資格

このメルマガは現在休刊中です。
一級建築士設計製図試験合格メントレ 一筆入魂!

製図試験.comがお届けする1級建築士設計製図試験受験生向けメンタルトレーニングマガジンです。学院・資格に通っている全ての生徒・講師・職員必見の秘伝書。8月中旬より試験前日までは日刊。

全て表示する >

[The road to 1kyu 2011 建築基準法以外の法律上の取扱]

2011/12/05

_______________________________
絶対
合格 1築士製図試験激励マガジン−角番メンタルトレーニング
 
■2011/12/05 建築基準法以外の法律上の取扱
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
zone@学科製図.comです。#1kyu #seizu 
初めての皆さんこんにちは。バックナンバーはmelma!で公開しています。
このメールマガジンは、角番の方を中心として、
製図試験受験生激励支援するマガジンです。

◆昨日のNHK特集から。
福島県に広がった放射能による土壌汚染、水質汚濁についての特集が
Eテレで放映されていました。そこで農家の方がぶち当たっている壁が
放射能による土壌汚染、水質汚濁に関しては、取り締まる法律がない、
ということです。法律がない以上、誰も法的に取り締まれないという
ことです。

土壌汚染対策法
第二条  この法律において「特定有害物質」とは、鉛、砒素、トリク
ロロエチレンその他の物質(放射性物質を除く。)

水質汚濁防止法
第二十三条  この法律の規定は、放射性物質による水質の汚濁及び
その防止については、適用しない。 

どういう過程でこうなったのかは不明です。自然界にある放射性物質
を取り上げたら無限にあるからかもしれません。NHKの解説では、
それらは原子力基本法 
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S30/S30HO186.html
の適用範囲であるからそもそも上記2法から除いたとありました。

■さて、今年の「老人健康保健施設」です。
もう老人という言葉自体使われなくなってきつつあるのですが、老健は
介護保険法に基づく施設です。ですから、課題文に何も記載されてない場合
は、介護保険法を遵守するのが前提となる、と考えるべきなのでしょうけれ
ども、平成15年度に保育所が出題された場合は、
「設計に当たっては、この設計課題で示す設計条件によるもとし、
 児童福祉法に関する規定については、考慮しなくてよいものとする。」
という一文が課題文には記載されていました。
今回は、それ自体にも一切触れていません。

そこで問題になるのは、介護保険法に数値的に指定されている部分について
抵触する解答をした場合、どのくらい減点になるのか、ということです。

特に両側居室の場合、廊下幅有効2.7mという数値。

これを守っているプランはいいのですが、守ってない状態のプランをどう
採点するのか?

1)おしなべて失格。
2)大きく減点
3)多少減点

この3つの可能性があるわけです。
また、この守っていない状態にもいろんなランクがあり、柱の部分だけ
有効が取れていないが、3mの壁芯がとられているものや、介護保険法に
よる「両側居室扱い」で引っ掛かるものなど、いろいろあります。

データは取って結果はどうなるのか待っていますが、恐らく、1)から3)
のケースがあり、傾向は不明、となる可能性もあります。

試験としては、このような煮え切らない状況ですが、建築を志すものとして
は、老健における介護保険法は、記述に寄らず、唯一基本となる法規なので
守らねばならないというのがスタンスです。
またパーツ化についてもそれが前提ですすめています。

さらに言えば、一級建築士は国の建築士制度上の最上位資格であり、法治
国家における国民の財産に係わる部分を担う資格である以上、法的な知識
をバックボーンにすることは最低条件として求められることになると考え
られます。


◆ツイッターで、#1kyu #seizuのハッシュタグを作りました。まだまだ
ツイッターは使いこなせていませんが、やっている方は、これで追いか
けられるようになると思います。メルマガにもつけることにしました。

◆フェイスブックページ立ち上げました。
http://facebook.com/gakkaseizu/
現在は、メルマガの内容をノートでアップしているだけですが、
フェイスブックを普段から使っている方は、是非お使い下さい。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ▼発行元:学科製図.com 曽根 徹 ▼E-mail
  http://www.gakkaseizu.com      zone@gakkaseizu.com
───────────────────────────────
このメールマガジンは下記メルマガ発行システムを利用しています。
 『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/  マガジンID:0000031719
 『melma!』  http://www.melma.com/  マガジンID:m00003538
アメブロの無料会員なら http://ameblo.jp/gakkaseizu/
(C) 2011 zone all rights reserved.
───────────────────────────────



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-09  
最終発行日:  
発行周期:8月中旬から毎日  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2011/12/10

    今回から購読を始めました。 宜しくお願いします。