資格

一級建築士設計製図試験合格メントレ 一筆入魂!

製図試験.comがお届けする1級建築士設計製図試験受験生向けメンタルトレーニングマガジンです。学院・資格に通っている全ての生徒・講師・職員必見の秘伝書。8月中旬より試験前日までは日刊。

全て表示する >

#seizu 29206 納得できるのかどうか。

2017/10/23

製図 一筆入魂!
試験 
一級建築士設計製図試験合格メントレ
#seizu 29206 納得できるのかどうか。
――――――――――――――――――
製図試験comを主宰する山口です。
はじめてご登録の皆様、ありがとうございます。

昨日は台風の中、計20名のご参加ありがとうございました。群馬とか遠方からも来ていただき、こちらのほうが恐縮しました。

その後、帰阪の折には停電で新幹線での非常用照明を体験し、終電後のタクシー争奪戦も体験しました。
一方、行政の方々をはじめ、地域を守っていただいている方々はすごい台風でなかなか大変だったかと思います。また災害に遭われた皆様には、一刻も早い復旧を祈っています。

■納得できない答えを暗記していると・・・。
私たちは、建築士という資格を通じて、モノを作る仕事に携わっています。ないところに形を、機能を与えていくことが、建築士の仕事です。

消費者マインドであれば、あるものを買えばいいだけなのですが、生産者、作り手から考えると、なぜその形にしたのか、なぜそういう機能にしたのか、には利用者が納得してもらえる理由が必要です。作り方は無限にあり、どんな提案をすることも可能なフリーな状態において、なぜなのか、納得してもらえるだけの情報をもっていないことには話になりません。

ごくごく当たり前の話ですよね。

ところが、資格学校の講師の中には、なぜこのようなゾーニングにすべきなのか、という問いを投げても、それは試験がそうだから、そう覚えるものなのだ、で終わってしまう講師がおられます。
まあ資格学校ですから、個人の見解が公式見解のように思われても困るわけで、学校が言うてるからその通りやっとけ!ということになるわけです。

ここで多くの受講生は引き下がるんですよね。そっか学校が決めてるんなら、そのまま覚えようか〜。
これをくり返すとどうなるのか。
ちょっとひねられて出題されると覚えてるだけなので応用が利かないわけです。
挙げ句の果てには、教えられてない、学校が悪い、という話になり、来期は学校代えたいんです、みたいなことになります。

□消費者マインドは捨てよう。
この問題は、次の点が原因です。
1)資格学校の講師によっては理解が足りずに本部の内容をただオウム返しする
2)受講生も消費者マインドになっていて、教えてくれないなら覚えるだけにしようとなる

資格学校を辞めることはできても変えることはあなたにはできません。
ならば、あなたが変わるしかないわけです。
ほとんどのものの機能の形には理由があります。その理由を理解せずに、単なる暗記でものに形を与えよう、ものに機能を加えようとしてはいけません。
消費者はそれでもよいのですが、ものを作る人はその理由を構築していかねばならないのです。
その重要なものつくりマインドを根こそぎ奪っていくのが、資格学校に嫌々通うことです。
そんなことしたら、大切な部分まで壊れちゃいます。
あなたの貴重な時間と人生を使って、建築士になろうとしているのに、真逆の修行を積んでしまうのはあまりにもったいないと思います。

資格学校に行くなと言っているのではありません。形や機能について、つまり、エスキースや図面の添削について、納得するまでその理由を理解できるまでは引き下がらずに錬ってほしいということです。
そこだけは譲らないようにしてほしいと願っています。

昨日のセミナーで感じたことをちょっと長いですが書きました。


さて、再現図ですが残念ながらあまり集まっていませんが、もうタイムアップです。そろそろ記憶からこぼれてしまうと思います。

■でもやっぱり描いたので観てほしいという方は
参考再現図として添削しますので、送ってください。ただし10月31日まで。これが最終期限です。

■■■参考再現図添削申込■■■
今月10月31日までに再現した図面に限る。エスキースのみは不可。
要点は可能な限りセットとするが、図面しか再現できていないのであれば、図面のみでも可。
できるだけ原図のほうがよいですがコピー可。図面コピーなのであれば、PDFでも可とします。また解き直し図面も可とします。
お申込フォームでお申込いただき、下記に図面をお送りください。

お送りいただいた方には、図面添削をすると共に、解答例、解題、解説、独自順位をお送りします。添削返却は11月上旬くらいを目標にしています。

送付先 :〒554-0012大阪市此花区西九条2-7-8 田丸ビル3階 製図試験com事務局
添削費用:3,000円(通信添削生は無償)

■再現図添削お申込フォーム
http://seizushiken.com/saigenzu-page
■計画の要点回答用紙
http://seizushiken.com/DL29/h29-youten-blank.pdf



■来期の製図試験comへのお問合せ。
昨日も来期のお問合せが来ています。ありがとうございます。恐らくエスキースを一から教えている数少ないサイトだと自負しています。
受講生の多くが建築意匠設計者でない方、二級から上がってきている方が多いのも当サイトの特徴です。

■来期の製図試験comの概要
製図試験組
・通信添削コース
11月-12月:自己分析+弱点補強ツールの提供
1月:自己分析課題
2-3月:エスキースのみ13ステップ指導
4-7月:公共施設系課題3課題+模試
・BMS塾は東京大阪共、限定少人数で開催予定。

学科試験組
現在クラウドファンディングで準備中です。
12-1月:法令集作成・構造力学演習
2月:開講 過去20年間分の問題を準備中

■オープンセミナーのお知らせ
そこで本年度の課題傾向及び来期について、東京、大阪でオープンセミナー及び個人面談を行いたいと思います。
「h29課題講評会及びh30について」

■大阪では10月29日10時30分-12時
製図試験com事務局
大阪市此花区西九条2-7-8 田丸ビル3階

で開催します。再現図があれば拝見することも可能です。


なお、大阪事務局にお越しいただけるのであれば随時、個人面談を行っています。USJが近くなので、家族や恋人とUSJに行きがてら寄っていただく方も多いです。
既に9名ほど面談しています。
もちろんメールでもかまいません。

■費用:無料

■申込 https://goo.gl/Uau3Uv
まで。


★新企画
学科は射程に入っている。今から製図の勉強がしたい!という方からの問い合わせがあり、それにお答えできる新企画を検討中です。


■弊社を信頼いただけるかどうかは試験総括でご判断ください。
http://seizushiken.com/h29999-sokatu


▼発行元:製図試験com 
▼ordermail@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』ameblo配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2017 製図試験com all rights reserved.




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-09  
最終発行日:  
発行周期:8月中旬から毎日  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。