文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2017.9.10 「行為を正当化する口実」

2017/09/10

 それが何にしろ不寛容を煽り立てる人たち
に特徴的なのは、単純な論理にこだわる傾向
にあることだろうか。要するにやられたらや
り返せということだろうし、やり返すことに
正当性があると思っているわけだ。やり返せ
なければ負けてしまうからやり返さざるを得
ないわけだが、そのやり返す発端となったや
られたことに関して、なぜやられたのかを考
える上で、やられた方に非があるとは思わな
いだろうし、やられた経緯が理不尽なことを
やられたと主張したいわけで、だからやり返
さなければならなくなるわけだが、その際や
られたら倍返しだ的な煽動を伴うことは言う
までもなく、やり返すと同時にその場で起こ
ろうとしている争いをエスカレートさせよう
とする傾向にあるのではないか。そんなこれ
見よがしな騒ぎ立てが不快感をもたらすわけ
だが、世の中に向かって何かをアピールする
ことは、それがどの程度のものであろうと、
多かれ少なかれその手の騒ぎ立てを伴ってい
ることは確かで、そう言う面では仕方ないの
だろうが、それが不快だと思ったらその不快
感を何らかの形で表明しなければならないだ
ろうか。その必要がないと感じたら無理に表
明することもないのだろうが、そのやられた
らやり返せ的な応酬が延々と続いていくよう
な事態になれば、いつまでたってもそう言う
成り行きから抜け出せないことも確かで、も
ちろん煽動している人たちは延々とそれが続
いて欲しいのだろうし、そうでないとわざわ
ざ煽動している意味がないのだろうが、それ
が不快に感じるならやり返す的な行為は慎ん
だ方がいいのだろうし、そのやり返し方が理
不尽だから抗議せざるを得なくなる成り行き
も一方では生まれるわけだが、いったんそん
な成り行きに巻き込まれてしまうと、煽動し
ている人たちの思う壺で、そうならざるを得
ないのならそれも仕方のないところだが、少
なくともそんな成り行きに巻き込まれていな
い人たちは、見え透いた煽動に呼応して何か
を表明してしまう愚は避けたいところだろう
し、できればその内容に言及しないことが賢
明な判断となるだろうか。

 関係ないと思うなら野次馬根性に染まって
火に油を注ぐような真似はやらない方はいい
のだろうし、善意から首を突っ込んで要らぬ
とばっちり食ってしまうと藪蛇だろうから、
静観している人は多いだろうし、それで構わ
ないことは確かなのだろうが、そんな一般人
には手の出しようがない問題がメディア上で
話題となっていることも確かだろうし、やは
り考えさせられるのはそんな問題なのかもし
れず、またやられたらやり返して倍返しに成
功するとは限らないことも確かだろうし、た
だそんなやり返し的なアピールに賛同できな
ければ、なぜそうなるのかを考えてみる必要
がありそうで、考えたところではっきりした
結論が出るとも限らないが、それを考えてい
るうちは煽動には加わらない成り行きにはな
るだろうし、そこで立ち止まって考えること
が何らかの歯止めとなっているのではないか。
そこで争っているどちらが良くてどちらが悪
いかと言うことよりは、そうなってしまう成
り行きを考えてみることで、無理に事の良し
悪しを判断する必要がなくなるような成り行
きに持っていければ、そこで抱いてしまう不
快感の落とし所が見えてくるわけで、落とし
所として安易に良し悪しの判断を下さない状
態を保てるのではないか。見え透いた煽動行
為を不快に感じているのは確かだとしても、
そうした行為をやめさせるような立場にはな
いのだから、どうあがいても煽動に巻き込ま
れて、巻き込まれたら煽動に対して不快感を
表明する成り行きになってしまうわけで、そ
の煽動に言及すればそうなるしかない状況の
中で、ではどうすればそんな成り行きを回避
できるのかといえば、無視する以外ではその
ような煽動に至る経緯を考えてみるしかない
わけだ。なぜそうなってしまうのかと言うよ
りは、いかにしてそのような煽動行為が行わ
れるのかを考えてみることが、原因と結果の
因果関係から外れる見解を導き出せるだろう
し、必ずしもやられたからやり返したと言う
因果関係がそれを成り立たせているわけでは
ないことを理解できるのではないか。実際は
やられたと言う因縁をつけたいわけで、初め
からやり返す理由を探しているのであり、や
り返すと言う行為の正当性を主張したいから、
彼らはヤクザと同じようにやり返す口実を見
つけようとしているわけだ。 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。