文学

彼の声

この世界について、この社会について、この時代について、未来について、過去について、人々について、自分が日頃感じていることを率直に語る。

全て表示する >

彼の声 2017.6.9 「意外な真実」

2017/06/09

 何か出来事を説明しようとするとき、物事
の因果関係によって結び付けられる原因と結
果以外にも物事があるのは確かだが、それ以
外の物事の因果関係まで求めることはできな
いのかといえば、たぶん世の中の全ての物事
の因果関係を想像することはできそうだが、
物事が無限にあるとすればその因果関係も無
限にあるだろうし、無限にあるとすればそれ
らを一つ一つ説明することは不可能だろうが、
ならば無限にあるそれらの物事の中から、特
定の物事とその因果関係を説明することに何
の意味があるだろうか。たまたま興味を持っ
た物事についてその因果関係を説明しようと
するのであり、その説明の中ではそれ以外の
物事とその因果関係は無視されているわけで、
無限にある物事の中からその説明に必要な物
事が選び出されて、それに関する因果関係が
説明されるわけだが、なぜ選び出されるのか
といえば、その物事に興味があるからという
ことになれば、そんな当たり前のこと以外に
大した理由もなさそうに思われるが、そもそ
もそれに関して因果関係が導き出されたら何
がどうなるのだろうか。要するにその出来事
に関する説明が成り立つということだろうし、
そこで起こっている出来事に関してそうなっ
た原因がつきとめられて、その原因と結果が
結びつけられ、原因と結果を結びつけるよう
に説明できたということなのだろうが、場合
によってはそんな結果を招いた原因が重視さ
れて、例えばそれが何らかの事件に関する説
明となると、事件を起こした当事者がその事
件の原因そのものなのだろうし、起こした結
果に関して責任を問われることになりそうだ
が、そうなると物事の因果関係を特定するこ
とは、法的な範疇では必要不可欠なことであ
り、必要に応じて原因と結果が結びつけられ
ると考えれば、それ以外の不要な物事は無視
すればいいことになるだろうか。

 無視できなければ物事の因果関係を特定し
ようとするだけでは不十分になるわけだが、
そうなると原因がわからないことや結果に至
らないことまで説明の対象となってくるだろ
うし、世の中に無限の物事があり、それらす
べての因果関係を特定することなど不可能に
思われるのだから、わからないからといって
無視する必要はなく、わかることだけ説明す
るのでは不十分と思われれば、わからないこ
とまで説明する必要に迫られるだろうし、そ
こでどこまでがわかっていて、どこからがわ
かっていないことなのかを説明すればいいと
なると、場合によってはわかっていることと
わからないことの区別が不明確な領域まで出
てきそうで、そういうところは推測で語るし
かなさそうだが、そういうことまで含めて何
をやろうとしているのかといえば、できるだ
け説明の範囲を広げて詳細に語ろうとしてい
るのだろうか。わかっている事実だけをつな
ぎ合わせて説明すると、一見それが真実であ
るように思われるだろうが、たぶんそのもっ
ともらしく思われる部分というのが、事実と
事実をつなぎ合わせる手法から生み出される
効果なのだろうし、そこに説得力を伴うよう
な論理があって、そんな論理に適合するよう
な事実が意図的に選ばれているわけで、そう
やってそこで起こっている様々な出来事の中
から取捨選択が行われているのであり、悪く
いえば説明するのに都合がいい出来事だけが
選ばれて、都合の悪い出来事が無視されてい
る場合があるわけだが、そういうことまで考
慮に入れてうまく語るには、説明に都合のい
い出来事を意図的に選んで説明するとともに、
それ以外の出来事もあって、それがそこでの
説明の範囲外であることが示されていればい
いわけで、特に示されていない場合であって
も、それが全てを説明しているわけではない
ことがわかるような説明になっていれば、い
らぬ邪推からも免れられるかもしれないが、
それを批判する側はわざと邪推するわけでは
ないにしても、そこで語られていること以外
から援用して批判する場合もあるだろうし、
そこでも批判するのに都合がいい物事が選ば
れているわけで、それが意図的であるか否か
はともかく、物事に関する説明には絶えず必
要に応じてそのような取捨選択が行われてい
て、その取捨選択の仕方がその説明のもっと
もらしさを生んでいるのだろうが、案外その
もっともらしさから外れたところに、説明し
ようとする意図とは別の真実が含まれている
のかもしれない。 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-03-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。