国際情勢

ニュースで学ぶ与信管理と債権回収

日本唯一の与信管理専門メルマガ。与信管理、審査、倒産、債権回収、担保設定、中国ビジネス、アジア、欧州、海外取引、国際取引、貿易、信用調査、企業調査、米の倒産動向、海外の与信管理・債権回収など幅広く解説

メルマガ情報

創刊日:2001-04-15  
最終発行日:2019-05-23  
発行周期:毎週水曜日  
Score!: 61 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

◆ニュースで学ぶ与信管理と債権回収〜GDP成長の落とし穴◆

2019/05/23

━━<与信管理メルマガの草分け>━━━━━━━━━━━━━
■ニュースで学ぶ与信管理と債権回収■  総発行部数2,671部
━━━━━━━━━━VOL.1081(2019年5月22日号)━━━━

こんにちは!
ナレッジマネジメントジャパンの牧野です。

内閣府が20日に発表した1~3月期のGDP速報値が予想外に良かったため、
ニュースになっていますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<このメルマガの目的>

最新のニュースを題材にして、与信管理、債権回収に関する最新の手法や情報
を毎週提供する。審査、与信管理、債権回収を専門としている人向けメルマガ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆今週のテーマ◆

「GDP成長の落とし穴」

2019年1~3月期のGDP成長率は、物価変動の影響を除いた実質ベースの季節
調整値で、前期に比べて0.5%増加した。年率換算だと2.1%にもなる。

実感に近いといわれる名目ベースでは0.8%、年率換算で3.3%と、先進国では
高成長の部類に入る。

内訳を見ると下記になっている。

民間消費 ▲0.1%
民間住宅 1.1% 
民間企業設備 ▲0.3%
民間在庫 0.1%
政府消費支出▲0.2%
公共投資1.5%
輸出▲2.4%
輸入▲4.6%

金額の大きさで並べると下記の通りとなる。

民間消費
政府消費支出
輸入
輸出
民間企業設備
民間住宅
民間在庫
公的固定資本(公共投資)

一般的にGDPの約55%を占める個人消費が振るわないと、GDP成長率を押し
下げる要因になる。

しかし、今回は輸入が4.6%の大幅な落ち込みとなったため、輸出から輸入を
差し引いた純輸出のマイナス額が6割減と大幅に減少した。

これが、日本経済全体のGDPを押し上げる要因となった。しかし、内訳をみ
ると、決して楽観できない内容である。

個人消費落ち込みに加え、設備投資や輸出が振るわない中、日本経済の展望は
厳しいと言わざるを得ない。

2020年のオリンピックに向けた個人消費の伸びは期待したいところだが、その
前に今年10月の消費増税が控えている。

国内では、こうしたマイナス要因を抱え、世界経済は米中貿易戦争の長期化が
懸念されている。

ここ数年緩みがちであった与信管理の基準を見直す良い機会である。

──────────────────────────────────
★編集後記★

ここ数年お休みしていたサーフィンを再開しようかなと考えています。

ショートボードは厳しいので、ロングにするか、それとも、また、ウィンドに
戻るか、はたまた、今はやりのSUPにするか、悩んでいます。

楽しい悩みです(笑)。

☆次回は5月29日発行予定です。

------------------------------------------------------------------------
◆発行者の著作
『海外取引でよく使われる与信管理の英語』(IBCパブリッシング)
http://tinyurl.com/m5c8634

●皆様の声を大募集!
このメールマガジンに関して、皆さんの声を大募集しています。感想、要望、
質問などこちらまでお寄せください。seminar@kmjpn.com

※質問や感想、要望にはメルマガ誌上でお答えしますので、匿名で質問の内容
を公開させていただきます。

◆本メルマガの登録・解除

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000065645.htm
Melma  http://www.melma.com/mag/34/m00035634/

ご自分が始めに登録されたサイトに行き、解除してください。登録されたサイ
トが分からない場合は、メルマガの送信者欄を見ると分かります。

登録・解除の手続きはご自分でお願いします。当メルマガでは、解除手続きの
代行は行っておりません。
──────────────────────────────────
発行元:ナレッジマネジメントジャパン株式会社
http://www.kmjpn.com
発行責任者:牧野和彦 
──────────────────────────────────
このメールマガジンは、『まぐまぐ』『melma!』配信システムを利用しています。
──────────────────────────────────
無断転載を禁じます。
(C) Copyright 2001-2019 Knowledge Management Japan Corporation

★免責事項:
本誌の内容は新聞記事、公開情報等に基づき、当社が分析、推測したもので、
事実と異なる場合もあります。また、本誌の情報から生じたいかなる不利益、
損害についても、当社は一切の責務を負いません。


最新のコメント

  • コメントはありません。