海野隆−ひと・まち・くらし・しぜん通信

2017/08/10

本日、茨城県知事選挙が告示になりました。27日(日)が投票日となります。
知事選挙の投票所入場券は昨日ごろまでに、皆様のお手元に到着していると思い
ます。期日前投票は明日から市町村役所で行うことができます。橋本まさる候補
へのご支援をお願いします。
https://blogs.yahoo.co.jp/umino_takashi/57810858.html

橋本まさる候補の出陣式は水戸プラザホテルで行われ、私も仲間とともに出席し
ました。会場をぎっしりと埋め尽くす約5千人の支援者が、27日の投票日に向
けて気を抜かずに頑張ろうと気勢を上げました。橋本候補は、最後に参会した支
援者に政策や考え方など、決意表明を行いました。

橋本候補は、その後、水戸市中心市街地の京成デパート前で、県内遊説の第一声
をあげました。

その中で、今回の県知事選挙について、

1 地方のことは地方が決めるという地方分権の時代に、何が目的か分からない
が、中央の政党の都合で露骨に知事選挙に介入している。地方の時代に逆行する
動きだ。この動きに負けることはできない。

2 原発再稼働問題は、県政の重要な課題だ。これまで、減原発や東海第二原発
の再稼働問題への判断は、実効性のある広域避難計画策定を条件に掲げてきた。
しかし、子どもを持つ若い県民の方々の意見を聞く中で、再稼働は認めないとい
う立場を明確にする。

という所信を明らかにしました。また、今回が最後の選挙であることも明らかに
しました。

私は、この間、橋本まさる候補の政策チラシを配布しながら、橋本候補への支持
をお願いしてきました。特に、東海第二原発再稼働問題に関心をお持ちの方々に、
橋本候補への支持を呼び掛けたいと思います。

以下読売新聞夕刊の記事

「茨城県の橋本昌(まさる)知事(71)が10日、東京電力福島第一原発事故
後、運転停止が続く日本原子力発電東海第二原発(茨城県東海村)について「再
稼働を認めない」と、同日告示された知事選の出陣式で発言した。

橋本氏はこれまで実効性のある広域避難計画策定など厳しい条件を挙げながらも、
再稼働自体は否定していなかった。しかし、この日は報道陣に対し、「条件は撤
廃し、無条件で認めない。子供を持つお母さん方から原発は止めてくれと言われ、
県民の思いはそうなのかと感じた」と説明した。」

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-04-09  
最終発行日:  
発行周期:不定期・ほぼ月刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。