文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2017.8.28 「信じるメリット」

2017/08/28

 信仰を単純に否定したり批判しても、信仰
心が揺らぐはずがなく、そういう意味で否定
も批判も効果がないように思われるかもしれ
ないが、否定したり批判したりする材料はい
くらでもあるように思われ、そんな材料を用
いて否定したり批判したりできるわけだから、
そんなことをやらざるを得ない成り行きに巻
き込まれてしまう人は大勢いるのではないか。
ではちょっとやそっとでは揺るがない信仰心
がどのように崩れるのかというと、さらに強
い信仰に取り憑かれる時であり、安易に他人
の信仰心を否定したり批判している人であっ
ても、いったんそんな成り行きに巻き込まれ
ると、何か強制的にそれを信仰させられてし
まうような場合もあるのではないか。信仰と
はそれを頑なに拒否する人ほど、いったん何
らかの信仰に取り憑かれてしまうと、他の誰
よりも強力に信仰するようになるそうだが、
そうだとすると軽い気持ちで何か手軽な信仰
に取り憑かれていた方が、信仰に対してそれ
なりに免疫がつきやすいのかもしれず、その
方が大事には至らないのかもしれないが、世
の中で何らかの信仰が流行る時には、軽い気
持ちで信仰に取り憑かれている人が大半を占
めるのだろうし、その中からごく少数の狂信
的な信者が出現するわけだから、免疫がつい
たつもりになってもそれほど安心していられ
るわけでもないのかもしれない。そして別に
狂信的な信者になったところで、当人はそれ
に生きがいを感じていたりするわけだから、
そういう人にとっては他の流行り廃りのレベ
ルでしか信仰していない軽薄な人たちが哀れ
に思われてくるのかもしれず、中にはそうい
う人たちに向かって強い口調で説法するよう
なことまでやる成り行きになってしまう場合
もありそうで、やわな心の持ち主なら説伏さ
せられて、狂信的な信仰の世界に引きずり込
まれてしまうこともありうるわけだから、そ
ういう意味では軽い気持ちで信仰に取り憑か
れている方が危険な場合もありそうなのだが、
やはりその軽さのレベルにとどまり続けるの
にも強靭な精神力が必要だと言えるだろうか。

 強靭さとともに柔軟さも必要なのだろうし、
それも言葉のたとえでしかなく、どのような
状態が強靭であったり柔軟であったりするの
かうまく説明できないところなのかもしれず、
ともかく信仰に対処するには軽さと強靭さと
柔軟さを兼ね備えていれば、それでうまくい
くとも言えないだろうし、たぶん何を信仰す
るかにも注意が必要で、勧誘してくるという
ことは勧誘できたら勧誘してくる人にメリッ
トがあることは確実で、必ずしも勧誘された
人にメリットがあるわけではないことは考え
ておくべきだろうし、また自分から進んで信
仰するのでない限りは、そこで何らかの搾取
が待ち構えていると考えておいた方がよさそ
うで、勧誘とは他人を利用して利益を得る行
為なのだろうから、それは詐欺の常套手段に
もなりうる行為でもあり、その辺は微妙に逃
げ道を確保しておくべきで、強烈な熱弁を振
るわれてたじろぐようなことがあればやばい
と思っておいた方がいいだろうか。そしてそ
の狂信的な信仰の対象というのが、あからさ
まな宗教だとは思われない場合があるわけで、
それがオカルティックな似非科学ならまだし
も、政治や経済学や物理学や数学などだった
ら、ちゃんとした世間的な権威と結びついて
いる場合まであるだろうし、そうなると当人
たちは自分たちの思想や学説が狂信的な信仰
などとは思っていないだろうし、実際に世間
的にもそうは思われていないわけで、それを
狂信的な信仰だとみなす方が狂っていると思
われてしまうのではないか。そうである限り
においてどこからどこまでが狂信的な信仰で
どこからがそうでないとも言えなくなってし
まうわけだが、その辺で柔軟な対応が求めら
れているのかもしれず、何やら世間的な権威
を笠に着て断言口調で強引に論敵を攻撃し始
めるような人はやばいと思っておいた方がい
いのだろうし、その人の述べていることがい
かに論理的で正しいように思われても、ディ
ベート的に相手を打ち負かそうとしている時
点で、そうすることに何らかのメリットがあ
ると考えられるのではないか。そしてそれが
その人にとってはメリットがあるとしても、
他の人にとってはデメリットしかない場合も
あるわけで、そのメリットとデメリットを考
えてみる必要があるのかもしれない。 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。