文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2017.8.3 「投資」

2017/08/03

 投資とは何らかの事業を行うために資材を
投じる行為であるが、個人や企業が事業を行
なって利益を上げて資産を形成したら、その
資産をさらに事業に投じて資産を増やそうと
する行為でもあり、まとまった金額の資金を
何らかの事業に投資する方法として、まず資
金を必要とする事業主に直接資金を貸す場合
は、資金を貸す役割を担うのは主にまとまっ
た資金を集めるのに有利な銀行などの金融機
関となり、資金を貸す側はその定期的な返済
とともに貸した資金の利息を受け取ることに
なる。また事業主である企業が発行する株を
買う株式投資だと、個人も企業などともに証
券会社などの金融機関を介して株を買うこと
ができ、その場合は投資先の企業から買った
株式の額に見合う配当金を受け取ることにな
る。さらに企業が発行する社債などの債権を
買う場合も、金融機関を通して個人や企業が
債券を買うことになるが、その場合は資金を
直接貸す場合と似たように、満期となって資
金の返却を受けるまではその利息を定期的に
受け取ることになるが、直接の資金の貸し借
りとは異なり、株式や社債は金融機関を通し
て市場で売買が可能で、企業の業績が好調で
株や債券に人気が出て、高値で売れれば配当
金や金利を受け取るより多くの利益を得られ
る一方で、企業の業績が悪化すれば株価も債
権の価格も下がり、安値でしか売れなければ
利益を得られるどころか損害を被ってしまい、
さらに企業が倒産すれば株式はただの紙切れ
となってしまい、社債などの債権にしても投
資した資金を全て回収するのは難しくなる。

 投資は物や情報を動かして資産を増やすゲ
ームと見立てればわかりやすいが、ゲームと
して機能するのは投資先の経済活動が順調に
推移している間だけで、投資していた事業が
破綻して企業が倒産すればゲームが成り立た
なくなり、そうなると投資した資材が無駄に
なってしまうリスクがあり、自身が事業主体
である場合も含めて、長期的に安定した経済
活動が見込まれる事業に投資すれば、長期的
に安定した利益が得られる可能性はあるが、
その額は投資したし金額に比べれば微々たる
ものとなるだろうし、その反対に短期的に経
済成長が期待できる分野に投資すれば、短期
的に得られる利益も相対的に大きくなるだろ
うが、短期的に成長する分野では競争も激し
く、それだけ競争に敗れて事業が破綻するリ
スクも大きくなる。

 また短期的に成長が著しい分野が実際に成
長してくると、長期的に安定している分野と
競合関係に入ることがあり、そうなると長期
的な安定状態が崩れて、長期的に安定して利
益を上げていた分野でも事業が破綻するリス
クが高まり、実際に事業としては成長しきっ
た大企業などが稀に倒産することもあるわけ
だが、確実に利益が見込める安定的な経済成
長というのは、そういう分野だけ見れば確か
にそうなっているように感じられるかもしれ
ないが、そうなっていることの代償となるよ
うな不安定な経済混乱が他で起こっていたり、
遠からず破綻をきたすような無理な経済活動
が他で行われている場合もあるわけで、その
ような面を考慮して全体として経済的な不均
衡が著しい状態となっていれば、うまくいっ
ている部分ではすこぶる安定している一方で、
うまくいっていない部分では混乱の極みに達
していたりするわけで、うまくいっている部
分に投資できればそれなり安定した利益を得
られるが、うまくいっていない部分では損害
を被るリスクが高くなると同時に、そういう
ところで投資に成功すれば莫大な利益を得ら
れる可能性もあるわけだ。またうまくいって
いる部分ではすでにその分野で成功した人や
企業が利益を独占しているので新規参入は難
しく、新規参入したければうまくいっていな
い部分に参入して、そこで成功しなければな
らず、そこで成功してうまくいっていない部
分をうまくいっている状態に引き上げる必要
があり、それに成功すればその部分はうまく
いくようになって、その分野で成功した人や
企業が利益を独占できる可能性が出てくる。

 そういう意味で投資は、すでにある程度の
資産を持っている人や企業なら、経済活動が
安定している分野に多額の投資をすれば、利
息や株配当などからそれなりに安定した利益
を得られるが、そのような相対的にリスクが
低くて少額の利益では満足できなければ、ま
だ不安定で成長途上かこれから成長する見込
みのある分野に投資するか、さらに資金を借
りて全くのゼロから起業するかして、ハイリ
スクハイリターンの賭けに出るしかなく、そ
れに成功してその分野が安定して利益を出せ
るように成長させることができれば、その過
程で莫大な利益を得ることができる。もちろ
んそうなる過程で事業に失敗して破綻する人
や企業が続出するかもしれないし、またそう
なる人や企業が多ければ多いほど、そんな中
から成功するごく少数の人や企業には莫大な
利益がもたらされる。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。