文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2017.6.28 「批判の有効性」

2017/06/28

 批判はその批判が的を射ていて、しかもそ
れが批判の対象となる相手が困るような点を
突いているなら、その点を突かれると不快に
なるのは当然だろうが、なぜ批判されるに至
るのかといえば、批判されるようなことをや
ったからだろうし、ではなぜそのような行為
が批判されるのかといえば、そのような行為
によって被害や損害などの不利益を被った人
や集団がいるからだろうか。そうだとしても
メディアを通して批判されるような人や集団
は、社会の中でそれなりに影響力や権力を持
っているだろうから、その味方となるような
人や集団もそれなりにいるだろうし、批判に
よってそのような行為が改められるとは限ら
ず、批判者が批判することによって望むよう
な結果が得られるわけでもないだろうが、実
際に批判せざるを得ない成り行きになれば、
批判の内容とともに批判の仕方や批判の在り
方が問題となってくるのかもしれず、何をど
う批判すればいいかに関して、正しいやり方
が定まっているわけではないのもちろんのこ
と、絶えずその場の状況に応じた批判のやり
方を模索しなければならないだろうし、それ
が正しいか間違っているかではなく、批判が
成り立つような状況の中で、世の中に何らか
の影響や効果を及ぼすような批判が求められ
ているのかもしれず、そうなると予定調和と
なるような現状の維持にしか貢献しない批判
ではまずいのだろうし、批判することによっ
て批判が成り立つような状況を変えなければ、
結果的に批判が現状に対して有効に作用した
とはいえないのではないか。それとは逆にい
つまで経っても同じようなことを批判してい
られる状況が続いているとしたら、批判が現
状を変えようとする面では有効に機能してい
ない証拠となるだろうし、批判によって状況
を変えられないのなら、そんな批判はいくら
やっても無駄であり、無効でしかないことを
示していると言えるだろうか。つまり年がら
年中飽きもせず同じ批判を繰り返しているよ
うな人や集団がいるとしたら、そういう勢力
はそんな批判を可能とする状況に生かされて
いて、そういう批判こそが批判が成り立つよ
うな状況の維持に貢献してしまっていること
になるだろうか。

 それでもその批判に正当性があるように思
われるなら、別に批判している側が悪いわけ
ではないのだろうが、批判によっては変わら
ない状況があるとすると、何か批判とは別の
方面から状況を変えようとしたり、批判のや
り方に工夫を凝らして、現状に対する批判の
有効性を高めようとするしかないのかもしれ
ないが、どうもそれに関してはっきりした方
策が見つからないのだとすれば、批判の有効
性に関しては懐疑的にならざるを得ないし、
それでも批判せざるを得ないのなら批判し続
けるしかなさそうだが、たぶん批判がうまく
機能せずに困っている現状があるのなら、困
ったままでいた方がいいのかもしれず、見当
はずれなところに責任転嫁せずに、批判しな
がらも困り果てているべきであり、困ってい
れば何か妙案が思いつくというわけではない
だろうが、とりあえずは困ったままの姿勢を
維持しながらも、批判を継続することが肝心
なのかもしれないし、いずれそんなどうしよ
うもなさが世の中を変化させるのかもしれな
い。それは理屈ではなくただの態度であり姿
勢なのだろうが、下手に工夫を凝らそうとす
るとかえって事態をこじらせたり、必要以上
に状況を長引かせることになるのかもしれず、
そういうその場限りのごまかしはやめて、あ
りのままの現状を受け入れて、現状の問題点
を指摘し続けることで批判的な態度や姿勢を
維持できるだろうし、いくら批判しても現状
が改まらないことに業を煮やしながらも、そ
んな境遇の中で困り果てているべきなのであ
り、そうやって小手先の対策を逃れて迂回し
続け、要するに失敗し続けることに成功する
道を歩んでいた方が、見苦しい自己正当化を
回避できるだろうし、いつまでも批判する立
場にとどまれるだろうか。だがその批判する
立場というのが、批判している自らを正当化
できない立場だとすれば、誰も好き好んでそ
んな立場を死守しようとはしないだろうし、
批判することから利益が得られなければ、商
業的にはそんな立場など成り立たなくて当然
かもしれないのだが、それが成り立っている
ように思われるとしたら、それこそがフィク
ションなのかもしれず、批判者に利益がもた
らされるようなシステムが構築されているよ
うなら、もしかしたらそんなのは詐欺かもし
れないし、詐欺でなければ批判している当人
は、批判とは別のところから利益を得ている
のではないのか。それが何らかの創作活動だ
としたら少しは納得できるだろうか。 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。