資格

このメルマガは現在休刊中です。
一級建築士設計製図試験合格メントレ 一筆入魂!

製図試験.comがお届けする1級建築士設計製図試験受験生向けメンタルトレーニングマガジンです。学院・資格に通っている全ての生徒・講師・職員必見の秘伝書。8月中旬より試験前日までは日刊。

全て表示する >

#seizu 29111 確実に解ける問題をひとつ作ること

2017/08/23

製図 一筆入魂!
試験 
一級建築士設計製図試験合格メントレ
#seizu 29111 確実に解ける問題をひとつ作ること
――――――――――――――――――
はじめてご登録の皆様、ありがとうございます。
どうも夏風邪の山口@製図試験comです。

このメルマガは一級建築士設計製図試験のメンタルトレーニングに絞ったものです。
テクニカルメルマガはこちら http://seizushiken.com/h29gm/
読者が450名を超えました。受験生の約5%超の方が読んでいただいているメルマガになっています。

■この時期からそろそろ力に差が出てきます。
毎日いろんな受講生からメールをいただくのですが、そろそろ受講生間にも力の差が出始めていて、焦りだしている方、エンジンのかかっている方、実は全くまだやれてない方等に分かれ始めています。
マラソンでいうと走り始めて10kmくらい、先頭集団がそろそろできそうかな、というところでしょうか。

ところがこの試験、マラソンと違うのは、先頭集団からでも不合格が出るし、最後尾であっても当日だけ完成さえすれば合格することがあるんです。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負け無し」という格言があるのですが、不思議と勝てたはあるんですよね。不思議に負けたはあまりないのですが。

■焦る必要はないです。
やることをやっているのであれば焦る必要はないです。
1)エスキース手順を理解すること
2)3時間でトレースなら図面が描けるようになること
3)要点を1時間でまとめられるようになること
このあたりが8月末くらいまでの目標としています。
そのために「問題」をやっているわけです。

■逆にちょっと焦るのは
1)エスキースで何をやっているのかわからない
2)トレースやってないので本当の作図時間がわからない
3)要点を1時間で書こうとしたことがない。
つまり目標を見失っていると焦るわけです。

人間、未来が見えているなら今の苦境は耐えられるのですが、未来が見えてない苦境は苦行でしかなく、絶望でしかなく、辛いわけです。

■確実に解ける問題をひとつ作ること。
この時期オススメなのは、確実に解ける問題をひとつ作ることです。
できるだけシンプルで簡単なモノがよいです。
さらに条件を緩めてもらってもかまいません。
それが解けないのに、複雑化する問題は絶対に解けないし、解けたとしても全く自信につながりません。実力がない歌手がコンテストでいい点を取ってしまった状態と同じでかえって苦しむことになります。

まずあなたのスタンダードとなる確実に解ける問題に戻る。
これが焦ったときのスタートラインです。

■ツイッターですごく参考になるブログ発見!
ツイッターで友人のひづめさんという方のブログですが、昨年の合格者ブログで受験体験記を書かれていますが、共感できる部分が多く、また4コママンガがとても面白いんです。
ちょっとした息抜きに、なおかつ深淵なひづめワールドに浸ってみてください。
http://blog.livedoor.jp/disqo/
また、読んだフィードバックいただけるとうれしいです。

■セミナーに参加できない方へ
テクニカルメルマガ「合格への逆算」でオープン課題の解説の動画を配信しています。
拙著「ステップで攻略するエスキース」「課題分析帖」とセットでご覧いただければ全容の理解が深まると思います。

■教材情報
通信添削コースは8月末までお申込可能です。
https://goo.gl/WGJHJT

■メルマガの不達について【重要】
製図試験comでは下記の3段階のメール配信を行っています。メルマガが届いてないよ!とかは死活問題なのですが、現在弊社が使用している @expa-mail.jpとgmailやyahooメールとの相性がよくないことがわかっています。

配信が2-3日止まっているようなら迷惑フィルター等を確認するようにしてください。

無料:合格メンタルトレーニング     mag2.com もしくは melma.com (月-金)

無料:合格への逆算(テクニカルマガジン) seizushiken@expa-mail.jp (月水金の6:00〜7:00)

有償:通信添削生 合格への道       seizushiken@expa-mail.jp (課題ごとで不定期だが重要。届かない方はサポートサイトを参照すること)


■重要■オープン課題を公開してます。
前述していますが、本試験を解説しつつ、学習を進めるための課題「オープン課題」を公開しています。
http://seizushiken.com/h29open
ただし基礎的な考え方については「ステップで攻略するエスキース」を基本にしますので、同テキスト購入者には、テキストサポートサイトで動画解説しています。サポートサイトは、本書P5/P6を参照ください。


▼発行元:製図試験com 
▼guchi@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』ameblo配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2017 製図試験com all rights reserved.



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-09  
最終発行日:  
発行周期:8月中旬から毎日  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。