資格

このメルマガは現在休刊中です。
一級建築士設計製図試験合格メントレ 一筆入魂!

製図試験.comがお届けする1級建築士設計製図試験受験生向けメンタルトレーニングマガジンです。学院・資格に通っている全ての生徒・講師・職員必見の秘伝書。8月中旬より試験前日までは日刊。

全て表示する >

#seizu 29112 詳細が詰まるまでは。

2017/08/25

製図 一筆入魂!
試験 
一級建築士設計製図試験合格メントレ
#seizu 29112 詳細が詰まるまでは。
――――――――――――――――――
はじめてご登録の皆様、ありがとうございます。
夜分になりました山口@製図試験comです。

このメルマガは一級建築士設計製図試験のメンタルトレーニングに絞ったものです。
テクニカルメルマガはこちら http://seizushiken.com/h29gm/
読者が460名を超えました。受験生の約5%超の方が読んでいただいているメルマガになっています。

■連日、エスキースが、作図が。という連絡をいただいてます。
毎回、プランを詰めていると、それだけで1時間2時間すぐ経ちます。
かつそれが気に入らなかったり、結局納まらなかったりします。
今の時期は正直、そういう時期です。ですから、時間がかかることに心を折っていてはいけません。

ですが、前回も話したように、今、なぜ時間がかかっているのか、それをどう短縮すればいいのかがわからないとその状態は最後まで続きます。

1)手順を固める
2)部位を暗記する
3)暗記してない場合、手順が固まってない場合はテキストや図面を参照しながら進める
4)その時間は、サッカーで言うアディッショナルタイムとしてノーカウントにする

今なら8時間くらいでも十分健全だと思います。
その代わり、絶対に解ける問題については、時間内でできること。
これが重要なのです。


くどいようですが、犬は英語でドッグ(DOG)ですよね。ではスワヒリ語では?
辞書もなく、手元資料もなく、時間内に伝えることは身振り手振りでは可能ですが、それではどうしようもないですよね。今のあなたの状態はそれと同じなのです。

回りの受講生はできている? 基本設計を生業にしている方は普段通りなのでできます。それはあなたが設備設計事務所だとすると設備のことができるのと同じ。彼らと同じ土俵ではないのです。建築設計を生業にしている方はその分一日の長があります。ですが、毎回設計している限り安定はしません。できたりできなかったりします。

今は、自身用の辞書を作り、手元資料を作成しながら、ずっとCやBをもらいつつ、自力を付ける時なのです。

あなたが苦しいときは回りも苦しいんです。

詳細が詰まるまで、パーツを暗記するまでは、我慢の戦いだと思ってください。



■ツイッターですごく参考になるブログ発見!
ツイッターで友人のヒヅメさんという方のブログです。昨年の合格者ブログで受験体験記を書かれていますが、共感できる部分が多く、また4コママンガがとても面白いんです。
ちょっとした息抜きに、なおかつ深淵なヒヅメワールドに浸ってみてください。
http://blog.livedoor.jp/disqo/


■セミナーに参加できない方へ
テクニカルメルマガ「合格への逆算」でオープン課題の解説の動画を配信しています。
拙著「ステップで攻略するエスキース」「課題分析帖」とセットでご覧いただければ全容の理解が深まると思います。

■教材情報
通信添削コースは8月末までお申込可能です。
https://goo.gl/WGJHJT

■メルマガの不達について【重要】
製図試験comでは下記の3段階のメール配信を行っています。メルマガが届いてないよ!とかは死活問題なのですが、現在弊社が使用している @expa-mail.jpとgmailやyahooメールとの相性がよくないことがわかっています。

配信が2-3日止まっているようなら迷惑フィルター等を確認するようにしてください。

無料:合格メンタルトレーニング     mag2.com もしくは melma.com (月-金)

無料:合格への逆算(テクニカルマガジン) seizushiken@expa-mail.jp (月水金の6:00〜7:00)

有償:通信添削生 合格への道       seizushiken@expa-mail.jp (課題ごとで不定期だが重要。届かない方はサポートサイトを参照すること)


■重要■オープン課題を公開してます。
前述していますが、本試験を解説しつつ、学習を進めるための課題「オープン課題」を公開しています。
http://seizushiken.com/h29open
ただし基礎的な考え方については「ステップで攻略するエスキース」を基本にしますので、同テキスト購入者には、テキストサポートサイトで動画解説しています。サポートサイトは、本書P5/P6を参照ください。


▼発行元:製図試験com 
▼guchi@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』ameblo配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2017 製図試験com all rights reserved.













規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-09  
最終発行日:  
発行周期:8月中旬から毎日  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。