文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2018.10.15 「具体的な行為」

2018/10/16

 ただ物事について思考するだけでは、現実
の世界には何の作用も影響を及ぼさないだろ
うが、では具体的に何をやるかが重要だと思
われても、実際にやっていることが周囲から
の作用や影響を受けていれば、やれることは
それだけ限られてくるだろうし、結局は周囲
が反対や抵抗をしないような無難なことが行
われているようなら、誰もそんな行為には注
目しないだろうし、大したことは行われてい
ないことになるわけだが、では大したことと
は何かといえば、周囲が期待した以上のこと
が行われるようなら、大したことだと言える
だろうが、実際には周囲の反対や反発や抵抗
を招きながらも、それに打ち勝つことができ
れば、何か大したことをやっているような実
感を伴ってくるわけだが、またそれに打ち勝
つには、やっていることを支持してくれる賛
同者の協力が必要不可欠と思われたり、何よ
りも協力を取りつけるために、周囲を納得さ
せるような説明や、実際に利益をもたらすこ
とを証明して見せれば、それなりの賛同者を
得られて、それなりの利益をもたらすことに
も成功すれば、結果的にうまくいったことに
もなるわけだが、実際にはそうしたことの全
てがうまくいくとは限らないから、それほど
多くの人から賛同を得られなかったり、また
期待したほどの利益をもたらせなかったりし
て、やっていることがうまくいかなくなるこ
との方が多いかもしれないが、そんな中でも
うまくいけば、そのうまくいった事例が希少
であるほど、大したことをやっているように
思われたり、周囲のほとんどが失敗している
中でも、わずかな成功例として認められるな
ら、そこからもたらされる利益も思いがけな
いほど大きくなるかもしれないし、実際にそ
うなれば周囲の大半の失敗した事例と比較し
ても、大したことだと思われるだろうし、そ
れが世間から賞賛される格好の事例となるわ
けだろうが、印象としてはそうだとしても、
実際にそれが周囲にどのような作用や影響を
及ぼしていても、それ以外の大半のありふれ
た成り行きを伴った行為と比較して、特異な
結果がもたらされただけのことであり、大し
たこととはそういうことだとみなすなら、そ
んなこととは無縁な人たちにしてみれば、自
分たちとはあまり関係のないことのように思
われるだろうし、そういう意味では別にそれ
がどうしたわけでもないのだろうが、そうし
た行為に対する見方や立場を変えれば、それ
がどうしたことでもないように思われるよう
な行為など他にもいくらでもあるだろうし、
そんなことまで考慮すると、それが自分にと
っては大したことのように思われるとしても、
周囲にとってはそうは思われない場合もある
し、その逆の場合も、あるいはどちらにとっ
ても大したことであったりなかったりする場
合もあるかもしれないが、誰にとっても全て
が相対的な判断や評価の対象ではないとして
も、その中でもそれなりにこだわっているこ
とがあって、そのこだわっているところで一
致を見れば、それが大したことであったりな
かったりする判断や評価に結びつくわけで、
それが周囲の判断や評価と一致する部分で、
共感や賛同をもたらすのだろうし、そういう
部分が多いほど、またはその程度が高かった
り大きいほど、それが大したことのように思
われるだろうし、それによって甚だしい成果
を上げているようにも思われるわけだが、そ
ういう面ではそうだとしても、それとは別の
面ではそれほど大したことはやっていない実
態もあるだろうし、そんなことも含めると、
世の中で様々なことが行われている中で、そ
の人にとっては興味深いことを行なっている
限りで、それがその人にとっては重要なこと
だと思われるわけだが、その場での重要さと
いうのが、別の場ではそうでもなかったり、
また他の人にとってもそうであったりもなか
ったりもして、具体的に何をやるかやらない
かだけでは、周囲の世界との結びつきや関係
によっては、何の作用も影響も及ぼさない場
合もあり得るだろうし、結局は何をやるにも、
それがどんな思考や思惑から行われるにして
も、そのやっていることとそれを取り巻く社
会的な関係性や関連性を考慮する必要がある
わけだ。

 またその人のやっていることのこだわりが
どこから生じるのかといえば、他の人のやっ
ていることが興味深く魅力的に感じられるか
ら自分もやろうとするのだろうし、そこから
その人と他の人との関係性や関連性が、やっ
ていることのこだわりから生じて、やってい
ることを通して人と人との結びつきが生まれ
るわけだが、そうした結びつきが社会的な関
係性や関連性を表しているわけだから、その
人が何にこだわっているかによって、その人
と社会との関係や関連など結びつきの内容も、
またその人がどんな人や集団と関わっている
かも変わってくるわけだが、そうしたことの
中で何が判断や評価の対象となるかは、やっ
ていることの内容が、周囲にどのような作用
や影響を及ぼしているかに関して、それを肯
定的に捉えるか否定的に捉えるかで、それに
対する判断や評価も変わってくるわけだが、
なぜ肯定されるかといえば、周囲が好感や共
感を抱く限りで、好意的に受け止められるだ
ろうし、また何らかの利益をもたらす限りで、
賛同を得られるわけで、その反対になぜ否定
されるかといえば、周囲が反発や反感を抱く
限りで、否定的に受け止められるだろうし、
また何らかの損失や損害をもたらす限りで、
賛同を得られないどころか、賠償や懲罰の対
象にもなるだろうし、やっていることから具
体的に何がどれほどもたらされるかによって、
周囲の受け止め方も変わってくるわけだが、
そこで踏まえておかなければならないことは、
特定の人や集団の中では好感や共感が抱かれ
るにしても、別の人や集団にとってはそうで
もない場合もあるわけで、中にはそうでもな
いどころか、敵意や憎悪を抱かれてしまう場
合もあって、それを受け止める社会的な立場
や境遇などによっても、肯定や否定などの判
断や評価が分かれる場合もあり、誰にとって
もどんな集団によっても、好意や共感を抱か
れるようなことができるわけではないことは
踏まえておかないと、場合によってはそれが
勘違いの原因ともなってしまうわけだが、だ
から周囲からのそうした反応や応答には、そ
れが様々な傾向を伴っていれば、必要に応じ
て様々な対応をしていくしかないだろうし、
たとえ全面的な好意や賛同が得られていると
思われても、否定的な反応や応答が出てくる
事態には、そうなることを想定して、それが
起こり得る可能性について検討して、それに
備えておかないとならないだろうし、そんな
ことにまで配慮するようなことをやっていな
ければ、それに越したことはないわけだが、
それも実際にやっていることの程度にもよる
わけだが、たぶんそれが公的な領域で行われ
るような行為であるほど、それに対する反応
や応答も広範囲に及ぶだろうし、それに関わ
ってくる人や集団も多種多岐にわたっている
場合は、なおのことやっていることの整合性
が取れなくなって、その場の判断や評価も分
かれてくるし、それに関して様々な方面から
意見や提言が寄せられて、いちいちそれらの
全てに対応している余裕がなくなってしまう
と、無視されたりおざなりの対応と受け取ら
れた人や集団からの反発や反感を招くだろう
し、メディア上でそんな方面の反応ばかりを
強調されてしまうと、世間的な印象の面でも
面倒な事態となってくるのだろうが、そんな
対応に追われるばかりでは、肝心のやってい
ることにも身が入らなくなるだろうし、そう
なってくると、公的に行われていることが、
何のためにどんな目的で行われているかがわ
からなくなってきて、政府などが表明し主張
する目的や目標が、それに対する世間の反応
や応答などを踏まえて、それへの対応として
出されるようになってくると、そもそも何の
ためにそんなことをやろうとしたのか、肝心
の当初の目的や目標が達成できなくなってく
るわけで、そうなるとやっていることは同じ
でもその目的や目標が変わってきてしまい、
その目的や目標が疑われるようになってくる
だろうし、ただの方便でそんな目的や目標を
立てているだけだと思われてしまえば、やっ
ていること自体も信用のおけないものとなっ
てくるのではないか。 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。