資格

このメルマガは現在休刊中です。
一級建築士設計製図試験合格メントレ 一筆入魂!

製図試験.comがお届けする1級建築士設計製図試験受験生向けメンタルトレーニングマガジンです。学院・資格に通っている全ての生徒・講師・職員必見の秘伝書。8月中旬より試験前日までは日刊。

全て表示する >

#seizu 29005 連日ご相談受けています。

2017/01/20

製図 一筆入魂!
試験 
一級建築士設計製図試験合格メントレ
#seizu 29005 連日ご相談受けています。
――――――――――――――――――
製図試験comを主宰する山口です。
はじめてご登録の皆様、ありがとうございます。

■連日ご相談受けています。
そろそろ月末に向かって資格学校の〆切りが近づいているせいか、連日受験体制のご相談を受けています。
今年は引越等があって、東京や地方でのガイダンスセミナーができていないので、簡単ですが、ガイダンスの動画を作成しました。
https://goo.gl/opOEXi
その1:前半戦のスケジュールについて
その2:ターゲットと自己分析について
その3:課題数と想定することについて

まず前半戦7月末までに基本を身につけることできる期間があることが、製図試験受験資格保持者のアドバンテージです。ですから資格学校に行こうが、製図試験comの教材を使おうが、手段は問わず、ターゲットは「7月末」です。ここで合否を確定させると決意してください。
価格の高低ではなく、基本を身につけられないカリキュラムはダメです。

過去問題は非常に重要ですが、基本+各年度の建築物の知識が必要になります。
例えば平成24年度「地域図書館」。基本+図書館の知識+小ホールの知識が不可欠ですが、それがない方には24年度過去問をやる価値が低いです。結局、図面を描いた練習で終わります。前後半併せて資格学校なら30課題くらいやるのですが、1課題2-3万円かけて、時間もかけて、なおかつ図面を描く練習で終わっていては、あまりにもったいない。
でも図書館の知識を1ヶ月でマスターし図面や要点を描くほどモチベーションも上がってないはず。結局、私理由でやれてないまま前半戦を終えるのが関の山の可能性が高いですよね。

実は製図試験comでも以前前半戦に過去問題をやっていた時期があるのですが、非常にヘビーな内容になってしまい、結局のところついてこれる方が少ないという痛い経験があります。

過去問題は重要ですが、それを月一で解いていくカリキュラムは相当ハードルが高いとお考えください。

とそんなような質問に対して、そのように答えてます。

■製図試験comはコンポーネントでのカリキュラム作成をしています。
製図試験comは、一度資格学校で学んでいる方にとってはコスパは高いと思います。
完全にがっつりやるのであればBMSですが、カリキュラム自体はコンポーネントにしていて、それぞれバラバラに受講することが可能です。

1月:自己分析課題
2-3月:合格基礎講座(テキスト+メール配信による基本学習)
4/5/6月:通信添削月一課題
7月:模試
毎月大阪土曜日、東京日曜日にセミナー
全て単独で申し込むことが可能です。

現在は通期、前期、自己分析課題添削、共通基本テキストのみ募集しています。来週から合格基礎講座の申込もスタートします。

まず自己分析課題に挑戦してみてください。これが確実に解けるならもう合格できるレベルです。
http://seizushiken.com/DL29/h29000-setc.pdf

添削が必要な方はお申し込みください。http://seizushiken.com/ss/
自己分析課題を申し込まれた方には、通期通信添削コースお申込について1万円割引を継続します。


■平成29年度改訂版合格マニュアルのDLが110名突破。
読んでいただいている方はその内容のレベルがわかるはずです。
お申込は http://seizushiken.com/h29gm

■教材のお申込は開始しています。
製図試験comのコンテンツやしくみをご理解いただいている方は、来期の教材のお申込を開始しています。
◆ご利用ガイド
http://seizushiken.com/guide
◆製図試験Onlineshop
http://seizushiken.com/ss/

■infomation■
○合格・不合格連絡フォーム
再現図をお送りいただいた方は必ずご連絡ください。
大変申し訳ないですが、回答いただけてない方は、電話することもあります。
今年はそれに基づき、再現図面集を作成予定です。
あなたの声は、私が責任編集の元、個人が特定できないようにして
全て、サイトアップする予定です。いいことも悪いことも何でも全て
お書き込み下さい。ランクが確定次第、是非ご協力くださいませ。

■製図試験com合否連絡フォーム
http://seizushiken.com/gouhiform/


▼発行元:製図試験com 
▼guchi@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』ameblo配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2017 製図試験com all rights reserved.


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-09  
最終発行日:  
発行周期:8月中旬から毎日  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。