投資

カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

早くも800号突破!確定拠出年金、つみたてNISAにも投資信託の【正しい知識】は必須です。ファンドの選び方は?コスト体系は? 投資信託のスペシャリストを自認する独立FPが、ファンドの【基礎】から【実践的な活用法】まで懇切ていねいにレクチャーします!


全て表示する >

投資信託 テッテイ 攻略法 (いかに負けないかという戦略が【分散投資】です)

2006/12/12

2006年
「さ〜て、オイラは そろそろお暇だ。
1年なんてあっという間だね」

カン
「本当にお疲れさまでした・・。
ぼくも今日が 今年のメルマガ 書き納めです」

2006年
「おや? ずいぶん早いね。山にでも籠るのかい?」

カン
「いいえ、そんなんじゃないですけど。

来年にむけてちょっと
ビジネスプラン を練っておきたいんです・・」

2006年
「ビジネスプラン ねえ〜。

それよりも、自分がいったいどんなことを言ってきたかを
(冷静に)振り返っておいた方がいいんじゃないか」

カン
「そうですか? じゃあ、そうします!」←(単純ですね)


ということで(笑)

(少し)早いですが、
本日で今年のメルマガ「書き納め」です。

もちろん ビジネスプラン も練りますが(笑)

夜ぐっすり眠れる資産運用のために
書き綴ってきた「コラム」を
【ブログ】に移し替える作業を続行します。

(ようやく 2004年の8月分まで移設が完了しました・・汗)

 
【カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け!】

   http://tohshi.blog61.fc2.com/ 


上記ブログでは ↑ 各コラム(記事)を
【カテゴリー】で分けていますので、

ご興味ある分野のコラムが
見つけやすくなっていると思いますよ。


「最近あれかな、投資に近づきすぎているかな?」

と感じている方は、

当コラムで一服していただき、
資産運用の【原点】に戻ってみてください(笑)



■■■■■■■■■■■■■■■
  カン・チュンド の                         288号
 投資信託 テッテイ 攻略法     ・・・・・・・・・・・・・・・・
■■■■■■■■■■■■■■■                         2006/12/12

 
    あなたのお金が 世界を旅します....☆
    インデックス運用アドバイザー
    カン・チュンド(姜 忠道) http://www.sinyo-fp.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ このメルマガ が「目指すところ」・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● はじめて当メールマガジンをご覧になる方へ。

当メルマガは 日本中のどの専門家よりも 投資信託のエッセンス を、

1.やわらかく 
2.わかりやすく 

お伝えすることを目的としています。
(メルマガ内容も それに沿っているはず!?)

(日本という社会では)投資 を行うには「特別な才能」や「大きな決心」
や、「物おじしない度胸」が必要かのように云われていますが、
それは × です。

◆ 投資 とは私たちの日常生活の中に含まれる「行為」です。
その 投資 を行うための 【便利な道具】が 投資信託(ファンド)
というわけです。

このメールマガジンでは、投資信託 を皆さんの身近なパートナーに
していただくための「ノウハウ」を具体的にお話してまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ あなたは幸せに 投資と出会えていますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    @ マネーの缶詰めスクール  スタンダードコース
       1/28 東京・大井町【きゅりあん】

     30代、40代のビジネスパーソン に、
     シンプルで継続しやすい資産運用を啓蒙することが
     当スクールの 使命(ミッション)です。

    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04.html


    (あなたの「思い込み」を一新させましょう・・)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 順序立てて「運用の設計図」を作ると・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● こんにちは。カン・チュンド です。

先週は、

1.まずは【設計図全体】をイメージする、
2.「安全性の資産」「リスク性の資産」の割合をイメージする、
3.金融商品(ファンド)を具体的に当てはめてみる。

という話をしました。

ポートフォリオを作っていく「イメージ」ですね。


別に、銀行や証券会社に頼らなくても、
「安全性の資産」「リスク性の資産」の 割合 を変えることで、

■ どれくらいのリスクを背中に背負うのかという
 【調節】は、カンタンに出来るのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ コア・ファンド を持ちましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● コア・ファンド とは、
資産運用において「核」となる ファンド のことです。

  コア・ファンド を持つ 
⇒ 周辺をいくつかのファンドで固める 
⇒ 資産の集合体( = ポートフォリオ)にする、

という「イメージ」ですね。

よく「ファンドを用いて資産運用する」とお話すると、

【じゃあ、どのファンドがいいのですか?】

という ご質問 を受けるのですが(笑)


・資産運用は 点 で捉えるものではありません。
 (面 で捉えるものです・・)

 (もっと言えば)運用とは、
・一本の「木」を見ることではく「森」全体を見ることなのです。


「ポートフォリオ運用」 =【分散投資】は、
古くはヨーロッパに始まり、

保険会社 の運用でも、
皆さんの退職金を運用する 企業年金 でも、
【当たり前】のように行われています・・。

http://www.boy.co.jp/kojin/toushi/t_shintaku/portfolio.html 

--------------------------------------------------------------------

● (要するに)わたしの主張はとてもシンプルで、

「かつて一部の人に握られてきた
【分散投資】という ノウハウ が(IT社会のおかげで)

私たち 一般生活者 のもとに降りてきた。
これを利用しない手はないでしょ?」

というものです。
(ちなみに「利用料」はタダです・・)


皆さんが ポートフォリオ を作る際には、
ぜひ コア・ファンド(中心となるファンド)を持ちましょう。

最初は【円建てMMF】でも構いません。

(慣れてくれば)日本株式に投資する
「インデックス・ファンド」でもよいでしょう。
 
とにかく「これは!」と思うファンドを

以前にご紹介した【積み立て方式】で、
時間をかけて買ってみましょう・・。 

そして(あまり神経質にならず)定期的に
「ファンドの値動き」をチェックすればよいのです。


(チェックの仕方は?)

以前お話した【週間レポート】【月間レポート】
(情報の宝庫でしたね・・)を覗いてみましょう。

http://blog.mag2.com/m/log/0000051074/107717472.html


皆さん自身が
「経験」と「知識」を積み重ねるうちに、

「このファンドは信頼できるかどうか?」が
おぼろげに見えてくるはずです。

1年、3年と経過しても、
あなたの期待を裏切らないファンドは

(長い目で見て)
あなたの【コア・ファンド】になる可能性が高いといえます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ ポートフォリオは【生き物】です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● もうお気付きかと思いますが、

皆さんが 運用する資産の「集合体」
ポートフォリオ は、ひとつの【生き物】です。

例えば(シンプルな ポートフォリオ として)

■ 円建てMMF プラス 世界債券ファンド を保有する。

あるいは、

■ 円建てMMF プラス 
  ドル建てMMF & ユーロ建てMMF を保有する。

また、

【コア・ファンド】を
 日本株式ファンド にしたい方は、

■ 日本株式ファンド プラス 世界株式ファンド を保有する。

リスク を軽減させるために、

■ 日本株式ファンド  プラス  世界株式ファンド、 
  円建てMMF     プラス  世界債券ファンド を保有する。

 という
「組み合わせ」を行うことが可能です。


ここでの【ポイント】は、

< 相性がよい「株式」と「債券」を併せて保有しましょうね >

  ということです・・。


  あっ、それに

■ はじめから完成された ポートフォリオ を持つ必要はありませんよ。

--------------------------------------------------------------------

● あくまで あなたのペース に合わせ、
  あなたの「お金の状況」とも相談して、

ゆっくりと 資産の集合体(ポートフォリオ)を
完成させていけばよいのです・・。 

(別に「締切り」があるわけじゃないし・・笑)


資産運用とは、

■ 瞬間の選択 ではなく、継続的な作業 なのですから・・。

(まさに「自分の城を築いていく」というイメージです)


(今までお話したことを、少し硬くまとめておくと)

  まずは、皆さんが利用する
  【アセット・クラス】(金融資産)を決定します。

→【運用スタイル】を決定します。
→【運用会社】も決定していきます、
→ 最終的に【運用商品】を各々決定する ということ。

そして(実は)「分散投資」とは、

■「結果的に、いかに負けないようにするか」
  という 戦略 なのです。


ゴルフでいえば、−10(10アンダー)を狙うのではなく、
イーブンパーを目指すこと・・。

・コンスタントに そこそこの成績を上げ続ければ、
 わたしも あなたも(立派に)資産形成 出来ますよ。


ですので(ポートフォリオ運用 では)

 ⇒ ひとつの金融商品だけを信じません、
 ⇒ ひとつの市場(マーケット)だけを信じません、
 ⇒ ひとつの運用会社(ファンド・マネジャー)だけを信じません、

「分けて、分けて」投資するのが、
 ワタシの 信条 なのよー、の世界なのです(笑)


運用とはほんらい、刺激的でも面白いものでもなく、
淡々とした【地味な作業】なのです・・。

(刺激的なこと、面白いことは 人生の他の場面で求めてくださ〜い!)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ もぎたて ETF(上場インデックス・ファンド)情報 ♪
                   ( 上級者向けです )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 本日は ETF関連情報のお知らせです。

ジャパンズコーポレートニュースによると、
http://www.japancorp.net/japan/default.asp 

i Shares 東欧株式 および インド株式ETFが
日本の証券会社を通じて 日本の投資家も購入可能になるとのこと。

 詳細は【下記】をご覧ください。
http://www.japancorp.net/japan/Article.asp?Art_ID=35506&sec=163
 

掻い摘んでお話すると、

バークレイズ・グローバル・インベスターズ(BGI)は
海外市場ETFである「i Shares MSCIインディア」
「i Shares MSCIイースタン・ヨーロッパ」を、

日本の証券会社により販売される
外国投資信託 および 外国投資法人 として、
金融庁へ届け出たそうです。

これで国内の証券会社は
上記ETFを取り扱うことが出来るのですが、
さて、どこがいちばん先に動くのやら・・。


なお、i Shares MSCIインディア については、
このコーナーで紹介済みです。

http://blog.mag2.com/m/log/0000051074/107662482.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 投資の「基礎体力」を高めたいあなたに・・。
   ただ今、ブログ化 の真っ最中です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     カン・チュンド が2000年から書き綴ってきた
      ファイナンシャルプランナーとしての足跡です・・。
 
      【カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け!】
          http://tohshi.blog61.fc2.com/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カン・チュンド の                      投資信託
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
         ( ご意見・ご質問 は こちらへ  )     
         (      どうぞ!!     )     
          \______ ______/          
                 ∨     
             info@sinyo-fp.com 
テッテイ                           攻略法
--------------------------------------------------------------------

皆さん、素朴な疑問・難問? なんでも結構です。
どしどし【質問】をお寄せください。

「こんなこと聞いたら笑われるかな・・?」
という 質問 をお待ちしております(笑)

私たちは長い長い【投資信託の知識ロード】を
歩み始めたばかりなのですから・・。

◆ お名前 が書かれている限り、必ず返信させていただきます!

--------------------------------------------------------------------

【編集後記】

・本年も当メールマガジンにご愛顧をいただき、
本当にありがとうございました。

(ところで)投資信託 とは 世界共通の【道具】です。

あなただけなく、
アメリカのスミスさんも、
ポーランドのコヴィンスキーさんも、
台湾の楊さんも、

ファンドを用いて お金を育てています。

30年前には決して考えられないことでしたが、

今では 誰もが ファンド を用いて
【世界の海で魚を釣っています・・】


今後、益々多くの人が、
【世界の海で魚を釣るように】なるでしょう。

なぜなら、
これから経済が成長する国・地域は
いくつもあるからです・・。

(シンプルに)

【世界の海で魚を釣る・・】


(どうか 東京湾のみで 資産運用を語らないでください)

無国籍人のマインドを持って、投資を行っていくのです。


そして、資産形成 を成し遂げたのち、
お金に縛られない「人生時間」を手にした時に初めて、

あなたの【ライフワーク】が始まるのだと
わたしは思います。


それでは 来年もよろしくお願い致します・・。

(次回のメールマガジン発行は 明年 1/9 となります)

--------------------------------------------------------------------

【マネーの缶詰めスクール 日程です!】


 < 当スクールの 究極の目標 >

   ■ シンプルで継続しやすい資産運用を啓蒙すること。
   ■ ライスワークから ライフワークへの架け橋となること。


・1/28 in 東京 
         マネーの缶詰めスクール
    【トウシとの初恋を成就させる黄金ルール17】
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04.html 


・2/3 in 東京
         マネーの缶詰めスクール
    【アドバンスコース ポートフォリオ創作教室】
   http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_10.html 


・2/11 in 大阪 
         マネーの缶詰めスクール
    【トウシとの初恋を成就させる黄金ルール17】
   http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_a.html 


・2/12 in 大阪
         マネーの缶詰めスクール
    【アドバンスコース ポートフォリオ創作教室】
   http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_10.html 


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【発行部数】まぐまぐ 1602部   メルマ 261部 

  /\☆ カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法 288号 
 / \   
 / \     2000年11月来の【バックナンバーは こちら】
 ~~‖~~    http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000051074 
  ‖ 

■ 発行者 あなたのお金が 世界を旅します...☆
  【晋陽FP事務所】http://www.sinyo-fp.com/

■ 編集者 カン・チュンド(姜 忠道)
      インデックス運用アドバイザー

■ 【解除】をご希望される方は
  下記ページにて 購読解除 が可能です。
 (登録されたメールアドレスを入力してください)

  まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000051074.html 
  melma   http://www.melma.com/backnumber_38160/ 


■ 【カン・チュンドの 横顔】は こちら です。
   http://www.sinyo-fp.com/contents/main01_04.html

  < ホームページ 拾い読み・・ > 

■ 弊所の【投資ポリシー 1〜13】→ 骨太方針 です 
  http://www.sinyo-fp.com/contents/main02_07.html   

■ 非常識を裏返すと 常識 になります【投資新説・・】  
  http://www.sinyo-fp.com/contents/main01_05.html 

■ 珠玉のコラム集  カン・チュンドの 視点
  http://www.sinyo-fp.com/contents/main05_03.html 


 【ご注意】

当メールマガジンは、情報の提供を目的としたもので、特定の株式・投資信
託の購入、また特定のポートフォリオを推奨するものではありません。 
提供する情報については主観の要素を含んでおり、その完全性を保証するも
のではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、
当事務所、また私個人がその責任を負うものではありません。 投資のご判
断は、皆さんご自身の責任でなさるようお願いします。

Copyright(C)SINYO FP OFFICE All rights reserved

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。