教育資料・情報

動物と自然のメールマガジン

野生動物・動物園・水族館の動物、そしてペットについての情報と、自然保護・環境保護に取り組む団体の活動・参加方法などを紹介する、という二つのテーマを中心に纏めてメールで配信します。

メルマガ情報

創刊日:2000-03-30  
最終発行日:2005-07-05  
発行周期:週刊(週二回の時も)  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • パクリ2007-04-24 04:26:23

    保護動物が減少している中で、野生でサル・クマ・シカ・イノシシが増え過ぎている。何故、野生動物は山を降りるのか?

    答えは単純、森林が減りエサが無くなって来ているからだ。そして、農家の人が精根を込めて作った農作物を食い散らかす。

    特に、サルに関しては、人間に慣れてしまい、エサを盗るために人間を威嚇し人間に危害を加える。農作物までも食い散らかす。

    人間と動物の共存を図るには、森林を増やし、人間や農作物に危害をあたえる動物を、ある程度始末するしか無い。(特にサルは半分まで減らさないと駄目だろう)

    鳥類も同じ。鳥が多くなり、糞害が酷い。

    川や湖に関しても同じ。外来種が多くなり過ぎて、元々日本に居た魚が減り、生態系に影響が出ている。動物保護も良いかもしれないが、自然のバランスを考えるべきだ。ハンターの手で害の有る動物を減らして下さい。

    ちなみに、シカはエサ不足で人間が捨てたゴミまで食べて、結果、シカの胃の中は不純物でイッパイ・・・自分で自分の命を短くしている。

    これは、日本の自然界バランスが崩れたせいだと考える