投資

カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

早くも800号突破!確定拠出年金、つみたてNISAにも投資信託の【正しい知識】は必須です。ファンドの選び方は?コスト体系は? 投資信託のスペシャリストを自認する独立FPが、ファンドの【基礎】から【実践的な活用法】まで懇切ていねいにレクチャーします!


全て表示する >

投資信託 テッテイ 攻略法 (ごきげんよう、さようなら。分配金さん・・。)

2013/12/19

●● シンプル投資を叶える ●●━━━━━━━━━━━━━━━ 587号 ━━



【カン・チュンドの 投資信託テッテイ攻略法】     2013/12/19
     


             

━━━━━━━━━━━━━ Let’s learn how to handle mutual funds ━━


  【ドラえもんと云えば「どこでもドア」
   投資信託と云えば?「青い大きなフクロ」!】 



       シンプル投資を叶える 晋陽FPオフィス
            http://www.sinyo-fp.com/ 


        ※ 今年最後のメルマガです!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ はじめて当メールマガジンをご覧になる方へ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当メルマガは 日本中のどの専門家よりも 投資信託のエッセンス を、

1.やわらかく 
2.分かりやすく 

お伝えすることを目的としています。
(メルマガ内容も それに沿っているはず!?)

(日本では)投資 を行うには
「特別な才能」や「大きな決心」が必要かのように云われていますが、

それは × ですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● こんにちは、カン・チュンド です。

本日も当メールマガジンをお読みいただき、
ありがとうございます!


東京は真冬のような寒さですね。

曇天の空を見上げていると、
中島美嘉さんの『雪の華』を思い出します。

(ちょっとセンチメンタルですが・・(^^;)


さて、今年もあと残すところ、
2週間足らずとなりました。


今年1年、
自分のスタンスで【投資】が続けられたあなたへ。

『自分を褒めてあげてくださいね!』


特に、ご縁があって
今年から【投資】を始められたあなたへ。


最初の一歩は
ごくごく「小さなもの」に思えるかもしれませんが、

あとから振り返ると、
【大きな一歩だった】と思えるはず・・!



ぜひ、こちらのETF講座も
2014年のスタートダッシュにご活用ください。



 【ゼロから始めるETF超丸わかりセミナー】
1月13日(祝)14:00 〜 16:30 御茶ノ水・連合会館

 http://www.f-academy.jp/seminar/6589.html

最先端の金融ツールで、あなたの投資が変わります!


(※ お陰様をもちまして
【冬の☆出張コンサルティング】(名古屋・大阪)は、すべての枠で
ご予約を頂戴しました。誠にありがとうございます!)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ ごきげんよう、さようなら。分配金さん・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 一度、目を閉じて、

ここに、ある運用会社で働く、
ひとりの女性ファンドマネージャーがいると想像してみてください。

その人の名は、
松島奈々さん!(注:仮名です)


松島さんの『使命』は、
お客様の資産を長期的に殖やして、

その結果、自分の満足と報酬をいただくことです。


では、ファンドマネージャーにとって
【お客様の資産を殖やしていく】とは、

一体どういうことなのでしょうか?


たとえば、松島さんが
『株式ファンド』を運用している場合、


これから伸びる、
(つまり、株価が上昇すると思われる)

一社、一社の「会社」を選んで買っていくこと。

(そして、それらの会社の「株価」が上昇すること!)


また、
一社、一社の「会社」から出される【配当金】や、


新しく『株式ファンド』を買ってくださる
投資家の資金を用いて、

さらに、選び抜いた株式を買っていくこと。

(そして、それらの会社の「株価」が上昇すること!)

--------------------------------------------------------------------

● つまり、株式や債券の
『キャピタルゲイン』と『インカムゲイン』が、


次なる【収益】を目指して、
また、新たな「株式」や「債券」の購入に充てられ・・、


そして、新たな『資金流入』と相まって、
壮大な【再投資】の流れを作ることが ← 複利の効果!


松島さんの、
いや、投資信託の価値が増していく【王道】なのです。



(突然ですが、)
あなたなら、以下のどちらを選びますか?


(1)ファンド内で発生する「ふたつのゲイン」を、
次なる収益のため、運用し続けてもらう。


(2)ファンド内で発生する「ふたつのゲイン」を、
定期的に【分配金】としてファンドの外に出してもらい、

今現在、使えるお金にしてしまう。



⇒ 今、出して使っちゃうか、
⇒ 今は出さずに、更なる運用に回すのか・・。


ココ、【大きな違い】がありますね。



もうお気づきかと思いますが、


○ 投資信託が、
その内部で『収益』を積み重ねることと、

○ 『分配金』を定期的に出すことは、


本来的に【矛盾】してしまうのです・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ ごきげんよう、さようなら。分配金さん・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● ちょっと松島奈々さんの立場になって
考えてみましょう・・。


たとえば、毎月【分配金】を出し続けるって、
けっこう大変な作業です。


ファンドの【解約】に備えてプールする現金に加え、

『分配金』のために、
常に「キャッシュ」を積んでおく必要があります。


つまり、運用会社にとっては、
【分配金】という「仕事」が加わってしまうために、

運用という【本業の効率】が、
悪くなってしまうのです・・。


○ 核心のところを申し上げると、
ほんらい、

ファンド保有者にとって
【分配金】は損でも得でもありません・・。



だってそうでしょう・・・、


ファンドが【分配金】を出すことで、
ファンドの【純資産額】は減少することになります。


【純資産額】が減少した分、
何が下がるかと云うと、

ファンドの【基準価格】が下がります・・。



(ちょっと教科書的に)言うと、

あなた自身がファンドを買った地点から見て、

ファンドが儲かっているときに出される
『分配金』を【普通分配金】、


あなた自身がファンドを買った地点から見て、

ファンドが損をしているときに出される
『分配金』を【元本払戻金】と呼んでいますが、


実は、このふたつの違いが
本質的に重要なのではなく、


★ ポイントは、

「あなた」が「あなたの資産」を、

定期的に引き出してしまうのが、
【分配金】というお金の本質なのだ・・ということ。



しかも、仮にこの【分配金】が、

『税収』を確保したい
国税庁の思惑から存在している、と想像してみると・・、


「あ〜、なるほど、そうか」と思いませんか?



⇒ ほんらい、

投資信託という【金融商品】に、
【分配金】は要らないのです・・。

--------------------------------------------------------------------

● 「当ファンドでは、【分配金】は一切出しません!」
と公に言ってしまうと、

お上(国税庁)がギロッと睨むかもしれないので、


さわかみファンドも、
フィデリティ日本成長株ファンドも、
セゾンバンガード・グローバルバランスファンドも、


「今期につきましては、
無分配とさせていただきます。」

を、毎期、毎期繰り返しているのです・・。



 「じゃあカンさん。

定期的にお金がほしいという人は
一体どうすればいいのですか?」


カンタンです。


ほしい金額分だけ、
ファンドを【解約】すればよいのです。


よーく考えてみてください・・。


★「【分配金】をいくらぐらい欲しい」
というあなたの願いは、

あなたがコントロールし切れるものではありません。


(結局のところ、
【分配金】の額は、運用会社が決めてしまいますから。)


しかし、ファンドの【解約】であれば、
あなたの都合に合わせ、

【いつ、どれくらいファンドからお金を出すか】を、
100%あなたの側で、コントロールできますね。

(ここ、重要!)



今はとても便利なサービスがあります。


たとえば、SBI証券では、

【投資信託定期売却サービス】というものが
利用できます。

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?burl=search_fund&cat1=fund&dir=info&file=fund_info120316.html


(毎月決まった金額を自動的に売却してくれるサービスです。
ファンド積み立ての【逆バージョン】ですね・・)

--------------------------------------------------------------------

● でも、あなたの『気持ち』も分かりますよ・・。

人間の【心理】として、


⇒ 分配金って、運用を行った『利益』で、
運用会社さんが出してくれてるから、良いものじゃないの。

という【思い込み】があります。


でも、『利益』ではない分配金
(元本払戻金)もありますし、


何より、運用会社に
プラスアルファの『仕事』をさせているだけ・・。

(その分、あなたは余計な手数料を払っています!)


一方、
⇒ えっ?投資信託を部分的に【解約】するの??


それって、ちょっと心配。
取り崩すってことでしょ!?

という【思い込み】も根強くあります。


★ でも、そもそも、私たちは最終的に、

【お金を遣っていくために、わざわざ運用している】
わけです。


あなたの人生にとって【必要なときに】

【必要な分だけ】、
保有するファンドを『解約』することは、


とても真っ当で、
そして、理に適った『行為』なのですよ・・。


※ ただし【必要でないときに】
ファンドを『解約』するのは良くありません・・。

--------------------------------------------------------------------

● 最後に、
ニワトリとタマゴを思い浮かべてください。


投資信託というフクロを
【ニワトリ】にたとえてみましょう。


時間をかけて、ニワトリ(=ファンドの価値)を
大きくしていくほうが、

基準価格も上昇し、
ファンド保有者も嬉しいですね。


ところが、頻繁に
【タマゴ】(分配金)をもらうことは、


【ニワトリ】の成長を犠牲にして、
目先の「キャッシュ」に執着してしまうことにほかなりません。


 <未来の実りを、今刈り取ってしまうことなのです・・。>


よーく、考えてみますと、

将来的に【ニワトリ】が大きくなれば、
そこから得られる【タマゴ】も大きくなりますよね。


(でしょう?)


それでは、

ごきげんよう、さようなら。分配金さん。



本日も当メールマガジンをお読みいただき、
ありがとうございました!!  

    深謝 


ご意見、ご感想、大歓迎です!
info@sinyo-fp.com

【このメールに直接ご返信を!】


--------------------------------------------------------------------

 ♪ 大きな反響をいただいた、弊所ブログ記事 ♪

 【NISA口座はどうさ? 良くないさ。】(7回シリーズ)
NISAの問題点を7本のコラムにまとめ、多角的に分析しています。

  http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-category-35.html

(「NISA、どうしよう?」と迷っている方は、一度お読みくださいませ)


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 【♪マネーを学べば、世の中の見方が変わります♪】

     < マネ缶スクール 2014 >

  http://www.sinyo-fp.com/seminar/index.html  

スタンダードコース「黄金ルール17」        1月25日(土)
ファンド特化コース「投資信託テッテイ」       2月22日(土)
アドバンスコース 「ポートフォリオ作成」      3月23日(日)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

【編集コーキ】

● 小学生の頃は、
7月20日が待ち遠しくてたまりませんでした。

(一学期の終業式だから!)

40日余りの夏休みでしたが、
「一生続くんじゃないか・・」と思えたくらい

【長く】感じたものです。


それが、今では、
1年もあっという間に終わってしまいます(悲)


この間、甥っ子たちに「お年玉」をあげたと思ったら、
また、すぐに「お正月」です・・(^^;)。


弊所でコンサルティングをお受けいただいた皆さまに
いつも、次の言葉をお送りしています。


人生は(私たちが思うより)短く、
そして、やったことしか、後に残らないのです。


ー20年経てば、したことよりも
 しなかったことを嘆くようになるー

   マーク・トウェイン


この1年間、
本メールマガジンをご愛読いただき、
本当にありがとうございました!


来る2014年が、
皆さまにとって実り多き1年であることを、
祈念致します・・。


※ 年始のメルマガは1月9日(木)配信予定です。

--------------------------------------------------------------------

  当オフィスは12月26日(木)より
  1月5日(日)まで冬期休暇とさせていただきます。

   ご理解のほど、何卒よろしくお願い致します。


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

■  当メールマガジンの【解除】を希望される方は
  下記ページの「購読解除」から、

最初に登録された「メールアドレス」をご入力くださいませ。

【まぐまぐ】http://www.mag2.com/m/0000051074.html 
【メルマ】 http://melma.com/backnumber_38160/ 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

〜 おかげさまで開業14年目を迎えます。〜

シンプル投資を叶える 晋陽FPオフィス 
       代表 カン・チュンド

【コンサルティング専科】の詳細&お申込みはこちら!

 http://www.sinyo-fp.com/consulting/index.html 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

〒108-0014 
東京都港区芝5丁目20-7 グランドメゾン三田603
(土・日・祝営業。平日21時まで。定休日 火)
TEL 03-6435-0078 

都営三田線 三田駅から徒歩2分
都営浅草線    〃
JR山手線  田町駅から徒歩3分
京浜東北線   〃

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

【当オフィスの投資ポリシー1〜16】は こちら です。
http://www.sinyo-fp.com/sinyo_fp/policy.html

【カン・チュンドのプロフィール】は こちら です。
http://www.sinyo-fp.com/sinyo_fp/profile.html

【代表カンの4冊の著書】はコチラ
http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_8a.html

--------------------------------------------------------------------

    晋陽FPオフィスは
    金融商品の販売・斡旋に一切関与していない
    完全独立のファイナンシャルプランナー事務所です。         


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【発行部数】まぐまぐ  4513部  メルマ 260部 

  /\☆ カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法 587号 
 / \    
 / \     2000年来の【バックナンバーは こちら】
 ~~‖~~    http://blog.mag2.com/m/log/0000051074/    
  ‖ 

  賢いとは、多くのことを
  知っている人ではなく、

  大事なことを
  知っている人をいうのだ

    アイスキュロス

--------------------------------------------------------------------

■  当メルマガの【解除】を希望される方は
  下記ページの「購読解除」から、

登録されたメールアドレスをご入力くださいませ。

【まぐまぐ】http://www.mag2.com/m/0000051074.html 
【メルマ】 http://melma.com/backnumber_38160/ 

--------------------------------------------------------------------

■ 発行者 【晋陽FPオフィス】代表
  カン・チュンド(姜 忠道)
  http://www.sinyo-fp.com/ 

■ 当オフィスのミッション
日本のビジネスパーソンに、
シンプルで継続しやすい資産運用を啓蒙すること。


【ご注意】

当メールマガジンは、情報の提供を目的としたもので、特定の株式・投資信
託の購入、また特定のポートフォリオを推奨するものではありません。 
提供する情報については主観の要素を含んでおり、その完全性を保証するも
のではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、
当事務所、また私個人がその責任を負うものではありません。 投資のご判
断は、皆さんご自身の責任でなさるようお願いします。

Copyright(C)SINYO FP OFFICE All rights reserved


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。