資格

一級建築士設計製図試験合格メントレ 一筆入魂!

製図試験.comがお届けする1級建築士設計製図試験受験生向けメンタルトレーニングマガジンです。学院・資格に通っている全ての生徒・講師・職員必見の秘伝書。8月中旬より試験前日までは日刊。

全て表示する >

#seizu 040:後半戦用合格マニュアル2.0完成しました。

2018/05/14

製図 一筆入魂!
試験 一級建築士設計製図試験合格メントレ
#seizu 040:後半戦用合格マニュアル2.0完成しました。
――――――――――――――――――
製図試験comを主宰する山口です。

◆新しいメールマガジンでの配信が始まっています。
このメールマガジンは移行期間後、終了します。
ご登録がまだの方はよろしくお願いします。
http://seizushiken.com/mmz

ようやく後半戦用合格マニュアル2.0が完成しました。
上記メルマガにリンクURLを貼っています。

■合格マニュアルというからには
合格するための方法と手順を示さないとダメですよね。
1)基礎知識力
2)問題対応力
3)地頭力
この3つをどう合理的にリーズナブルにかつ楽しくつけるのか、ということがこのマニュアルの主旨です。

■問題を解決するという背理。
ソクラテスって結構面白いこと考えていた哲学者なのですが、そのひとつに問題を解決するというのは背理(=矛盾している)というものがあります。
なぜなら、問題が解けるという前提なら、それは解けるのであるから問題としては存在しないことになるし、どう解いてよいのかわからないなら、そもそも問題として認識されないというのです。
ただしこれには時間的な要因が含まれていないため、見かけ上の背理になっているという話です。
私たち自身も、一級建築士に合格することができるということが暗黙裏に理解できているので学習するわけですが、実際に合格するまでは実態としては証明できないわけです。

最近ずっと新しいメルマガでお話ししている「わかる」というのは、あなたの中にある「暗黙裏」な恐らくこの学習を進めると合格できるのだろう、このあたりに合格があるのだろうという予感が、「明示化」できた瞬間ではないかと思うわけです。

そのソクラテスは、人間の知的活動とは、暗黙知から明示化できるレベルに変換することであり、それを「産婆術」と称しました。
それこそ、産みの苦しみであり、時間と愛情が不可欠なのかもしれません。


◆5月16日、19日は大阪、5月20日は東京で6月度講習会を行います。
テーマは、スパンコントロールとプランニング。多くの方が苦手な部分です。
申込は、こちらからどうぞ。
https://goo.gl/bqNsQJ

Udemy合格基礎講座では、それらのセミナーをオンラインでお届けしています。
□エスキース動画
https://www.udemy.com/seizushiken101/
□作図動画
https://www.udemy.com/seizushiken201/
□計画の要点動画
https://www.udemy.com/seizushiken301/

全部観たい方は、製図試験comのコース1を申し込んでいただいた方がリーズナブルですのでご検討ください。合格するまでご覧になることができます。
また、このコース特典として、さらに過去問分析講座を付けることになりました。

http://b-flag.net/s/

■通信添削コースはまだまだ募集しています。
第2課題は「既存建物のあるコミュニティセンター」ですが、超難問に仕上がってしまいました。解けるかな、解けねぇだろうな、って感じの課題です。


◆新しいメールマガジンでの配信が始まっています。
このメールマガジンは移行期間後、終了します。
合格マニュアルも新メルマガでリンク配信しています。
ご登録がまだの方はよろしくお願いします。
http://seizushiken.com/mmz


▼発行元:製図試験com 
▼guchi@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2018 製図試験com all rights reserved.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-09  
最終発行日:  
発行周期:8月中旬から毎日  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。