 ビジョンワークス有楽町1104(イートーシ)
 TEL 090-3616-1400
(土・日・祝営業。平日21時まで。定休日 火)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

【カン・チュンドのプロフィール】はコチラです。
http://www.sinyo-fp.com/sinyo_fp/profile.html

【代表カンの5冊の著書】はコチラ!
http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_8a.html

【無料動画】⇒ 投資信託・ハテナ?
http://www.youtube.com/user/12345kang

【当オフィスの投資ポリシー1〜16】はコチラです。
http://www.sinyo-fp.com/sinyo_fp/policy.html

--------------------------------------------------

しんようFPオフィスは
金融商品の販売・斡旋に一切関与していない
 完全独立のファイナンシャルプランナー事務所です。

----------------------------------------------------

【発行部数】まぐまぐ  6050部  メルマ 275部 

  /\☆ カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法 800号
 / \    
 / \    【バックナンバー】はこちらからどうぞ!
~~‖~~      https://archives.mag2.com/0000051074/
 ‖ 

  賢いとは、多くのことを
  知っている人ではなく、

  大事なことを
  知っている人をいうのだ

    アイスキュロス

------------------------------------------------

■ 発行者 【しんようFPオフィス】代表
  カン・チュンド(姜 忠道)
  http://www.sinyo-fp.com/

■ 当オフィスのミッション

日本のビジネスパーソンに、
【やさしい投資】【続けやすい投資】を
お伝えすること!


【ご注意】

当メールマガジンは、情報の提供を目的としたもので、特定の株式・投資信
託の購入、また特定のポートフォリオを推奨するものではありません。 
提供する情報については主観の要素を含んでおり、その完全性を保証するも
のではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、
当事務所、また私個人がその責任を負うものではありません。 投資のご判
断は、皆さんご自身の責任でなさるようお願いします。

Copyright(C)SINYO FP OFFICE All rights reserved


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ・
     

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。