資格

一級建築士設計製図試験合格メントレ 一筆入魂!

製図試験.comがお届けする1級建築士設計製図試験受験生向けメンタルトレーニングマガジンです。学院・資格に通っている全ての生徒・講師・職員必見の秘伝書。8月中旬より試験前日までは日刊。

全て表示する >

#seizu 29196 ミスする心理。

2017/09/27

製図 一筆入魂!
試験 
一級建築士設計製図試験合格メントレ
#seizu 29196 ミスする心理。
――――――――――――――――――
すっかり仕事漬けの山口@製図試験comです。
あと10日あまりとなりましたね!

■ミスをする心理。
BMS塾の指定図書『仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方』に書いてありますがミスの原因は2つです。
ひとつが「ワーキングメモリ不足」そして「潜在記憶」です。

問題文の読み間違いはまず「ワーキングメモリ」で、注意を使ってしまっていて、注意が足りなくなることから起こります。
例えば、同時にいくつものことを処理しようとしてミスをする、または、テンパってしまって、自らワーキングメモリを使い果たしてしまうことでミスをする。

そして、もう一つは、「潜在記憶」の働きにより「見ているようで見ていない」ことが原因となっているミスです。読み間違いをしていても勝手に違う文字に変換されてしまうんです。

「宿泊室で採用した空調換気方式とその採用理由」という出題をしたところ、非常に多くの方が、「換気」を読み飛ばして、空調のみを記述していました。

また「配置計画について、掘削量に配慮したことを述べよ」とあるのに、単に配置計画だけ書いている受講生も多かったです。

いつもとちょっと異なることを問うているのですが、潜在記憶が邪魔して、いつもの解答をしてしまいがち。こういうミス、もったいないですよね。

■対処法
ワーキングメモリを解放するには、書いて忘れることです。例えば断面図はエントランスホールの吹抜けを切るとします。ならば、断面図に「エントランスホール吹抜け」とメモ書きして、忘れる=ワーキングメモリから外すことです。

テンパったり、緊張している方は、回りが自分より勉強している、手強い人たちばかりだという観念に縛られています。
実はみんな強がっているだけだったりするのですが、強がったり、威嚇したりしている方のほうが、内心ドキドキなわけです。
穏やかにしている方のほうがどちらかというと怖いんですけどね。
なので、ピリピリしている方を見つけたら、ホッとするようにしましょう。実はみんな怖いんです。

潜在記憶との戦いは、実は上記のびびっていることから来ます。
びびっているあなたは試験会場でできるだけ知っていること理解していることに囲まれたいと潜在的に思っています。なので知っていることに目が行きがちになります。
冷静なあなたは、知っていることはできるであろうから、できるだけいつもと違う記述を追いかけようと感じています。それ以外はできるんだから、いつもと違う記述の部分をクリアすれば合格できる確信があるからです。

まず、観たことないことを見つけ出そうと思う気持ち。少しでも攻めて合格しようとする気持ち。その強い気持ちが潜在記憶を飛び越える力となります。

自分自身の力を信じること。

結局、最後はこの勝負なのです。


シンクロニ模試(syncronimosy)
自宅受験は締め切りました。
会場受験は金曜日15時で締め切ります。

受験生が心をシンクロさせて試験当日のイメージを共時性(シンクロニシティ)をもって作り上げていく模試です。本試験よりも緊張したという方もおられます。今年は東京は東陽町駅前のセンクシア株式会社の会議室をお借りすることができました。大阪は翌日日曜日に行います。大阪は本町にある「おおきに会議室」です。同時にその夜、直前講習会を行います。今年は大阪の直前講習は水曜日に行いませんのでご注意ください。
■申込はこちらから https://goo.gl/otUNrh


■来期のための読者の皆さんへ
来期受験される方も実は読者には多いんです。
製図試験comは、今年の「ステップで攻略するエスキース」でかなりノウハウを深めました。
さらに、今年は本当にベタに受講生と向かい合ってるせいもあり、さらにノウハウ的に完成度が高まっています。

そこで来期は、もうどこもついてこれないようなしくみを始める予定です。中味はまだ内緒ですが、資格学校で嫌気がさしている方、来期の話が来ても絶対に乗らないようにしてください。後悔すると思います。
特に地方の方、全く別次元のシステムを始めます。

加えて学科試験についても、毎日いろんな方と相談しつつ、ベストプランを練っているところです。
 1)スケジューリング
 2)モチベーション管理
 3)過去問20年分のデータベース
 4)質問できる環境
これだけ揃えば資格学校いらないと思うわけです。もちろん、資格学校に行ってじっくり学びたい方は別です。
あと5点あれば合格できるという方に、何十万円も払うのは道理ではないと考えています。
コンテンツを錬っているうちにさらにバージョンアップしそうな予感です。


▼発行元:製図試験com 
▼guchi@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』ameblo配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2017 製図試験com all rights reserved.






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-09  
最終発行日:  
発行周期:8月中旬から毎日  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。