資格

このメルマガは現在休刊中です。
一級建築士設計製図試験合格メントレ 一筆入魂!

製図試験.comがお届けする1級建築士設計製図試験受験生向けメンタルトレーニングマガジンです。学院・資格に通っている全ての生徒・講師・職員必見の秘伝書。8月中旬より試験前日までは日刊。

全て表示する >

[The road to 1kyu 2006 再現図 ]

2006/10/09

_______________________________
絶対
合格 1級建築士製図試験激励マガジン−角番メンタルトレーニング
 
■2006/10/09 試験解答の再現について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
zone@学科製図.comです。
昨日の本試験、本当にお疲れ様でした。もう遠いことのように思いま
すし、まだ試験の余韻が残ってると思います。

本年度課題は、非常に手順レベルで考えた課題だと思います。
課題レベル内容とも想定範囲内でしたのでホッとしています。
地下駐車場、2-5階平面、縦型3面、ハーフのスロープあたりは
多くの方々も練習していた範囲だったのではないでしょうか。

課題文は再現し、サイト上にアップしています。
http://www.gakkaseizu.com/

□試験解答の再現について。
もう終わったことですが、きちんと再現できる方の多くは
合格に近いポジションにいます。見えているからです。
逆に、思い出したくない、思い出せない方の多くは、
不合格に近いポジションにいます。

最後の力を振り絞って、解答を再現しておくことをお勧めします。
資格学校では、さっそく再現解答の添削を行ってくれるはずです。
ただし、無料の代わりに、来期への勧誘も含まれています。

もし、来年も・・・という話はだれも聞きたくないでしょうけれども、
来年受験するために、今の時点で再現することがいかに貴重か。
3月に再現しても、今と同じ図面に決してならないんです。
ですから、苦しいし、イヤだろうけど、再現することは重要だと思ってます。

ただし、再現解答を私どものほうに送りなさいと言っているのではありません。
自分自身のために、今、再現しておくことを強くお勧めします。

その上でですが、私どもも皆さんの再現解答添削は行っております。
添削料は4,000円分です。資格学校に提出する分のコピーでもかまいません。
現金に限らず、商品券、図書券でもかまいません。
ただし、テレホンカード、○○市の収入印紙とか外国の切手とかは
勘弁してくださいね。もし希望されるようでしたら、ご参加ください。
また、皆さんの図面は一切合格者不合格者図面展/図面集には
扱いませんのでご心配なくお送りください。
発送要綱は以下のとおりです。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□学科製図.comオリジナル企画:再現解答全国順位付独自添削
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
皆さんの試験解答を再現されて郵送された方を対象に、学科製図.com独自添削
の上、試験結果の順位をつけ返送いたします。
独学の方、資格学校の無料採点だけでは心もとない方、
来年の資料にしたい方?、複数の分析が知りたい方は、是非、ご投稿ください。

また、通信添削生の方には、別途メールをお送りいたします。
その連絡に従っていただければ幸いです。

受付期間:10月10日(火)〜10月24日(月)必着

応募方法:下記の書類一式を角2号の封筒でご郵送ください。(宅配便可)

1:まず、オンライン申込してください。
http://www.gakkaseizu.com/cgi-bin/tensaku/form.html

2:当日試験の自己再現解答
  ・A2版1/200再現製図に限る。エスキスのみは不可。
  ・コピー可。その際はA3コピーなら貼りあわせておいてください。
  ・図面用紙にも受験番号・氏名・住所・e-mailアドレスを明記のこと

3:4,000円相当分の金券(大阪で使えるもの、ただしテレカは不可)
  (もちろん郵便小為替・現金もOKです)

送り先:〒553-0007
大阪府大阪市福島区大開1-15-26-1F 学科製図.com事務局 宛

返送されてくる資料(予定)
1:試験解答添削
2:学科製図.comオリジナル順位
3:今年の課題の分析+合格解答例

以上は、紙資料のみでホームページ上では公開しません。
郵送された方のみ、返送いたしますのでご了承ください。
他校とは異なり、一切のしつこい勧誘はいたしませんのでご安心を。

返送時期:全く量によります。早ければ11月初旬、遅くとも11月中を予定。

注)合否判定ではありません。順位と合否は無関係です。
  判断不能の場合、金券と共に返送することもありますので、
  その際はご了承ください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ▼発行元:学科製図.com 発行責任者:曽根 徹▼E-mail
  http://www.gakkaseizu.com   zone@gakkaseizu.com
―――――――――――――――――――――――――――――――
このメールマガジンは下記メルマガ発行システムを利用しています。
 『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/  マガジンID:0000031719
 『melma!』  http://www.melma.com/  マガジンID:m00003538
 Copyrights (C) 2006 zone all rights reserved
―――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-09  
最終発行日:  
発行周期:8月中旬から毎日  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • miki2006/10/10

    本試験失格しました。共用部門の階段なし、地下と一階のドライエリア位置違い資格学校に毎日通って

    全然できませんでした。一体どうしたらどこがだめでどのように分析して勉強をとりくんでいけばよろしいのでしょうか。次は学科からです。まったくわからなくなりました。教えていただけるならよろしくお願いします。