資格

このメルマガは現在休刊中です。
一級建築士設計製図試験合格メントレ 一筆入魂!

製図試験.comがお届けする1級建築士設計製図試験受験生向けメンタルトレーニングマガジンです。学院・資格に通っている全ての生徒・講師・職員必見の秘伝書。8月中旬より試験前日までは日刊。

全て表示する >

#seizu 077 印象は大切。

2012/09/21

_______________________________
絶対
合格 1級建築士製図試験激励マガジン−角番メンタルトレーニング
 
#seizu 077 印象は大切。 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
zone@学科製図.comです。
初めての皆さん、10/14までよろしくお願いします。
このメールマガジンは、今年の年末には一級建築士になると、
決意している方にお届けする受験生激励マガジンです。

■印象が大事。
さて、この試験、減点法の採点であろうことは、
今まで何度も話してきましたし、いろんな書籍にもそう書いてあります。

しかし、今日は、真逆の話。

この試験、加算はなく減点しかされないかもしれませんが、
印象は非常に重要です。

居合抜きのように、一瞬の輝きがある図面は合格しやすい。
また丁寧に、減点ポイントを切り抜けている図面は、印象がよいです。

もちろん、減点しようと、欠点を探すのが、試験採点官の仕事です。
しかし、その採点官をもってして、
「これは落とせないなあ」と思わせれば落とさない力学が働きます。

逆に、これは落とすべきだなあという図面の印象であれば、
落とす方向に力学が働きます。

就職で面接をする際、第1印象で、この人は入社させたい、
この人はさせたくない、というのは、結構あとまで尾を引くものです。

製図試験の場合、それが製図の美しさ、きれいさ、丁寧さ、誠実さ
そしてわかりやすさにあると思います。

図面が美しいと言うことは、1点の加点にもなりませんが、
美しい故に、合格させてあげたいなあという力学が働くと思っています。

この試験がクライアントに対するプレゼンテーションだとしたら、
まず、クライアントが見てみたくなる図面であることが最大の条件だと
思いません?

それには、見てほしい!という丁寧さや誠実さを含めた
アピール度が不可欠だと思います。

それと同様なことが、事務室等での無窓居室に言えます。
一つ一つは、少ない減点対象かもしれません。
大した減点にはならないでしょう。

しかし、そんなこと重ねていく受験者に対する印象はあまりよくありません。
「無窓居室を平気で作るくらいの受験者」のレッテルを貼られてしまう
可能性もあります。

でも、それだけならリカバーできるかもしれません。
なぜなら、無窓居室を作っても、他がきちんと計画していれば、
「ここだけはおさまらなかったんだな!」ということになります。

しかし、2方向避難距離がカツカツなんてことになると、
採点官が心配しだします。


「こいつ、あかんで(大阪弁で[だめだよ]いう意味)」


そう思われた瞬間に、見た瞬間に合格圏に入る「絶対合格」がなくな
ると思いませんか?

減点法も何もあったものではなく、細かい点でどんどん減点されていきます。

いかに図面を丁寧にきれいに描くことが重要かお分かりでしょうか?
加点はされませんが、減点されることがない作業=好印象を
積上げていくことが重要です。

■今日のアドバイス
□減点法的思考が不可欠だが、良い印象がないと合格への見込みが小さくなる。
□減点法的思考を持ちながら、同時に加点はされないが、よい印象へ!
□図面が試験官へのプレゼンテーションだということを忘れないこと。

ちなみに受験生だった頃の私は、
「こんな図面絶対に不合格にしてやる!」と採点官が思うくらい
スカスカの図面を描くことをめざしました。

いわゆる最小限図面表現です。

しかも「う・・・、減点できん、orz。」と採点官が泣き崩れるイメージを
想像しつつ、表現に心がけたつもりで、緊張感を持ちつつ、当日は
楽しく積極的にスカスカ図を描いていました。

□明日は仙台で講習会を行います。
http://gakkaseizu.com/s/index.cgi

□日曜日は、大阪で、実践課題購入者限定の実践課題解説会を
行います。(残席わずかです)
http://gakkaseizu.com/s/index.cgi

―――――――――――――――――――――――――――――――
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/  マガジンID:0000031719
★携帯で読みたい方はmelma!なら登録可能です。
『melma!』  http://www.melma.com/  マガジンID:m00003538
アメブロの無料会員なら http://ameblo.jp/gakkaseizu/
 Copyrights (C) 2012 zone all rights reserved.
―――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-09  
最終発行日:  
発行周期:8月中旬から毎日  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2012/09/21

    分析がたりませんね。ウラ指導等も参考されたほうがいいですね。