投資

カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

早くも800号突破!確定拠出年金、つみたてNISAにも投資信託の【正しい知識】は必須です。ファンドの選び方は?コスト体系は? 投資信託のスペシャリストを自認する独立FPが、ファンドの【基礎】から【実践的な活用法】まで懇切ていねいにレクチャーします!


全て表示する >

投資信託 テッテイ 攻略法 (通貨を全部買ってしまえば、為替リスクに対して中立的?)

2011/12/14

■■■■■■■■■■■■■■■
  カン・チュンド の                         497号
 投資信託 テッテイ 攻略法     ・・・・・・・・・・・・・・・・
■■■■■■■■■■■■■■■                         2011/12/14



         資産運用の期間は何年ですか?
         (もちろん)一生涯ですね。





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
┃今日のお話  :【通貨を全部買ってしまえば、為替リスクに対して中立的?】

┃セミナー   : 1/22(日)マネ缶スクール【スタンダードコース】
┃                   〜トウシとの初恋を成就させる黄金ルール17〜

┃発行者    : 晋陽FPオフィス カン・チュンド
┃         シンプルで継続しやすい資産運用を貴方に。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● こんにちは、カン・チュンド です。

いつも当メールマガジンをお読みいただき、
ありがとうございます!

毎日寒いですね・・・。

でも、わたしが小学生の頃はもっと寒かった気がします。


その頃の我が家は
すきま風が入ってくる古い家で、

冬になると、灯油ストーブの前で

兄弟と共に、
シャツや靴下を温めながら、着替えをしたものです。



わたしは「昔はよかったな」という、
懐古的なノスタルジーは好きではありません。


30年、40年前に比べて
日本は明らかに豊かになっており、

その豊かさはやはり、

皆が生き生きと生きるための
【原動力】になっていると思うからです。


(ところで)
43歳になったわたしは、ホカロンが手放せません..(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ はじめて当メールマガジンをご覧になる方へ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当メルマガは 日本中のどの専門家よりも 投資信託のエッセンス を、

1.やわらかく 
2.わかりやすく 

お伝えすることを目的としています。
(メルマガ内容も それに沿っているはず!?)

(日本では)投資 を行うには
「特別な才能」や「大きな決心」が必要かのように云われていますが、

それは × ですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 為替リスクは資産運用において大きなウェイトを占めているのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 今日もユーロが円に対して弱くなっています。

最近はニュースの中でも
「円高、円高」ということばを聞かない日がないくらいです・・。


私たちは自分の資産価値を【円建て】で評価するため、
常に為替のリスクに晒されてしまいます。

ん?

今の文章、ちょっとおかしいです・・。



たとえば、私たちが
自分の資産価値を「ユーロ建て」で評価しても、

私たちは、同じように【為替リスク】に晒されます。


オーストラリア人の
「キャンベルさん」のことを想像してみてください。


もし、自分の資産を「豪ドル建て」で評価しても、
同じように【為替リスク】に晒されるのです。


◆ ここ、重要なのですが、
どの通貨を「軸」に資産を見ようが、

世界分散投資 を行っている限り、
【為替リスク】と無縁でいることはできません。



「じゃあ、カンさん。為替リスクを避けるために、

わたしはポートフォリオの90%は
円建ての預金、債券、株にするわ・・・・」

というAさんは、
一見理に適っているように見えますが、


しかし、日本という国、
そして円というひとつの通貨のみに

資産が【偏る】リスクを背中に負ってしまいます。

(あなたは本当にAさんのような選択をしますか?)

--------------------------------------------------------------------

● もしあなたが、
「東京湾だけで魚を釣る」より、

「世界の至るところで
釣り糸を垂らしたほうが 実入りが良くなるだろう」

と思っているのなら、

つまり、= 世界分散投資 を実践しようとするなら、



【為替の変動】は、

世界分散投資 を行うための
【会費】のようなものです。


コナミのフィットネスクラブの【年会費】なら、

これはもう確実に
おサイフからお金が出ていく【コスト】になりますが、


【為替の変動】は、

コスト「差損」になるか、
利益「差益」になるか、容易には分かりません・・・。



たとえばあなたが今40歳で、
運用をはじめて2年目としましょう。


はっきり言って今は
「為替・差損」が発生しており、

世界分散投資 を実践しているがゆえに、
【コスト】を支払っている状態です。


しかし、為替というものは、

「円」を中心にして、
「円」に対して安くなっている通貨たち。

あるいは、
「円」に対して高くなっている通貨たち。

という【単純な図式】で
語れるものなのでしょうか・・。



もっと冷めた地点から、

たとえば、遠くから
バケツの中を覗きこむように【世界の通貨たち】を見ると、

通貨の価値が
上がったり下がったりする「リスク」は

【相対的】であることに気付くはずです。

--------------------------------------------------------------------

● たとえば、
この世に10種類の通貨しかないとしましょう。

10種類の通貨は互いに、

毎時間、そしてエンドレスの
【美人コンテスト】を行っています。


○ 2017年 12/13 午後6時 現在の、
栄えある「美人コンテスト第1位」は、ユーロです。

○ 2018年 3/26 午後1時 瞬間の
栄えある「美人コンテスト第1位」は、ベトナムドンです。


○ 2022年 7/6 午前11時 瞬間の
栄えある「美人コンテスト第1位」は、USドルです。

(えっ、まさか??)



世界に浮遊する「膨大な資金」は、
常に【どこかの通貨】で保有される必要がありますから、

常にどこかの通貨が
「美人コンテスト」で【第1位】になるのです。


⇒「上がる通貨」が現れれば、
必ず「下がる通貨」も発生します。


すべての通貨が下落してしまったり、
すべての通貨が上昇したり、

ということはあり得ません。


この意味でいうと、
今の日本円が「独歩高」という状況は 異様 であり、

この状態が長く続く・・というのも、
「非現実的」であることが分かります。



先ほどの「美人コンテスト」の例でいうと、
ほんとうに美しいかどうかは別として

◆ いつも誰かを「女王」として選ばないといけないのが
為替の世界 なのです。

今の「日本円」が、↑ まさにその状態・・。


実際の資産運用では、
私たちは10種類どころか、

20種類以上の通貨分散を行うことが可能です。

(たとえば、日本株式インデックス、
先進国株式インデックス、
新興国株式インデックスという組み合わせで。)



このポートフォリオの中で、
通貨の動きに注目すると、


まるで「もぐら叩きゲーム」のように、

ある通貨は地面から顔を出します。(価値が上がる)
ある通貨は穴の中に隠れます。  (価値が下がる)


じゃあ、いっそのこと、
【もぐら叩きゲーム】の盤面全部を買えばいいじゃん。

という話になりませんか?


◆ つまり、
できるだけ多くの通貨を保有してしまう・・。

そうすることで、
【為替リスク】に対して中立に近づいていくのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ そこで忘れるべきでないこと!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.外貨預金に投資しない。

上記で
「できるだけ多くの通貨を保有してしまいましょう。」と言うと、

「じゃあ、カンさん。
わたし外貨預金、8種類くらい買います。」

という方が出てきます…。


んー、それは【正しい通貨分散】ではありません。


◆ ここ、重要なのですが、
【通貨分散】は「預金」でやるべきではありません。

【通貨分散】は株式、債券等で行うべきです。


(たとえば)日本円の預金より、
日本円の債券の期待リターンのほうが高いですね。



どうせ【為替リスク】を取り続けるのですから、
「通貨」のみを買うより、

外貨建ての「債券」「株式」まで
買ってしまったほうが利口というもの・・。



◆ 債券、株式で世界分散投資を行えば、
自然と広範な【通貨分散】ができます・・。


2.株式の期待リターンの大きさは、
為替の変動リスクの大きさより「大きい。」

ただし、長期的に見た場合です。


あなたの前に
運用を行う「長い時間」が横たわっているのなら、

株式投資に関して、
為替の差益、差損をそんなに気にする必要はありません。



3.債券の期待リターンの大きさは、
為替の変動リスクの大きさより・・・・

「大きい」とは言い切れない。。


はい、ここ重要です。
特に、「新興国債券」において顕著です。


たとえば今、
「新興国債券」に投資を行っているとしましょう。

がーん・・。
今年はマイナス19%の成績になってしまいました。



ところがフタを開けてみると、

債券価格そのものは上昇していて (+5%)
為替の差損が         (−24%)

になっています。

そして、トータルリターンとしては
「マイナス19%」になっているのです。

--------------------------------------------------------------------

● もちろん、目が良い方向に出た場合は、

債券価格そのものは下落 (−5%)
為替の差益       (+24%)

ということも起り得ますが、


◆ 債券そのものの期待リターンに比べて、

債券価格の変動 + 為替の変動 という
【トータルリスクの大きさ】が

あまりにも大きいことが分かります・・。


◆ 少なくとも、
【単一通貨の新興国債券】など、

まったく割に合わない投資であるとわたしは考えます。

例)トルコリラ建て債券、南アフリカランド建て債券など



「えっ、じゃあ、
海外債券に対する投資そのものも、なしにしちゃえば?」

いいえ、少なくとも、
「先進国債券」に【広く・浅く】投資を行うことは必要ではないでしょうか。


それは、株式との「相性の良さ」を考慮して、ですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 時間という資産が、為替リスクを軽減してくれます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● ところで、つみたて投資のよいところは、
(特に、海外債券、海外株式に投資を行う場合)

毎回、違った「為替レート」で
投資信託を買い付けることができることです。


◆ 円建てで表示されている海外株式ファンドであろうが、
外貨建てで表示されている海外株式ファンドであろうが、

為替リスクを取っているその内容に
まったく変わりはありません・・・・。



今年40歳のあなたは、
これから25年間、

大きく変貌する【為替のトレンド】を何度もくぐりぬけ、

毎回、違った「為替レート」で
投資信託を買い付けます。

--------------------------------------------------------------------

● そして、あっという間に65歳となり、会社を退職し、
セカンドライフに入ります。

「カンさん。このときです。
このとき、為替リスクが顕在化するじゃないですか!」


んー、それってホントにそうでしょうか?

25年間つみたて投資をして、
4,360万円になった【ご資産】を、

一度に売却して、現金化(円)するのですか?


たぶん、
一度に全部売ったりはしないでしょう・・。



◆ つまり、

積み上がったご資産(さまざまな投資信託)を
売却していく【時間】も、とてもとても長―い時間になるのです。


現実的には、

つみたてをしていた期間(25年)より、
長くなる可能性があります。


つまり、今年65歳のあなたは、

これから25年、30年と、
大きく変貌する【為替のトレンド】を何度もくぐりぬけ、

毎回、違った「為替レート」で
投資信託を売却することになるのです・・。


※ その間、円がずっと「高い」ままなんて、
非現実的ですよね....。



それも、別に
【豪ドル株式インデックス・ファンド】のみを、

25年かけて 積立て、
25年かけて 売却するわけではありません。


積み立て、そして売却する資産は、

世界の、
20を超える通貨建ての「債券」「株式」たちなのです。


◆ 直近の500日、1000日のみを見るのか、
  30年、40年の歳月を見通すのかで、

同じ色のマーケットを見ても、
その【景色】は違って見えてくるはずです・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■【コレだけ読めば大丈夫!はじめての投資信託】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 日本経済新聞「電子版」
【コレだけ読めば大丈夫!はじめての投資信託】

「運用期間が決まっている投信は避けよう」
http://www.nikkei.com/money/fund/toushin.aspx 

私たちの人生時間から、
運用期間が決まっているファンドがいかにおかしいかを書いてみました..。


カネダくん、アップルの株式を保有する期間が
「5年までです!」なんて最初から決まっていたらどうですか?

  早くも(連載)9回目です
 (更新が毎週 日曜日に変わりました!)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 2003年にスタートしたこの勉強会は、
   今でもわたしの「原点」です。 1/22 in 東京・大井町
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
   この勉強会を、
    【貯蓄】から【投資】への「架け橋」としてください!

    第70回 マネ缶スクール「スタンダードコース」
    【トウシとの初恋を成就させる黄金ルール17】

     1月22日(日)10:00 〜 16:50 東京・大井町

    http://www.sinyo-fp.com/seminar/course_s.html 

 
--------------------------------------------------------------------

◆ 【12月20日(火)限定】in 新宿

税理士、行政書士、社労士など士業のため
士業事務所の経営をしながら毎月5万円で7000万円の資産をつくる方法
 
http://www.keieitensai.com/shinyo/ 

積立ってなに? 投資信託ってどうなの? 
これから資産運用の扉を叩くあなたに向けてお話します!


◆ 【明年1月13日(金)18時30分 〜】in 有楽町

モーニングスター
『2012年新春セミナー 〜インデックスファンドで資産運用〜』
 
・第二部のパネルディスカッション
「これからのポートフォリオ運用を考える」に登壇いたします。

第一部 基調講演ではWBS等でおなじみの
齋藤精一郎さんが「欧州危機と世界経済の展望」 と題してお話をされます。

http://www.morningstar.co.jp/event/1201semi/ms/index.html 


--------------------------------------------------------------------

◆ あなたにとって、本日のメルマガが
「投資信託を身近に感じる一助」になったなら幸いです♪  

本日のメルマガでお感じになられたこと、

ご意見・ご感想などありましたら、
ご一報いただけると嬉しいです..。
info@sinyo-fp.com

--------------------------------------------------------------------

 □■       公式ブログ         □■
【カン・チュンドの インデックス投資のゴマはこう開け!】
      http://tohshi.blog61.fc2.com/   

--------------------------------------------------------------------

【編集後記】

● 11月に日経マネーさんの取材で
サンフランシスコに行ってきました。

ETFのみを用いたポートフォリオ提案を行っている
Main management代表の kim Arthurさんと、

わたくしの対談の模様が、

12月21日発売の
【日経マネー2月号】に掲載される予定です。

わたし自身、
紙で見た仕上がり具合を楽しみにしています・・。


ところで最近、小さな地震が多いと思いませんか?

(ちょっと心配になっています…)

--------------------------------------------------------------------

=おかげさまで12年目を迎えます。=
晋陽FPオフィス 代表 カン・チュンド
〒108-0014 
東京都港区芝5丁目20-7 グランドメゾン三田603
お電話 03-6435-0078  営業時間 10:00〜21:00(土・日・祝営業。定休日 火)

【コンサルティング専科】の詳細はコチラから。
http://www.sinyo-fp.com/consulting/index.html 

※ 当オフィスは12月29日より1月4日まで年末年始のお休みをいただきます。
ご理解のほどよろしくお願い致します。

--------------------------------------------------------------------

    晋陽FPオフィスは
    金融商品の販売・斡旋に一切関与していない
    完全独立のファイナンシャルプランナー事務所です。         

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【発行部数】まぐまぐ  3740部  メルマ 243部 

  /\☆ カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法 497号 
 / \    
 / \     2000年来の【バックナンバーは こちら】
 ~~‖~~      http://blog.mag2.com/m/log/0000051074/    
  ‖ 

  賢いとは、多くのことを
  知っている人ではなく、

  大事なことを
  知っている人をいうのだ

    アイスキュロス

--------------------------------------------------------------------

= 今後のセミナー予定 =
http://sinyo-fp.com/seminar/index.html

アドバンスコース「ポートフォリオ作成講座」    12月23日(祝)
スタンダードコース「黄金ルール17」      1月22日(日)
ファンド特化コース 「投資信託テッテイ攻略法」  2月25日(土)


■ 発行者 【晋陽FPオフィス】代表
  カン・チュンド(姜 忠道)
  http://www.sinyo-fp.com/ 

■ 当オフィスのミッション
日本のビジネスパーソンに、
シンプルで継続しやすい資産運用を啓蒙すること。

■ サービス理念
資産形成を通じてお金に縛られない時間を創出し、
人が社会に還元するマインドを育むこと。

--------------------------------------------------------------------

■  当メルマガの【解除】を希望される方は
  下記ページにて 購読解除 の手続きをどうぞ。

   <登録されたメールアドレスを入力してください>

  まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000051074.html 
  melma   http://www.melma.com/backnumber_38160/ 

■ 【カン・チュンドの 横顔】は こちら です。
   http://www.sinyo-fp.com/sinyo_fp/profile.html    

【ご注意】

当メールマガジンは、情報の提供を目的としたもので、特定の株式・投資信
託の購入、また特定のポートフォリオを推奨するものではありません。 
提供する情報については主観の要素を含んでおり、その完全性を保証するも
のではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、
当事務所、また私個人がその責任を負うものではありません。 投資のご判
断は、皆さんご自身の責任でなさるようお願いします。

Copyright(C)SINYO FP OFFICE All rights reserved


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。