投資

カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

早くも800号突破!確定拠出年金、つみたてNISAにも投資信託の【正しい知識】は必須です。ファンドの選び方は?コスト体系は? 投資信託のスペシャリストを自認する独立FPが、ファンドの【基礎】から【実践的な活用法】まで懇切ていねいにレクチャーします!


全て表示する >

投資信託 テッテイ 攻略法 (小さな株と大きな株で、市場を分けると投資対象が増えますよ)

2011/11/16

■■■■■■■■■■■■■■■
  カン・チュンド の                         494号
 投資信託 テッテイ 攻略法     ・・・・・・・・・・・・・・・・
■■■■■■■■■■■■■■■                         2011/11/16



          時間は運用というものを
          まったく様変わりさせる。
            チャールズ・エリス




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
┃今日のお話  :【小さな株と大きな株で、市場を分けると投資対象が増えますよ】

┃セミナー   : 12/4(日)【ココロを豊かにする地球丸ごと投資】
┃                            〜投資信託で世界にエールを送ろう!〜
┃               (セゾン投信 主催: 女性限定)

┃発行者    : 晋陽FPオフィス カン・チュンド
┃         シンプルで継続しやすい資産運用を貴方に。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● こんにちは、カン・チュンド です。

いつも当メールマガジンをお読みいただき、
ありがとうございます!


あなたがこのメルマガを読んでいる頃、
わたしは「サンフランシスコ」に居ます..。

えっ!?


実はマネー誌の取材で、

ETFを用いて投資家にアドバイスを行っているFAの方と
「対談」をさせていただくことになったのです。

(また詳細はブログ等でご報告させていただきますね..)


と・こ・ろ・で、
カネダマモルくんは

今日も都内でルートセールスに励んでいますよ。

日本経済新聞「電子版」
【コレだけ読めば大丈夫!はじめての投資信託】
http://www.nikkei.com/money/fund/toushin.aspx 

今日はすでに(連載)5回目、です。


今から200年前、
ふつうの市民が国際分散投資するなんて、

夢のまた夢だったのです・・。
(毎週月曜日 更新予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ はじめて当メールマガジンをご覧になる方へ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当メルマガは 日本中のどの専門家よりも 投資信託のエッセンス を、

1.やわらかく 
2.わかりやすく 

お伝えすることを目的としています。
(メルマガ内容も それに沿っているはず!?)

(日本では)投資 を行うには
「特別な才能」や「大きな決心」が必要かのように云われていますが、

それは × ですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 人と違うスタイルを採用したい・・・それが「おしゃれ心」です。。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● おしゃれ心って、誰もが持っています。

ところで、あなたの好みの「スタイル」はありますか?

 
たとえば、ファッションでは、

・ジーンズ + Tシャツ 型
・アイビースタイル(ブレザー+チノパン)

・ゴルフウェア 型
・ポロシャツ + 短パン 型?

というように、
あなた好みの「スタイル」というものがあるはずです。


投資信託という商品は大きく分けると、
【インデックス型】【アクティブ型】に分類されますが、


ファンドはさまざまな「スタイル」によって
区分けをすることも可能です。


たとえば、

株式市場に存在する銘柄をすべて「フクロ」に詰め込んで
運用すれば、

それは自動的に「インデックス・ファンド」になります。


では、ひとつの株式市場で、

ふたつも三つも、
「インデックス・ファンド」を作ることって可能なのでしょうか?

答え)可能、です。


えっ、どうやって?

株式市場を【切り分ければ】いいのです。



1. 【小型株式ファンド】と【大型株式ファンド】という分け方。

「小型株」とは要するに、
まだあまり大きくない企業の株式、ということです。 

(その分「高い成長」が期待できますね)


小型株式に当てはまるのは、
(広義でいうところの)サービス業が多く、

国内の消費者を相手にした「ドメスティック型」の会社が多いのです。


また「小型株式」は一般に
「大型株式」より値動きが激しくなります。

(なにぶん 安定性 に欠けますので・・。
 「リスク」が大きいということですね)



一方の「大型株」は、
(文字通り)大きな企業の株式、です。 

大型株式に当てはまるのは、
(広義でいうところの)重厚長大型の会社が多く、


海外にも商品・サービスを売り、
複数の国から売上げをあげている会社も少なくありません。

(「グローバル型」の会社がけっこう存在するのです)


このように、

「小型株式」と「大型株式」の特性の違いに着目して、
それぞれで「投資信託」を組成することが可能です..。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 小型株式 と 大型株式 を分ける【物差し】は・・?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 私たちは 小型株式、大型株式 を区分けするために、
  【時価総額】を用います。

 時価総額 ? (以前に出てきましたね・・)
 
 時価総額 = 発行済み株式数 × 株価

(時価総額 とは要するに、その会社の【大きさ】を示すものなのです・・)


◆ (日本の株式でいいますと)

わたしは【時価総額】1000億円未満 の会社を、
「小型株式」と定義しています。

500億円未満は 小型株式 より更に小さい、
「マイクロ株式」とします。


1000億円 〜 1兆円「中型株式」
1兆円〜       「大型株式」というイメージです。


さあ、応用ですよ。

たとえば「日本小型株アクティブファンド」という
ファンドがあれば、

それは日本の小型株式をピックアップして、
「いちばの平均値」を上回る収益を目指す、

ということになりますね。


さて、ここで「問題」です。

この場合の「いちばの平均値」とは、
日経平均株価 や トピックス なのでしょうか?

答え) んー、違います。

--------------------------------------------------------------------

● 日本の小型株式 とは、日本の「株式市場」を
 より【細分化】したものですから、

日本小型株式 には、
日本小型株式 にふさわしい「いちばの平均値」、

つまり、

【市場】をより細分化したところの
「平均値」を用いるほうが、実態に合うのではないでしょうか。


具体例を挙げましょう)

【フィデリティ・日本小型株・ファンド】
http://www.fidelity.co.jp/fij/fund/jps_1.html  

の「ベンチマーク」を見てください。

Russell/Nomura Mid-Small Cap インデックス
と書いてありますよ。

??


まあ、あまり聞いたことがない指数ですが(笑)、

Russell/Nomura Mid-Small Cap インデックスとは、
要するに日本株インデックスの「中小型株式指数」であり、


Russell/Nomura Total Market という、
市場そのものインデックスの、

時価総額中位35%と
下位15%をカバーしている【指数】なのです。


⇒ 確かに、この「いちばの平均値」のほうが、
日本小型株式 にしっくり当てはまりますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 市場を三つに分けると、⇒ 三つのインデックスファンドが出来ます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 次は【インデックス型】のファンドにおける、
 「小型株式」「大型株式」の 区分け です。

もちろん、

・日本小型株式 インデックス・ファンド とか、
・日本中型株式 インデックス・ファンド とか、
・日本大型株式 インデックス・ファンド を

作ることが可能ですね。


で、その【作り方】は?

日本の株式市場をサクッと3つに分けて、

・日本小型株式「指数」
・日本中型株式「指数」
・日本大型株式「指数」 を 作ればよいのです。

(「指数」があるところに、インデックス・ファンドあり・・・)


日本では、「小型株指数」などはたくさんあるのに、

それとの連動を目指す
「インデックス・ファンド」が極端に少ないのが気になります..。


投資家の選択肢を増やすためにも、

運用会社の皆さんにはもっと、
「中小型株式ファンド」を作って欲しいものです…。

(コストもリーゾナブルにして。)

--------------------------------------------------------------------

● 実は、
日興アセットマネジメントが、

・上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株 
・上場インデックスファンドTOPIX Mid400日本中型株
・上場インデックスファンドTOPIX100日本大型株

というインデックス・ファンドを2008年に作って、
今も運用を続けています。

http://www.nikkoam.com/products/etf-small/index.html 
http://www.nikkoam.com/products/etf-middle/index.html  
http://www.nikkoam.com/products/etf-large/index.html 


上記は、ふつうのインデックス・ファンドではなく、
実は【ETF】です。

??


ETFとは??

選んで(E)・楽しい(T)・ファンド(F)です。

 (ここ、笑ってくださいね…)


ETFとは「インデックス・ファンド」が、
株式市場に 上場 したものであり、

中身は「インデックス・ファンド」そのものなのです!


実は、小型株に投資を行う
コストが安いファンド、という意味では、

【ETF】が先行しています。


ブラジル小型株ETFや、
アメリカ小型株ETFや、

もっと視野を大きく取ると、
(地球儀を思い浮かべてくださいね・・)


アメリカを除く、
先進国、新興国の「小型株式」に広く投資を行う、

バンガード・FTSE・オールワールド
(除く米国)スモールキャップETF

なんていうものもあります。

(日本のネット証券を通じて購入可能です。
銘柄コード VSS)

年間のけいぞくコストはなんと 年0.33%!
http://bit.ly/f5m6u2



ポートフォリオの発展形として、

○ 株式・債券など「資産の分散」を図りながら、

○ 株式の中で、
大型株式・小型株式の「スタイル分散」も図り、

ポートフォリオのリスク軽減に努めることが可能になります・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ つみたての威力、インデックス・ファンドの優位性が分かりますよ・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   大人のオンナのキャリア塾です。

  【ココロを豊かにする地球丸ごと投資】
  〜投資信託で世界にエールを送ろう!〜


 ⇒ お給料は、普通預金に入れっ放しです。
 ⇒ ワタシには投資なんて関係ないのでは・・・。
 ⇒ 数字をみて、いつも自分で判断しないといけない、
   そういうのは絶対ムリです。

 という「あなた」にこそ、受けていただきたい勉強会なのです。

     12月4日(日)13:30 〜 15:30
   東京・渋谷 T’s渋谷フラッグ Room7G

http://www.saison-am.co.jp/seminar/shusai20111204.html

     「お任せ派」「DIY派」に分けて、
中立的の立場から、つみたて投資、投資信託について解説します!
 
--------------------------------------------------------------------

◆ こんなイベントに登場させていただきます!

  11月26日(土)国際分散投資フェア2011(SMBC日興証券主催)
 【ETFはじめの一歩】と題して講演いたします。

  ⇒ どちらかというと、個別株をしている人に
  ETFの魅力をお伝えしていくセミナーとなります。

 (場所は東京証券取引所です。時間は14時30分より!)

http://www.smbcnikko.co.jp/seminar/special/nfs11/pdf/tokyo.pdf 

--------------------------------------------------------------------

◆ あなたにとって、本日のメルマガが
「投資信託を身近に感じる一助」になったなら幸いです♪  

本日のメルマガでお感じになられたこと、

ご意見・ご感想などありましたら、
ご一報いただけると嬉しいです..。
info@sinyo-fp.com

--------------------------------------------------------------------

 □■       公式ブログ         □■
【カン・チュンドの インデックス投資のゴマはこう開け!】
      http://tohshi.blog61.fc2.com/   

--------------------------------------------------------------------

【編集後記】

● 11月12日(土)はちょっと感慨深い日でした..。

わたしも妻も、
同じ日にセミナーで講演していたのです。

(わたしは神戸で。妻は大阪で..)

それぞれ専門は違いますが、
これからもお互いに切磋琢磨していきたいです..。

(妻の集客状況がよいのを聞くと、
わたしも「頑張らないと!」と思ってしまう..笑)


たいへん恐縮です、
11月15日〜11月18日はアメリカ出張のため、

この間、オフィスでのコンサルティングはお休みとさせていただきます。
ご理解の程どうぞよろしくお願い致します。

(サンフランシスコに行くのは24年振りです....カン)

--------------------------------------------------------------------

=おかげさまで12年目を迎えます。=
晋陽FPオフィス 代表 カン・チュンド
〒108-0014 
東京都港区芝5丁目20-7 グランドメゾン三田603
お電話 03-6435-0078  営業時間 10:00〜21:00(土・日・祝営業。定休日 火)

--------------------------------------------------------------------

    晋陽FPオフィスは
    金融商品の販売・斡旋に一切関与していない
    完全独立のファイナンシャルプランナー事務所です。         

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【発行部数】まぐまぐ  3710部  メルマ 243部 

  /\☆ カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法 494号 
 / \    
 / \     2000年来の【バックナンバーは こちら】
 ~~‖~~      http://blog.mag2.com/m/log/0000051074/    
  ‖ 

  賢いとは、多くのことを
  知っている人ではなく、

  大事なことを
  知っている人をいうのだ

    アイスキュロス

--------------------------------------------------------------------

= 今後のセミナー予定 =
http://sinyo-fp.com/seminar/index.html

女性限定「ココロを豊かにする地球丸ごと投資」   12月4日(日)
アドバンスコース「ポートフォリオ作成講座」    12月23日(祝)
スタンダードコース「黄金ルール17」      1月22日(日)
ファンド特化コース 「投資信託テッテイ攻略法」  2月25日(土)


■ 発行者 【晋陽FPオフィス】代表
  カン・チュンド(姜 忠道)
  http://www.sinyo-fp.com/ 

■ 当オフィスのミッション
日本のビジネスパーソンに、
シンプルで継続しやすい資産運用を啓蒙すること。

■ サービス理念
資産形成を通じてお金に縛られない時間を創出し、
人が社会に還元するマインドを育むこと。

--------------------------------------------------------------------

■  当メルマガの【解除】を希望される方は
  下記ページにて 購読解除 の手続きをどうぞ。

   <登録されたメールアドレスを入力してください>

  まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000051074.html 
  melma   http://www.melma.com/backnumber_38160/ 

■ 【カン・チュンドの 横顔】は こちら です。
   http://www.sinyo-fp.com/sinyo_fp/profile.html    

【ご注意】

当メールマガジンは、情報の提供を目的としたもので、特定の株式・投資信
託の購入、また特定のポートフォリオを推奨するものではありません。 
提供する情報については主観の要素を含んでおり、その完全性を保証するも
のではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、
当事務所、また私個人がその責任を負うものではありません。 投資のご判
断は、皆さんご自身の責任でなさるようお願いします。

Copyright(C)SINYO FP OFFICE All rights reserved


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。