国際情勢

ニュースで学ぶ与信管理と債権回収

日本唯一の与信管理専門メルマガ。与信管理、審査、倒産、債権回収、担保設定、中国ビジネス、アジア、欧州、海外取引、国際取引、貿易、信用調査、企業調査、米の倒産動向、海外の与信管理・債権回収など幅広く解説

メルマガ情報

創刊日:2001-04-15  
最終発行日:2018-04-18  
発行周期:毎週水曜日  
Score!: 61 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

与信限度額の設定、見直しませんか?〜ニュースで学ぶ与信管理と債権回収◆

2018/04/18

━━<与信管理メルマガの草分け>━━━━━━━━━━━━━
■ニュースで学ぶ与信管理と債権回収■  総発行部数2,671部
━━━━━━━━━━VOL.130(2018年4月18日号)━━━━

こんにちは!
ナレッジマネジメントジャパンの牧野です。

来月に「与信限度額設定ワークショップ」を開催いたします!
自社での与信限度額に不安がある方、この先変動する業界に合わせて
算出し、対応していきたい方にはうってつけの講座となっております。
是非皆様ご参加ください!
http://www.kmjpn.com/limit.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<このメルマガの目的>
最新のニュースを題材にして、与信管理、債権回収に関する最新の手法や情報
を毎週提供する。審査、与信管理、債権回収を専門としている人向けメルマガ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆今週のテーマ◆

「問われる銀行の在り方」

女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズは、4月
9日に民事再生法の適用を申請した。

これに伴い、同社の物件に融資をしていたスルガ銀行に対し、金融庁が立ち入
り検査を実施することになった。同行に対する処分内容はまだ発表されてない。

同行は、1棟1億円のシェアハウスの土地・建物代金に対する融資を700人の
投資家に行い、総額は1,000億円にも上る。

金融庁は、この融資で同行の役員や組織ぐるみでの不正があったとみている。
融資を受けやすくするために、預金残高の水増しが行われた可能性を示唆して
いる。

シェアハウス物件のオーナー76人は、すでに、スルガ銀行に対して、返済の一時停止を求めた。今後、同行を告訴する可能性もある。

「日住検監修スマートデイズ被害者の会」が、衆院財務金融委員長にあてた要
望書では、同行における杜撰な担保評価と個人資産水増し不正行為を指摘して
いる。

https://s-higai.com/?information=gathering201803#i-4

スルガ銀行は地銀の中でも、飛びぬけて採算性が高いことで有名だ。その収益
源の一つが、今回のようなオーナーに対するアパートローンである。

また、今回問題となっているのが、同行の横浜東口支店であることもポイント
だ。同行の本拠地は静岡県である。

当然、隣接する神奈川や東京のマーケットは格段に大きい。しかし、知名度の
低い神奈川で稼ぐためには、どうしても、無理をすることになる。

経済の血液ともいわれる銀行融資だが、ただ収益の名の下に、無理を通せば、
血管が破裂する事態を招くことになる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<5月のセミナー>
◆与信限度額設定ワークショップ
2018年5月15日(火) 13:30-16:30
http://www.kmjpn.com/limit.htm

──────────────────────────────────
★編集後記★

先日、世界遺産である平泉に行ってきました。
結構な坂道を登って、やっと、金色堂に到着します。

どんなに煌びやかな建物が出てくるかと思っていたら、意外に質素で拍子抜け
しました。

登録から7年が経過し、町は思っていたより閑散としていました。
今は、富岡製糸場が人気みたいですね。

☆次回は4月25日発行予定です。

------------------------------------------------------------------------
◆発行者の著作
『海外取引でよく使われる与信管理の英語』(IBCパブリッシング)
http://tinyurl.com/m5c8634

●皆様の声を大募集!
このメールマガジンに関して、皆さんの声を大募集しています。感想、要望、
質問などこちらまでお寄せください。seminar@kmjpn.com

※質問や感想、要望にはメルマガ誌上でお答えしますので、匿名で質問の内容
を公開させていただきます。

◆本メルマガの登録・解除

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000065645.htm
Melma  http://www.melma.com/mag/34/m00035634/

ご自分が始めに登録されたサイトに行き、解除してください。登録されたサイ
トが分からない場合は、メルマガの送信者欄を見ると分かります。

登録・解除の手続きはご自分でお願いします。当メルマガでは、解除手続きの
代行は行っておりません。
──────────────────────────────────
発行元:ナレッジマネジメントジャパン株式会社
http://www.kmjpn.com
発行責任者:牧野和彦 
──────────────────────────────────
このメールマガジンは、『まぐまぐ』『melma!』配信システムを利用しています。
──────────────────────────────────
無断転載を禁じます。
(C) Copyright 2001-2018 Knowledge Management Japan Corporation

★免責事項:
本誌の内容は新聞記事、公開情報等に基づき、当社が分析、推測したもので、
事実と異なる場合もあります。また、本誌の情報から生じたいかなる不利益、
損害についても、当社は一切の責務を負いません。


最新のコメント

  • コメントはありません。