文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2017.8.11 「必然的な成り行き」

2017/08/11

 人が金銭を得るには何かを売って得るのが
普通だろうが、何を売るかでその後の状況が
違ってくるのかもしれず、単純化すれば物を
売るか情報を売るかサービスを売るかであり、
しかもそれらが混ぜ合わさったものを売って
いる場合がほとんどかもしれず、売っている
ものの中でそれが物である部分と情報である
部分とサービスである部分とが、どのような
割合で混ぜ合わさっているかでも、そこで何
を売っているかが異なってくるわけで、そこ
から得られる利益にも差が出てくるだろうか。
単純に物だけを売っているように思われる場
合でも、その物を作るには労働というサービ
スがついて回るわけで、また売る行為自体も
労働であり、その物を採取したり作ったりす
る労働と、その物を売り場まで運んでくる労
働と、実際に売る労働とがあり、それらの労
働が必要経費として売っている物の価格に加
算されないと、利益が出る以前に採算割れを
起こしてしまうわけだが、売る際にも商品が
売れるように広告宣伝することになれば、売
る側が広告宣伝する機会をメディアの中で確
保しなければならず、広告宣伝という情報を
専門に作る広告業者とその情報を広く世の中
に伝えるメディア業者にサービス料を払う必
要が出てくる。そしてそのような広告宣伝に
費やされた費用も商品の価格の中で必要経費
として含まれるわけだが、物を売る上でその
ような成り行きの中でそれなりの費用がかか
っているとすれば、現状の各種メディアの活
況を見ても、その額は無視し得ないほどの莫
大な額になっていることはわかるし、しかも
その材料費までも含めた必要経費に利益とな
る分を上乗せした価格で売らないとならない
わけで、さらに実際に売れないと利益は出な
いのであり、そういう意味でものの売買に関
する部分ではかなりの面で効率的なシステム
化がなされていることはいうまでもなく、そ
れに絡んで特定の役割を担っている業者の寡
占化も進んでいるだろうし、そこに偶然の巡
り合わせのような要素が入り込んでくる余地
もないようにも思えるのだが、例えば商品の
広告宣伝を独占的に手がける業者というのが、
その方面での利益を独占していることは確か
かもしれないが、結局は寡占化が進んでその
中で生き残って他を吸収合併した数社という
のが、それがどの業者でもよかったのにたま
たま数社が残ったという成り行き自体は、事
の経緯からすると必然的な成り行きなのだろ
うし、また特定の商品を製造販売している企
業の中でも寡占化が進んでいて、その中で残
った数社というのが巨大企業に発展した経緯
も、同じように必然的な成り行きなのであり、
何かを売って利益を出すという行為が、それ
が特定の分野の特定の商品に収斂することか
ら、それを商う特定の数社による寡占化と企
業の巨大化を生み出す成り行きをもたらして
いるわけだ。

 その寡占化と企業の巨大化をもたらすシス
テムというのが、一方では勝者と敗者をもた
らす競争であり、同種の商品のうちのどちら
が売れるかを競うシステムなのだろうが、そ
れが同じ商品をめぐって繰り広げられている
うちは、競争が進むにつれて勝者が特定の数
社に絞られてくるわけだが、そのうちにそれ
とは少し違う商品を売ろうとする業者が出て
くることもあり、例えばエンジンを駆動装置
に使った自動車とは違う電気モーターを駆動
装置に使う自動車を売ろうとする業者が出て
くるような場合があって、しかもそれが巨大
な資本を後ろ盾にして攻勢を仕掛けてくると、
やはり自動車業界の寡占状態が崩れる可能性
も出てくるのかもしれないが、それとは全く
違った自動車とも鉄道とも船舶とも航空機と
も違う移動や輸送手段が出てきて、それが広
く世の中に広まれば、世の中が大きく変わる
可能性も出てくるだろうか。現状ではすでに
商業的な移動や輸送手段は自動車や鉄道や船
舶や航空機によって独占されているわけで、
そうであるかぎりにおいて、自動車業界にお
いても鉄道業界においても船舶業界において
も航空機業界においても、寡占化と企業の巨
大化に行き着いているわけだ。それらは人力
や家畜を用いるよりははるかに効率的に移動
や輸送が可能だから、広く世の中に普及した
わけで、ではなぜ人力や家畜を使用する行為
が寡占化や企業の巨大化をもたらさないのか
といえば、それが同じ一つのシステムとして
は成り立たないからであり、家畜の場合だと
食肉や羊毛や皮革などの産業においては、そ
れぞれの専門分野として産業的なシステム化
が可能となって、それなりに寡占化と企業の
巨大化に行き着いている面があるが、移動や
輸送手段に関しては、個人や商隊で利用する
他に、戦争に使う目的でモンゴル人などのよ
うな部族や国家単位でシステム化した歴史的
な経緯もあったが、やはり産業革命以降の効
率化と機械化において、他のより優れた移動
や輸送手段に取って代わられた経緯があり、
移動や輸送手段に使う目的での家畜の生産と
売買に寡占化や企業の巨大化は不要だったわ
けだ。そしてなぜ寡占化や企業の巨大化が必
要なのかというと、それらを製造する機械設
備の維持管理がそれらの分野のシステム化と
表裏一体だからだろうし、効率的に製造販売
するには多数の人員とともに大量の機械設備
が必要不可欠となり、それを効率的に維持管
理するためのシステムも必要となって、それ
らに関する技術革新を行うための研究開発に
も多額の投資を必要としていて、そうなると
多額の投資を行えるだけの資本規模が必要と
なってくるだろうし、それを行えない企業は
競争から脱落するか競争相手に吸収されてし
まうかしかなく、結果的に特定の産業分野内
での寡占化と企業規模の巨大化が進行するわ
けだ。 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。