ビジネス一般

日本の支え「モノづくり」

日本の「モノづくり」への賛美と懸念を頭に置きつつ世の森羅万象を考える。図案屋稼業の傍ら、かって商社に勤務した経験も振り返り、書き溜めた著者自身の備忘録でもある。

全て表示する >

《90》 プラットフォームの撤退

2006/06/17

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃モ┃ノ┃づ┃く┃り┃、┃あ┃れ┃も┃こ┃れ┃も┃ (続編)
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛

                         --浪費なき日本の繁栄のために--

《90》 プラットフォームの撤退

パソコンの進化つれてソフトまでも消える。

面白いと思った対話のシステムが、いつの間にか消えた。
ブロードバンドとテレビ電話時代に合うインターネットプラットフォームで、
商社時代の同僚に誘われ、開発会社の幹部に会い、そのデモを見せてもらった。
10年前だから、テレビ電話など、遠い世界の話だと思っていたが、具体的に
見せられ、その実用性の高さに感心したものだった。

一対一のコミュニケーションを、モニターを見ながらやれる。
臨場感があるから、従来の郵便も、電話も、Eメールも、もはや隔靴掻痒だ。
つまり、モニターを通すとはいえ、相手の実像を確かめながらの対話というのは、
妙に安心感が沸く。コミュニケーションの本来の手法を取り戻した気にもなった。
相手が初対面で遠隔地にいても、親近感が沸き、果ては信頼感にまで発展する。
逆に、悪い印象なら見切りも早くなり、ことが効率的に進むだろう。

なかなかうまくできた対話のシステムで、その開発会社は、パソコンユーザに
「出合いの場」と「利用ソフト」を有料で提供した。ユーザーは、売る側と
買う側がいて、モニターを通して商売ができる。その開発会社は「場」を提供、
さらに、売る側の出来高の1部も利用料として召し上げていた。

「お酒のお相手」をして稼ぐお嬢さんの例は、こうだ。
彼女は「利用ソフト」を買い、パスワードを申告、IDをもらう。
彼女は、開店に先駆け、写真、簡単な自己紹介とともに、さらに、自己評定した
ポイントを、例えば「30秒当たり30円」、開店の時間帯を「20:00から
24:00」などと申告し、10数秒の録画(彼女のメッセージつき自演の
映像)も登録しておく。実名や住所は伏せてよく、開店の曜日や時間を指定できる
から、新しく手軽にできる副業の手段になる。

さて、「お酒のお相手」が必要な淋しい男は、彼も「利用ソフト」を買い、
パスワードを申告、IDをもらい、ウエブページの各種のメニューを追う。
目当てのサイトに行き着くと、数名の女性の写真、自己紹介、ポイント、開店時間が
表示される。条件に合うお嬢さんがいたら、試しに彼女の録画映像を呼び出し、
より進んだ内容の情報を手にする。開店時間がよければ、彼女自身にアクセスし、
フェース・トゥ・フェースでお相手をしてもらう。しかし、ここから課金システムが
動きはじめ、男はポイント条件通りに課金される。時間の経過とともに彼女の収入は
上がる。課金額は、画面上でリアルタイムに表示されるから、高いポイントの相手を
選んだ男は、そっちも気になって肝心の酒が進まないかも知れない。

後日、同輩に話して感想を聞いた。
弁護士でも、税理士でも、このシステムで開業できる、というと、対面はできても、
シリアスな案件を扱うことが多いから、それだけでは終わらない、と一蹴された。
アダルト系なら大繁盛だろうとはいっていた。

今や、MSNメッセンジャーやSKYPEなどがある。
海外にいる人とも、無料同然でモニターを見ながら対話できる。たった10年だが
隔世の感がある。開発会社の撤退は、アダルトばかりが繁盛したからだろうか。
パソコンの進化には、油断がならない。

つづく

さぶみごろう


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-04-23  
最終発行日:  
発行周期:3週間毎  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。