文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2019.11.8 「複合的な変化」

2019/11/09

 産業の中で経済効率が重視されるのは当然
のように思われるが、一口に経済効率といっ
ても技術革新の度合いとか環境面への配慮と
か地域的な事情とか、それなりに複合的な要
素や条件が加わってくると単純な効率だけで
他と比較できなくなってくるし、またそこに
政治が介在してくると諸般の事情から意図的
に非効率なことをやる可能性も出てくるだろ
うが、個々の産業分野でそれなりに特有の事
情が生じて来るとともに、他の産業分野と比
較する必然性もあるのかないのかよくわから
ない面もあるから、異業種でも同業種でもそ
の中で何かと何かを比較するということに関
してはそういった比較をする人や団体に恣意
的な都合も働いてきて、特に自分たちの主張
を正当化するための比較となると、自分たち
に都合の良い条件や要素しか比較の対象とし
ないような恣意性が必ず生じてきてしまうか
ら、それをそのまま鵜呑みにするわけにはい
かなくなってくるわけだが、少なくとも現状
の中で成り立っている産業分野に関しては、
そこで実際にそれなりの規模で商売がおこな
われているだろうし、もちろん同じ商売が永
遠に続くとも限らないわけだから、当然個々
の商売で浮き沈みはあるものの、その中でも
確かに特定の産業分野が衰退するに従ってそ
れに代わる別の新たな産業分野が興隆してく
ることもあるだろうが、それによって従来か
らあった産業構造が変わることもある一方で、
そうなったとしても意外と人のメンタリティ
は変わらなかったりするのかも知れず、世の
中でどのような産業分野が優勢となろうと経
済構造や国家行政の構造が変わらない限りは
その中で活動している人たちは以前と同じよ
うに活動しているだけかも知れないが、それ
は現状の延長上から予想されることでしかな
く、たぶん予想外のことが起こる可能性もあ
るだろうし、もちろんそういう思いがけない
変化は現状の延長上で起こるわけではないか
ら今までの経緯とは全く違った成り行きがそ
こで生じるのかも知れないし、それは現状の
延長上で物事を考えている人たちには予想が
つかないことでしかなく、そもそも誰にとっ
てもそんな事態は予想していないことであり、
実際にそうなってみなければわからないこと
だろうが、別にそれを予想したりそうなるこ
とを予言する必要はないのだろうし、またそ
れとは別に現状の延長上で起こることを予言
する人の予言が当たってもかまわないし、そ
れも充分に起こりうることだが、それ以外の
面では予想外のことが起こる可能性もあるだ
ろうし、実際にそんな予想外の出来事によっ
て世の中の状況が大きく変わる可能性もある
わけだが、それは誰もが気づくような出来事
ではないのかも知れないし、出来事だとは関
知されない場合もあるわけで、そうなると何
だかわからないまま世の中の状況が変わって
いってしまうことだってあり得るし、現状で
起こっている情勢の推移がそうなっていって
いる最中なのかも知れないが、そこでも誰も
が関知している情勢の推移や出来事もある一
方で、特定の人や団体にしか知られていない
情勢の推移や出来事もあるかも知れないし、
さらに誰にも知られていない情勢の推移や出
来事もあるのかも知れないし、またそれらの
出来事が複合的に作用し合って何らかの変化
を起こしている最中なのかも知れないが、必
ずしもそれが世の中を良い方向へと導いてい
るわけでもない場合もありそうだが、それが
悪い方向だともいえない場合もありそうで、
ではどんな方向へと導かれているのかといえ
ば、思いがけない予想外の方向へと導いてい
るのかも知れないし、そういった変化の方向
性を現時点から予測するのは困難かも知れな
いが、それを予測したり予想したり予言した
つもりになる人たちもひっきりなしに登場す
るだろうし、そういう人たちの述べているこ
とが必ずしも正しいとは限らないとしても、
それらの人たちがもっともらしく筋の通った
ことを述べている限りで、何となく多くの人
がそれを信用したり信じたりするわけだが、
なぜそれがもっともらしく筋が通っているよ
うに思われるのかといえば、現状の延長上で
予測したり予想したり予言するからそう思わ
れるわけで、多くの人がそう思っているから
こそ、それとは違う思いがけないことも起こ
る可能性があるのだろうが、それが起こった
後からそれらの予言者たちによって自分たち
の予言との間でつじつま合わせのようなこと
もおこなわれるから、何かそれが想定内の出
来事であるかのように思われるかも知れない
が、たぶんそういったつじつま合わせによっ
て、それらの人たちにとっては想定外の要素
が削られたり隠蔽されたりしているのかも知
れないし、実際に出来事を言葉によって表現
する過程でそういう作業が無自覚におこなわ
れている可能性もあるわけで、そうなると何
が起こっても起こった後からそれを言葉で表
現すればもっともらしくて想定内の出来事の
ように思われてしまうわけで、そんなことを
やっている人たちの言説というのは、その人
にとって都合のいいことしか述べられていな
いし、都合の悪いことは意図的に避けたりそ
れと自覚することなく省いたりすることが多
いのかも知れず、そういう意味では他人と似
たようなことを述べている人たちはそんなこ
とを述べている他の人たちとともに、それら
の人たちが生きている時代状況によって思考
も言動も拘束されているだろうし、時代状況
に合うことしか言説の対象として取り上げな
いし、そもそも時代状況に合わないことはそ
れらの人たちには察知できないだろうし、そ
れはその人たちにとっては思いがけないこと
や想定外のこととなるのかも知れないが、そ
んなことが誰もが気づくようなこととして起
こっているとしても、それらの人たちの都合
に合わせて表現されれば時代状況に合致する
面だけ取り上げられて、そうでない面は意図
的あるいはそれと自覚することなく無視され
てしまうのかも知れないし、そういった無視
されてしまう面が後から利いてきて、それら
の人たちにとっても思いがけない情勢の変化
が起こり、そうなるとそういった人たちの言
説は完全に時代状況とは合わなくなって、多
くの人たちには何か不自然でぎこちない言説
内容だと思われてしまうのかも知れないが、
逆に時代状況に合いすぎるようなことを述べ
ていると、もはや誰もがそんなことは普通に
思っていることだから、わざわざそれらの人
たちの言説に耳を傾ける必要もなくなってし
まうだろうし、そういう意味でもそれらの人
たちの言説が不要となってその存在も忘れ去
られてしまうような事態も起こりうるのかも
知れない。 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。