県議会リポート

2002/12/09

───────────────────────────────────────
□海野隆県議会リポート・メールマガジン □□□2002年12月09日号 □最終回

───────────────────────────────────────


 今日は、敗戦のショックがあり、夢を見ているようだ。しかし現実は紛れもなく「落選」。選挙期間中から、現職は四年間の議会活動の有権者の評価が選挙結果だといってきたから、那珂郡の有権者からは、きわめて低い評価だったのだろう。

 今後、政治にどのように関わるか、一生活者としてやり直すのか、進路はまだ決めていない。多くの方々から激励のメールや電話をいただいた。とにかく敗戦処理を行ってから、今後を決めていきたい。それでも、そうゆっくりともしていられないので、早い内に決めていきたいと思っている。


 今日でホームページは終了とさせていただき、メールマガジンも終了としたいと思っています。アクセスしていただいた皆様方、有り難うございました。また、メールマガジンでは、代理登録の関係で、ご迷惑をおかけした方もあり、あわせてお詫び申し上げます。皆様方の、ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。


                                茨城県議会議員 海野 隆


───────────────────────────────────────
2002/12/08日 投票日、落選
───────────────────────────────────────

●落選

 選挙運動も終わり、久し振りにゆっくりと起きて、たまっていた新聞を読み、午後銭湯に出かけて疲れをいやした。投票を終えて、事務所に向かったが、投票率は低い様子で心配していたが、前回を5%程度下回るという。

 結果はあっけなく、前回の得票を3000票も減らして落選だった。那珂郡北部でも、地元那珂町でも、東海村でも前回を大幅に減らして、復活当選を果たした澤畠氏とは5000票もの大差が付いてしまった。結果を見ると競り合っていたのではなく、はるか後ろを追っかけていたことになる。

 四年間の議会活動に何か大きな欠陥があったのだと、思い知らされた一日だった。議会活動を熱心に行い、その報告をするというだけでは、選挙という「魔物」には通用しないというべきか。落胆もしたが、後援会長やスタッフ、ボランティアで参加していただいた方々、支援いただいた多くの方々、組織的に大きなご支援をいただいた連合茨城の方々に心から感謝したい。何より家族の支えに報いることができなかったのが残念だった。


茨城県議選 那珂郡 /定員 3  開票 終了  
 有権者 107820人  確定投票率 55.00%  
 順 位        党派  新旧   得票     年齢
 1 黒部 博英  無   現   当 19476    28
 2 関  宗長  自民  現   当 15509    76
 3 沢畠 俊光  自民  元   当 14480    59
 4 海野  隆  民主  現     8970    49


───────────────────────────────────────

皆さん長い間有り難うございました。

県議会議員 海野 隆 事務所
茨城県那珂郡那珂町菅谷5453−4大森ビル
tel&fax 029−353−1362
携帯電話 090−1548−5294

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-04-09  
最終発行日:  
発行周期:不定期・ほぼ月刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。