鉄道

トラパシ鉄道模型通信

ブログ記事や、掲示板、鉄道模型大辞典、資料室、コレクションの情報をお知らせ。ゲージやスケール、日米欧亜、時代を問わず、実物、製品やファンの作品、雑誌や書籍、またネットの話題、蘊蓄等々。2001年5月創刊で600号を突破。アメリカ型鉄道模型情報、TransPacific melma版 から改名しました

全て表示する >

【TP 449】カトーのユニトラックで緩和曲線を(3)

2010/05/14

 例年なら連休中にコタツをしまうナラワシが、今年は未だにそのままです。まあ単に年齢的なもの、という話もありますが……。スペースが無いので、家人のテリトリーに短時間だけ線路を敷かさせてもらいました。
 この直線部分の無いオーバル・コースの長円と短円を測ります。線路中心に換算すると、2,067mmと1,602mmですから、元の製品のままと較べると夫々、6mm縮んで、22mm広がったことになります。上出来です。
 
 接着剤には、やはり大きな問題があります。MEK系特有の変形が僅かですが出ました。またリモネンをテストすると、材質的に全く食いついてくれません。
 
 また、帯材のシナリ(撓り)で緩和曲線を描く方法は、簡便法なんかではなくて、理論通りの厳密な手法である可能性が出てきました。
 
続きはブログで
http://works-k.cocolog-nifty.com/page1/2010/05/3-eb9e.html
 
■実物のポイント(分岐器)番数の決め方が、昔の雑誌に載っていた数式とは異なるという話を「ダブルスリップの思い出(2008-06-08)」でしましたが、これに説明図を追加しました。
http://works-k.cocolog-nifty.com/page1/2008/06/post_7dcf.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-12  
最終発行日:  
発行周期:週1回以上を目指します  
Score!: 86 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。