社会・社会学

金融業の裏話(バブルはバルブにはならなかった)

二度と訪れないバブル景気。 その真っ只中で企業融資に関わった主人公のほぼノンフィクション裏表話。

全て表示する >

金融裏話・バブルはバルブにはならなかった  17/9/11

2005/09/11


 ********** サイバーリサーチ・アンド・コンサルタント ***************
 Cyberspace(コンピュータネットワークが形成する情報空間)を利用し、いつ、
  どこからでも簡単に調査の相談ができ、相談相手となる私たち専門家がどう対
  処するべきかをお客様の事情に合わせて共に考え、分析し、最適な調査結果を
  提供する。これが私たちの目指しているサービスです。

    http://www.cyberresearch.jp/index.html  

 迅速データ調査(電話番号からの住所割り出し、消費者金融での借金の有無等)
 35000円から承ります。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      金融裏話・バブルはバルブにはならなかった  17/9/11
 ───────────────────────────────────
 リニューアル第64号(通算111号)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※新たに登録していただいた方は、各メルマガスタンドのバックナンバーでこ
  れまでの経緯をごらんいただけます。
  
  ホームページ:http://www.cybo.jp/~pero/index.htm


             ★ 目次 ★ 

 1. 新連載:借りた金は返せ!   
 2. 編集後記 


 書籍版「探偵手帳」と、「街金狂騒曲」は最寄の大手書店でお買い求めくださ
 い。
  インターネットからのご購入は http://www.cybo.jp/~pero/online.htm 

  -----------------------------------------------------------------------

 久しぶりに無料メルマガ紹介です。

  ブラインドタッチ(タッチタイピング)ができたら、と思っても自分には
 できないと諦めている人が多いのではないでしょうか?
 毎日送られる解説と練習をこなして行くうちに、ブラインドタッチが身に
 つくメールマガジンです。練習を始めてみませんか?
 無料メールマガジン「ゆっくりやれば速くなるキー入力練習!!」
  登録は http://www.mag2.com/m/0000149878.htm


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 「SEなりあがり!!」
 3流大学中退の僕が1流企業と呼ばれる情報システム会社に入社。
 都内に土地付き一戸建てを購入し車は2台所有。
 ITバブルに乗った男のなりあがりストーリー。
 http://www.mag2.com/m/0000161843.html
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 上記2件はいずれも比較的新しいメルマガです。どうぞ一度お読みいただけ
 たらと思います。


  -----------------------------------------------------------------------


 1. 借りた金は返せ!


               序 その四

 このメルマガ「借りた金は返せ!」は、「街金狂騒曲」のタイトルで書籍
 化していただいた「バブルはバルブにはならなかった」のように、一つの
 物語として進めて行く予定ですが、「序」の部分は物語に入る前の予備知
 識的なものとご理解ください。

 前号で「このところなぜ急に、『事前に良く考えよう』フレーズが消費者
 金融のTVコマーシャルで流れ出したのか?」と書きましたね。お便りもい
 ただきましたし、ブログへの書き込みもいただきました。有難うございま
 す。

 Pero's Kingdomの植民地 → http://plaza.rakuten.co.jp/perokichi/ 


 答えはちょっと回りくどくなりますが下記の通りです。(これはあくまでも
 僕自身の経験とあちこちで聞きえた情報などを基にした私見です)

                ↓

 法律で定める上限金利(出資法)は、第一次サラ金問題が発生したことによ
 り昭和五十八年に年利73.00%となり(それまでは長年100%を超えていた)、
 昭和61年に54.75%、平成3年に40.004%と推移し、しばらくその金利が続い
 ていたのです。私が貸金業を営んでいたのはこの頃でした。

 ところが社会問題となったある事件をきっかけに、国会でも取り上げられ
 て、平成12年6月に上限金利は29.2%に、一気に10%以上も下がってしまった
 のです。

 ある事件とは、某大手商工ローン会社が債権取り立てで、「腎臓売ったら
 返済金ができるで!」などと極悪非道、非人間的発言で大騒ぎとなったも
 のですね。保証人への脅迫的取立てや、根保証といったこともこの時期問
 題となりました。

 また一方で闇金による被害も増えて、いよいよ政府も問題解決に乗り出し
 たというわけです。

 しかし、業界にとっては昔のように73%から54%に下がり、54%から40%に下
 がるのとはかなり事情が違ったのですね。高金利時代の10%、20%の利下げ
 は、まだ企業収益の改善に何等影響がなかったようですが、40%から29%の
 ダウンは非常に大きかったわけです。

 10年近くも40.004%で推移していたため、消費者金融業者にとっては原資と
 その金利との利益に応じた企業システム、つまり店舗の設置地域、その数、
 適切人員、宣伝広告費の割合、ATMの設置場所とその数等々を構築していた
 のです。

 それが急遽の29%への対応を求められ、弱小業者は廃業を余儀なくされ、中
 堅や準大手業者も買収や統合に応じたのもこの時期でした。

 そして5年が経ちました。この間、不景気社会を反映して、消費者金融・信
 販会社・銀行系等のカード会社からの借り入れを主な原因とした個人破産
 は急増しました。

 平成14年の破産申し立ての件数は全国で20万件を超えました。当然、業者
 の利益を圧迫することになります。そこで業者は低金利時代(僕個人的には
 29%でも猛烈な高金利と思うのですが)に対応した経営方法を抜本的に見直
 したのです。

 店舗の統廃合で人件費を削減し、コールセンター設置による業務の集中化
 などの合理性、さらにATMの増設による顧客サービスと利便性アピール等々
 です。

 だが、顧客の数が増えない限り、29%の上限金利ではいくら企業体質を合理
 的に変えても、昔の華やかな超高金利時代の収益には、到底及びません。
 それなら残っている方法は一つしかないと言っても過言ではありません。

 そうですね、要するに一人当たりの貸し出しを増やすしかないのです。そ
 のために毎月キチンと返済する顧客に販促攻撃をかけて、年収など全く度
 外視して、信じられない額を貸し付けようとするのです。どの消費者金融
 業者も同じ打開策を講じているようです。

 その先は見えていますよね。支払えなくなって延滞、そして・・・。
 だが、業者として、極端に言うとその顧客が真面目に必死になって5年ほど
 頑張って返済してくれれば良いのです。

 TVコマーシャルの「事前に確認しよう、計画的に」は、この先借り入れ過
 多の多重債務で破綻者が増えて、再び社会問題となった時に、「顧客には
 事前にちゃんと計画して借りてください。契約内容を良く確認してくださ
 い」と言っている。決して、過剰化貸付ではない、と業者側としては逃げ
 口上を作っておきたいからなのですね。

 実は、もっと他にも理由があるのですが、大きなものとしてはこのような
 ことが原因だと僕は見ています。


 -------------------------------------------------------------------


 2. 編集後記

 
 今日は衆議院選挙でしたね。投票には行きましたでしょうか?
 僕は残念ながら8月に移転したため、投票は前住所で行う必要があり、
 距離的に無理なので行けませんでした。

 結果はどうでしょう? 
 ビールでも飲みながら成り行きを見ますかね。(^^♪


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 以下は宣伝です。(^^ゞ 〜〜〜〜〜〜〜

 僕が以前勤めていた調査会社の同僚と一緒に運営する探偵調査会社のHPです。
 セキュリティー関係も承ります。

 → http://www.cyberresearch.jp/index.html  

   
  ※ ホームページ: http://www.cybo.jp/~pero/index.htm


  ※ Pero's Kingdomの植民地 http://plaza.rakuten.co.jp/perokichi/  



 ※ お便りを待っています! どうぞ遠慮なくお寄せください。
   ご意見、ご感想等、辛辣なお便りも歓迎です。

  E-mail:  pero@carrot.ocn.ne.jp 



 それでは次号までごきげんよう!



 Writer: Hiroshi Fujii
 ホームページ: http://www.cybo.jp/~pero/index.htm
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┏━━━━━━━━━━━━━┓5誌総発行部数:集計中
 ┃現在発行中のメールマガジン
 ┗━━━━━━━━━━━━━┛   
 ★バブルはバルブにはならなかった
 ★アッと驚く探偵手帳 
 ★日和見的平和主義
 ★チェンマイ・マイラブ
 ★人生はバクチだ!デイトレードも同じだ!

 ★…………………………………………………………………………………………★
 ◆このメルマガは、以下のメルマガスタンドより、配信しています。

 まぐまぐ           ID: 64970         http://www.mag2.com/  
 melma              ID:34934         http://www.melma.com/
 E-Magazine      CODE:perorin2   http://www.emaga.com/
 メルテン           ID:4847          http://melten.com/
 カプライト     ID:1929           http://kapu.biglobe.ne.jp/ 
 めろんぱん     ID:1118           http://www.melonpan.net/ 
 ★…………………………………………………………………………………………★
 このマガジン内容の転載・複写はご遠慮願います。 
 但し、お知り合い・ご友人へのこのマガジンの転送は自由です。
 Copyright 2001〜2005 Hiroshi Fujii  All Rights Reserved 
 ★…………………………………………………………………………………………★
 購読の解除は各メルマガスタンド或は僕のHPから可能です。



 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-04-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。