資格

このメルマガは現在休刊中です。
一級建築士設計製図試験合格メントレ 一筆入魂!

製図試験.comがお届けする1級建築士設計製図試験受験生向けメンタルトレーニングマガジンです。学院・資格に通っている全ての生徒・講師・職員必見の秘伝書。8月中旬より試験前日までは日刊。

全て表示する >

[The road to 1kyu 2005 pre#063 ]

2005/07/31

_________________________________
絶対
合格 1級建築士製図試験激励マガジン−角番メンタルトレーニング
 
■2005/07/31 pre#063 再現図面原図展in西野田工科高校。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
こんにちは、学科製図.comの製図を主宰している曽根徹(zone tohru)です。
このメールマガジンは、角番の方を中心として、
試験でのテクニカル以外を支援する受験生激励マガジンです。

■本日7月31日西野田工科高校で再現図面原図展を開催します。

みなさんとお会いできる!この楽しみで今日は完全徹夜となりそうです。
フラフラでしたらごめんなさいね。早くお会いしたいです。

地元野田阪神駅前商店会及び西野田工科高校のご協力により、
本日31日13:00〜18:00まで西野田工科高校2階会議室において
平成16年度製図試験「宿泊機能のあるもの作り体験施設」の
再現図面原図展をおこまいます。今回は資料等すべて無料で行います。
阪神本線「野田」駅、JR東西線海老江駅、地下鉄千日前線野田阪神駅を
西へ徒歩約7分です。このあたりは松下幸之助さんの創業の地でもあります。
http://www.gakkaseizu.com/DL/nisinoda.pdf
また、学科製図.com事務局に併設されたカフェseeds+も本日は
臨時営業しています。私どものセルフビルドです。
パンやケーキも手づくりですのでぜひご利用ください。
http://www.b-flag.net/cafe/

■逆引きアイテム表の作成
学科製図.comの資料は多すぎてわからねー!というお叱りの言葉を
いただいております。大変申し訳ありません。取り急ぎアイテム逆引きを
トップページ下のほうに作ってみました。お試し下さい。
http://www.gakkaseizu.com/index.htm#gyakubiki

さて、以下は図面展での配布資料の一部です。
通信添削サイトでは、もう一歩踏み込んだ議論になると思います。

主に8月攻勢について。
■平成17年度一級建築士設計製図試験課題
「防災学習のできるコミュニティ施設」対策by学科製図.com

■8月末までの対策■
簡単に8月末までを基礎・弱点補強、9月からを応用と位置づけると、
9月攻勢のためにいかに8月を使うかということが最も重要なポイント
になることはいうまでもありません。私ども学科製図.comでは8月の
ポイントを以下の点に絞っています。

■その1:施設見学■
参考アイテム:エスキースFAQ
時間に余裕のある間に、「防災系学習施設」と「コミュニティ施設」を
見学しておきましょう。特に重要なのは、
1) 利用者、管理者の両方の目で、動線・ゾーニングで施設を追うこと
2) 2500m2系の規模の施設を観ることで、スケール感覚を養っておくこと。
3) 図面と施設(実物)を一致する練習を行うこと。
4) 通常、図面を描いていて不明な部分を確認すること。
の4点です。友人や知り合いとワイワイ見に行くのもいいのですが、
上記4点に関しては、はずさないように観てきてください。

■その2:防災学習機能とコミュニティ施設の関係を理解すること■
参考アイテム:エスキースのツボ
本年度課題「防災学習のできるコミュニティ施設」は、実作があまり
ありません。これからの社会において希求されるタイプのひとつであり、
そのコンセプトは、多くの識者が語っていますが、中々実現していない
のが実状です。それを踏まえたうえで、どのようなゾーニング構成の可
能性があるのか、そのことについては、かなり調べる必要がありますが、
まず大きくは2つの分かれます。
1) コミュニティ施設に、防災学習機能が付加された施設
2) コミュニティ施設に、防災学習センターが複合された施設
です。前者は、コミュニティ施設が多目的的利用用途のひとつとして
防災学習部門が組み込まれただけのものです。後者は、現在ある、防
災学習センター+コミュニティ施設の合築で、なんの創造性もありま
せんが、現実的です。どちらにしてもこの2つのタイプのゾーニングを
よく理解しておくことが重要です。

■その3:通常時と災害時の関係を学習しておくこと■
参考アイテム:エスキースのツボ
上記分析では、防災学習とコミュニティの関係性が実はあまり豊かでは
ありません。防災学習の延長線上に、実際に被災された時点での機能が
組み込まれていないからです。つまり、この防災学習をすることと、実
際の災害時の使われ方想定がそこに必要だと考えられるわけですが、事
例施設が少ないため、この部分の使われ方想定のリアリティにはかなり
想像の余地が残されており、実際の防災学習施設最前線については、さ
らなる方向性の検証が必要です。
ただ、現在の防災学習センターの枠組みがベースになりますので、特殊
用途の所要室に関して、まず押さえておくことが不可欠です。

■その4:過去課題の分析-合否ポイントは、課題名に係わらない?■
解題新書2005・エスキースアプローチ
例年のことであるが、本年度課題名とは別の部分で難易度を積み上げて
くる可能性は高いので注意が必要です。
特に今までに見たこともない記述がある場合、かなりの確率でその部分
に仕掛けがあることが予想されます。日頃より、差異を読み取り、可能
性を検証し、合理的な結論を導くというプロセスに関して練習をつんで
いく必要があります。
また、過去課題の分析をこの時期に進めておくことは非常に効果的だと
考えています。
過去5年間をみても、課題名と関連のない要素が以下のようにあります。
h12:傾斜地、h13プラザ・モール、h14:枝張り4mの室内木、
h15:屋内駐輪場、h16:屋内自由通路、h17○○○○○?

■基本の理解と弱点補強
上記の重要ポイントを押さえつつ、皆さん一人一人の試験対策として
下記の点を目標として学習を進めてください。
・8月末までに自分自身のエスキース手順を身につけること。
  [エスキースアプローチ・エスキースのツボ]
・エスキース手順において弱い部分を見つけ、徹底的に反復練習すること
  [エスキースFAQ・homa-note]
8月末までに3時間で図面を描き上げられるメドを立てること。
  [2ランクアップ製図法]
学科製図.comでは上記に関するアイテムを販売しております。
買い物バスケットは下記をクリック↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  http://www.gakkaseizu.com/item/order/frontpage.cgi


■作図は大丈夫だと思っていませんか?
昨日、製図セミナーで感じたことですが、大丈夫と思っている方の多くが
実は、自分自身の欠点がわかっていないために、製図は大丈夫と思い違い
していることが非常に多いのです。特に、絵として描いているが実は意味
もわからず描いているケースが多い。これでは、製図について履き違えて
いると思われても仕方なく、減点要素、心象としては非常に悪いと考えら
れます。まだ間に合います。
□8月7日名古屋製図講習会by nitekap 
□8月7日大阪製図講習会by kisaragi 
  http://www.gakkaseizu.com/item/order/frontpage.cgi
■5夜連続の読解セミナー
大阪事務局では、解題新書2005をベースにしたh12-h16の課題文分析のため
の読解セミナーを5夜連続で開催いたします。8月1-5日。
1日のみの参加も可能です。
  http://www.gakkaseizu.com/item/order/frontpage.cgi

__________________________________
 ▼発行元:学科製図.com 曽根 徹    ▼E-mail
  http://www.gakkaseizu.com      zone@gakkaseizu.com
 『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/  マガジンID:000031719
 『melma!』  http://www.melma.com/  マガジンID:m00003538
 Copyrights (C) 2005 zone all rights reserved
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-09  
最終発行日:  
発行周期:8月中旬から毎日  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。