資格

一級建築士設計製図試験合格メントレ 一筆入魂!

製図試験.comがお届けする1級建築士設計製図試験受験生向けメンタルトレーニングマガジンです。学院・資格に通っている全ての生徒・講師・職員必見の秘伝書。8月中旬より試験前日までは日刊。

全て表示する >

#seizu 29194 居着き。

2017/09/19

製図 一筆入魂!
試験 
一級建築士設計製図試験合格メントレ
#seizu 29194 居着き。
――――――――――――――――――
連休一つ目が終わった山口@製図試験comです。
講習をすると受講生より私の方が気づきが多いことにいつも感謝すると共に人に教えることの重要性を感じます。
昨日の埼玉講習会はなかなか実りのあるモノでした。参加者の皆さんありがとうございました。

■昨日のセミナーで。
最近「居着き」という言葉がキーワードになっているんですが、昨日のセミナーでも完全に手が止まって考えている方がおられました。
いわゆる「居着き」状態なわけです。
武術でいう身動きがとれない状態に陥ることですが、長考に入ってしまうことを私は「居着き」と呼んでいます。
以前お話したかもわかりませんが、建築法規の試験で、法令集も引かずに、じっと考えているなんてあり得ないですよね。
法令集を調べるか、考えて書くかであり、なんか同じところを何度もぐるぐるしてる、ということはあり得ないはずです。

ところがエスキースだとそうなっちゃうんですよね。これが。
考えればできる部分が圧倒的に法規よりは多いため、長考してしまうわけです。そうするとその分手が止まります。手が止まっている分、進まないわけで、結局30分程度で終わるところを70分くらいかかってしまうわけです。

わかるところはガンガン進めて、わからない部分はパーツ集なり、これまでの解答例を観てコピペする。この感覚でやってみてください。

あなたが解きたい答えの多くは既にあなたの手元にある図面の中にほとんどあるはずです。

またそれらをそろそろ整理しておかないと、持ってるけど使えない期限切れの商品券みたいになってしまいます。持ってても使えないものは整理するか捨てるか磨きなおしておかないとね。

メンタルが、という前にやることは進めておきましょう。それが実はメンタルにとっても最もよいことであることには間違いないからです。

■パーツ集はそのガイダンスになります。
課題分析帖とセットで5000円の販売です。
9月22日振込分を持って販売終了します。
https://goo.gl/YTyomk


■自宅でも受験可能!
模試は9月30日東京、10月1日大阪。かつその日に直前講習会あり。
製図試験comの全てがつかめる模試です。
弊社の模試はシンクロニ模試と呼んでいます。イメージは下記の通りですが、弊社がこういう問題が出題されるのではないかと予想して仕掛けている模試です。

特に今年の場合、1階配置図兼北側配置図ばかりやっている方は、この模試をやってみる価値があります。

予告。

模試は、配置図を独立して出題します。

自宅でも受験可能です。1階配置図兼北側配置図が出題しないリスクを考えると一度6時間半でやっておいた方がよいです。老婆心ながら。

シンクロニ模試(syncronimosy)
受験生が心をシンクロさせて試験当日のイメージを共時性(シンクロニシティ)をもって作り上げていく模試です。本試験よりも緊張したという方もおられます。今年は東京は東陽町駅前のセンクシア株式会社の会議室をお借りすることができました。大阪は翌日日曜日に行います。大阪は本町にある「おおきに会議室」に決定しました。同時にその夜、直前講習会を行います。今年は大阪の直前講習は水曜日に行いませんのでご注意ください。
■申込はこちらから https://goo.gl/otUNrh


■来期のための読者の皆さんへ
来期受験される方も実は読者には多いんです。
製図試験comは、今年の「ステップで攻略するエスキース」でかなりノウハウを深めました。
さらに、今年は本当にベタに受講生と向かい合ってるせいもあり、さらにノウハウ的に完成度が高まっています。

そこで来期は、もうどこもついてこれないようなしくみを始める予定です。中味はまだ内緒ですが、資格学校で嫌気がさしている方、来期の話が来ても絶対に乗らないようにしてください。後悔すると思います。
特に地方の方、全く別次元のシステムを始めます。

加えて学科試験についても、毎日いろんな方と相談しつつ、ベストプランを練っているところです。
 1)スケジューリング
 2)モチベーション管理
 3)過去問20年分のデータベース
 4)質問できる環境
これだけ揃えば資格学校いらないと思うわけです。もちろん、資格学校に行ってじっくり学びたい方は別です。
あと5点あれば合格できるという方に、何十万円も払うのは道理ではないと考えています。




▼発行元:製図試験com 
▼guchi@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』ameblo配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2017 製図試験com all rights reserved.




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-09  
最終発行日:  
発行周期:8月中旬から毎日  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。