投資

カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

早くも800号突破!確定拠出年金、つみたてNISAにも投資信託の【正しい知識】は必須です。ファンドの選び方は?コスト体系は? 投資信託のスペシャリストを自認する独立FPが、ファンドの【基礎】から【実践的な活用法】まで懇切ていねいにレクチャーします!


全て表示する >

投資信託 テッテイ 攻略法 (ん? 信託報酬 < 年間トータルコスト なんだ・・)

2011/10/19

■■■■■■■■■■■■■■■
  カン・チュンド の                         491号
 投資信託 テッテイ 攻略法     ・・・・・・・・・・・・・・・・
■■■■■■■■■■■■■■■                         2011/10/19



          市場のタイミングを計るのは
            悪魔の囁きです。

             チャールズ・エリス




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
┃今日のお話  : 【ん? 信託報酬 < 年間トータルコスト なんだ・・】

┃セミナー   : 11/6(日)【シブヤでマネーな女になる講座】(フロー編)
┃         http://fp-kazuna.com/seminar/flow.html 
┃         
┃発行者    : 晋陽FPオフィス カン・チュンド
┃         シンプルで継続しやすい資産運用を貴方に。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● こんにちは、カン・チュンド です。

朝夕、秋の気配が濃くなってきましたね。
皆さん、いかがお過ごしですか・・・。


ところで、わたしの愛車は「緑のポルシェ」
のような、自転車です(笑)

この季節、自転車に乗っていると実に爽快なのですが、
最近、すごいブームなのですね、自転車って。


「ロードレーサータイプ」の自転車が
車道を走っている姿をよく見かけます。

(あれってちょっと恐そうですが..)


わたしはごく普通の
「ママチャリ」タイプを運転しております(笑)



⇒ 金融商品でも、
「ロードレーサータイプ」のものもあれば、

万人の人が手軽に購入できる
「ママチャリ・タイプ」のものもありますね。

投資信託は「ママチャリ・タイプ」の代表格でしょう..。


(ということで?)

今週から、
日本経済新聞「電子版」にて連載を始めました!

【コレだけ読めば大丈夫!はじめての投資信託】
http://www.nikkei.com/money/fund/toushin.aspx 


なかなかお金が貯まらないカネダマモルくんと一緒に、
ゼロから投資信託について学んでいきましょう。

(毎週月曜日 更新予定!)


「ん? このメルマガはどうなるの?」

「もちろん、続けるしかありません!・・(カン)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ はじめて当メールマガジンをご覧になる方へ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当メルマガは 日本中のどの専門家よりも 投資信託のエッセンス を、

1.やわらかく 
2.わかりやすく 

お伝えすることを目的としています。
(メルマガ内容も それに沿っているはず!?)

(日本では)投資 を行うには
「特別な才能」や「大きな決心」が必要かのように云われていますが、

それは × ですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ その昔、【群れ】から離れることは「死」を意味していました。
   なので(私たちは)高いときに買って、安いときに売ってしまう?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● アメリカのFP大会では、まるで小学校2年生のような、
  「どうして、こういうことが起きるの?」
 
「なぜ、私たちはそうしてしまうの?」

という問いに対して、

数多くの答えが
【セッション】という形で提示されていました。

(アメリカ人は本当に「なぜ?」が好きなのです・・)


⇒ カン・チュンド 【ブログはここだ!】

--------------------------------------------------------------------
【アメリカ視察 第6弾】 わたしもあなたも馬のハートを持っています
--------------------------------------------------------------------

● 昔、TBS系で「野生の王国」という番組をやっていて、
よく祖父と一緒に観ていました。

たとえば、
ライオンが馬の群れを狙っていると、

馬たちはライオンの気配に気付いて一斉に逃げ出します。

そういうシーンって、頭に浮かびますよね。


馬の群れの中には、
リーダー格の馬(あるいはリーダー格の馬たち)が必ずいて、

【群れ】を統率しています。


一頭の馬が突然駆け出すと、
【群れ】もそれにつられて駆け出します。


そのリーダーの馬が、単に(気分的に)
「駆け出したい」気持ちでそうしたとしても、

ちょっと森のほうに行って水を飲もうと思い
駆け出したとしても、

半分パニックになって駆け出したとしても、
(実はその理由は)あまり重要ではありません・・。


【リーダー格の馬が動けば、群れも動く。】
そういうことなのです。


 続きは【コチラ】からどうぞ。
http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-1491.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ ん? 信託報酬 < 年間トータルコスト なんだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● さて、あなたがもし
「投資信託」という商品を持っていて、

「ボクはいったいどれくらいのコストを払っているんだろう?」と、
一度でも疑問に思ったことがあるなら、

それはあなたが、
【小学校2年生のピュアな好奇心】を持っている証拠です。

ひと言、わたしから・・・。
「あなたはエライ!」


生命保険という商品と違って、
投資信託という商品では、

商品にかかっているすべてのコストが【開示】されています。

したがって、
小学校2年生のピュアな好奇心をもってすれば、

そのコスト(数字)は知ることができるのです。



「えっ、でもカンさん。
たとえば、年間にかかる継続的なコストって、

あの、信託報酬のことでしょ?」


えー、それはまあ、間違いではないのですが、
(正確にいうと)正しくありません・・。


たしかに、ファンドを買って継続的に払う手数料は
「信託報酬」ですが、

その他の費用まで含めた、
【合計の年間手数料】が、

どのくらいかかるのか、考えてみたことがありますか?


いきなり大事なことを申し上げますが、

実は、
◆ 信託報酬 < 年間トータルコスト なのです。

えっ!??

--------------------------------------------------------------------

● 「信託報酬」という言葉は、
アメリカの投資信託(ミューチュアル・ファンド)の中では

見当たりません。

たとえば、バンガードのインデックス・ファンドでは、
expense ratio「経費率」という言い方をしています。


・バンガード Small-Cap Index Fund Investor Shares  
https://personal.vanguard.com/us/funds/snapshot?FundId=0048&FundIntExt=INT  

Expense ratio「経費率」は、
年間 0.31% となっています。


◆ この「経費率」こそが、信託報酬を含めた
ファンドの【年間コスト】なのですね。



ですから、

○○投資信託の「信託報酬」がいくらか、
が大切なのではなく、

ほんとうは、

○○投資信託の【年間トータルコスト】がいくらなのかが
重要なのです。

そう、
◆ 信託報酬 < 【年間のトータルコスト】 なのですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 年間のトータルコストって、どこに載っているの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● たとえば、「信託報酬」そのものは低いファンドでも、

その他の費用などを合計すると、

年間の【トータルコスト】がすごく高くなっている、
というケースはめずらしくありません。


「じゃあ、年間のトータルコストって、どこに載っているの?」

答え)⇒ ファンドの【運用報告書】に載っています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◆【運用報告書】とは・・

ファンドの決算期ごとの「全活動報告レポート」のこと。


↑ ほとんどの運用会社のホームページで、
閲覧することが可能です(もちろん印刷も可能..)

「具体例」を挙げて見ていきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ JFアジア株・アクティブ・オープンの【トータルコスト】はいくら?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 具体例は、

JPモルガン・アセット・マネジメントが運用する、
「JFアジア株・アクティブ・オープン」です。

このファンドは、東アジア、東南アジアの株式に投資を行う
アクティブ・ファンドです。

1998年11月設定ですから、
運用を始めてもうすぐ13年です。


「信託報酬」は? 

ホームページ上、
【手数料】のところを見ればわかりますね。
http://www.jpmorganasset.co.jp/fund/info/832000/memo.html 

「信託報酬」は 1.6065% です。


そして、
「決算日」のところもチェックしておきましょう。

<原則として毎年5月15日および11月15日>
と記されています。

つまり、年2回の「決算」なのです。 


さて、JFアジア株・アクティブ・オープン
2011年 5月の【運用報告書】です。

https://www.jpmorganasset.co.jp/jpec/ja/fund/info/832000/pdf/unho_110516.pdf 
 (PDFファイルです)



上記「PDFファイル」の5ページを見てください。

【1万口当りの費用明細】と載っています。

ここが、ファンドにかかる
【トータルコスト】を記した <重要部分> です。

         
信託報酬   140円
(投信会社) (67)
(販売会社) (64)
(受託銀行)  (9)

売買委託手数料 21
(株 式)  (21)

有価証券取引税 15
(株 式)  (15)

保管費用等   10

合計     186

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 運用報告書の情報開示はとてもわかりやすい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● JFアジア株・アクティブ・オープンでは、

1万口あたり 計186円のコストが
かかっていることがわかります。


この【1万口当りの費用明細】を見れば、

継続コストのうち、
「信託報酬」はほんの一部なのだなあー、

と実感できますね。 


また、これは注意点ですが、
ファンドの【トータルコスト】を見るのと同時に、

必ず決算時点における「基準価格」をチェックしましょう。


 上記【運用報告書】の、

(PDFファイル2ページの)
【当期中の基準価額と市況等の推移】のところで、

2011年5月16日、決算時点における
1万口当りのファンドの値段「基準価格」をチェック!


決算時点における「基準価格」は 17,403円 です。



これは簡易計算になりますが、

【1万口当りの値段】17,403円 で、
信託報酬が 140円 かかっていますから、

140円 ÷ 17403円 = 約0.8%

JFアジア株・アクティブ・オープンの
「信託報酬」は 1.6065% と記されていますから、


「えっ!?  0.8%って、
カンさん、すごく安いですね!」


あっ、でもちょっと待ってください。


◆ このファンドは、
年に2回「決算」を行っていますから、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そもそもこの【運用報告書】は、
6ヶ月間の「全行動報告レポート」となります。


「信託報酬」は 【年率】 ですから、
 0.8% × 2 = 約1.6%

(ちゃんと1.6%になっていますね・・)

--------------------------------------------------------------------

● ところで、
このファンドは「アクティブファンド」ですから、

 銘柄の売買をよく行います。

   ↓

【売買委託手数料】を、
私たちのコストとして払っていますよ。


売買委託手数料 21


外国の株式を売り買いしますから、

  ↓

【有価証券取引税】を
私たちのコストとして払っていますよ。


有価証券取引税 15


その他、ファンド資産の保管費用、

監査法人に支払う監査費用、
事務手数料なども支払っています。

<私たちのコストとして!>

保管費用等   10

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 運用報告書の情報開示はとてもわかりやすい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 本当の意味での【年間経費率】

1年間の「ファンドのトータル管理手数料」は、
合計 186円 と見なければいけません。


期末の「基準価格」は17,403円、

また簡易計算になりますが、

186円 ÷ 17403円 = 約1%

約1% × 2 =【約2%】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これだけの【年間コスト】が、
このファンドにはかかっているのです。



言い方を換えると、

この【マイナス2%】のハードルを越えないと、
私たちの収益はプラスにはならないということ・・。


◆ これらすべての費用は、
私たち・ファンド保有者が、

私たちのおサイフから【負担】していることを
どうかお忘れなく・・。


※ 練習のために、運用会社のサイトに行き、
あなたが保有する投資信託の「運用報告書」(PDFファイル)を見て、

この【1万口当りの費用明細】をチェックしてみましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 守りのお金(保険)と、攻めのお金(投資)のことを
  【同時に】学べる勉強会って滅多にありません・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  【シブヤでマネーな女になる講座 フロー編】 
   「保険」と「投資」のダブルセミナー 

   11月6日(日)13:30 〜 16:00 東京・渋谷
   「フェリーチェプラン セミナールーム」 

  わたくしカンと、保険の達人 田中香津奈さんが
   あなたのマネーのお悩みを解決します!

   http://www.fp-kazuna.com/seminar/flow.html 


  ※ シブマネ講座 ストック編は12月11日開催!

--------------------------------------------------------------------

・10/30(日)マネ缶スクール【スタンダードコース】は残席1 です。
 http://www.sinyo-fp.com/seminar/course_s.html 

・11/12(土)兵庫FPフォーラムで講演をさせていただきます。
 https://www.jafp.or.jp/tbb/?hojin_cd=928


・11/27(日)マネ缶スクール【ファンド特化コース】
・12/23(祝)マネ缶スクール【アドバンスコース】

--------------------------------------------------------------------

◆ 本日のメルマガを読まれて
お感じになられたこと、ご意見・ご感想などありましたら、

ご一報いただけると嬉しいです..。
info@sinyo-fp.com


あなたにとって本日のメルマガが
「投資信託を身近に感じる一助」になったなら幸いです♪  

--------------------------------------------------------------------

 □■       公式ブログ         □■
【カン・チュンドの インデックス投資のゴマはこう開け!】
     http://tohshi.blog61.fc2.com/   

--------------------------------------------------------------------

【編集後記】

●  先日、仕事帰りに久しぶりに「散歩」を楽しみました。

溜池山王から霞ヶ関方面に向かい、
中央合同庁舎を抜け、日比谷公園まで歩いてみました。

宵の口になると、秋の涼やかな風が体に染み込んできて、
とても気持ちがよかったです。

ところで、
中央合同庁舎ってはじめて見たのですが、

(なんと言いますか)すごく古いのですね・・。


日本の行政の中心なわけですから、
もっと威厳がある建物であってもよいと思うのですが・・。

--------------------------------------------------------------------

=おかげさまで12年目を迎えます。=
晋陽FPオフィス 代表 カン・チュンド
〒108-0014 
東京都港区芝5丁目20-7 グランドメゾン三田603
お電話 03-6435-0078  営業時間 10:00〜21:00(土・日・祝営業。定休日 火)

--------------------------------------------------------------------

    晋陽FPオフィスは
    金融商品の販売・斡旋に一切関与していない
    完全独立のファイナンシャルプランナー事務所です。         

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【発行部数】まぐまぐ  3710部  メルマ 243部 

  /\☆ カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法 491号 
 / \    
 / \     2000年来の【バックナンバーは こちら】
 ~~‖~~      http://blog.mag2.com/m/log/0000051074/    
  ‖ 

  賢いとは、多くのことを
  知っている人ではなく、

  大事なことを
  知っている人をいうのだ

    アイスキュロス


■ 発行者 【晋陽FPオフィス】代表
  カン・チュンド(姜 忠道)
  http://www.sinyo-fp.com/ 

■ 当オフィスのミッション
日本のビジネスパーソンに、
シンプルで継続しやすい資産運用を啓蒙すること。

■ サービス理念
資産形成を通じてお金に縛られない時間を創出し、
人が社会に還元するマインドを育むこと。

--------------------------------------------------------------------

■  当メルマガの【解除】を希望される方は
  下記ページにて 購読解除 の手続きをどうぞ。

   <登録されたメールアドレスを入力してください>

  まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000051074.html 
  melma   http://www.melma.com/backnumber_38160/ 

■ 【カン・チュンドの 横顔】は こちら です。
   http://www.sinyo-fp.com/sinyo_fp/profile.html    

【ご注意】

当メールマガジンは、情報の提供を目的としたもので、特定の株式・投資信
託の購入、また特定のポートフォリオを推奨するものではありません。 
提供する情報については主観の要素を含んでおり、その完全性を保証するも
のではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、
当事務所、また私個人がその責任を負うものではありません。 投資のご判
断は、皆さんご自身の責任でなさるようお願いします。

Copyright(C)SINYO FP OFFICE All rights reserved


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。