投資

カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

早くも800号突破!確定拠出年金、つみたてNISAにも投資信託の【正しい知識】は必須です。ファンドの選び方は?コスト体系は? 投資信託のスペシャリストを自認する独立FPが、ファンドの【基礎】から【実践的な活用法】まで懇切ていねいにレクチャーします!


全て表示する >

投資信託 テッテイ 攻略法 (売却とか損切りのことを考えるとファンドは悩ましい?)

2011/12/21

■■■■■■■■■■■■■■■
  カン・チュンド の                         498号
 投資信託 テッテイ 攻略法     ・・・・・・・・・・・・・・・・
■■■■■■■■■■■■■■■                         2011/12/21



         皆が踊っている時は
          じっとしておきましょう。

          誰も踊っていない時に
          そろりと踊り出すのです。



                 (今年最後のメルマガです・・)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
┃今日のお話  :【売却とか損切りのことを考えるとファンドは悩ましい?】

┃セミナー   : 1/22(日)マネ缶スクール【スタンダードコース】
┃                   〜トウシとの初恋を成就させる黄金ルール17〜

┃発行者    : 晋陽FPオフィス カン・チュンド
┃         シンプルで継続しやすい資産運用を貴方に。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● こんにちは、カン・チュンド です。

いつも当メールマガジンをお読みいただき、
ありがとうございます!

毎日寒いですね・・・。

(あれ、先週と同じ書き出し??)


こんな寒い日は、
新沼謙治さんの歌「津軽恋女」でも聞いてみましょう。


この歌を聴いていると、
冬の大地に降り積もる雪の姿が浮かんできます・・。

(ホント名曲です。 津軽には七つの雪が降るのです..)



と・こ・ろ・で、

本日12月21日(水)は
【日経マネー2月号】の発売日!


今号「第2特集」の中で、

ETFのみを用いてポートフォリオ提案をしている
メイン・マネジメント代表のキム・アーサーさんが、

30代、そして60代以上の
【ETFを用いたポートフォリオ】を公開してくれています。


そして、(おそらく)マネー誌初の試み!

【日米ETFアナリスト緊急対談】と題して、
わたくしとキム・アーサーさんの対談も掲載されています。

(お近くの本屋さんで立ち読みしてみてください!)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ はじめて当メールマガジンをご覧になる方へ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当メルマガは 日本中のどの専門家よりも 投資信託のエッセンス を、

1.やわらかく 
2.わかりやすく 

お伝えすることを目的としています。
(メルマガ内容も それに沿っているはず!?)

(日本では)投資 を行うには
「特別な才能」や「大きな決心」が必要かのように云われていますが、

それは × ですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ カンさん、このファンド、損切りしたいのですが・・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● コンサルティングを長年やっていますと、
なんと言いますか、

普遍的な【相談案件】というものが出てきます。


たとえば、こんな「ご相談」です。


Q 投資信託を5年ほどやっていますが、

どのタイミングで、
自分の持っているファンドを売るべきなのか、

(あるいは損切りすべきかについて)悩んでしまいます。

判断する際の基準になるものは何でしょうか? 

--------------------------------------------------------------------

● なるほど・・、悩ましい問題ですね。


自分が持っている投資信託を、

・売るべきか、
・持ち続けるべきか、

これって「永遠の課題」のように思えます。


ちなみに、
【売るとき】には「2つのケース」があって、

それは、

・儲かっているときに売る。
・損しているときに売る。 このふたつですね。



しかし、よく考えてみますと、
この方は、

●「今、わたしが持っているファンド」をどうするか?

という視点のみに立っているために、
【悩み】が発生してしまうのです。


つまり、投資を【点】で捉えているということ・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ カンさん、わたしのポートフォリオどうしましょう?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 仮に、上記のご質問が、

カンさん、
「今、わたしが持っているポートフォリオをどうしましょう?」

であれば、
【見える景色】がだいぶ変わってきます。


つまり、
「わたしが持っているこのファンド」という、

【点】で捉えずに、


【面】= ポートフォリオの中の、ひとつのパーツとして、
「わたしが持っているファンド」を捉えるということ・・。

ここ、重要ですよ!



あなたの資産運用を、

【面】= 複数のファンドの集まり として
捉え始めると、

■ 売却も損切りも必要なくなります!


さあ、頭の中を真っ白にしてみましょう。

--------------------------------------------------------------------

● 資産運用でもっとも大切なことは、
【面】= ポートフォリオの中で、

それぞれの投資対象を
【何割ずつ持つのか】の決定であり、


その「具体的な道具」として、

「今、わたしが持っているファンド」が
ふさわしいかどうかを【吟味】すればよいのです。

(ただ、それだけ・・)



具体例)

たとえば、
先進国株式を「2割」(20%)持つことを決定していれば、

あとは、
【今、わたしが持っているファンド】が、

「道具」としてふさわしいかどうかを精査するだけなのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ カンさん、わたしのRRファンドが××になってしまっています・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 投資を【点】で捉えているあなたは、


・RRファンド「買い」
→ 30%上昇 → 持ち続ける? それとも 売却?

・RRファンド「買い」
→ 30%下落 → 持ち続ける? それとも 売却?

という【悩み】に常に惑わされることになります。


しかし、

ポートフォリオの中の【ひとつのパーツ】として
「RRファンド」を捉えると、

考えることは「ただひとつ」!



RRファンドが「道具」としてふさわしいかどうか・・。

1.もし、ふさわしくなければ、
違うファンドを選択して、

売却 ⇒ 購入の【引越し作業】を行いましょう。

「道具」を換える、ということです。

※ この場合、
30%上昇しているか、30%下落しているかは関係ありません。

複数回に分けて、
直ちに【引越し作業】を始めるのがベストです。



2.もし、RRファンドがふさわしい「道具」であれば、
【売却】も【損切り】も必要なくなります!


いや、正確に言いますと、
「売却」したり、「買い増し」したりはするのですが、


それはあくまで、
ポートフォリオという【全体像】から見た、

「バランスの調整作業」に過ぎないのです・・・。

--------------------------------------------------------------------

● < 発想の転換をしましょう・・ >

具体例・・)

円建てMRF(安全資産)40%

RRファンド      20% 
WWファンド      10%
BBファンド      30%  


上記のように「ポートフォリオ」を組んで、
まず最初に、きちんと【資産配分】を決めるわけです。


たとえば、

ポートフォリオ運用を開始したあと、
RRファンドの値段が上がり、

ポートフォリオの中での割合が 30% になってしまったら、
元の 20% に戻るよう、

RRRファンドを一部【売却】するのです。


反対に、

RRファンドの値段が下がり、
ポートフォリオの中での割合が 10% になってしまったら、

元の 20% に戻るよう、

RRRファンドを一部【買い増し】するのです。



◆ これらの作業を、
資産配分の【リ・バランス】と呼んでいます。

(とても重要な行為です)


ただし、【リ・バランス】は
毎週毎週するのではありません。

半年、ないし1年に一度だけ【実施】するのです。

あとはどうするの?


あとは・・、
何もしないのです・・。



ただ、持っておくだけ。
(ポートフォリオ =「面」として!)


とても退屈ですが、
あなたはその【退屈さ】に慣れる必要があります。


 繰り返しになりますが、

 あなたの資産運用を【面】で捉えれば、
 利益確定売りも、損切りもなくなるのです・・。


・・物事の本質は「シンプルさ」の中に、隠されています。・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ カネダくん、お風呂のお湯が溢れていますよ・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 日本経済新聞「電子版」
【コレだけ読めば大丈夫!はじめての投資信託】

「投資信託は3つの会社が支えている」
http://www.nikkei.com/money/fund/toushin.aspx 


えっ、運用会社がファンド資産を預かってしまうと、
不正を招く温床になるの? (By カネダくん・・)

  早くも(連載)10回目です
 (更新が毎週日曜日に変わりました!)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 2003年にスタートしたこの勉強会は、
   今でもわたしの「原点」です。 1/22 in 東京・大井町
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
   この勉強会を、
  【貯蓄】から【投資】への「架け橋」としてください!

    第70回 マネ缶スクール「スタンダードコース」
   【トウシとの初恋を成就させる黄金ルール17】

    1月22日(日)10:00 〜 16:50 東京・大井町
    http://www.sinyo-fp.com/seminar/course_s.html 
 
--------------------------------------------------------------------

◆ 第4回インデックス投資ナイト
  1月7日(土曜日) 18:00 〜 in お台場

18:00 投信ブロガーが選ぶ Fund of the year 2011授賞式 
18:30 座談会第1部 みんなで考えよう、なぜ(インデックス)投資するのか? 
19:40 座談会第2部 インデックスファンド vs 国内ETF vs 海外ETF

わたくしカンは、第2部の座談会に登壇いたします。


◆ 【明年1月13日(金)18時30分 〜】in 有楽町
モーニングスター
『2012年新春セミナー 〜インデックスファンドで資産運用〜』
 
・第二部のパネルディスカッション
「これからのポートフォリオ運用を考える」に登壇いたします。

第一部 基調講演ではWBS等でおなじみの
齋藤精一郎さんが「欧州危機と世界経済の展望」 と題してお話をされます。
http://www.morningstar.co.jp/event/1201semi/ms/index.html 

--------------------------------------------------------------------

◆ あなたにとって、本日のメルマガが
「投資信託を身近に感じる一助」になったなら幸いです♪  

本日のメルマガでお感じになられたこと、

ご意見・ご感想などありましたら、
ご一報いただけると嬉しいです..。
info@sinyo-fp.com

--------------------------------------------------------------------

 □■       公式ブログ         □■
【カン・チュンドの インデックス投資のゴマはこう開け!】
      http://tohshi.blog61.fc2.com/   

--------------------------------------------------------------------

【編集後記】

● 「よいお年を!」という挨拶を交わすことが多くなりました。

本年も当メールマガジンをご愛読いただき、
本当にありがとうございました!

おかげさまで読者数も4,000名近くとなりました。

最初の頃は、100人の読者が110人になっただけで
「やったー!」とひとり喜んでいたものです..。


こんなにもたくさんの方に、
「シンプルで継続しやすい資産運用」をお伝えする「場」があることを、

改めて感謝したいと思います。(ありがとうございます..)


そして、来年も、

シンプル、明瞭で、低コストな「道具」が、
もっと多くの方に広まることを願って止みません・・。


皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。

(来年のメルマガは1月11日スタートです!)


※ 当オフィスは
12月29日より1月4日まで年末年始のお休みをいただきます。

ご理解のほどよろしくお願い致します。

--------------------------------------------------------------------

=おかげさまで12年目を迎えます。=
晋陽FPオフィス 代表 カン・チュンド
〒108-0014 
東京都港区芝5丁目20-7 グランドメゾン三田603
お電話 03-6435-0078  営業時間 10:00〜21:00(土・日・祝営業。定休日 火)

【コンサルティング専科】の詳細はコチラから。
http://www.sinyo-fp.com/consulting/index.html


このメルマガをお読みになられて、
「相談しようかな・・・・」と悩んでおられるあなた。

お電話、ご来所、どちらでも結構です、
来年は勇気を出して、ご相談してみてください!!
 
--------------------------------------------------------------------

    晋陽FPオフィスは
    金融商品の販売・斡旋に一切関与していない
    完全独立のファイナンシャルプランナー事務所です。         

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【発行部数】まぐまぐ  3740部  メルマ 243部 

  /\☆ カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法 498号 
 / \    
 / \     2000年来の【バックナンバーは こちら】
 ~~‖~~      http://blog.mag2.com/m/log/0000051074/    
  ‖ 

  賢いとは、多くのことを
  知っている人ではなく、

  大事なことを
  知っている人をいうのだ

    アイスキュロス

--------------------------------------------------------------------

= 今後のセミナー予定 =
http://sinyo-fp.com/seminar/index.html

スタンダードコース「黄金ルール17」      1月22日(日)
ファンド特化コース 「投資信託テッテイ攻略法」  2月25日(土)
アドバンスコース「ポートフォリオ作成講座」    3月25日(日)


■ 発行者 【晋陽FPオフィス】代表
  カン・チュンド(姜 忠道)
  http://www.sinyo-fp.com/ 

■ 当オフィスのミッション
日本のビジネスパーソンに、
シンプルで継続しやすい資産運用を啓蒙すること。

■ サービス理念
資産形成を通じてお金に縛られない時間を創出し、
人が社会に還元するマインドを育むこと。

--------------------------------------------------------------------

■  当メルマガの【解除】を希望される方は
  下記ページにて 購読解除 の手続きをどうぞ。

   <登録されたメールアドレスを入力してください>

  まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000051074.html 
  melma   http://www.melma.com/backnumber_38160/ 

■ 【カン・チュンドの 横顔】は こちら です。
   http://www.sinyo-fp.com/sinyo_fp/profile.html    

【ご注意】

当メールマガジンは、情報の提供を目的としたもので、特定の株式・投資信
託の購入、また特定のポートフォリオを推奨するものではありません。 
提供する情報については主観の要素を含んでおり、その完全性を保証するも
のではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、
当事務所、また私個人がその責任を負うものではありません。 投資のご判
断は、皆さんご自身の責任でなさるようお願いします。

Copyright(C)SINYO FP OFFICE All rights reserved


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。