資格

このメルマガは現在休刊中です。
一級建築士設計製図試験合格メントレ 一筆入魂!

製図試験.comがお届けする1級建築士設計製図試験受験生向けメンタルトレーニングマガジンです。学院・資格に通っている全ての生徒・講師・職員必見の秘伝書。8月中旬より試験前日までは日刊。

全て表示する >

#seizu 29015 月曜日はBIMガイダンスセミナーします。

2017/02/17

製図 一筆入魂!
試験 
一級建築士設計製図試験合格メントレ
#seizu 29015 月曜日はBIMガイダンスセミナーします。
――――――――――――――――――
まだBIM初心者の山口です。
はじめてご登録の皆様、ありがとうございます。

今日は閑話休題、BIMの話。
2009年BIM(building information modeling)元年と言われて早8年目になります。
当時からどのようにBIMが展開し、これからどこへ向かおうとしているのか、それを俯瞰し、今後BIMを導入したり、学んでいこうとうい方のために、昨年日本BIM普及センターという組織を立ち上げました。

まあ、ボチボチですが、解答例をBIMで描き始めています。

その私が、ひょんなことからBIMについての導入・研鑽の前に、というようなセミナーを行うことになりました。
ちょうど東京で2月講習会を行う翌日、2月20日月曜日、場所は恵比寿の駅前です。

「【東京】BIMを学び始めるその前に」というタイトルで、目黒にあるフェローズという人材派遣会社で行います。
https://www.fellow-s.co.jp/academy/seminar/bim/
まだ製図試験まで日が長いし、BIMには興味あるし、という方は、懇親会付で3,500円ですのでご検討ください。


■2月講習会を大阪東京で行います。(再掲)
さて、これは製図試験comのセミナー。
内容としてはエスキース手順の解説セミナーですが、1月東京でやって非常に有効だと思われた他受講生のエスキースを最初から最後まで観るセミナーをやります。
これをやるとどこでどう間違うのか、何がポイントなのかを非常に共有しやすい。
まだまだ発展途上の方法ですが、非常に今までにない理解の深度があります。
大阪は残席2、東京は残席4で、少数精鋭で行います。
詳しくは下記をクリックしてください。
参加者には事前に課題を配布します。目を通してきてご参加ください。
https://goo.gl/Yt53JN

■製図試験comはコンポーネント(再々々掲)
製図試験comは、一度資格学校で学んでいる方にとってはコスパは高いと思います。
完全にがっつりやるのであればBMSですが、カリキュラム自体はコンポーネントにしていて、それぞれバラバラに受講することが可能です。

2-3月:合格基礎講座+自己分析課題(テキスト+メール配信による基本学習)
4/5/6月:通信添削月一課題
7月:模試
毎月大阪土曜日、東京日曜日にセミナー
全て単独で申し込むことが可能です。

添削が必要な方は自己分析課題添削からお申し込みください。http://seizushiken.com/ss/

■平成29年度改訂版合格マニュアルのDLが150名突破。
読んでいただいている方はその内容のレベルがわかるはずです。
お申込は http://seizushiken.com/h29gm
h28再現図分析の全てはここで公開しています。


■教材のお申込は開始しています。
製図試験comのコンテンツやしくみをご理解いただいている方は、来期の教材のお申込を開始しています。
◆ご利用ガイド
http://seizushiken.com/guide
◆製図試験Onlineshop
http://seizushiken.com/ss/

■再現図の読み方。
合格マニュアルをダウンロードしていただいた方に、再現図の解説を行っています。バックナンバーも観ることができるので、参考にしたい方は是非ご登録ください。
http://seizushiken.com/h29gm


▼発行元:製図試験com 
▼guchi@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』ameblo配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2017 製図試験com all rights reserved.









規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-09  
最終発行日:  
発行周期:8月中旬から毎日  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。